くも漫。の作品情報・感想・評価・動画配信

「くも漫。」に投稿された感想・評価

もっと下品な感じなのかと思っていたが、こんなに家族物語だったとは!
無事になんの障害も残らず生きててくれて良かったです。
kussy755

kussy755の感想・評価

3.7
記録用
前から気になって、アマプラのウォッチリストに入れたのを観賞です😅

以下、少し粗筋です。😅
「中川学、29歳。長年の二―ト生活を経て、父のコネで教育現場の職を得る。
初めて人生の歯車が合い始めた高揚感と抑えきれない性欲から、札幌ススキノの風俗店へ繰り出した。
そこで出会ったのはNo.1の風俗嬢ゆのあ。
中川は最高のサービスを受け、絶頂を迎えるはずが…。
まさにその瞬間、くも膜下出血を発症―。」

原作の漫画家さんの本当にあった実話です。

が、主人公が絶妙な演技で没入してしまった😱😱

演じた「脳みそ夫」さんは、タイタン所属の芸人さんで、朝ワイドショー「スッキリ‼️」で金曜日にコーナーがあったとか⁉️

事故や大病は誰でも起こるけど、起きた経緯、シチュエーションが笑うに笑えないお話しです👻👻

🤕🤕🤕✨✨✨✨✨✨✨✨✨
ずっと気になってたけど、なかなか観れずにいた~

結構面白かったなあ
漫画読んでたから
その分楽しく観れたし
脳みそ夫のキャスティングがイイ
ゆう

ゆうの感想・評価

3.0
うん、まあ1.5時間分の物語強度はないかな…
のうみそ夫さんがめちゃくちゃハマり役だったね
マグ

マグの感想・評価

2.8
脳みそ夫さんはお笑い芸人らしい
しらんけど

柳英里紗カワイイ

風俗に行ってる最中にくも膜下出血になり、一命は取り留めたものの誰にもどこで倒れたか言えない・・・という物語(笑)

男は恥をかきながら生きていくんだ
というセリフに刺さる。
N

Nの感想・評価

3.0
まぁ面白いけど、、、と思って観ていたけど、エンドロールの漫画を見ると、ああこの作者さんは本当にこんな体験をされて、生死を彷徨ったけれども生き延びれたんだな、本当によかった!!!と心から思いました。 暖かい家族もいて。死ななくて良かった。 それにしてもくも膜下出血って、、あんなに生存率が低いなんて。衝撃でした。
Yashiro

Yashiroの感想・評価

3.0
脳みそ夫がキュートで良い!
タイタンのバーターでウエストランド出てた。
風俗のプレイ中に蜘蛛膜下出血倒れて入院した人のお話。
温かいお話
原作者中川学氏自身の体験談を元に綴られた同名漫画の映画化。人の生死を扱いつつもコミカルで命懸けな一本。

【キャスト】
中川学:脳みそ夫
中川敦子:沖ちづる
学の母 - 立石涼子
学の父 - 平田満

ゆのあ嬢:柳英里紗
石毛医師:板橋駿谷

【ストーリー】
中々、定職の定まらなかった学は父の紹介で特別支援教室の先生として新たに仕事を始める。二学期も終わりそこそこにやり甲斐を感じ始めた学は、自分へのご褒美とばかりに風俗雑誌で好みの女の子を見定め、予約、プレイと順調に欲望を満たしていたはずなのだが、あと一歩と言うところで彼の頭に激痛が走った…。

【総評】
まぁ、そりゃ恥ずかしいですよね。でも、どんな恥かいても死にたくは無いでしょう。コミカルな調子で描いてますが普通に死んでもおかしくない訳ですし、本当にサバイバーな一本だと思います。あと、妹さんやお父さんの健気なこと。そして、お母さんや親戚連中の無粋なこと…。まぁ、お母さんは、本気で想像の範囲外だったかもしれませんが…。

【あとがき】
石毛先生がとてもリーゼントが似合いそうなお顔でびっくり。
>|

あなたにおすすめの記事