「ヒットラー」に投稿された感想・レビュー

やよち
やよちの感想・レビュー
2017/03/13
-
帰ってきたヒトラーでヒトラーに興味を持ち、鑑賞。ナチ映画やホロコースト映画は初なので、点数のつけ方がわからないです。
Maki
Makiの感想・レビュー
2016/08/20
3.5
ヒトラーの幼少期から、ナチスドイツが台頭していくまでを描いた作品です。
「総統」としてのヒトラーを描いた作品は数多く見かけますが、台頭までの過程を丁寧に描いた作品は割と珍しいのではないかと思います。
映像のクオリティも高く、映画自体は179分と長めでしたが、飽きることなく鑑賞できました。
ただ、一つ残念だったのは、登場人物がドイツ語ではなく英語を使用していること...。そのくせ、「Sieg Heil(勝利万歳)」はドイツ語だったりと、違和感ありまくりでした。ナチス映画にありがちなことですし、仕方ないんですけどね...!
paucibed
paucibedの感想・レビュー
2016/05/12
-
記録
daddy
daddyの感想・レビュー
2016/03/27
3.7
ストーリー性もあって、ただの史実を学ぶ目的としてではなくても、面白い作品。ただ、この再現度の第二次大戦中、ヒトラーの死ぬ瞬間は観たかったし残念。便宜上仕方ないだろうが、戦勝国の言語で物語が進むのはリアリティが無い。
トランティニャン
トランティニャンの感想・レビュー
2016/02/16
3.5
とりあえず記録。


ヒトラー台頭を丁寧に描いたドラマ作品。
天狗
天狗の感想・レビュー
2015/12/29
3.3
ディカプリオのザ・ビーチを見てるとこの人ヒットラーjの役者ちゃうの?ということで調べたらロバート・カーライルでした。やっぱり。

これは、彼が怪物になっていくプロセスを中心に描いた作品で怪物になったあとのことは描かれていません。

ま、マザコン?ロリコン変態野郎だったということを描いた映画でした。
takumi
takumiの感想・レビュー
2015/12/22
4.0
ヒトラーがいかに、国家社会主義ドイツ労働者党とドイツの頂点、「総統」になったのかが分かる作品。誰が見てもこれで理解出来ると思う。
良く再現できているが、あまり腑に落ちないのが、外見があまり似ていない側近と登場しない側近がいるのが少し気になった。
Mac
Macの感想・レビュー
2015/11/17
3.0
"ヒトラー総統"が如何に誕生したかが、よくわかる映画。
KICHI
KICHIの感想・レビュー
2015/10/24
3.9
2015/9/24
第1部 我が闘争 鑑賞。
2015/10/24
第2部 独裁者の断頭 鑑賞。

ヒトラーの半生をわかりやすく簡潔に描いている。
若かりし頃の彼はどのような経験をし、何を考えていたのか?如何にして頂点まで上り詰めたのか?彼について知るにはとても良い映画だと思う。
この映画ではユダヤ人を虐殺する前までの歴史を描いているのでその点は非常に珍しく、またユダヤ人大虐殺の事実だけでヒトラー=絶対的な悪だと思っている人には是非見てほしいと思った。果たして本当に彼だけが悪いのか?
ハンフシュテングルやレーム隊長などのことは知らなかったが鑑賞後に彼らについて調べると、この作品で結構忠実に描かれていることがわかる。
ハンフシュテングルは世渡りが上手い印象を持った。ヒトラーと親しかったようだが美術書籍出版業者でありピアノも嗜んでいることから趣味の面でも話が合ったのかもしれない。
ロバートカーライル、全然ヒトラーに似ていないのに段々と彼に見えてくるから不思議だ。第2部で彼の発する空気感みたいなものがヒトラーそのもののような気さえした。実際ヒトラーもこんな風だったかもしれないと想像できる場面が沢山ある。
第1部の戦場にてヒトラーとユダヤ人との接触シーン(ユダヤ人だとわかる見せ方)や第2部のエルンストがスパークリングワイン?をポンっと開けるあのシーンとか、追いかけっこからのボコボコにされるシーンとか、演出が良いなと思う箇所がいくつもあった。
今作を見て、また一つ勉強になった。
ゆ
の感想・レビュー
2015/09/29
4.0
ロバートカーライルがすきだ。
>|