• Filmarksトップ
  • シークレット・オブ・モンスターの感想・レビュー

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:
  • イギリス
  • ハンガリー
  • フランス
  • / 上映時間:116分
    監督
    ブラディ・コーベット
    脚本
    ブラディ・コーベット
    モナ・ファストボルド
    キャスト
    ベレニス・ベジョ
    ステイシー・マーティン
    ロバート・パティンソン
    リーアム・カニンガム
    トム・スウィート
    あらすじ
    1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

    「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・レビュー

    ノムチ
    ノムチの感想・レビュー
    2017/02/06
    3.2

    このレビューはネタバレを含みます

    気づけなかった。

    でも噂の透けブラウスのシーンはスグに気づけましたよ。もうそこにしか視線はいってませんでしたよ。世界でも相当に上位入れますよ!
    murph
    murphの感想・レビュー
    2017/02/06
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    最後独裁者がロバート・パティンソンということで察する感
    でも最初は全く気づかず考察読んで気づいた…
    まぁ、歪むよね
    Kai
    Kaiの感想・レビュー
    2017/02/03
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます


    観てる途中睡魔が襲ってきて、最後あれよという間に終わってしまった。。

    主役は音楽なんじゃないか?ってぐらい音楽の主張がすごい(笑)

    主人公の少年はピンポイントで誰かがモデルというわけではなく、総合的な独裁者の象徴として描かれたのかなと。

    「何が彼を独裁者にしたのか。」という謳い文句に対して、
    きっと主人公の少年が元々 特別あるいは異端な存在だったというわけではなく(その素質は十分にあったかもしれないが)、周りの人々や環境が彼をそうしていった。結局子供は親の写し鏡なのでしょう という話に見えた。

    見知らぬ土地での孤独。
    躾と称して 意にそぐわないお手伝いをクビにする母親。
    最終的には力にものを言わせる父親。
    そして夫婦共に不倫。
    (しかも少年にとって初めて身近に感じた女性-すなわち初恋相手だったかもしれない女性が 父親とそんな関係になってたらそれはショック。だからいらなくなったんだ。)

    そんな ある意味で独裁的かつ冷めた両親を見てきた主人公。
    唯一味方だったお手伝いの叔母さんも辞めさせられてしまって、彼の周りには誰一人として真の味方がいなくなってしまった。

    そんなこんなで 一度植え付けられた不穏の種が、周囲の環境や人々に反発する 手にあまる子をうみだす要因として徐々に芽吹いたのかなと。


    今回の主人公はたまたま独裁者になったけど、
    世の中の虐待の連鎖なんかも こうやって親から子へ受け継がれていたりする。
    親に愛されていない子は、子供の愛し方を知るわけもなく。

    子供は親の顔色や愛情に敏感で、本来無条件で自分を愛してくれる最も近いはずの存在に(ほんとの意味で)自分を見てもらえていない、興味を抱いてもらえないことほど哀しいことってないなと改めて実感した。

    以下ものすごく個人的な話。
    将来子供ほしいと思う反面、我が子が人を傷つけたり犯罪者になったらどうしようか。それが怖くてたまらない。それだけの責任が自分にあるかと思うと本当にこわい。。みたいな話を鑑賞前にしていたところなので、その恐怖や不安を裏付けられたようでやっぱり怖くなった。
    (でもそれだけの覚悟や危機感て、親としては必要だとも思うんだけどな。。

    家族って自分の世界を第一に構成する要素だから、そこの基盤がしっかりしてるかどうかって
    その人の性格や幸福度、その先の人生にまで大きく影響していたりすることも珍しくない。
    という当たり前のことを再認識させられて少し辛くなった(笑)

