寝ずの番の作品情報・感想・評価・動画配信

『寝ずの番』に投稿された感想・評価

odyss

odyssの感想・評価

2.5

【「中の下」の映画かな?】

マキノ雅彦(津川雅彦)監督作品。 

落語の老師匠が瀕死の床で弟子たちに依頼した秘事から始まって、お通夜の席で弟子や親戚縁者が思い出話を語りあかす。そして通夜はそれでは…

>>続きを読む
く、くだらねー、、そこは豪華俳優陣、だんだんとおもろくなりました、、
こいと

こいとの感想・評価

4.0

これは、よっぽど落語好きで
「地獄八景」や「らくだ」のネタはちゃんと知っていて、
六代目とか歌さんとかのエピソードも聴いたことがあって、
なおかつ「都都逸」や「ちょんこ節」などもある程度知ってないと…

>>続きを読む

火葬する前。つまりは死者の肉体が存在する最期の一日。
だからこそ死者を楽しく送り出そうと考えてバカ騒ぎをする。
これがタイトルの一日中起きている寝ずの番だ。

というがこのバカ騒ぎはある意味死者に失…

>>続きを読む
wakako1124

wakako1124の感想・評価

4.4
当て書きかな?と思うくらい俳優がピッタリはまっている。
中学生の頃にこの映画を観て邦画の印象が変わった。
ばかばかしてくて笑ってしまう生き様が粋。
夜明け

夜明けの感想・評価

3.5
今際の際での聞き違いがひどくて笑う。
下ネタ満載、色々と不謹慎。
でも人生の最期、これぐらい賑やかに弔ってもらえたら。
nodoubt

nodoubtの感想・評価

-

※記録用です。

上方の大物落語家(長門裕之)のお通夜=“寝ずの番”で、いかにも落語家一門らしく賑やかに語られる下ネタ満載、笑いと涙のエピソードの数々…。

マキノ(津川)雅彦初監督作品は、通夜=艶…

>>続きを読む

DVD📀所有、再鑑賞。津川雅彦初監督作品。中島らも原作。中井貴一、木村佳乃、長門裕之主演映画。

俳優の津川雅彦が、偉大なる映画人である祖父のマキノ省三、叔父のマキノ雅弘からマキノ性を襲名し、マキノ…

>>続きを読む
オリ

オリの感想・評価

3.5
こうゆう師弟の関係って少し憧れる。
落語の実演で師匠の最後おくるのいいねえ⭐︎なかなか日本の文化すばらしき。でも人死にすぎね。
自分が死ぬ時もみんな笑顔で和気藹々してくれてたらいいなあ!
いきでオシャレな映画。皆さんうまいから面白すぎです。津川さんが出ている感じで演劇鑑賞の様なおかしさあります。
>|

あなたにおすすめの記事