シークレット・オブ・モンスターのネタバレレビュー・内容・結末

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿されたネタバレ・内容・結末

たしかに原題の”リーダーの幼年時代”そのものなんだけど、なぜ彼が急に反発しだしたのかが全く描かれていないので、理解不能な作品だった。
神への信仰が無くなったからああなったと言いたいのだろうか。冒頭からすでに石を投げてるのだけど、だからそれは何故というのが全然判らない。
信仰心捨てたことや、抑圧する両親への反発ぐらいなら、反抗期の子供なら仕方ないだろう。その程度で独裁者になるなら、この世は独裁者だらけだな。
最後の章ではいきなり成長してカリスマリーダーになっているし、要は過程を描くのがゴッソリ抜けているのだなこの映画。けど”リーダーの幼年時代”ならプロセスそのものが描かれるはずなんだが・・・
不安と好奇心を煽るようなサントラは良かったけれどねえ。
少し解釈しかねて、いくつかレビューを読んだところ、たくさん隠喩をパズルのピースのように散りばめ、独裁者の形成を描いている映画みたいだと知る。
小さい仲間との別れ(世話係のモナの解雇)や、親の不倫?とかで、少年の心理が純粋に歪んでいく感じ。
たしかにいろんなシーンがパッパッと思い出され、そういう意味か!と納得できるような面白さがありました。
自分の行いが原因で(口実にされているだけ?)親の嫌なところを見る、悲しいことが起こる、そのもどかしさと行き場のなさが癇癪‥
多分もっと深い読み方があると思うんやけど‥

ただ、もうストーリーがどうでもよくなる程に少年が美しい!!!!!
物憂げな、重たい程のまつげに覆われた瞳に、ふっくらとあどけない唇、すっと通った鼻筋は小さな体躯にはアンバランスなほど大人びて見えるときも。
ガウンだけ羽織って屋敷を闊歩し、父に反抗するシーンでは子供特有の底知れぬ不気味さとふてぶてしさを表す表情。
おばあちゃんとも言えるモナにぎゅっとするシーンや、ベッドで寝るシーン、悔しさで鳴き声を漏らすシーンは本当に可愛い幼子。
その二面性に酔いしれる。
(教育係のアダも本当に美しくて、人間ってこんなに美しいものなんやな〜と思って見てました笑)

古くて重ーい感じのお屋敷の壁とか、夢と最後の成長後出てくるどっかの明るい天井とか、すごく印象的。
もう映像が綺麗で、音楽も印象的(最初の不躾で不敵、したたかな不協和音から始まる導入部分の音楽とか)で、わたしにはあっという間の2時間でした!

世界史をあんまり勉強してないので、最初の第1次世界大戦の部分からよくわからなくて???状態になってしまいました‥(><)ちょっと知識がある方がすんなり見ていられるのかも‥
哲学者としても知られるジャン=ポール・サルトルの短編小説「一指導者の幼年時代」が原作に。
癇癪持ちの少年がヒトラーを彷彿とさせる独裁者へと変貌していく過程を描く心理ミステリー。

恐怖を煽るような音楽が印象的。
ストーリーは難解で意味があまり理解できなかったので、解説で何とか把握。
一度ではなく、何度か鑑賞して面白さが増すタイプの作品だと思えます。
しかしその増し加減が及第点に達するかは人によりけり。
そして説明が足りない箇所が全て消化できるわけでもありません。

最後の最後にどんでん返しがあるのですが、予想の範疇だと思われる方もまた少なくはないかもしれませんね。
なぜ少年は独裁者になったのか?っていう煽り文句に惹かれて観たけど、ちょっと思ってたのと違う感じだった。結局、出来事だけが淡々と流れていって、肝心ななぜ?の部分は皆さまの解釈にお任せします!みたいな丸投げ系の作品でした。でもBGMは良かったと思う!
「音楽が怖い(凄い)」
「家庭教師がえっち」
「私生児って何や」
ぐらいの感想しかなく見終わってしまったんだけど、私生児の意味を解説しているレビューを読んでからようやくミステリーの意味が分かって「アアアアア(頭抱え)」となりました。何も考えずにぼうっと見すぎていた笑

プレスコットはチャールズとの子供だったのね。それを少年も薄々勘付いていて、でも明確に言語化できるほどのものではなかったからこそ、冒頭での「ママは僕以外の人のことが好きなの?(うろ覚え)」に繋がったりするのだろうな、と思うと少年に憐憫を覚えてしまう。カーチャンを石で殴るとかはやり過ぎだとは思うけど。
音楽が緊迫しててなんか嫌が上に見入ってしまうけど
思ったほどの内容ではなかったです
最後もよく分からない(笑)
背景がベルサイユ条約ってなだけで
ただの家庭崩壊ドラマの様な気もする
両親は絶対お互い浮気しとったやろ
家庭教師が乳首触られて怒ったけど、絶対おとんにその乳首触られてるはずや!
オカンもチャールズ(?)と浮気しとるやん!
ってかあの子はチャールズの子やろ!
その辺の想像は掻き立てられた
そこだけね
それ以外は単調にみたけど…
気分がいい映画ではない
音楽が仰々しくて不気味で不快。内容も時代背景や宗教が絡むので更に難解になっていて、あまり理解出来ず。

親の愛情の欠如は名前を呼ばれないことからも明白で、危険な独裁者の英才教育してるようにすら見えた。
大人たちの内面的な汚さを知ってるプレスコットは、信仰だとか表面的に取り繕う両親には嫌悪感しかなかったのだろうし、居場所も無ければ自己否定される彼が可哀想だった。


ここからは自分なりの想像だが、冒頭の階段を降りてくる場面は、天から舞い降りた天使みたいな印象だったけど、終盤の階段を登って倒れた場面は、その天使が死んだというか昇天したように感じた。そして彼は堕天して悪魔として蘇ったのかな。
石でガツンと殴る場面は、ダビデとゴリアテの話を思い出した。あと、途中の蛇は堕落させる象徴だし、家の壁が剥がれてるのも家族が崩壊しそうな象徴なのかな。
驚かす要素についての効果音がキャンキャンしているし、画面が回るから酔うしで具合の悪くなる映画だった。
前提となる知識が足りないせいか、どのように話を受け取ったら良いのかも分からず、ストーリーについても消化不良。
とりあえず「気難しい子どもを矯正しようとしたが上手くいかず、より一層尖っていった結果こうなりました」という話として処理している。
独裁者の幼少期を描く作品。
少女のような彼が歪んでいくには、あまりにも十分の動機がある。無数の民衆が自己を裏切ったこと。一人では悪魔になれなくても、大勢なら善を忘れられる。想像する余地を残しながら、散りばめられたピースが1つになる時、少年は悪魔になった。監督ブラディ コーベットはすごいことするなぁ。
常に考えながら観なければいけない映画だった。邦題に騙された感ある。ミステリーかと思った。考える余白がたっぷりある映画だから、考察を含めて面白い映画だった。雰囲気良き。
>|