    ---------
    帰り道、映画中ところどころ出てくる違和感について考えてみた。そもそもどこが心理パズルミステリーなんやねんーって。
    けど、結果として謎が解けた(ここについては割愛)ときは本当に感動したし興奮した。細部まで凝ってて とても良くできた演出だと思う。
    (鑑賞中は眠くなったのに笑)鑑賞後がこんなに楽しくなるなんて。映画の醍醐味を存分に味わった作品だった。感謝。
    杉山くん
    杉山くんの感想・レビュー
    2017/02/02
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    難しい映画だった。
    さまざまな独裁者をまとめて、その平均化っていう映画なのかな。
    モンスターが生まれるのはそれなり理由があるのだな、と。華やかでみんなが楽しいはずのクリスマスで、おめでとうと言うみんなに向かって、ひたすらごめんなさいと謝罪させる大人たちに囲まれてたら異常な世界だよね。歪んだ世界で育って、歪んでモンスターになる、そんな存在がこの映画の主人公。
    GOROTUKI
    GOROTUKIの感想・レビュー
    2017/01/24
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    2016年度もありました!
    難解映画!
    この謎をいち早く評価したのが
    『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ監督
    本作を大絶賛し、第72回ヴェネチア国際映画祭で、オリゾティ部門の監督賞を贈った。
    その監督ブラディ・コーベットですが
    この名前を聞いてピン!っときた方は
    かなりの映画通です!
    あの『ファニーゲームU.S.A』の
    二人組みの片割れデブ
    『マーサ、あるいはマーシー・メイ』の
    カルト教団の勧誘者などなど
    頭がちょっとあっち側の役をこなす役者さん
    です。
    そんな彼が監督ですから難解映画でしょう!
    劇場を出る観客の首が傾げていた本作
    ここで…
    〜おっさんでもわかる本作の楽しみ方〜
    少年プレスコットが何故?
    独裁者になったのか。
    ココを楽しみましょう!^ ^
    「序曲」から始まり
    「癇癪1」「癇癪2」「癇癪3」の
    チャプターに分かれ
    独裁者になったとされる出来事が
    パズルのように散りばめられています。
    そのパズルのピースは、いくつか欠けており、少年の行動に対する明確な説明はなく、ヒントが散りばめられているだけ。
    ◯何度も女の子と間違えられる。
    ◯神の教えを疑う。
    ◯愛に飢える。
    ◯母親と父親の欺瞞を察知。
    ◯数少ない味方のメイドが解雇。
    ◯寓話「ねずみの恩返し」を教訓にする。
    ◯ロバート・パティンソンのひとり二役。
    などなど
    何故、独裁者になったのか?
    明確な答えはないのですが
    自身の解釈は
    ◯家庭教師の透け乳。だと思います^ ^
    性的衝動を狂わせたのだから^ ^

    そんなこんなで
    監督インタビューによると
    終盤カーテンが燃えるシーンは
    「いろんな意味が込められている」そうで
    あの夜、少年は家と一緒に燃えてしまった。
    メイドが「一家を破滅させてやる」と言い放ち呪いが現実となった。あるいは呪いは効かなかったという皮肉と捉えることもできます。さまざまな捉え方がありますが、ほとんどどれも正しい。そうです。

    追記
    もう一つ忘れてはならないのが音楽
    作曲はスコット・ウォーカー
    デイヴィッド・ボウイなど影響を与え
    映画音楽は
    レオス・カラックス監督『ポーラX』以来
    本作の
    オープニングの「序曲」はとくにヤバイ!
    自身サントラを購入した程
    兎にも角にも
    スコット・ウォーカーがヤバイ!
    パーカッショ二ストをスタジオに呼んで、
    牛の生肉を叩かせる人です。^ ^
    詳しくは
    ドキュメンタリー映画
    『スコット・ウォーカー30世紀の男』を
    ご覧に!^ ^
    mixxx
    mixxxの感想・レビュー
    2017/01/15
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    2017/1
    全然予備知識なく、勘で面白そうと思って観に行きました。
    子供の怖いやつかな?くらいの気持ちだったんだけど、大戦中の世界情勢とかがでてきて、全然わからないので最初の方寝てしまった。
    結局子供は実在するひとだったの?
    音楽がかったこよかったので、でかい音で聴けてよかったです。
    竹内大智
    竹内大智の感想・レビュー
    2017/01/14
    3.1

    このレビューはネタバレを含みます

    米政府高官の息子が将来独裁者になる、子供の頃の記録を描いた話!
    結構静かに起こる話なので、スゴい展開を期待している人にはがっかりな感じかもしれません!

