光と禿の作品情報・感想・評価

「光と禿」に投稿された感想・評価

米津

米津の感想・評価

3.7
これはほぼクリトリック・リスのMVです。ライブを見ているような映画でクリトリック・リスの魅力が詰まった映画でした。治安の悪いハゲいじりや泥酔する客が入れば文句はありませんでした。岸井ゆきのの盲目設定は正直要らんかなって思った。スギムさんと岸井さん、樋井さんの演技よかった。武田航平の演技は見てるこっちが恥ずかしかった。
記録。
そして彼女は真実の色を見る。

かつて“下ネタのナポレオン”とも称された「クリトリック・リス」のスギム氏を主演に据え、MOOSIC LAB 2016 5部門を受賞した誉高い作品。

これ好きやわぁ。
売れない怪しげな中年ミュージシャンと盲目の女の子。ボーイミーツガールならぬオッサンミーツガール。

本作でスギム氏が魅せるダサカッコよさは男として目指す価値のある、ある意味での到達点。そんな男の生き様と仄か過ぎるロマンスのサジ加減がツボ。

スギム氏以外のキャストもイイ。
歯に衣着せぬ盲目女子の梢役に岸井ゆきの、常に梢を気遣う親友役に樋井明日香。口に出すのも憚られるユニット名を彼女に言わす脚本の外道っぷりがナイス。

スギム氏の後輩役には『FINAL FANTASY XII』や『仮面ライダーキバ』『仮面ライダービルド』のサブライダー役で有名な武田航平。イケメン後輩がハゲ先輩をイジリながらもなんだかんだリスペクトしてるのが微笑ま。

そんな彼ら彼女らが織りなすドラマは思いのほか人情味多め濃いめ。

クライマックスにて、辛うじて光が見えるだけだという梢の目に飛び込んできた光は決してツルッパゲの輝きだけではないはずだ。
伊藤快

伊藤快の感想・評価

3.6
この映画はこの時間での作品であるからこそ丁度いいんだろうなぁと感じた。これ以上短くても物足りなく感じてしまうだろうし、長くても飽き飽きしてしまうだろうと思う。まぁ正直、全て完璧な条件が整ってこのレベルであったことが残念な点ではあったが、、、
話自体は簡潔にまとめられており、分かりやすくかつ観やすい作品となっていた。
ずっと観たかった作品であったこともあり、期待値との部分で思うところはあったが、観れて良かったとは思う。
一

一の感想・評価

3.1
ハゲ頭の中年ミュージシャンとひねくれ者の盲目女性の交流を描くコメディ

岸井ゆきの目当てで鑑賞
盲目役ということで、終始スッピン風?でナチュラルメイクの岸井ゆきのもめちゃくちゃかわいい

スギムさんという方は知らなかったんですが、決して演技が上手いとは言えないけど、ダサくてダメな男感がかなり役にフィットしてた
本人が本人を演じているから本当にこんな感じの人なのかな?
まずクリトリック・リスってなんやねん…😂
この方の熱唱シーンが映画の三分の一くらいは占めてるけど、初めてでも聞き飽きないくらい面白い曲ばかりで良かった

ストーリーに関してはいたって凡だけど、60分とかなり短い尺だし、岸井ゆきのファンなら満足、スギムさんのファンなら大満足できる作品ではあるとおもいます☝🏻

2020 自宅鑑賞 No.432 GEO
愛すべき禿
ハゲしくハゲしく熱い
ハゲしくハゲしくピュア
ハゲしくハゲしく変態(😅?)

主演の方のお人柄がそのまま役に出ているのだと思う。
ライブは変わってるけど、めっちゃ良い人。
ちょっとひねくれた視覚障害の女の子とのやり取りに
優しさがにじみ出てくる。

ところどころ関西弁の笑いが織り混ぜてあって、ツボ😆
「アカン、めっちゃええ曲できてもうた」で、爆笑😂
中華料理屋で、まさかの"○○る"出演者の皆さんに大爆笑😂😂😂

「カッコいいじゃん、メッチャださくて」
こんなハゲジジイを目指したいです(まだかろうじて生えてます😆)。

笑ってほっこりできる掘り出し物でした😄

追記
スギムさんが全力疾走するシーンが大好き💕


今日は金曜日。
医療で不安やリスクと闘いながら僕たちを守って下さっている方々、
介護で施設に泊まり込みながら僕たちの親たちを守って下さっている方々、
保育また保健所など現場を守って下さっている方々、
物流・小売りなど僕たちの生活を支えて下さっている方々、
そして、大変な中、頑張って頂いている全ての方々、
感謝と尊敬の気持ちを込めて拍手を送ります👏👏👏
一筋の希望の光が広がっていくことを願っています🙏
じょん

