シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:
  • イギリス
  • ハンガリー
  • フランス
  • / 上映時間:116分
    監督
    ブラディ・コーベット
    脚本
    ブラディ・コーベット
    モナ・ファストボルド
    キャスト
    ベレニス・ベジョ
    ステイシー・マーティン
    ロバート・パティンソン
    リーアム・カニンガム
    トム・スウィート
    ヨランド・モロー
    あらすじ
    1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

    「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

    JACKMAN
    1.0
    アドルフ氏の事かと思ったら、あくまで架空の独裁者の様だ。旗は相当意識されているが。
    正直、時間の無駄だった。ハラハラも全くしなかった。
    初老の父親と若い母親。最早子供の父親とは呼べない年齢だろう。母親は愛情を示しはするが、そもそも家庭を持ちたいとは思わなかった人。そりゃあ子供の性格も歪むだろうが。
    子供の奇行も驚く程ではない。ってゆーか、そのくらいの事は普通の子供でもするんじゃないのってくらい。奇行の数も少ない。
    この設定なら、もう少しスリリングにできるんじゃないかって思ってしまう。
    例えば、子供の奇行が激しさを増し、母親の子供に対する愛情が徐々に薄れ、夫婦間にも溝が生じてくる。この3つを同時平行的に進めれば、もうちょっと見応えのある映画となったのではないか?どうせフィクションなのだから…
    ぬっ子
    2.7
    独裁者の少年期が淡々と語られる
    なるべくしてなったんだなぁという感じ
    特に盛り上がりもなかったけど、ラストの独裁国家を作り上げてる様には鳥肌
    暗い映像。
    ネットで解説読むと面白かった。
    ろけん
    4.5
    始まって30分くらいして何か変だなって思ってたんだけど気がついたら全身鳥肌だった。

    少年期のラストシーンまで、この綺麗な少年の名前は一度も呼ばれていない。(要検証)
    映画のラストシーンを飾るのは群衆がプレスコット万歳と喝采。

    ゾックゾクした。
    eli
    4.0
    嘘はよくないねえ。
    無条件に無垢に信じてくれてる相手ならなおさら。
    隠しておきたい事があることぐらいわかっちゃうよねえ。
    奥に隠そうとするほどなおさら。

    嘘はよくない。丸見えだよ。

    にしても最後の食事の席のシーンでの元々決められてた席の並び、考えてみると、父親だと思い込んでる他人の横で血縁的な家族の並びが完成してるのまじでヤバいな。震えるわ。
    10%の政治っぽさ、25%の不穏な音楽、45%のフェチズムで出来ている映画かなと。全体的に温度は低め。最初に言っておくとミステリーでもサスペンスでもない…?音楽だけが滅茶苦茶サスペンス。主張が強い。映画の雰囲気には合ってるけど…難解。えっ?てなる 少年が美しい事しか分からない その少年も画面が基本的に暗くてよく見えない
    自分にとっては稀に見るなんだったの映画でした
    ayk
    3.8
    もう日本の過度な煽り文句とダッサイ邦題と予告にはうんざりだぁぁ何なんだよこの音楽?クラシックに入るの?音楽緊張感と重圧感あるのに画面はずっと意味不な癇癪ボーイで美しい少年じゃなかったら観るのやめたくなるわよ?って、なんだこの毛むくじゃら!トムスウィートが毛むくじゃらにっ!

    っとキレてたのを落ち着けると、この映画に散らばった不明瞭なパズルのピースが埋まりました。かなり実験的な映画だな〜!今回の映画あながち邦題は間違っていないかも!
    久しぶりに自分のためにネタバレレビューしちゃうぜ!

    かなり考察しがいのある興味深い映画です。ただ下手すると私のようにトムスウィート可愛い美しいな〜で終わる映画。
    私もてっきりわかりやすく独裁者へと変貌するプレスコットを想像してたけど、原題『独裁者の幼少期』

    これはプレスコットが独裁者になってしまうピースが散りばめられていて、そのピースが全部揃ったパズルを映してる。

    最後登場した毛むくじゃらプレスコット、あれは父親の親友であり、ロバート・バティンソン演じるチャールズだったんですわ

    つまりプレスコットの本当の父親はチャールズで、ママの愛人との間に生まれた子供だったんですわ!

    神を信仰している母は既に神を裏切っているのに、神を信仰しろ・祈らんかいと言われ発狂プレスコット。
    しかもその母と一緒に住んでいる父も、使用人やプレスコットの初恋のお姉さんと不倫している。
    愛なんてそこにはねぇ、まともな友人は追い出され行き場のない怒りはとうとう爆発します。

    そりゃ歪むわ!モンスターなっちまうわ!しかしプレスコットへの躾はある意味成功します。
    言うこと聞かない奴は罰しろ、追い出せ、いっちょ独裁者の出来上がり〜!

    ハンガリー映画、相変わらず恐ろしい。
    キヨ
    -
    架空の独裁者の幼少期をおい、独裁者に至る要因を探るってのが前提。
    外交官の父の仕事の関係で、アメリカからフランスに渡ってきた一家。主人公の少年は、少女と見紛うほど愛らしくまた賢くもあった。癇癪を起こし母や家庭教師を困らせたりする少年。

    正直、このくらいの歳の子なら、これぐらいはするだろうって感じのことばかりで、いきなり最後に成長し独裁者となったと思われる主人公が登場し終わり。独裁者の幼少期といっても、なにか変わったことがあるわけではないということなのかな?

    あんまり私にはささらなかったけど、好きな人はめちゃくちゃハマるタイプの映画だと思う。
    ゆた147
    2.7
    何かとてつもないことが起こりそうなBGM。でもそこまで大したことは起こらない(笑)

    大人をよく見ている男の子だなと感じました。
    父親の仕事会議中に蔑ろに扱われたことから女装まがいの格好で、かつほぼ裸でうろついてみせたり。家庭教師ならそんなに雑に扱わないでしょ?とでも言わんばかり。

    家庭教師には父親と会うのが目的なら、お前なんていらないと示して見せたり。父には許し、僕には許さない…みたいな。

    母親にはいくら不審に思えても疑わない。許すこと。全て能動的に動くこと。受動的ではいけないみたいなことを途中言っていました。そんな光景を日常的に見ていたのかな。パーティの場での祈りの言葉。僕は信じない。お前も信じていないだろ!と言わんばかりでした。

    そのあと話は一気に飛び、独裁者?になってた。これやっぱり基にした人はヒトラーなのかな?ドイツの様だったし。最後何語話してたのかな?
    パンチ
    2.2
    宣伝の仕方のせいか
    思っていた内容と違った

    独裁者誕生の謎
    みたいな宣伝文句だったから
    小さい頃からカリスマ性などを発揮したりするのかと思いきや
    親がクソな家庭の物語だった


    独裁者のモデルはいるのだろうが実際の人物ではないので全然興味が湧かず
    その独裁政治も一切見ることなく急なラスト
    父親は不倫相手だったってことでいいんですよね?

    良かった点といえばフランス語の教師役の人の透けビーチク見れたことです笑
    >|