    感想はこんな家庭なら、子供もグレます(笑)
    育ち盛りのやんちゃ坊主がいろいろイタズラを覚えますが、それに対して、親はただ叱るだけです!
    子供と心からの対話がありませんでした!
    また最後の場面まで少年の名前を言ってなかったので、普段名前を呼ばず、子供以外のことばかり対応してる感じでした!
    最後の場面で、少年が母親を石がたくさん入った、靴下で殴った時は衝撃でしたね!

    そして独裁者となった、彼が描かれていますが、独裁者になってしまった感はあまり伝わりにくいかもしれません!
    国旗がナチスみたいな、赤と黒と白のマークになっているので、それを暗示させているのかも!
    45li
    45liの感想・レビュー
    2017/01/14
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    音楽が恐怖を仰いでるけど、映像は
    そうでもなかった…
    どうしてヒトラーのような独裁者ができたのか
    独裁者に仕立てあげ関わってきた周りの人達
    の物語で、産まれ育ってきた環境により
    優しかった少年が怒りを見つけ出し爆発する、
    この少年はこうやって変化してしまったのだと
    観ながら色んなことを考えさせてくれる映画だった。
    ナトリ
    ナトリの感想・レビュー
    2017/01/09
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    全体的に暗い。だからこそ白いスカートがすごくよく映える。明るいほうへ去って行った先生は、最初から浮いていて特別扱いだった気がする。

    石を投げるとか部屋に閉じこもるとか、わりと普通の子どもがやりそうなことだ。自分も覚えがある。でも特殊な環境下で条件がそろえば、怪物ができあがるというわけか。

    これはきっと何かのメタファーなんだろうな、と感じつつも不勉強なため何なのかわからないまま、というのが多かった。ホームページでのネタバレ解説に期待。

    最後、主人公が男だと一発で言い当てられた瞬間、ぞっとした。独裁者プレスコットを迎える人並みの中の少年(少女?)が心配だなあ。
    timoka010
    timoka010の感想・レビュー
    2016/12/30
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    字幕: 松岡葉子

    壮大なMVって感じ。序曲から始まるオープニングが凄くスタイリッシュでかっこよかった。何て曲なんだろう

    エンドクレジットのFor ADAというのは?アダは実際にいた人なのか

    モナの「残りの人生をかけてご一家を破滅させます」的な逆ギレ発言怖かった。今思い返してみれば、「こんなに可愛い坊ちゃんをこんな目に遭わせたご一家許せない」ともとれる??かなり狂信的にプレスコットを溺愛していた?

    プレスコットが子供だからこそ、頭の中で起こっていることが余計見当つかなくて恐ろしかった。
    着飾っている姿や自分の中での美意識を頑なに守ろうとしているプレスコットの姿は『人間失格』の葉蔵と非常に重なった。

    ていうかロバートパティンソンの出番は最後だけなのか…
    てっきりチャールズがロバートなんだと思ってた

    「おながが」の字幕ミスは単純すぎて驚いた。何故ああいうミスが残ったまま上映されるんだろう?もうある段階を越えると修正もできなくなるのかな

    絶対万人受けする作品ではないし、お金出して観ろとも薦めないし、私がお金出すから観てとも言えないけど、自分の意志で観に行った人とは是非語りたい作品。

    「何が少年を独裁者へと変貌させたのか」というキャッチコピーは、上映前、上映中、上映後もずっと観客の頭の中にあるけど、実際私の答えは出なかったな…少年の狂気は先天性のものなのか、それとも環境によるものなのか。
    >|