スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

ak

akの感想・評価

2.3
まず、ちょっとホラー的な要素(女の子たちが叫んだり後ろからスッと出てくる)があるので苦手な方は少し注意した方がいいかもしれないです。
もっと色んな多重人格が出てくるのかと思ってたんですが、数えられるぐらいしか出てこなかったのは物足りなかったです。専門的な話が続いたりして、場面は所々で間延びするような感じがありました。
最後、もう少し展開があってもよかったなあと思いました。
mak24

mak24の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

記録。
ビリーミリガンを読んでたので、多重人格者は、すんなり受け入れて、観ることができました。
どうやって、抜け出せるのかとハラハラ引き込まれてました。
超人的な人格になるという仮説が証明されてしまう展開と、ラストにブルース・ウィリス登場に驚かされました。
Nanami

Nanamiの感想・評価

3.0
んー、っち感じかも。
なんか腑に落ちない感じが…。
アンブレイカブルを観てから
観たかったなぁ…。
やらかしたぁ…。
佐目

佐目の感想・評価

2.3
大々的に広告に書いているほど、人格が沢山出てこなかったのは残念でした😫
ついつい集中してみてしまったので、内容は悪くはなかったです🥂
やぁま

やぁまの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

主人公たちが事件に巻き込まれるまでのテンポが早くて好印象。
もうストーリーに直接関わらないなら無駄に説明的にしないでちゃちゃっと展開してくれた方が見やすいですね。
目の前に存在する。という実体以外は常時掴み所のない犯人の不気味さが凄く良かった。マカヴォイ凄いなぁ。フレッチャーとの会話でデニスが初めて現れるシーンは鳥肌モノ。
動機も素性もわからない犯人"達"に翻弄される三人の少女と、"彼ら"のルーツを紐解こうと自身の研究を通して彼を長年見守る女医フレッチャー。二つの視点で物語が進行する。
フレッチャーの研究題材である解離性同一性障害の持つ特殊な能力が伏線にはなるのですが、ジワジワと確信に迫って行きラストは、、うーん、まあ予想は出来なかったけど、、笑笑
ちょっとだけ、一瞬だけだけどレッドドラゴンを彷彿とさせた。
続編が出るらしいけど、ガラリと雰囲気が変わりそう。
アンブレイカブルを未鑑賞なので最後のあの人を見ても「え?なんで?」でしたが、ラスト以外にも小ネタが散らばっているのでしょうか、、気になるので観てみようと思います。
Vanillaice

Vanillaiceの感想・評価

3.1
んーわからん!笑
結局なんだったの??
ビーストは何?
シャマラン特有の???になりました!笑

フィンチ先生の洞察力が一番すごいわ
Ayaka16

Ayaka16の感想・評価

2.0
17年43本目。
【スプリット】観た。マカヴォイ好きの母と話題にしてたんだけどこれシャマラン監督だったのね。通りであんま好きな展開じゃなかった。23人格を持つ誘拐犯vs女子高生たちとあるけど23通りのマカヴォイが観られるわけではないしそんな設定が面白いだけに最後の展開有りがちで勿体無い。演技は凄い

わたしはサイコサスペンスだと思って観たけど、実質はホラーに近い…何故こうなったのか?登場人物の過去は?を思わせる回想シーンもあるにはあるけどなんかスカスカ。マカヴォイ映画だった。ただシャマランファンにはわかる嬉しい演出もあるのでそこだけは前知識付けて観たかったな~
RYO

RYOの感想・評価

3.0
本当ムキムキというか力の強い男の人怖い…。(ストーリー的にはもはや人ではないんだけども)
ホラーを見た感覚よりも災害パニックものを見た感覚に近い。
1129da

1129daの感想・評価

4.2
多重人格をテーマとしたサイコサスペンス大作!

23+1の多重人格者とその医師、そして誘拐された女子高生3人が主な登場人物なんですが、常に緊張感があり見応え抜群です。

+1のビーストが登場してからもう恐怖が止まりません。
主人公の過去の伏線も回収しながらオチにも繋げていて、後味も良し。

多重人格者や脳のリミッター、超能力を題とした映画はよくありますが、違和感のないストーリーとサスペンスでしか感じられない不気味さが上手で個人的に高評価。
greatman

greatmanの感想・評価

3.3
一言で言うと「同じ傷を持つ者」
[あらすじ]
高校生のケイシーは、クラスメートのクレアの誕生パーティーに招待される。帰りは、彼女とクレアの親友マルシアをクレアが車で送ってくれるが、途中で見ず知らずの男性が車に乗り込んでくる。彼に拉致された三人は、密室で目を覚まし...。

劇場で観に行けず仕舞いだったけどこれは..別に良かったかも😅。
何ていうか...中身がスッカスカの映画でした。
最初女子高生がジェームズ・マカヴォイに拉致られるんですけど、何故襲ったのかという理由が最後まで解明されず、結局最後まで意味なく監禁される始末に...。
これといって盛り上がるシーンも無く、ただただ陰鬱なシーンが続くだけで、ラストもそんなにアッと驚かないし...もう文句しか出てこない😌...。
まぁ良かった所はジェームズ・マカヴォイの多重人格者の演技がそこそこ良かったり、主役の女の子が可愛かったり...それだけかな〜😌...。
後は監督がちゃっかり出てる所がシャマランらしいな〜と思いました。
話そのものは面白そうだけど内容が内容なだけにスッカスカでとても残念な映画でした。
最後のシーンって、あれは『アンブレイカブル』を観ろってことだよね😧...。
>|