スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

3.6

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

YutoOnji

YutoOnjiの感想・評価

5.0
つづくのな。
たる

たるの感想・評価

3.4
多重人格か
スゴく良かった
ふじ

ふじの感想・評価

2.0
多重人格覚者にフォーカスするとこは発想的に面白く、23人の人格を観客にわかりやすくするために、実質登場する人格を5人?くらいに絞ることは仕方ない。
B級映画お決まりの3人の少女のうち1人だけがなぜか助かる使い古された設定も一度飲み込もう。

ただ最後の人格であるビーストが彼の中で形成されてしまった原因が動物園で働いていたから?なぜ?という感じで着眼点が良かっただけに、肩透かしをくらいました。
何が何だかよくわからず終わってしまった
Cla

Claの感想・評価

3.8
主人公がまさかのタムナスさんだったことに驚いて気になった。
演技力素晴らしくて、マカヴォイが大好きになってしまったなぁ。。

ストーリー性云々は置いといて、
まず設定が珍しいことに興味が沸くのと、カット割りがすごく好きだった印象が残ってる!

てかやっぱマカヴォイの演技力よね、、思い返してもトリハダ。
そこで星ぜんぶもってってる感じ。


続編あるのかなー??
Ben

Benの感想・評価

3.8
ジェームズマカヴォイ名演。
オチはわかる人にしかわからないかも。。
シャマラン監督の映画ははじめて見ましたがこの作品はそんなにホラーしていなくて見易かったです。

ただのサスペンスではなく共感できるメッセジーが詰まっていたことに感激しました。

主演のアニヤ テイラー ジョイさんがとても良かったです

オススメです‼
こっっっわかった!!!マカヴォイさんの流石の怪演に脱帽。劇場で身体カチンコチンに硬直させて観た思い出。
Sally

Sallyの感想・評価

4.3
マカヴォイの演技が素晴らしい
>|