スプリット(2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:117分
    監督
    M・ナイト・シャマラン
    脚本
    M・ナイト・シャマラン
    キャスト
    ジェームズ・マカヴォイ
    アーニャ・テイラー-ジョイ
    キム・ディレクター
    ブラッド・ウィリアム・ヘンケ
    ベティ・バックリー
    セバスチャン・アーセラス
    ジョリーナ・メルカド
    ピーター・パトリキオス
    あらすじ
    監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

    「スプリット」に投稿された感想・評価

    なるほどな、
    あのオチが理解出来ればいいけどね
    イケメンのマカヴォイさんが消えちゃった…これはもう何をしてくれたんだレベル。クライマックスのムキ〜って力踏ん張ってるところ笑えるわー。(覚えやすくなのかもしれないけど、大して他の人格者出てこないじゃん…)

    ビョーク似のヒロイン可愛い

    ハゲのマカヴォイも可愛い

    このレビューはネタバレを含みます

    マカヴォイの演技が凄い!
    女性の人格の時は本当に女性らしく見えた。
    でも、何で23人の人格ってゆう設定にしたんだろう?
    実際は7人?くらいだったのにがっかり…。
    ヒロインの女の子めちゃ可愛い♪
    「アンブレイカブル」を観たら、理解が深まるのかな?
    マカヴォイの怪演に歓喜せよ(๑•̀ •́)و✧



    M・ナイト・シャマラン監督 2017年製作
    主演ジェームズ・マカヴォイ


    みなさん、いつも僕のダラダラレビューにいいねやコメントしてくださり、ありがとうございます😊

    これでようやく200レビュー
    はぁ、100レビューがマグニフィセントセブンで、1月末にあげたので、5ヶ月かかりましたね。平日はなかなか書けないので、みなさんのように、1日1レビューとはいかない。
    スローペースですが、娯楽作多めの映画好き、時々💩クンレビュー、これからもよろしくお願いします(*_ _)ペコリ


    200レビュー目は、M・ナイト・シャマラン監督作の「スプリット」です(horahukiさん、正解ですwww)実は、僕の地元では、昨日公開だったんで、遅れてのレビューとなりました(^-^)



    さて、スプリットは既にたくさんのレビューが上がっています。印象としては賛否両論という感じですね(笑)

    でも、それこそがシャマラン( ˘ ˘ )ウンウン


    前のレビューでお気づきのように、予習として「アンブレイカブル」を観ていたので、関係があるのは学習済み。

    でも、シャマランとしては、独立した作品として描きたかったようで、ラストの彼の登場以外は全く関係の無いストーリーとして描かれます。


    しかし、終わってみると……


    「アンブレイカブル」がヒーロー誕生のストーリーだとすると
    「スプリット」はヴィラン誕生のストーリー


    その結末は……

    「GLASS(ガラス)」へと繋がる15年越しの壮大なストーリーでしたね。
    参りました、シャマラン( ¯−¯ )フッ





    あと、今日は嫁の誕生日🎂😁🎉💖
    家族で食事、祝ってきました(。・ω・。)ゞビシッ!!

    このレビューはネタバレを含みます

    もちろんシャマランなので、叩けば埃がわんさか出てくるが、不覚にも泣いてしまった。ケイシーが「彼ら」と接触するなかで、自らの悲惨な過去を乗り越えようとするイニシエーションものとしてグッときた。同時に、ビーストが誕生するまでの経緯にも胸打たれる。シャマランに泣かされるなんて悔しすぎる。

    そして終始サスペンスフル。宙吊り状態が続くので(シャマランだと『ヴィジット』のときの感覚と似ている)、クライマックスの畳み込みはゾクゾクした。

    ネット界隈で、ネタバレしてるしてないだのあーだこーだ騒がれてたけど、わたしからしたらあのシーンは「おまけ」でしかなかった。別に『アンブレイカブル』観てないからって楽しめないだとか、全く理解できないというわけではないし、むしろ心に傷を負ったものたちの物語としてのカタルシスと、一方でまだ浄化しきれていない余韻に浸っている時間の方がはるかに貴重に思える。

    他の映画にも当てはまるけど、監督(ここでのシャマラン)の変遷は知っといた方が楽しめる。作家主義うんぬんはよくわからんが、観客のリテラシーとまでは思わないが、シャマランがどんなやつかっていうのは知っておいた方が良い

    このレビューはネタバレを含みます

    「シックス・センス」のナイト・シャマラン監督ってことでなんとなく最後にどんでん返しが来るのかなと期待してたらそうはならない。けど多重人格者をジェームズ・マカヴォイが見事に演じきっていて素晴らしい!
    >|