ラ・シオタ駅への列車の到着の作品情報・感想・評価

ラ・シオタ駅への列車の到着1895年製作の映画)

L'arrivée d'un train en gare de La Ciotat/The Arrival of a Train at La Ciotat

製作国:

上映時間:1分

3.4

「ラ・シオタ駅への列車の到着」に投稿された感想・評価

Miyachan

Miyachanの感想・評価

5.0
某動画サイトでやっと拝見。
ここから数々の映画が生まれ、人の心を震えあがせる数々のストーリーが生まれたことを思うと素晴らしくパワフルで愛らしい映像に感じた。
ありがとうリュミエール兄弟😭
列車から人が降りてくることの新鮮な驚きと純粋な感動・・・映画の本質を再確認。クラシック見直す
リュミエール兄弟による世界初の公開映画作品群の中のひとつ。
DDD

DDDの感想・評価

3.0
当時の映像が観られる、というだけで貴重な作品。
扉がいっぱいあって次々人が下りてくるので、当時の列車の客車の構造が気になった。
観ながら卒論の資料に使ったら楽しそうだなと思った テーマ決めなきゃだ
望月

望月の感想・評価

-
自分たちの生活を客観的にみることが可能になって、当時の人たちは興奮しただろうなて思いました。
YouTubeで久しぶりに観ました。

映画の始祖

評価
🎥映像美 △
🎥オチ △
🎥音楽 △
🎥感動 △
🎥ストーリー ○
🎥テンポ ◎◎
🎥泣ける △

リュミエール兄弟の有名過ぎる作品。

機関車&人間の、静と動がしっかり伝わる。


映画は初期から、演出が当たり前なのが面白いです。
_(^0^_)===
Ken

Kenの感想・評価

3.5
この時代の人の感覚で体験してみたいと思った。
奥から手前に物が移動してくる様のダイナミズムは凄まじいものがあって非常に好みなんだけど、そのダイナミズムを映画が出来たばかりの頃から理解していたかのような映像を撮るリュミエール兄弟はやはり凄いし、何度見ても惚れ惚れする
リュミエールの作品。これだけで見ている人は驚いて逃げ出したという。
微笑ましい時代。
>|