シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

kiiiiii

kiiiiiiの感想・評価

1.0
試写会
主人公の心情を表したようなカメラワークと不協和音が素晴らしい映画…………なのに、変に難しい作品。

"少年はなぜ独裁者となったのか?"ではなく、"少年を独裁者にした原因とは?"が主軸になって、裕福層での生活をベースに少年を取り巻くさまざまな人格の変化や暴力性が淡々と述べられていきます。

誰しもが抱える精神的不安や欲望を言葉といった家族への暴力で昇華していく様は不快感漂うBGMと共に叙情的に描かれているものの、如何せん日常場面での盛り上がりがすこぶる欠けています。はっきり言って退屈極まりないです。

ただし画面上にあらゆるヒントが隠されているようなので、何度も見て何かを感じることのできるタイプの作品にも思えます。また明確な答えが出ず、観客の想像に委ねられる部分も大きく、結末やオチを求める観客には、作中の少年と同じように心掻き乱されてることでしょう。

観る人はかなり選びますし、特に重要なのは予告編やポスターを信じないことが大切です。

まあ正直言うと、1度爆睡してしまったので2回目でちゃんと全部観れましたw
2MO

2MOの感想・評価

3.1
凶暴な音楽使いと重厚かつスタイリッシュに凝られた映像美は本筋を覆い隠すように、明瞭なストーリーテリングを拒んで、何とも居心地の悪い不穏を醸成する。
神経を逆撫でる不協和音が「本質」に先立ちその外郭を幾重にもなぞり、核心は最後の最後にやっと触れられる。
映画体験としてのカタルシスが民衆のファシズムへの熱狂と同期してしまう悪魔的な歓喜に、轟音は回る。
よしだ

よしだの感想・評価

2.8
見終わってすぐは「家庭不和を描いた昼ドラみたいな話じゃん!」って思ったけど、しっかりと紐解いていけば重厚な心理ミステリーだと気づく。でもハッキリ言って分かりづらい!私なんかにはレベル高かった…。

「独裁者になった真相」は描かれておらず、ただ少年時代のエピソードだけが描かれてる。そこから観客は独裁者になるきっかけの“パーツ”を探さなきゃいけない。だから観客が考えないとこの作品の真骨頂まで辿り着けないという難解さ。

一番よかったのは音楽かな。不気味な不協和音がずーっと流れてる。その音楽の抜群の存在感は良かった!
Karin

Karinの感想・評価

3.3
原題「The Childhood of a Leader」

少年が独裁者へ変貌するまで。
そのテーマ性から想像するほど、
いわゆる“おもしろい”映画ではなかった。

夢に出てきそうな不快なBGM。
これは最近聞いたどのホラー映画よりも怖さ満点。
少年が壊れて行く過程で、きっと心の中で流れていた音楽はこれほど陰湿な感じだったんだと思う。

神への祈り、正義と悪
大人が持つ矛盾は、きっと天使として生まれてきた子供をいくらでも悪に染めることができるのだと思うと怖ろしく思う。

退屈だけど最後まで見た方が絶対にいい。
予告の面白そうさに反してモンスター感薄くて物足りなかった。普通の少年に感じたし、ラストも薄い印象で終わりました。
silencio

silencioの感想・評価

3.5
二度見てはじめて味が出てくる映画でした。ラストのアレだけに焦点が当たりやすいけど、至る所に伏線があるのが面白かったです。厳格、神、宗教、性、不貞、喪失などがポイントでしょうか。

幼少期の出来事だけが人格を形成するというのは私は違うと思いますが、サルトルの原作が元ですから独裁者の共通点というのがあるのかもしれません。

「シークレットオブモンスター」と「白いリボン」と「少年は残酷な弓を射る」で“独裁者予備軍三部作”というのはいかがでしょう。
私にはなんだかよくわからなかったけど、これだ!ってう大きな出来事があるわけじゃなくてもモンスターになってしまうんだなーっていう。
よく分からなかった。
ネタバレサイトを見て概要は分かったけど、もう一度見直そうとは思えない。
meran

meranの感想・評価

2.4
ん〜〜。

これラストの為に長過ぎてそのラストもそれ程の衝撃も無いので観終わると疲れた(^^;
>|