• Filmarksトップ
  • シークレット・オブ・モンスターの感想・レビュー

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:
  • イギリス
  • ハンガリー
  • フランス
  • / 上映時間:116分
    監督
    ブラディ・コーベット
    脚本
    ブラディ・コーベット
    モナ・ファストボルド
    キャスト
    ベレニス・ベジョ
    ステイシー・マーティン
    ロバート・パティンソン
    リーアム・カニンガム
    トム・スウィート
    あらすじ
    1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

    「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・レビュー

    パンチ
    パンチの感想・レビュー
    1日
    2.2

    このレビューはネタバレを含みます

    宣伝の仕方のせいか
    思っていた内容と違った

    独裁者誕生の謎
    みたいな宣伝文句だったから
    小さい頃からカリスマ性などを発揮したりするのかと思いきや
    親がクソな家庭の物語だった


    独裁者のモデルはいるのだろうが実際の人物ではないので全然興味が湧かず
    その独裁政治も一切見ることなく急なラスト
    父親は不倫相手だったってことでいいんですよね?

    良かった点といえばフランス語の教師役の人の透けビーチク見れたことです笑
    りん
    りんの感想・レビュー
    2017/05/19
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    はぁ〜?怒
    ってなる映画

    心理サスペンスとか、煽るだけ煽って中身は空っぽだった。
    実在の人の幼少期なら納得いくが、
    架空のファシストのリーダーの幼少期を見せられても何の重みもなく、
    時間のムダ

    第一次世界大戦後のベルサイユ条約を調印させるために奮闘する父と、
    父と子に対して愛情を見せない宗教狂いの母親
    少しメンヘラ気味の息子がどんどん反抗していき、誰からも理解されず、
    家族に復讐して、
    最後はファシストリーダーになりました的な話

    音楽もムダになってて、
    ここまでくると、つまらなかったでは済まない!
    まるで詐欺のような映画

    ラストの成長した姿を母親の不倫相手が演じていたので父親は不倫相手だったってことが、サスペンスと言いたかったのかな〜
    jawをつかんで
    jawをつかんでの感想・レビュー
    2017/04/26
    2.0

    このレビューはネタバレを含みます

    2016.12.3鑑賞 TOHOシネマズ流山おおたかの森

    予想とあまりにかけ離れた内容で驚いた。
    見終わってみればそういう事なんだろうなとは思うけど、そんなの見たい話じゃないしねえ。

    同日鑑賞したもう一本も滑ったし。
    是非記録に残すべき一日でした。
    白の
    白のの感想・レビュー
    2017/04/26
    2.0

    このレビューはネタバレを含みます

    サルトルの「一指導者の幼年時代」が原作
    広告も興味深い
    実際にはファシストの幼年期を描いてる
    …だけ
    しかも架空の存在だから終演後の納得もない
    話の跳躍が過ぎる終盤の見せ方は陳腐
    特に見出だすべき謎も見いだせなかった
    気づけないだけかもわからないが
    ノムチ
    ノムチの感想・レビュー
    2017/02/06
    3.2

    このレビューはネタバレを含みます

    気づけなかった。

    でも噂の透けブラウスのシーンはスグに気づけましたよ。もうそこにしか視線はいってませんでしたよ。世界でも相当に上位入れますよ!
    murph
    murphの感想・レビュー
    2017/02/06
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    最後独裁者がロバート・パティンソンということで察する感
    でも最初は全く気づかず考察読んで気づいた…
    まぁ、歪むよね
    Kai
    Kaiの感想・レビュー
    2017/02/03
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます


    観てる途中睡魔が襲ってきて、最後あれよという間に終わってしまった。。

    主役は音楽なんじゃないか?ってぐらい音楽の主張がすごい(笑)

    主人公の少年はピンポイントで誰かがモデルというわけではなく、総合的な独裁者の象徴として描かれたのかなと。

    「何が彼を独裁者にしたのか。」という謳い文句に対して、
    きっと主人公の少年が元々 特別あるいは異端な存在だったというわけではなく(その素質は十分にあったかもしれないが)、周りの人々や環境が彼をそうしていった。結局子供は親の写し鏡なのでしょう という話に見えた。

    見知らぬ土地での孤独。
    躾と称して 意にそぐわないお手伝いをクビにする母親。
    最終的には力にものを言わせる父親。
    そして夫婦共に不倫。
    (しかも少年にとって初めて身近に感じた女性-すなわち初恋相手だったかもしれない女性が 父親とそんな関係になってたらそれはショック。だからいらなくなったんだ。)

    そんな ある意味で独裁的かつ冷めた両親を見てきた主人公。
    唯一味方だったお手伝いの叔母さんも辞めさせられてしまって、彼の周りには誰一人として真の味方がいなくなってしまった。

    そんなこんなで 一度植え付けられた不穏の種が、周囲の環境や人々に反発する 手にあまる子をうみだす要因として徐々に芽吹いたのかなと。


    今回の主人公はたまたま独裁者になったけど、
    世の中の虐待の連鎖なんかも こうやって親から子へ受け継がれていたりする。
    親に愛されていない子は、子供の愛し方を知るわけもなく。

