テルマの作品情報・感想・評価・動画配信

「テルマ」に投稿された感想・評価

Kurt

Kurtの感想・評価

3.0
厳格な両親に育てられたテルマ。大学生になり、都会に出て1人暮らしを始めるが、原因不明の発作を度々起こす様になってしまう。ほぼ同時に不可解な出来事が周りで起き始めるが、、。

北欧の映画独特の透明感のある綺麗な映像に静かに淡々と不穏な空気感で進むストーリー。
抑圧からの解放を表現している話なのかな?

刺激的なシーンも所々に挟むため、好き嫌いが別れそうな作品。
グロくはないけど残酷な描写あり。
自分は長尺の点滅が結構キツかった。

他は主演の女優さんの痙攣の演技、凄かった。プールでの痙攣キツかっただろうな。

テルマの能力がちょっとチート過ぎる所が引っかかるけど中々見応えのある作品でした。
とも

ともの感想・評価

3.2
これまた特殊な能力を持って生まれた子のお話。
静かに淡々とストーリーが進んでいく感じが、雰囲気として何となくM・ナイト・シャマラン監督のアンブレイカブルのように感じました。
後半から覚醒しますが、こんな凄い力があるならヒーローになれば最強なのに。
サワラ

サワラの感想・評価

3.7
・妙な空気感好き、鳥が現れるシーン、どれも不吉で良い

・「RAW」とも近い話

・水面に蓋されたプールのシーン、最悪なイメージすぎて良かった

・この監督の映画、感情の演出として超常的な現象を日常の中に出す違和感が面白いから、本当の超能力として超常的な現象を出すと逆に絵的な違和感が少ない…

・フラッシュ演出が目に痛い

・ポスタービジュアルの印象だいぶ違う、もうちょうヒューマンホラーっぽさに寄ったやつをメインにして欲しいな〜
souichirou

souichirouの感想・評価

3.8
『わたしは最悪。』が最高だったヨアキムトリアー監督の前作が気になり鑑賞。
『キャリー』のようなサイキック少女ものだったわけだが、ホラーとしても中途半端、少女たちの青春映画としてもいまいち期待値を超えず。
北欧美女たちが眼福だったのは良いが、『わたしは最悪。』ほどの映画としての完成度は無かったと思う。
つまらなすぎてヤバかった。
ラスト10分まで何も起こってない気すらする。
退屈すぎたー。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.7
インパクトには欠けるが、得体の知れない不気味さがあって良かった
毒親とか抑圧からの解放を訴えてる気がした
うまくレズビアンと絡めてて面白いなと思った。
ただ、盛り上がりに欠けるから途中で飽きてしまった

エロいシーン少なかったけど悪くはなかった
蛇出てきましたけど🐍

注意喚起あったけど、フラッシュシーンがかなりキツかった
想像の3倍は長くて目がチカチカしてちゃんと具合悪くなった
すんごい退屈だった(・∀・w)

典型的な北欧映画ゆーーっくりしずかーーに進みます
どっかで盛り上がるかと思いきや全然上がりませんw
超能力的な力もった女の子が自分でも気づかない内にキルしちゃうオハナシ
まーよくあるシナリオですb
雰囲気だけはあの大傑作僕のエリですが(プールもあるし)あちらの足元にも及びません
でもこれ好きな人絶対いそー北欧作品独特の静寂な透明感とかたっぷりあるも(・∀・)

透明感より血みどろ感が好きな自分にはちょっと合わなかったです、残念(・∀・、)
sena

senaの感想・評価

3.7
ヨアヒムトリアー、たぶん好きですねー!
不穏な感じたまりません。
RAWより好き!
最後は現実?🤔

ポスターこれじゃない🙁
少女の思春期成長譚としては描写が繊細かつ雰囲気も儚げで良い感じだが、ホラーやサスペンスとしてはパンチが足りずにちょっと物足りない。
一つ前に見た「RAW」もそうだったけど、特殊な自己の肯定の、自己の部分が随分尖ってるなあ‥
抑圧からの解放っていうテーマも含め、いかにも現代的な作品だと思った。
>|

あなたにおすすめの記事