メアリー女王の処刑/女王メアリの処刑/スコットランド女王、メアリーの処刑の作品情報・感想・評価

メアリー女王の処刑/女王メアリの処刑/スコットランド女王、メアリーの処刑1895年製作の映画)

The Execution of Mary Stuart/The Execution of Mary, Queen of Scots

製作国:

上映時間:1分

2.8

「メアリー女王の処刑/女王メアリの処刑/スコットランド女王、メアリーの処刑」に投稿された感想・評価

世界初の処刑シーンであるとどうじに、映像がわたしたちを欺いたという意味でも世界初。
評価外。
この作品は「世界初の殺人シーン」として、しかもトリック撮影の当時はない技術を施したという、映画歴史において重要な作品の一つ。そして18秒という、公開作品の中で最も短い作品としても知られています。
そりゃあ今の基準からするとあれだけども、当時の観衆は度肝を抜かれたのだろうなぁ~。
映画史のお勉強。
スイカ割りみたい。振りかざした斧と切断された位置がズレているのが好き。
(歴史的価値がありすぎて点数つけれない。)
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

4.0
切れた首を一度ごろんと地面に落とした上で、それを掲げる。短いながら、斬首に求める残酷さが詰まっている。血と繋ぎ目にこだわってほしい気持ちはあるが、一対多数という構図や、死の覚悟を決めるような間もない素早い斬首はエンターテイメントの殺しと一線を画している気がした。斬首後、周囲の人が寄ってくるあたりに妙な寒気がある。歴史的背景を踏まえるとなお、よい。
YouTubeにて、コメント欄に阿呆しか湧いてなくて面白かった。映像トリック。
初めてSFXを使った映画と聞き鑑賞。
映画史最初期の映画。エジソン製作。

そこらのホラー映画より全然怖かった。
メアリー女王が処刑されるだけのシンプルで短い映画だけど、だからこそその中で起こる出来事のインパクトは計り知れない。
説明少ないし変にチープだし、こんなの無音で見せられたら怖すぎて堪らない。

ある意味史上初のホラー映画。
ノッチ

ノッチの感想・評価

3.0
トーマス・エジソンの製作した世界初のサイレントホラー映画。

世界初のホラー映画とされるこの『メアリー女王の処刑』は、リュミエール兄弟が複合映写機のシネマトグラフを発表した1895年の作品。

リュミエール兄弟とは、トーマス・エジソンと並び称せられるフランスの映画発明者。

「映画の父」と呼ばれてたそうです。

だがこの映画、最古のホラー映画というよりは、映画史上初めて人が死ぬシーンを写した映画といった方が適切か。

16世紀に起きた歴史の一場面の再現で、スコットランドの女王メアリー・ステュアートが処刑されるだけの映画だし。

血しぶきこそ上がらないが、斧が振り下ろされると女王の首がコロン。

まだ物語を導入していない映画なため、カメラは固定されて1シーン1カットのみでできている。

この映画の構造は斧で首を斬られる寸前にカメラを止めて、女優とダミー人形をすり替え、それから首を切断し、あたかも本当に処刑したかのように見せたわけです。

現在の視点から見ると雑なフィルムの繋ぎで、撮影方法が丸見えなのは残念だが、当時の観客はこれをフェイクだと思わず、本当に人間を処刑した映像だと信じ震撼したそうです。

子供騙しな分、確かに変なグロさがある。

それなりに残酷ですので、鑑賞の際は閲覧注意でどうぞ。

ちなみに余談ですが、この映画では一太刀で首ちょんぱですが、一説にはメアリーの綺麗なうなじに見惚れた処刑人が一度目と二度目を切り損ね、三度目でやっと首を落とすことが出来たという噂話があったりします。

さらに余談ですが、ほぼ同時代に存在したメアリー1世 (イングランド女王)とは別人なので注意。

メアリー1世はプロテスタントを迫害し、女性や子供を含む約300人を処刑したため、「ブラッディ・メアリー(血まみれのメアリー)」と呼ばれ恐れられていました。

午前0時に鏡の前でその名を3回呼ぶとブラッディ・メアリーが現れるという都市伝説があったりします。

良い子は試しちゃダメだよ!
Soshi

Soshiの感想・評価

2.5
観るのであれば、嘘だと知った上で観てほしい。

https://youtu.be/uv9zuJObOek
内容は一切知らず見てみたら首切れて「!?」でした。
編集がされていて、人形と代わったということは分かりますがそれでもやっぱり初見ではびっくりです。それにこれ、編集がされたと分からなかったら本当に首が切れたかと思うほど人形に違和感がないです。
昔の人達のひらめきとかを見れるのはやっぱり楽しいですね。
mgc

mgcの感想・評価

-
エジソン社が制作。
なんと「月世界旅行」のジョルジュメリエスより先にトリック撮影を使っている。
しかも公開されたのはルミエール兄弟の「列車の到着」や「工場の出口」より先。

世界初のホラー映画(映像)