シークレット・オブ・モンスターのネタバレレビュー・内容・結末

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿されたネタバレ・内容・結末

独裁者の幼少期を描く作品。
少女のような彼が歪んでいくには、あまりにも十分の動機がある。無数の民衆が自己を裏切ったこと。一人では悪魔になれなくても、大勢なら善を忘れられる。想像する余地を残しながら、散りばめられたピースが1つになる時、少年は悪魔になった。監督ブラディ コーベットはすごいことするなぁ。
常に考えながら観なければいけない映画だった。邦題に騙された感ある。ミステリーかと思った。考える余白がたっぷりある映画だから、考察を含めて面白い映画だった。雰囲気良き。
ステイシーマーティンが綺麗なだけで出番が終わってしまい残念。
音楽で煽って中身はそうでもない。
予告が良くできてて
気になって観てみたが
恐くもなく悪ガキの話だった(笑)
とある指導者の幼年期の話。
不安を煽るような音楽にぞわぞわして、見慣れないカメラワークにぞわぞわして(ちょっと画面酔いしました)。OPEDの字幕の出し方も、一瞬前の字幕と後の字幕が重なるというやり方で、これまた不安というか不気味というか。
映画の最後に出てくる会議室(?)が映画の序盤に人のいない映像で挿入されていたのがなんだか気になった。イージーライダーでラストを暗示するようにラストの映像をパッパッと挟み込んでいたと思うけど、そういう暗示みたいなものだったのだろうか。
ストーリーは、そうなるべくしてなったのだろうなと思わせるような内容。特に、信仰心篤くみせかけて堕落している大人を知ってしまったら、何も信じなくなるだろうなぁと。もっと、理解できなさ、みたいなものを推してくるのかと思っていたので、ちょっと意外。
一見無駄な長回しのカットとか、でも何かを暗示しているようにも見えて。いろんな解釈ができそうな気がする。2章の始めあたりの蛇のカットが私はとても気になりました。それから、女の子に間違われるくらいに可憐な少年、髪を切ったら、と言われても嫌だと言っていたのに、ラストの指導者は坊主頭で、そこもなんだか気になって。いろんなところにメタファーとかありそうです。名前がほとんど呼ばれてなかったところなんかも。
ww1終結あたりの話で、途中にはさまる白黒の映像は当時の映像を使っていたのかな。そのリアルさと、最後の架空の独裁国家の様子がちょっとちぐはぐというか、作り物感が強調されていたように思えた。
邦題のシークレット・オブ・モンスター、ちょっと仰々しいタイトルだな、と。でも、モンスターはあの少年なのだろうけど、両親もモンスターだよな…と思ったり。
再び立ち上がるのに必要なものまで奪ったら、人も国もまともな方法では立ち上がれなくなりますよというお話、かな?最後の大人になった彼の姿の意味を理解するのにちょっと時間を要した。アハ体験!
とにかく美少年には弱いんよわたしが。笑
だからシルエットで着替えるシーンとかすごいきれいだなーって思ったよね。

前提として、わたしはナチスを研究するくらいヒトラーのファンなんですよね。笑

でも内容として、三章に分かれてたみたいだけど、二章と三章の間が急すぎ。

一、二章目はなぜ独裁者が生まれたかっていう少年時代の話なのに、三章は急に
独裁者として人気を得てる。なんでそれで独裁者になるの??て感じてしまったから一、二章目もう〜ん、、、
いまいち異常感が足りなかったんじゃないかと、、、

きれいな映画だけど、音楽で禍々しさを演出してるだけで実際映像自体とはあまり合ってない気が、、、

最後のシーンで周りを見渡している女の子は、独裁者に洗脳された周りの大人たちの異常さに気づいて戸惑ってるんじゃないかなーとか個人的に思った。

もしこの女の子が続編ででてきたらおもしろくなりそう!!ないだろうけど笑
解説を読んでやっと内容が理解できた、、
まさかの架空の独裁者の幼少期についてだった...てっきり実在した大戦時の為政者についての話だと勘違いして観ただけに拍子抜け。


ただ主人公の少年がやたら中性的な魅力を放っていたのと(見た目だけ)、教会で合唱の練習をしたりミサに頻繁に連れて行かれるなどの宗教特有の神秘的な雰囲気が相まっていて、全体的に私は好きな作風だったなぁと。ただ淡々と、少年の日々の断片をいくつかの章に分けている構成なので、だらだら観るに限るというか...要するに、ストーリーに面白さを求める類の映画ではなかった。


最後、いきなり大人になった彼がスキンヘッドで登場するのにはビックリ、冒頭で少年の母を訪問していた軍人と同じ俳優が演じていたとは、ネタバレを読むまで気づきもしなかった...
新外交で世界外交を刷新する米大統領ウィルソンはまた、スターリンの民族自決を横取りする形で民族本位の国家群による世界体制を構築し、ヴェルサイユ条約で欧州分割を推し進めた。それは列強による世界分割の新しい秩序構想である。これが時代の背景。

ライオンとネズミの寓話をどう捉えるのか。メイドを大切にする話にも聞こえるが、しかしべつの見方も可能。ライオン(列強)とネズミ(小国・被植民地)だとして、ネズミがライオンを助けるのがよいことなのか?など。

少年の癇癪は、男の子であることに関わってるようにみえる。大人たちのマッチョでミソジニーな考えを意識しているようにみえる。

第一次大戦がファシストを産んだのだということだろう。それ自体はよく聞くはなしだが。

ハネケの『白いリボン』と比較すべきか。

ちなみにヒトラーではなく、ムッソリーニの幼年期のエピソードだとか。
>|