テルマの作品情報・感想・評価

「テルマ」に投稿された感想・評価

試写会にて。
美しい、切ない作品です。
一人でじっくりみたい!

このレビューはネタバレを含みます

オンライン試写会@青山シアター

"RAW 少女のめざめ"が大好きでそんな感じの少女のめざめ&百合映画だとおもい鑑賞…。
純粋なホラーではなくサイキックホラー(?)って感じなのかな。
北欧というだけあって情景とかも物凄く繊細で美しかった。
けれど百合シーンが思ったよりも少なくてちょっと悲しい。のでテルマが力を使ってなくても二人が愛し合えてたかはちょっと分からない気もするなあ…。
厳格な親、サイキック…ってところをみるともしかして北欧版キャリーかな?!って感じ。
人体発火とかガラスに刺さった(?)髪の毛とか氷の中の弟とかシーン的に好きなシーンが多い。
オンライン試写とってもありがたいがiphoneでしか見ることが出来ないのでもう一度劇場で見たい。
mizuki

mizukiの感想・評価

3.8
上質な北欧スリラー。こういうのツボなのにそこにレズビアニズムを入れてこられちゃもうたまらん。
最近こういう青春や初恋とホラーを掛け合わせた雰囲気映画が多いけどこれをホラーと言ってしまえば何でもありなのでは?とホラー好きとしては納得いかない。
初恋によって封印されていた力を呼び起こしてしまうサイキックモノなんだけどとにかく地味。こういう映画は高評価つけないとわかってない人扱いになるから高評価になりがちだけど率直に言うと全く面白くない。
これ案外観客に丸投げタイプの映画なんだけど、蛇は生命や性の象徴だったり、巻きつくのは性行為を現していたり、結構わかりやすいけど明確な答えはないっぽいので各々で思考巡らせるのが良いのだと思う。
クリスチャンでありながら同性を愛してしまったこと、弟への嫉妬、それらを考えると結局この子のあの行為は無意識に“母を独占”したいんだろうなと思う。そしてある意味自分へ一番の愛情を注いでくれなかったことや除け者にしたことへの歪んだ復讐なのだろうなと。
くるみ

くるみの感想・評価

3.8
あまり情報入れないで観た方がいい作品でした

前半は少しテンポが悪かった気がしますが、(期待を上回る事はなかったけど)なかなか面白かった♪

一言で言えば、少女テルマの成長物語って事なのかな
前半に関しては"RAW少女のめざめ"を思い出す。なので刺激的ではあるけど、色々じらしすぎ?

それでも冒頭からなぜ?なぜ?なシーンが多いので引っ張られます…
本題に入ってからはなかなかの衝撃〜!
自分の知らない過去とかこわ〜!

美しい自然が残酷に映る程でしたが
スリリングで官能的でもあるし
観れてよかった☆
mao

maoの感想・評価

3.0
北欧ホラーって言われて観たから、全然ホラーじゃないじゃんってのがまず一番。
なんか全体的に薄い気がするけど、氷のシーンとか友達の事好きになっていく感じとか良かった所もあった
ヨラ

ヨラの感想・評価

3.3
全編メタファーすぎるのと、ハッとするような画が多いのであと40分短ければなあ〜と思いました
すー

すーの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ひと足お先にオンライン試写にて。
少女が大人へと移り変わる時期の心の揺れ、葛藤を繊細に美しく描き、それを彩る北欧の自然が素晴らしかった。でもどこか冷たい。

厳粛に育てられたテルマを襲う発作。抑えられない欲望と自身に対する葛藤、恐怖。自分に何が起こっているのか。普通の少女なら良かったけれどこの子普通じゃないのよね。そして、親から告げられる真実。

ラストがまた良いね。清々しさを感じる一方でどこか冷たさや恐怖も感じるような。こういう含みを持たせた終わりは良いよね。力がコントロール出来ず爆発!見せつけのようなバッドエンドの某血まみれ少女もいいけどこういう方が私は好き。
lily0x0

lily0x0の感想・評価

3.7
青山シアターオンライン試写にて鑑賞。
ホラーって聞くとやっぱり苦手意識が強くて、夜観れなくて昼に鑑賞しました。
けど、これってホラーなのかな?という印象です。
これをホラーと言うならこういうのなら観れるしむしろ好きです!

始めのパパと狩りに行くシーンから不気味な空気が漂っていて、なんかおかしいなって思っていました。
そして、大学に進学したテルマに毎日両親が電話をかけます。
そのシーンからも、テルマを都会で一人暮らしさせたばかりで寂しくて心配で愛してるんだなーとは、なんだか思えないんですよね。
なんか娘の行動とかを監視しているかのような感じで。

テルマがアンニャと出会い恋に落ちます。
アンニャに愛されたい、アンニャを自分のものにしたいという強い欲求が生まれます。
それと同時に自分を縛り付けているキリスト教の教えに背いているという背徳感も強く感じてしまいます。
アンニャが好きだと思ってしまったことをどうか捨て去らせてくださいってお願いしても、一方でどうして自分のままじゃダメなんだ!神様ひどい!てなってしまって、どんどん苦しめられていきます。
そりゃ発作も起きてしまうなってくらい。
そして眠っていた恐ろしい力が目覚めていきます。

両親から知らされる辛い過去についてはとてもショックでした。
こうしてほしいですお願いします!!って頼んで力が発揮されるわけではなく、テルマが心から実は望んでいることが、寝ている間にも力として発揮されてしまい、理性でコントロールすることはできません。
それを知っていて、愛しててももう限界なんじゃないかってお母さんが言うのも確かに悲しいけど分かりました。
おばあちゃんの過去も詳しくはよくわからないけど、トロンがどうしてきたかを知り、テルマは自分への危機も感じてしまったのだと思います。
テルマが起きた時、池に行って自分の力を思い知らされる。
そのあと割り切ったかのようなラストシーン。よかったです。

北欧というのもあって全て空気感が冷たかったけれど、美しかったです。
音はところどころホラーでしたが、カメラワークもなんかおしゃれでした。
主演のエイリハーボーちゃんかわいかったです。
ホラースリラーだけでなくラブストーリーとも言えて最後まで楽しめました!
青山シアター オンライン試写会


映像めちゃくちゃ綺麗。
なんとなく『RAW』に似てるかなって思った。ヨーロッパ映画良い。

ジャンルはホラーというよりスリラーかなって感じ。
キャッチとかでラース・フォン・トリアー感が前面に出てたけど、ちょっと毛色が違うのかなとも思う。ラース・フォン・トリアー好きは多少がくっときてしまうかもしれない。

宗教の話が絡んでくる。モチーフ?が何を表してるかがよくわからなかった。詳しい人だともっと楽しめそう。
あとカメラワーク、おしゃれなんだけど意図するところがわからなかった。気味悪さの演出?

演技も音楽もよかったし全編を通してのクオリティは高い。次作も気になる監督。
>|