スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

多重人格の男(推定23人格!)に拉致られたJK3人組。無事脱出てまきるか?って話☆

あの手この手で監禁部屋からの脱出を試みますが、ことごとく阻止されます。

そうこうしている内に、24番目の人格が覚醒!こいつが一番ヤベーんだ。筋力、生命力、常人を超越してます。
こいつの生贄として、JK達が拐われてきたようです。

ジェームズ・マカヴォイの変幻自在な演技力、ピチピチJK3人組のカワイさ、そしてまさかの″アノ作品″の続編というかシリーズ作品だった!という驚き、などなど、なんだかんだでシャマラン作品は見逃せないと感じさせる一本(* ̄ー ̄)☆
ガンバ

ガンバの感想・評価

3.4
いつのまにか引き込まれてた

もっと誘拐された女の子の情報を知りたかった
24人の人格を持つ男をマカヴォイが演じ、
コロコロと入れ替わる人格を演じ分けているのが圧巻でした。

人格によって、脳内のリミットが解除されて、夫々の能力が発揮できると言う研究発表をする精神科医師の元を定期的に訪れている時の人格が他の人格による偽りの人格
…みたいなシーンにはゾッとしました
ヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)ノ

あまり書くとネタバレになりそうなので、
この辺にしておきますけど、
かなり興味深い題材を、
演技力抜群のマカヴォイが演じている作品とだけ記しておきます。
ゆうじ

ゆうじの感想・評価

3.8
細かい設定とか伏線が素晴らしい。
人格ごとのキャラが立ってた。
主人公の女の子の過去がだんだん明かされていくものもよかった。
マカヴォイの子供の演技が好き。
シャマランファンだけが面白い映画。
主人公のトラウマの見せ方はサイン風でシヤマラン節。
しっかりシャマラン映画観てる感は満たされる。
全編もうちょいエロ欲しいネタではある。
この淡白さもシャマランか。
人格多過ぎるわりに描けてない問題は正直感じるけど広告が悪い。
友達は最後可哀想だったかな。
心理学者みたいな婆さんはもう少し警戒して生きろよ。
マカヴォイ演じる多重人格者が魅力なさ過ぎてつらい。
正直マカヴォイも違う気もするけど見せ方間違えてる気もする。
惜しい。
ラストシーンで+0.5
き

きの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

マカヴォイの表情がころころ変わるのが鳥肌だった 子どもと女性の人格の仕草もすごかったし 雰囲気が一瞬で変わるのがすごい
える丸

える丸の感想・評価

4.0
多重人格なサイコパスに捕まった女子高生3人組のお話。

使い古された多重人格設定のホラー映画だけど、多重人格の定義をもう一段階繰り上げて神聖化し、『人間VS人間を超越したモノ』に仕立て上げて古臭さは感じなかった。

もちろん、怖さもあるんだけど、おどろおどろしい感覚ではなくって、冷静に怖さが一歩一歩近づいて来る感じ。
映画のテンポも良かったし、画面にも清潔感があって、暗過ぎなかったお陰かと思われる。

以下、ネタバレ


この映画のポイントはホント、SF要素ともとれる超パワーを多重人格がもたらすという設定を作った点。
犯人をファンタジーな超常モンスターに仕上げた。
結構、好き嫌いは分かれそうだけど、個人的にはアリ。
突飛な設定に思えるけどそこを丁寧な演技でカバーしていた印象。

信者が居てこその信仰対象だけれど、多重人格という設定をフル活用して1人でその盲目的で不気味なカルト宗教感も出してて、新鮮だった。

リアルな描写から感じる緊張感も有りながらファンタジックな設定に戸惑いそうだけど、ラストのファンサービスですごくスッキリする。

映画が好きな人は先に同監督の『アンブレイカブル』を予習しておけば1割り増しでこの映画を楽しめる。
だーま

だーまの感想・評価

2.0

精神病は怖いって話なの?
なんかよく分からない。

23の人格って言っても
5つ位しかなかったような。

24つ目の人格は銃弾をも
貫通させない無敵な鋼ボディ。

もはやアメコミみたいでバカらしい。

謎な映画を作り続けるシャマラン。
まずは『ハプニング』から
是非、解説をしてくれ。
シャマランによるシャマラン信者への映画。
って言うと言いすぎだけど、なんかよーわからん何がいいの?って人はそう思うと気が楽になります(笑)

1本の映画としてもいい味出してるのに伏線回収がヤバい背筋が凍りつくほど(信者向けの)
ただマカヴォイ任せな感もなくもない…けどその分マカヴォイしっかり仕事しとる

楽しみたいって人はシャマラン作品見漁ってシャマランを知ってから見たほうがオモロイ
【雑映画レビュー】
虐待ダメ絶対!
※化け物が誕生する可能性があります。
>|