ビヨンド・クルーレスの作品情報・感想・評価

「ビヨンド・クルーレス」に投稿された感想・評価

A

Aの感想・評価

-
紹介された中に興味惹かれる作品も結構あったんだけど、全体を見るとつなぎ方が上手だな〜以上のことは私の頭の中に浮かばなかった…。テンポ速いのと分析というよりは分類って感じで内容が薄いから?
イケイケなサントラはよかったし、アメリカのティーンもの入門編としてはいいのかもしれない。
ANAMI

ANAMIの感想・評価

3.8
90年代〜2000年代あたりのティーンムービーを分析したドキュメンタリー。
クルーレスやミーン・ガールズなどの鉄板をはじめ、日本未上陸の映画などありとあらゆるティーン映画のあるあるをひたすら語ってる。

恋愛やプロム、性同一性障害や初潮やセックス、いじめやスクールカーストとかね。ティーンの悩みを細かく分析。
ティーンオタクによるティーンオタクへの教本的なね。

色んな作品215本をピックアップしながら語ってくれるので観てみたい作品が絶対見つかるはず。作品名1つずつ出してくれるので私も何個かメモった。(特にホラー系多い気がしたけど)
よくこんな抜粋してシーン切り取って組み合わせてるなってコラージュ力にも感心。
ティーンムービー好きな人は観た方がいい!
MUBIの配信にあったんだが、奇跡的に日本語字幕だったので是非!
sayana

sayanaの感想・評価

3.7
〈記録忘れ〉
卒論執筆のため鑑賞。アマプラにあったのがいつの間にか観れなくなっていて、もう一生観れずに終わるのかと思っていたんだけど、ふと思い出して検索したら、なんとvimeoにあった(しかも字幕付き)っていう。卒論1週間前とかだった気がする。本当ラッキーだったって記憶の方が内容よりも印象に残ってる。(そんなことない)
青春映画を観てきた者なら薄々勘付いていた「あるある」の数々…。プロム、親の居ぬ間のパーティー、初体験…。どれも10代の題材として意味がある、理由があるということがわかって、自分の論旨により根拠が生まれた。自分も割と何本も青春映画観てきてるはずなんだけど、全く知らない作品もたくさんあって自分もまだまだだなと…。『バブルボーイ』は死ぬまでに絶対観ようと思います。
琴乃

琴乃の感想・評価

4.2
purple screenというREING主催の映画について話すイベントで、zoomで監督に直接質問が出来た!!
みんなで質問攻めだった本当に最高。

ティーンムービーは雑な批評をされがちだったから、それに反抗する形でこのガチドキュメンタリーをつくったそう。
めちゃくちゃかっこいい、、!

新陳代謝の激しいジャンルとのことで、確かにティーンムービーの王道もこれからどんどん変わっていくんやろね。
だからこうして215本(!)もの作品を分析して研究した結果が残されるのはめっちゃ貴重、、。

高校を卒業したら、台本を置いて進むって比喩が素敵やったな…。
LiveMe

LiveMeの感想・評価

3.9
とても見応えがあるドキュメンタリー
10代のキラキラ感と残酷な部分、姓への目覚めや、自我との戦い。抽象的に描かれてる部分までピックアップされていて、とても面白かった!
ティーンムービーって軽くレビューしがちだけど、こんなに奥深く見れるんだなあ。
もっと文化的な眼を持ちたくなった
オールナイトイベント三本立てで鑑賞。
気分が悪くなって途中退出。
ディズニーチャンネルを小さい頃から見てきてずっとアメリカのティーンムービー憧れがある自分としては、本当にありがとうと言いたい。
時折イメージコラージュとかで?とごまかされる部分もあるけど、それこそスコリモフスキの「早春」みたいな性の目覚めの悩みとかを、ティーンなら誰でもとっつきやすい語り口で提示しているこれらの作品群が素晴らしいことがよくわかる。
映画評論とかの場では細かいディテールの完成度とかばかりを注目されるから、こういうジャンルムービーにスポットを当てる本作はとても貴重。

何より出てくる映画全部面白そうやん!
zmmmy

zmmmyの感想・評価

-
思春期さらけだした映像のコラージュと評論。

あの年代の恥ずかしみとか辛さとか理想と現実とかカーストとかはやはり世界共通なのか

バブルボーイ良さそうだったな。
あと
シーズオールザット
ガールネクストドア

観てみたい〜
sayaka

sayakaの感想・評価

3.7
✔️ティーンムービー好きとしてずっと見たかったドキュメンタリー。200本以上のティーン映画が切り取られてて、好きな作品がたくさんあったし、知らない作品も多くてマイリストが増える増える。ハウスパーティー、プロムや思春期の恐怖などティーンエイジャーならではのイベントや問題に深く迫っていて面白かった
ようやく見れました…シックでイルなティーンムービー多めで構成したエッセイ的映像群
や〜〜〜、10 Things I Hate About Youは切り抜かれても最高だ………キャットがパーティーで踊り狂うやつ、本当にもう大好きが過ぎる……プロムは全然どうでもいいけど、ハウスパーティーはやりたいねえ
フレディプリンゼJr.はやっぱ大変ツラがよい……よい………

しばらくはエンドロール中に死ぬほどメモったティーンムービーを消化することになりそうです。果たして日本で公開してるものはいくつあるのか…
200本弱くらいのティーンムービーから少しずつ切り取られて構成された映像群、見たことあるやつのほうが少なくて、世の中にはとんでもねえオタクがいるもんだと思いました。この気力、どっからくるんだ…たいへん羨ましい……
>|