シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

kiiiiii

kiiiiiiの感想・評価

1.0
試写会
音楽の仰々しさが気になった。
チャノ

チャノの感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

音楽で煽って中身はそうでもない。
予告が良くできてて
気になって観てみたが
恐くもなく悪ガキの話だった(笑)
16h

16hの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

とある指導者の幼年期の話。
不安を煽るような音楽にぞわぞわして、見慣れないカメラワークにぞわぞわして(ちょっと画面酔いしました)。OPEDの字幕の出し方も、一瞬前の字幕と後の字幕が重なるというやり方で、これまた不安というか不気味というか。
映画の最後に出てくる会議室(?)が映画の序盤に人のいない映像で挿入されていたのがなんだか気になった。イージーライダーでラストを暗示するようにラストの映像をパッパッと挟み込んでいたと思うけど、そういう暗示みたいなものだったのだろうか。
ストーリーは、そうなるべくしてなったのだろうなと思わせるような内容。特に、信仰心篤くみせかけて堕落している大人を知ってしまったら、何も信じなくなるだろうなぁと。もっと、理解できなさ、みたいなものを推してくるのかと思っていたので、ちょっと意外。
一見無駄な長回しのカットとか、でも何かを暗示しているようにも見えて。いろんな解釈ができそうな気がする。2章の始めあたりの蛇のカットが私はとても気になりました。それから、女の子に間違われるくらいに可憐な少年、髪を切ったら、と言われても嫌だと言っていたのに、ラストの指導者は坊主頭で、そこもなんだか気になって。いろんなところにメタファーとかありそうです。名前がほとんど呼ばれてなかったところなんかも。
ww1終結あたりの話で、途中にはさまる白黒の映像は当時の映像を使っていたのかな。そのリアルさと、最後の架空の独裁国家の様子がちょっとちぐはぐというか、作り物感が強調されていたように思えた。
邦題のシークレット・オブ・モンスター、ちょっと仰々しいタイトルだな、と。でも、モンスターはあの少年なのだろうけど、両親もモンスターだよな…と思ったり。
shiho

shihoの感想・評価

2.1
音楽がしつこい……
Katongyou

Katongyouの感想・評価

3.0
まあ親が悪いよね、なんて思いながら観てた。ハネケ監督って感じよりはロブスターの監督のような??って思ったけど。あと、どのショットもゴシック様式の絵画のようでとても綺麗で怖かった。
livingDead

livingDeadの感想・評価

2.0

音楽の煽りがオーメンすぎる
アイ

アイの感想・評価

3.0

よく分かんなかったからネタバレ記事めっちゃ読んだ。けどふーんって思った。

あと音楽の煽り方やばい。

2017.08.04
Chinah

Chinahの感想・評価

2.5
かなり期待していただけに、「え、これだけ?」と感じてしまった。
少年の人格形成に歪みを与えてしまった原因を箇条書きのように写していくといったものだったのかと思う。
最後のシーンは私には分からなかったし少し画面酔いした。
カメラワークに無駄な時間が多いと感じた。(家の外観を写すシーンとか、長すぎでは?)
音楽もあまり好きにはなれないタイプだった。

全体として、映像の雰囲気と美少年を楽しむ映画、という感想。
>|