    子供は親の顔色や愛情に敏感で、本来無条件で自分を愛してくれる最も近いはずの存在に(ほんとの意味で)自分を見てもらえていない、興味を抱いてもらえないことほど哀しいことってないなと改めて実感した。

    以下ものすごく個人的な話。
    将来子供ほしいと思う反面、我が子が人を傷つけたり犯罪者になったらどうしようか。それが怖くてたまらない。それだけの責任が自分にあるかと思うと本当にこわい。。みたいな話を鑑賞前にしていたところなので、その恐怖や不安を裏付けられたようでやっぱり怖くなった。
    (でもそれだけの覚悟や危機感て、親としては必要だとも思うんだけどな。。

    家族って自分の世界を第一に構成する要素だから、そこの基盤がしっかりしてるかどうかって
    その人の性格や幸福度、その先の人生にまで大きく影響していたりすることも珍しくない。
    という当たり前のことを再認識させられて少し辛くなった(笑)

    ---------
    帰り道、映画中ところどころ出てくる違和感について考えてみた。そもそもどこが心理パズルミステリーなんやねんーって。
    けど、結果として謎が解けた(ここについては割愛)ときは本当に感動したし興奮した。細部まで凝ってて とても良くできた演出だと思う。
    (鑑賞中は眠くなったのに笑)鑑賞後がこんなに楽しくなるなんて。映画の醍醐味を存分に味わった作品だった。感謝。
    杉山くん
    杉山くんの感想・レビュー
    2017/02/02
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    難しい映画だった。
    さまざまな独裁者をまとめて、その平均化っていう映画なのかな。
    モンスターが生まれるのはそれなり理由があるのだな、と。華やかでみんなが楽しいはずのクリスマスで、おめでとうと言うみんなに向かって、ひたすらごめんなさいと謝罪させる大人たちに囲まれてたら異常な世界だよね。歪んだ世界で育って、歪んでモンスターになる、そんな存在がこの映画の主人公。
    GOROTUKI
    GOROTUKIの感想・レビュー
    2017/01/24
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    2016年度もありました!
    難解映画!
    この謎をいち早く評価したのが
    『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ監督
    本作を大絶賛し、第72回ヴェネチア国際映画祭で、オリゾティ部門の監督賞を贈った。
    その監督ブラディ・コーベットですが
    この名前を聞いてピン!っときた方は
    かなりの映画通です!
    あの『ファニーゲームU.S.A』の
    二人組みの片割れデブ
    『マーサ、あるいはマーシー・メイ』の
    カルト教団の勧誘者などなど
    頭がちょっとあっち側の役をこなす役者さん
    です。
    そんな彼が監督ですから難解映画でしょう!
    劇場を出る観客の首が傾げていた本作
    ここで…
    〜おっさんでもわかる本作の楽しみ方〜
    少年プレスコットが何故?
    独裁者になったのか。
    ココを楽しみましょう!^ ^
    「序曲」から始まり
    「癇癪1」「癇癪2」「癇癪3」の
    チャプターに分かれ
    独裁者になったとされる出来事が
    パズルのように散りばめられています。
    そのパズルのピースは、いくつか欠けており、少年の行動に対する明確な説明はなく、ヒントが散りばめられているだけ。
    ◯何度も女の子と間違えられる。
    ◯神の教えを疑う。
    ◯愛に飢える。
    ◯母親と父親の欺瞞を察知。
    ◯数少ない味方のメイドが解雇。
    ◯寓話「ねずみの恩返し」を教訓にする。
    ◯ロバート・パティンソンのひとり二役。
    などなど
    何故、独裁者になったのか?
    明確な答えはないのですが
    自身の解釈は
    ◯家庭教師の透け乳。だと思います^ ^
    性的衝動を狂わせたのだから^ ^

    そんなこんなで
    監督インタビューによると
    終盤カーテンが燃えるシーンは
    「いろんな意味が込められている」そうで
    あの夜、少年は家と一緒に燃えてしまった。
    メイドが「一家を破滅させてやる」と言い放ち呪いが現実となった。あるいは呪いは効かなかったという皮肉と捉えることもできます。さまざまな捉え方がありますが、ほとんどどれも正しい。そうです。

    追記
    もう一つ忘れてはならないのが音楽
    作曲はスコット・ウォーカー
    デイヴィッド・ボウイなど影響を与え
    映画音楽は
    レオス・カラックス監督『ポーラX』以来
    本作の
    オープニングの「序曲」はとくにヤバイ!
    自身サントラを購入した程
    兎にも角にも
    スコット・ウォーカーがヤバイ!
    パーカッショ二ストをスタジオに呼んで、
    牛の生肉を叩かせる人です。^ ^
    詳しくは
    ドキュメンタリー映画
    『スコット・ウォーカー30世紀の男』を
    ご覧に!^ ^
    mixxx
    mixxxの感想・レビュー
    2017/01/15
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    2017/1
    全然予備知識なく、勘で面白そうと思って観に行きました。
    子供の怖いやつかな?くらいの気持ちだったんだけど、大戦中の世界情勢とかがでてきて、全然わからないので最初の方寝てしまった。
    結局子供は実在するひとだったの?
    音楽がかったこよかったので、でかい音で聴けてよかったです。