くも漫。の作品情報・感想・評価

くも漫。2017年製作の映画)

上映日:2017年02月04日

製作国:

上映時間:90分

3.4

あらすじ

中川学、29歳。長年の二―ト生活を経て、父のコネで教育現場の職を得る。初めて人生の歯車が合い始めた高揚感と抑えきれない性欲から、札幌ススキノの風俗店へ繰り出した。そこで出会ったのはNo.1の風俗嬢ゆのあ。中川は最高のサービスを受け、絶頂を迎えるはずが…。まさにその瞬間、くも膜下出血を発症―。完治率わずか30%の病から生還し、風俗店で倒れたことを家族にひた隠しに隠し通す中川。 ―笑いたくても、笑…

中川学、29歳。長年の二―ト生活を経て、父のコネで教育現場の職を得る。初めて人生の歯車が合い始めた高揚感と抑えきれない性欲から、札幌ススキノの風俗店へ繰り出した。そこで出会ったのはNo.1の風俗嬢ゆのあ。中川は最高のサービスを受け、絶頂を迎えるはずが…。まさにその瞬間、くも膜下出血を発症―。完治率わずか30%の病から生還し、風俗店で倒れたことを家族にひた隠しに隠し通す中川。 ―笑いたくても、笑えない!奈落の底から生還した男の<人生で最も恥ずかしい実録物語>

「くも漫。」に投稿された感想・評価

話の題材はいいのに、見せ方が普通というか。

キャラクターは面白かった。
風俗店でくも膜下出血を発症した主人公の過酷な闘病生活と、発症時の状況を周囲に隠し通そうと奮闘するさまを描く物語。原作未読。DVD鑑賞。

くも膜下出血を発症した後に見えるようになる、バットをフルスウイングしながら、死神ばりに忍び寄ったり・待ち受けたりする、くまモンをシュールにしたような「くもマン」のキャラのアイディアが良い。天災時なら怒られただろう。

風俗店で消えた靴に対して異常なこだわりを示す空気を読めない母親や親戚一同の会話は、何気ない一言や様々な過程で靴の話に何度もループし、離れたいのに離れられない靴を巡る仕組みが面白い。

このようなシュールな展開の中に、くも膜下出血に対する病気の生還の低さや、苦しさや、周りの辛さ、社会復帰の大変さを盛り込む物語の妙は良いが、いくら低予算作品だとはいえ映画なのだから、無駄にカッコ良くした音楽なみに撮影構図や背景のことも考えてほしかった。

作品を通して、演技の熱量がゆるキャラ並みに抑えており、淡々とした落ち着いた作風と役者達の演技が合致したことが心地よい。
くも膜下出血の恐ろしさを改めて知る。私の親戚にも突然のくも膜下出血に見舞われ、大手術をしたって10年くらい前に聞いて、奇跡的に助かったからよかったけど、ほんといつどこで起こるか分からないから余計に怖いですよね。他人事ではなく明日は我が身と思っていてもいいくらい…。
この作品での主人公は最悪にも、風俗店でくも膜下出血になってしまうという、何とも笑えない展開でしたが(^^;
一気に血圧上昇とか、興奮しすぎとか、頭を強打とか、くれぐれも気を付けないとなぁと感じさせられました。
くもマンってキャラクターがやたら怖いです(笑)
ぴー汰

ぴー汰の感想・評価

3.8
脳みそ夫目当てで観たし、期待してなかったけど、結構な良い映画なんじゃないか、これ。

漫画原作だけあってクスッと笑えるふざけが随所随所に散りばめられてるけど、心情を描く段階もきちんとしてる。そして実は一つ一つ芸が細かい。

何よりキャスティングが神がかってる。脳みそ夫とかこのために芸能界いたようなもんじゃないか。あとお母さんがお母さん過ぎてお母さん。
沖ちづるが死ぬほど可愛い。くもマン怖すぎ、病気のイメージキャラクターは画期的。
モラトリアムを見守る家族の視線が暖かい。沖ちづるちゃんとても可愛い。
Mii

Miiの感想・評価

3.0
シュール。かなり。
思ってた感じとは全然違ったけど。
脳の病気こわいな、って。
あとお母さんが空気読めなさすぎるのも、ね(笑)
くぅー

くぅーの感想・評価

3.4
大晦日で風俗店でくも膜下出血で倒れた実在の漫画家の話で、この漫画家の存在自体知らなかったので、興味津々に見始める。
てっきりハードなリハビリをして、漫画家になるまでの熱血な紆余曲折かと思いきや、かなり違って・・・入院生活の様子や家族や親類に倒れた場所を隠そうとする顛末を、のほほんとコミカルに描く小品でした(笑)
しかし、やはり彼女とはどこかで再会させて欲しかったなぁ。
主演の脳みそ夫は芸人らしく、いい味は出してが、妹役の沖ちづるがあの家庭からは有り得ない美形で、こちらは歌手と知って驚いた。
TK

TKの感想・評価

3.7
終わってみれば、いい話。
キャストもよかった。

柳英里紗、沖ちづる
気になる。
レンタルで視聴。借りて良かった! 笑

実話が元らしいので笑っちゃいけないのかもしれないけど、テンポというか間というか、かなりのツボ。
多分低予算の作品だと思いますが、緩急とか配役の妙とか無駄にカッコ良い音楽とか、結構センス良い作品だと思います。

柳英里紗はもちろん、妹役の沖ちづるが可愛いので、その方面が好きな方も是非。
【生と性の別れめ…家族の物語だよ〜ん】

事実は小説よりも奇なり!

なんて言いますが〜
こりゃー奇ですね〜(≡ε≡;)

こんちわ〜す!

ニート同然の主人公が父親のコネで仕事をし始める。
自身にも自信がついたところで、
自分へのご褒美として風俗へ…

そして、風俗店でくも膜下出血をおこすっ!

びっくら古今和歌集!!

お分り頂けただろうか…
主演は、脳みそ夫であ〜る。


実話だと思うと、とても大変な事なのですが風俗店でくも膜下出血になり、頑張って退院するって話を淡々と描きます。

その淡々の中で出てくる、母親をはじめとする登場人物が面白いのです(b*'Д')b


なんか、ハリウッドでコメディーの巨匠とかがリメイクして、くそつまんなくなりそうな映画ですよねーo'ω')ノ

※この映画は面白いですよー!
>|