ワイルド・アット・ハートの作品情報・感想・評価

「ワイルド・アット・ハート」に投稿された感想・評価

えみ

えみの感想・評価

3.5
デヴィッド・リンチの映画は本当に本当に大好きなのですが、どうしてもローラ・ダーンが私に合わなくて....。😢
ナグ

ナグの感想・評価

3.6
わぉぉっ!!!90年代!!!!!
登場人物全員が変態で癖が強い!!
フサフサのニコラス・ケイジが1番まともに見えちゃうという不思議✨✨
でも90年代って、こういう作品が激熱だったよなぁ~。
映画を見始めた時期でもあったから、よくわからん作品も食らいついて見ていたっけ!!
この作品はデビッドリンチにしては分かりやすかったけど、当時のブイブイ雰囲気が味わえて懐かしかった!!
makimaki

makimakiの感想・評価

4.6
ニコラス・ケイジが1番カッコよかった映画。ローラ・ダーンはめっちゃかわいい。美人ではないけど、魅力的。破滅的なストーリーだと思っていたら、ラストがきもちよかった。
【鬼才デヴィッド・リンチが描くヒステリック・ラブストーリー】
◉1990年度カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞。
まさかリンチの映画を見ていて「ラブ・ミー・テンダー」を聴けるとは思わなかった。ニコラス・ケイジが歌っているけれど、あの甘い歌声は本当にケイジ君のもの?すごい良い声!随所に「オズの魔法使い」へのオマージュもあって面白い。
冒頭でケイジ君演じるセイラーがいちゃもんつけてきた男性を殴り殺す。セイラーの彼女ルーラ役のローラ・ダーン(リンチ映画の常連)がサイコな悲鳴をあげる。うわ、めっちゃリンチ節炸裂じゃん。ローラ・ダーンの顔はどうしてこんなに怖いのだろう(笑)。ハタチの役どころだけど、「インランド・エンパイア」とあまり変わらないよ?老け顔だったのね。
セイラーとルーラのこのエキセントリックなカップルの逃避行劇がストーリーの軸となっている。ダンスとセックスに溺れる二人。タバコを吸うときに擦るマッチの火が毎回ズームアップされる。これがリンチ的「ワイルドな心(ワイルド・アット・ハート)」というべきなのか。
「娘のルーラをあんな人殺しと一緒にさせないわ!」と躍起になるのがママのマリエッタ。こちらはヒステリック・ババア感が末恐ろしくて、子供が泣くやつ。「ツイン・ピークス」のボビーに匹敵する怖さ(笑)。本当こういう、見た目人間なのに悪魔の化身みたいな邪悪なキャラクターを作るのリンチ上手いわ。
「マルホランド・ドライブ」や「インランド・エンパイア」に比べたら、難解じゃないし終わり方も「終わった!」と納得できるからリンチにしては見やすくて好き。セイラーとルーラはすごく愛し合っているし、きちんと労りや思いやりも描かれている。
ヘビ革のジャケットをこよなく愛する若かれし頃のケイジ君は、ハンサムではないけれど、唯一無二の存在感!
『オズの魔法使』に登場する案山子のダンスも好きだけど、本作のニコラス・ケイジのキレキレのダンス(?)も好き。我らがハリー・ディーン・スタントンは特に見せ場もなく、だが、実に彼らしい佇まいであった。
リンチ作品とはあまり波長が合わないが、考えてみればそもそもこちらに合わせにくる気など毛頭ないのである(合わせる必要もない)。それがイイのだ。
suzumaiii

suzumaiiiの感想・評価

4.5
昔みたけどあんまりちゃんと覚えてなかった。こんなにオズの魔法使いだったっけかー。良い魔女の登場シーン笑えてよかった。
虹の向こうへ黄色い道で向かうけどその先は虚構のオズの魔法使いしかいない、ラブミーテンダーはここで歌えるじゃない、ってな感じかな。
ミク

ミクの感想・評価

4.5
イレイザーヘッドを作った人がこんな美しい愛の物語を描けるなんて。映像のコラージュが巧妙でちくはぐなんだけど、カッコ良く魅えてしまうセンス素晴らしい。カルト愛です。ふざけてるの?とツッコミいれたくなるシーンも俳優陣は真剣に演じてて余計笑える。ツボにハマる。メタルで踊って、エルビスって...って思いそうになってしまったけど、ラブミーテンダーにはノックアウト。リンチの魔法にかかれば、ローラ・ダーンもニコラス・ケイジも地球上で最も美しいカップルに見える不思議。変な顔なのは否めないですが、魅力的チャーミングで好き。
独特の世界観。ラブストーリーなんだけど様々なアクションやホラー要素全開で飽きないですねえ。最後はスッキリとして良かったが、終盤の展開はいかにもハリウッドといったところかな。
ちょっとタランティーノ系の要素が入っていた。
ハラダ

ハラダの感想・評価

3.5
ナイスなオズの魔法使い。
いい感じのアメリカ感。

きっとわたしはローラ・ダーンの顔が好きなんだな。
LALA

LALAの感想・評価

4.0
デヴィッドリンチの独特な不気味ワールド&バイオレンスが取り巻く中で、2人の世界だけが切り離されたようにピュアですごく良かった。
夕陽の中で叫びながら踊り狂うシーンが最高。
突っ込みどころは色々あるけど、素敵なラブストーリー。
>|