スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

うずら

うずらの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

予告から三人の女子高生が頑張って男の人を倒すのかな〜と思っていたがぜんぜん違った…

前半は緊張感があって楽しめたが後半からわかりにくくて置いてかれたように感じた。女の子の幼少期のシーンとか身体の傷とか推測しにくいし、言われたことを参考に戦うのかなとか思うじゃん…

よくわからんかったから見終わったあとに調べてみるとアンブレイカブルという映画と繋がってるらしく…その映画観てない人には最後のシーンの意味わからんわ!って感じ。
続編がでるんかな?としか考えられんかった…

とりあえずアンブレイカブルみます…
安

安の感想・評価

3.5
多重人格の誘拐犯。
後半、24人目の人格ビーストが街灯の下を走り去るシーンは不気味だったし怖かった。
前編?のアンブレイカブル見てからの方が楽しめる。
kuu

kuuの感想・評価

2.5
とても興味深い映画やとは思うが、真夜中に見始めたからか、疲れ果ててたのか、はたまた、身体がどうも受け付けなかったのか、一度映画を観るの止めようかと停止ししてボ~ットしてたけど、もう一度再生を押し見始めた。
乖離性同一性障害(多重人格障害)代表作とも云える『アルジャーノンに花束を』の原作者ダニエル・キースが書いた『24人のビリー・ミリガン』(これは実際にあった話で多重人格障害ビリー・ミリガンはエグい犯罪を犯してるが多重人格障害ってことで無罪になった)を参考にしてるのが感じられる映画やったかな。
ダニエル・キース(人格、人間、生、犯罪についての創作小説が多数あります)の作品は上記以外にも『五番目のサリー』や『ビリー・ミリガンと23の棺』などがあるが、乖離性同一性障害に興味がある人は是非とも読んでほしい本です。
ってこれってブックレビューじゃなかった。
天才多重人格者が起こす密室スリラーJKは逃げられるか!!やった。
ジェームズ・マカヴォイの演技は凄いわ。
微妙に視線を変えるだけで人格を変える技量は、マカヴォイ・ファンならずとも一見の価値はありますが、受け付けない人もいると思います。
それにしても間髪入れずに変化する器用な演技には脱帽です。
とは云え、自分が途中で映画を観るのを止めかけたのは、話の持って行き方がどうもリアルに欠けてるって感じたからすね。
心臓バクバク、ハッラハラ、緊迫する演出が足りてへんのやと思う。
多重人格者にJK が監禁され、どないして逃げるかちゅう駆け引きとか、どうもサスペンスが盛り上がらへん。
結局、予想は的中して納得できないとこいっぱいやった。
まぁマカヴォイは演技うまかったし、最後のあの人に、ニヤリで元はとったね。ニヤリ
あき

あきの感想・評価

3.4
設定自体はかなり好みで、ああいうラストも好き。
でも、誘拐犯なのか、ケイシーなのか、重きをどこに置くかもう少しはっきりしてくれてた方が良かった。ケイシーの回想シーンの意図がいまいち。
ただただマカヴォイの演技に魅せられました。
Maeda

Maedaの感想・評価

3.2

もっと怖くても良かったなぁ〜

でもジェームズマカヴォイの演技は
素晴らしかった‼︎

展開も予想とは違くて楽しめた!
評判の割におもしろくなかった
(・_・?)アレレ?

拉致監禁される女の子たち3人が知恵を絞ってチームワークで多重人格男を出し抜くとか、そんなのを期待してた。

この子達の登場する意味が果たしてあったのかすら疑問。
女の子たちの中でもメインキャラのアーニャちゃんの過去も何故ああいうタイミングで回想されるのかも分からない…というかあれがまた演出としてつまらない。

あの傷痕もどんなことをされたのかがピンとこないよね。途中もはっきりと分かるように描かれてもいないし。分かるよ!分かるけどね…

マカヴォイ好きなら楽しめるけれど、そもそもそんなにマカヴォイ好きじゃないから、てんで響くものはなかった。

残念(´・д・`)。。。

あの人が登場する最後だけかな。
Nana

Nanaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!

