シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

ゆめ

ゆめの感想・評価

4.0
雰囲気とてもいい。カットごとの絵が絵画調で何個かオマージュ的なレイアウトが見られた。
ただ、アクションとかそーいう系が好きな人は退屈で寝ちゃうかも。
私も独裁者とか、歴史とかはあんまり興味をそそられないので好きな人はかなり好きな映画なんじゃないかな。

伏線がおおい。というか監督が観客に伝えたい事が多いなと感じた。考える映画なんかなあと。

だから少し見てて疲れてしまった。
体力を使う映画。
442234

442234の感想・評価

-
メモ
音楽がストーリー
精神病が発症した時のよう。
世界観が好きな人にははまる。子供は小人が演じているんだろうか。気持ち悪くていい。
日本オリジナルのジャケと、わざわざ英語のオリジナル邦題の狙いは明確で、本当に浅ましく腹立たしいので絶対観てやんないよと思っていたのですが、他の方の格好良いレビューなど読んでいるうちに観た方が良い気がしてきまして。

…本当に観て良かった。これ観逃すところだったとは。宣伝担当者はパージである。

この作品、ストーリー展開を重視する方には圧倒的に物足りないでしょう。邦題のせいでミスリードし易いとも思います。個人的には「アイヒマンて結局はさあ…」とか「あの事件の少年、実際はさあ…」みたいなお話が大好きなので大満足です。

というか、そもそもお話なんてどうでもいい。初っ端、始まった瞬間から、その画と音楽に、ムードに、ノックアウトされてしまった。完全に。もうそれだけで良いよ。出来る事ならこの画の中に入ってしまいたいけど、こうもガサガサの手だと触れる事すら出来ないね。
映画の古典の自習をサボってきてしまっている自分には、この作品の美しさ、重々しさが果たして本物なのか、単なる擬古典主義の出来損ないに過ぎないのかは判断出来ません。(勿論形容する能力も無いです。)でも、いいよ。好きって思ったから。好きだと思えるものが見つかって本当に良かった。劇伴に至っては、全ての映画の中で一番好きです。本物とか偽物とかどうでもいいよ。狂信。
こんな内容の無いレビューは兎も角として、他の方のレビューなど見て気になった方は、是非観てみて下さい。この作品に出会うべきなのにまだ出会えてない方が絶対いる筈です。
とり飯

とり飯の感想・評価

2.0
宣伝ミス映画
美少年鑑賞映画

「サスペンスパズルミステリー」的なキャッチコピーが書いてあったんだけど、謎解き要素ほぼ皆無

ラストに登場する人物とその演者を見て「ああ」と思うことはあっても、だからなんだ??というスッキリしない作品だった

独裁者というか反社会的な人物は、主に環境によって生まれるというけど、そういうことを描きたかったのかな??

宣伝文句のおかげで「強烈なミステリーを謎解きしてスッキリ」ってノリで観はじめてしまい、作中でもイマイチ楽しみ方がわからないまま終わっちゃった
「家族ゲーム」っぽいなとも思ったけど、インパクトは弱かった

宣伝ミスの影響もあるけど、全編を通して演出・感情の起伏が少なく、ストーリーから得るものをあまり感じなかったので(-3)

雰囲気映画や美少年好きな人にはすすめたい
それ以外にはすすめない
第一次世界大戦終結間際からヴェルサイユ条約締結までの期間をバックグラウンドにして、極悪非道の独裁者を作る素地はココにあったと断罪したいがための一作。
……という志は判らなくはないんだけど、主役の少年がそもそも架空の人物だし、その後に見られる独裁体制下の体制もソ連とナチスを足して2で割ったパロディぶり。むしろ、コノ少年時代程度で独裁者にはならないだろう……としか思えないのが残念過ぎる。まァ、ヒトラーやスターリンの脅威が身に沁みてるヨーロッパの人々には感じるところの多い作品なんだろうけど。
サスペンス調のBGMも、ソレ自体は素晴らしいと思うんだけどチグハグな印象。
たまご

たまごの感想・評価

2.0
難しい、政治のこと全然わかんないから難しい…。少年がもっともっと過激だと思ってたらじわじわと、という感じで。そして真面目な話で。悪い美少年を愛でる系ではない。音楽がいい。
Mm

Mmの感想・評価

-
全然意味がわからない…観る人が観れば面白いんだろうけど自分の頭が足りなくて理解できなかった…w
観てる間も退屈で何度止めようと思ったことか。その都度この後面白くなるかもと期待して観たけど最後まで特に盛り上がりもなく…何度か観れば面白さがわかるかもしれないけどストレス溜まるし1回で充分😞
K

Kの感想・評価

1.0
1918年。第一次世界大戦が集結して間もないフランスへ、ヴェルサイユ条約締結のためにアメリカの政府高官の一家が古いお屋敷へと引っ越してきた。

彼には神への深い信仰心をもつドイツ人の妻と、プレスコットという美しい息子がいた。

しかし、プレフコットは利発だが癇癪持ち持ちで気難しい性格で、両親の手に負えなくなっていく。

普通の男の子が独裁者になる様というよりは、もともと問題のあった将来の独裁者の幼少期を描いているだけ。

独裁者ならではの物の見方の偏見が凝り固まっていく様をもっと描いて欲しかった。

どんでん返しに期待したまま盛り上がることなく終了。
ばそび

ばそびの感想・評価

1.5
美少年は目の保養になる。音楽は良い。
内容は????てなる。
sakiko

sakikoの感想・評価

3.0
この子が何で独裁者になるのか理由を探そうとするから余計に難しく感じる映画だと思いました。

不安を煽る音楽が興味をそそりますが、物語にこれといった盛り上がりはあまりなく、一定に進んでいきます。
だから時々退屈になるシーンがありました。

子供はダメで大人は許される。
そしてしつけられる。
一つ一つが重なり合って、自分の気持ちも追いつかなくなってしまって、どうしたらいいのかやり場のない気持ちが何だか可哀想だったな。

子供は親の背中をよく見ているんだなと。
なんか教訓にしたいね。
>|