ドクター・ストレンジ:1回目バナー
  • Filmarksトップ
  • シークレット・オブ・モンスターの感想・レビュー

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:
  • イギリス
  • ハンガリー
  • フランス
  • / 上映時間:116分
    監督
    ブラディ・コーベット
    脚本
    ブラディ・コーベット
    モナ・ファストボルド
    キャスト
    ベレニス・ベジョ
    ステイシー・マーティン
    ロバート・パティンソン
    リーアム・カニンガム
    トム・スウィート
    ヨランド・モロー
    あらすじ
    1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

    「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・レビュー

    kiiiiii
    kiiiiiiの感想・レビュー
    2016/11/04
    1.0
    試写会
    keiko
    keikoの感想・レビュー
    18時間
    3.0
    音楽が不吉
    moco
    mocoの感想・レビュー
    1日
    -
    話が難しくて長いので退屈でした。見て疲れてしまった。
    あまりにもつまらなくて4倍にして早送りして鑑賞。
    どれが本当の親なのかややこしい。
    最後の男性はあの少年だってことはわかったけど、
    怪我したお母さん?はどうなったの?
    ゆみな
    ゆみなの感想・レビュー
    1日
    2.6
    美少年なトム・スウィートくん目当てに観たけど、内容は意外と退屈で面白くはなかったなぁ。

    後に独裁者となる少年の子供時代を描いている作品なんですけど、モンスターになる前なので普通の子供の反抗期って感じ。その反抗期をさらに加速させていく母親との関係とか、なんだか見ていてどんより重い気持ちになりました。
    あと、無駄に神経逆撫でするようなどぎついBGMにちょっとイラっと。あんまり好みの演出ではなかったです。

    あ、ラスト成長した彼の姿で腑に落ちた。
    でも、ハゲじゃなくても良かったんじゃ…美少年時代が台無し。
    しぼれー
    しぼれーの感想・レビュー
    1日
    3.5
    トムスウィートの魅せ方以外全くはまらず、見ていて疲れた
    kyoーseー
    kyoーseーの感想・レビュー
    1日
    1.5

    不協和音と子供独特の空気感が齎す狂気。


    蓄積された感情の爆発、ただインパクトが今ひとつ。


    プレスコットなる独裁者がいかにして誕生したのか。


    どこか掴み所のない描写に蟠りを感じる。
    小石川
    小石川の感想・レビュー
    2日
    3.0
    「監督が考えていることだけ」をストレートに映画にされると難しいことばっかりで届かないものも多いなと思う。
    木野こばこ
    木野こばこの感想・レビュー
    2日
    3.1
    何にも考えずに観ればよかった…。
    考えれば考えるほど深みに嵌るけど特に感想が出てくるわけでもなかった。
    トムスウィートくんが可愛くて映像は芸術的だけど、もうちょっと内容があってもよかった気がする。
    Daiki
    Daikiの感想・レビュー
    2日
    3.4
    2016年公開映画126本目。

    人を信じるのはいいことだ。人を信じなくていいのはさらにいいことだ。

    はっきり言って本作は面白くない。
    でも果てしないほど想像力が掻き立てられる、観る者を惹き付ける魅力がある。
    またゴミのような宣伝とタイトルのせいで、恐ろしい子供が猟奇的な行動をするスリラーのように見えるがそうではない。
    原題『The Childhood of a Leader』が示すように、独裁者の幼少期を描いており、シークレット(秘密)でなければモンスター(怪物)でもない。
    完全なるミスリードのせいで作品を壊している。

    ストーリーだけを見れば特に何も起きていないし、ひたすら平坦でただただ退屈なのは否定しない。
    それにも関わらず、そこはかとなく不安にさせ、スリリングに思わせる。
    その役割を担っているのが音楽である。
    音楽のチョイスも、音楽のタイミングも、音量も合っていない。
    そのおかげで何でもない瞬間でさえ、異様な不安感を抱く。
    冒頭のスタッフクレジットも一旦重ねてから切り替える。
    普通しないことをされると、ただ文字を出すだけでさえも何か意味があるのかと疑ってしまう。

    本作はパズルのピースを何も起きない少年の生活に散りばめ、組み立てるのを全て観客に任せている。
    それを創るのも、足りないところのピースを想像で創ることも必要で、間違いなく一回観ただけで完成するものではない。
    それゆえ好き嫌いは別れるだろう。

    ストーリーはミステリーでもホラーでも、なんならドラマでもない。
    でも「その人」が「その人」にになった理由を考えることは、果てしない謎に包まれ、怖くもなる。
    本作は「観る」ことがゴールではない。
    「観て考える」ことができて初めてスタートに立てる。
    邦題のミスが本当に勿体ない。
    つけた奴が一番モンスターだ。

    エンドロールが30秒もないため余韻にも浸れず、「ほら考えてみろよ」って突き放される、2016年一番高圧的で挑戦的な作品である。
    eriok
    eriokの感想・レビュー
    2日
    2.5
    ラストがなあ…。そんなに悪を感じさせない。もっと昔の映画「小さな悪の華』の方がエグい。
    >|