これはマカヴォイじゃなかったらきっとここまで面白くはないと思うなぁ
(私がマカヴォイファンだからそう思うのかな?笑)
それに、ケイシー役の女の子の演技も良かった。

マカヴォイの演技は見てて面白かった。見てると人格ごとの癖が分かるんだけど、それを見つけ出すのが楽しい。「あ、今潔癖が出た!デニスや」"とか"。
(あ、わかりました?et ceteraです。ヘドウィクの真似してみました。)

ヘドウィクの「キスしたら妊娠するぞ」が可愛かった笑 見た目はおじさんなんだけど笑 独特なダンスも面白い!
ケイシーの前でマカヴォイ踊ってるのかーとか、マカヴォイダンス練習したのかなーと考えたらずっと見てられる笑
でも可愛いヘドウィクがいつ豹変するのかと、ヒヤヒヤ。

始めの方はパトリシアの安心感があったのだけれど、そのしとやかさが最後には逆に怖い。

デニスの計算高さと静かな計画が怖い。

長い間支配され続け、一瞬目覚めたケビンが、支配の間の自分の記憶は無いが、それでも何かを理解して「kill me」「出してあげるからね」などと言うシーンは良かった。
それでも他の群れに支配されてしまうが。
ヘドウィクが出てきたときは怖かったな。
あそらへんの混乱してる演技すごいよなぁ。自分がやろうと思っても、あんなに表情をキリッと変えられないな。さすが俳優だ。

けれども、24人目は人間離れしすぎてて残念。
壁をよじ登るって …「…え?笑」
最後までリアリティが欲しかった。
それに警察犬がケビンを見つけて吠えるシーンは結局いるのか?なくてもいんじゃない?


ケイシー役の女の子の演技は、リアルだったと思う。特に良かったのは、婦警に「叔父さんよ」と呼ばれた時の表情。
上手いなぁと思った。

マカヴォイファンの私には、マカヴォイの演技がフォーカスされてるこの映画は良かったなぁ♪ あの青い目がたまらんよね。
マカヴォイのダンスシーンが謎で、好き。
筋肉も鍛えたのかなぁ。
とにかくさすが俳優と思った。


ちなみに!
エンディングでなんで後ろにもいっぱいエンドロールがあるのだろう、と思って数えてみると!…ふふふ、やっぱりね。エンドロールも24個に"スプリット"されていました。イイね。


覚えてるうちに書こうとしたんでグチャグチャの感想ですが(⌒-⌒; )
BARi

BARiの感想・評価

2.9
シャマランさん、つまらんかった。。
オチもアンブレイカブル忘れてるから全く分からんかった。。

もしかして前作のヴィジットはやりたいことやるためにあえて大衆向けに作ったのかしら。。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.8
ケイシーは高校のクラスメイトの誕生日会に参加した帰り、他に参加していた級友2人と共に誘拐されてしまう。

殺風景な密室で3人は目が覚める。

誘拐したのは、潔癖な男、女性、9歳の男の子、デザイナーetc…

26人の人格を持つ多重人格の男だった。

コロコロ変わる人格を逆手に脱出しようとするが、中々そうすんなりとは出口までたどり着かない

そうこうする内に、誘拐した男の中で27人目のバケモノが生まれようとしていた

3人は無事に脱出出来るのか!?




アーニャがとっても存在感があって可愛かったです

あと、マカヴォイのいろんな人格の演じ分けは見所のメインだと思いました。
変わる瞬間が分かる程!

ホームでの花束の意味が良くわからなかったけどどうゆう意味なんだろう^^;

そのうち続きがあるのかな?
楽しみです♪
終始緊張感があり面白かった。
しかひ、ラストのところはいまいちよくわからなかった。調べるとなるほどとなるが他の作品も見ないと納得できないのは映画としてどうなのかな?
>|