• Filmarksトップ
  • シークレット・オブ・モンスターの感想・レビュー

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:
  • イギリス
  • ハンガリー
  • フランス
  • / 上映時間:116分
    監督
    ブラディ・コーベット
    脚本
    ブラディ・コーベット
    モナ・ファストボルド
    キャスト
    ベレニス・ベジョ
    ステイシー・マーティン
    ロバート・パティンソン
    リーアム・カニンガム
    トム・スウィート
    あらすじ
    1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

    「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・レビュー

    SayoOkubo
    SayoOkuboの感想・レビュー
    16分
    -
    音楽の演出がすごくいいけどどういうこと?
    オドラデク
    オドラデクの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    七つの大罪を内包した怪物。
    17
    17の感想・レビュー
    11時間
    2.1
    わたしには難解すぎた…期待していただけに頭がついていかない残念なわたしにがっかり!!!ただ音楽がよかった。
    三半規管が弱いのと体調が悪いのとで最後のシーン観てられなかった!薄目でみてたけど今めっちゃ気持ち悪いです!!!たすけてほしい
    YASUKO
    YASUKOの感想・レビュー
    1日
    -
    怖い




    とソワソワするワクワクする。
    人間って面白い。
    生きてるだけで面白い。

    音が良かった。
    すごく。


    話の辻褄なんてどうでもよくて私はすごく面白かった。
    物語ではなく、この画をみて私はこんなに怖いとか、ドキドキしているとか、
    自分の反応がとても楽しかった。
    物語はなくてもこんなに反応出来るんだと。
    音と画だけで私は楽しかったのです。

    理解なんていらないんじゃないかなあ。
    モンスターの心なんて。
    すずき
    すずきの感想・レビュー
    1日
    2.3
    わけわかめ
    miyu
    miyuの感想・レビュー
    1日
    2.9
    予告編を見て、すっごく子供時代が特別で、悪魔の様な子供みたいな感じの子を想像してしまったが、単に、愛情の薄いワガママな子…
    って印象が強く、満たされない不満を抱えて育った感じがする。。。

    コレ、予告編と実際の内容が不一致の典型的パターンで、ミステリーでも、ホラーでもない、つまんない話です。。。

    しかし、ベレニス ベジョさん、正直、こんな役が似合うゎ。。。
    minyu
    minyuの感想・レビュー
    2日
    -
    せっかちには耐えられない長いシーンばっかり
    Yuya
    Yuyaの感想・レビュー
    3日
    2.6
    ウっソーん?
    少年期から一気に独裁者って 過程みたいなもん 無いんかーいっ!?
    散々不協和音で煽っといてからの スカしに唖然…

    ただ あの少年に蓄積されてゆくフラストレーションと 今にも断ち切れてしまいそうな理性の狭間での 大人への嫌悪感みたいな部分は 結構共感できてしまった…
    大人が子供に教える"清廉潔白"な正論と その大人達の生活に垣間見る"業や欲深さ"の矛盾って かなり子供の瞳の奥を壊してゆく気がする
    まさき
    まさきの感想・レビュー
    3日
    1.0
    開始30分で感じた。
    見続けても意味がないことを、、、
    まなみ
    まなみの感想・レビュー
    3日
    -
    観たよ



    面白くなくもなく面白くもなく。

    こう言う哲学的な映画を面白いと感じるスキル私には要らないので理解しようとするだけ無駄な時間かなー

    何か起こりそうに煽る雰囲気は良し(普通の事も音楽で異常に煽る)
    まぁ何も起こらないけどねw

    後この時代の上流階級の子育てがどんなものかはわからんけど子供として別にあり得る行為を重く受け止めすぎじゃないかな??
    たとえば家庭教師の胸を少し触る→その後不愉快にさせてごめんなさいときちんと謝ってるにも関わらず手をビンタΣ(゚д゚lll)
    (その他些細な事を異常な事の様に煽る演出にはイライラ)
    てかそもそも子供より親に問題あるくないか?懐いていた女中もいなくなり只愛情に飢えて踠いてるように見え何だかプレスコットが可哀想だった

    しかもラストは急に独裁者って飛躍しすぎじゃない?


    ラストの伏線判明は良かったけど

    こりゃ雰囲気映画苦手克服は無理だな
    シャークナイトのが私はよっぽど楽しめたわ←
    >|