じょんの感想・評価

3.8
人間見た目じゃない。見えないものを見ることの大切さ。たまにクスッと。
ちくわ

ちくわの感想・評価

4.3
スギムのおちゃらけたところも、人柄も、ステージ上のエモーショナルな姿も、たった1時間のお話で全部伝わってきた。なんならストーリーも青春まっしぐらで、パンイチのハゲオヤジが全力で駆け抜ける、誰が得をするのか全くわからない演出にグッときてしまった。ラストの「1989」のエモさ、実際ライブで観たときに涙がほろっと出てしまったことがあるけど、このお話の最後で唄うこの曲もまた良いものであった…。

自分の中でのクリトリック・リスは、フェスに出ていたら必ず観るがワンマンはちょっと…というくらいの位置付けだったけど、今度ワンマンあったら行きたいな、と思えるような映画でした。
めっちゃダサくてかっこいい、そんな映画。
ナスカ・カーのTシャツとか最高。

このレビューはネタバレを含みます

岸井ゆきのさん目当てで鑑賞したので、スギムさんという方をまったく知りませんでした。
スギムさんの印象は、良くも悪くもちょっとした衝撃とでも言っておきます(笑)


道端で転んでいる視覚障害のある梢(岸井ゆきの)を、親切心から声をかけて助けようとするハゲの中年男(スギム)。しかし、そこへ現れた梢の友達の友梨(樋井明日香)に痴漢と間違われ「変態!」呼ばわりされてしまいます。
後日、2人は謝罪をして痴漢の誤解も解け…交流していく中で、梢はミュージシャンであるスギムの歌が聴きたいと言い出します。
目の不自由な梢に対して、ハゲであること、ギターが弾けないことを隠して…さて、どのようにして歌を披露するのでしょうか……?


スギムさん、「クリトリック・リス」という名前(なんちゅう名前やねん💦)で本当のミュージシャンなんですね(笑)
勉強不足で、何にも知りませんでした。
ただのハゲたおっさんな風貌からは、ミュージシャンのミの字も感じられません。
演技だってお世辞にも上手いとは言えませんが、逆にありのままの素朴さがよかったような気がします💦

岸井ゆきのさん。視覚障害者の役どころ。
なんでしょう…上手いとか下手とかそんな次元じゃないところで、2、3周回って70%コケティッシュな魅力が滲み出ちゃってます♡見れば見るほど、ぜんぜん美人じゃないんですよ💦なんなら友達役の樋井明日香さんの方がはるかに美人!!
だけ・ど…なんだか目が離せない女優さんなんですよね♡
トボトボ歩く後ろ姿だって、100点❣️
わりとアヒル👄にも、100点❣️(笑)

梢のためにライブがしたいけど、金がない…そんなスギムが女子高生の娘に土下座して借金を懇願すると、娘の友達が「貸してあげなよ。カッコいいじゃん!めちゃダサくて…。」と言う場面があります。
ダサいというのにもいろいろあって、一生懸命でダサいというのはカッコよさに転じることもあるのだと思います。
なんだか印象的なシーンでした。

最初は正直、スギムさんのビジュアルに若干引きながら観ていた自分がいました。
まさに、友梨の変態呼ばわりと一緒ですよね(笑)
見た目で判断の典型です💦
だけど、いつのまにかほんの少しだけ魅力的に見えてきて…不思議なものですね♬
スギムさんと岸井ゆきのさんのツーショットが違和感なく、心にスーッと入ってくるようになっていました♡
声を大・大・大にしてオススメする作品ではないかもしれませんが、少なくともボクは観てよかったと思える映画でした。

なんなら、エンディングでスギムさんが歌う「1989」にまんまと気持ちを奪われて…「しまった💦」と思うボクがいたことは否めません。

「夢の賞味期限は想像以上に短く、ずいぶん前にオレは腐って棄てた」という歌詞の一節に、やられちゃったなーーー💦

ただ、ボクの勝手な言い分なのは承知の上で……。
スギムさん、願わくば…裸にパンイチで歌うスタイルよりも、なんか服着て歌ってくれたら…竹原ピストルさんを超える逸材のような気がするような、しないような(笑)
だけど、あなたのメッセージは思ってもみないカタチで受け取ることになりましたから💦

ありがとう♡
Kana

Kanaの感想・評価

2.9
自然すぎて気にしていなかったけど、ゆきのちゃんの盲目の演技は圧巻。
とんでもB級映画って思いつつも、スギムさんのように自分のやりたいように生きることってもしかしたら一番難しくて一番かっこいいんじゃない?って思った。
>|