リュミエール!の作品情報・感想・評価

リュミエール!2016年製作の映画)

LUMIERE!

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:90分

4.0

あらすじ

多くの演出、撮影技術、撮影機材を開発したリュミエール兄弟の功績を称え、『工場の出口』『ラ・シオタ駅への列車の到着』など110以上の傑作が新たに修復され蘇る。そう、映画はここから始まった―。「映画の父」へオマージュを捧げるドキュメンタリー。

「リュミエール!」に投稿された感想・評価

リュミエールの有名作品はいくつかみたことがあるがそんなにも膨大な量の映像を撮っていたとは…

第七藝術バンザイ!
カモメ

カモメの感想・評価

4.4
映画の父リュミエールとその他膨大なシネマトグラフ短編作品の中から傑作をまとめたドキュメンタリー。
恥ずかしながらリュミエール兄弟の名前はこの作品を見るまで知りませんでした。歴史的資料としても価値が高いんじゃない?というくらい鮮明で綺麗な映像。19世紀のパリの生活を切り取る映像は見ていて楽しいです。

撮り方の狙いや構図など、とても詳しく解説してくれるので、とても興味深い。
最初は字幕で見ていましたが、なんとなく日本語吹き替えにしたら、凄く話の上手なおじさん(失礼!)だったので、そのまま吹き替えで見ていました。
見終わった後に調べてみたら、落語家の立川志らくさんが担当していたんですね。さすが噺家さん。内容がスッと入ってくるので聞きやすいです。
見る際は吹き替えがオススメ!

壁を壊すのを巻き戻す作品と少女が猫にエサをあげる作品がとても好き。
ビアリッツの浜辺では、遠くの海辺で犬が遊んでるのが見えるところも好き。
あとリュミエールの親族のおじさんの帽子芸は見事!

とにかく作品が多く全部を解説してくれるので、好きな作品が出てくること間違いなしです。ドキュメンタリー好きな方にはぜひ見てもらいたい!
じょー

じょーの感想・評価

4.0
採点は難しい。
大切な映像資料だ。

それにしても、構図が素晴らしく、日常は素敵なんだなぁ。って気がつく。

若い頃に撮られていたビデオを観てみたいな。
122年前の映画が108本観られる歴史的にも貴重な作品。まさに映画の原点であり、以降今日まで作られた映画の礎が、ここにはある!
世界の窓であったものであり、娯楽としての映画を越えて記録される世界・時間・人・物
もう完全に教科書と言っていい作品でした。
そして、授業とかyou tubeで見たよりも綺麗、さすがスコセッシです。
まぁ

まぁの感想・評価

3.8
リュミエール兄弟を追ったドキュメンタリーではなくて、
兄弟の作品のうち…解説付きで108作品…を鑑賞する…という構成…☆

動画サイトで観た事がある短編も入っていて…その短編の「背景」を知れたことは…嬉しかった…♡

ウィットに富んだナレーションにクスッと笑い…♪
本作に合った「音楽」にも聴き惚れ…♪
(作品の邪魔をしていない音楽…♪)

何より「貴重な映像」が沢山観れて…幸せだった…♡

…セッティングを「日本語」にすれば…良かったかな…(笑)
フランス語……字幕を追いながら、映像を観たので…「目」が…痛い…(笑)

劇場鑑賞を逃した作品…やっと観れた…
嬉しい…(o^^o)

…少し休憩…(笑)…マイペースで…エンジョイ〜♡
モノクロ映像、ナレーション、サン=サーンスの音楽、が一体となって織りなす単なる記録映像では終わらない「映画」だった。映画館で観られたのも良かった。

2018/2/1 ルミエール秋田
naoshi

naoshiの感想・評価

4.0
映像はもとよりナレーションも楽しい。時間と空間、運動、光と影、構図と演出、笑いと涙が映画を構成する。まるで教科書のような作品。
❮映画のすべてはここから始まった❯
「スクリーンが、無限の世界への扉を開けた。それがルイ・リュミエールの時代だ」(マーティン・スコセッシ)
「リュミエール映画以降の映画はすべて、使い回しであり、使い古しである」(ジャン=リュック・ゴダール)

昨年閉館した立誠シネマの後継ミニシアター系映画館として年末に移動オープンした出町座へ📽️。早速、年間会員の手続きをして、映画の父リュミエール兄弟が122年前に発明したシネマトグラフ映像を映画化した『リュミエール!』までの待ち時間。この開演🎬までの至福の時間がワクワクでたまりません( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

2018/01/12
ysk

yskの感想・評価

3.4
1900年前後のフランス。この世で初めて撮られた映画、ただ工場から出てくる人々を写しただけという映画ともいえない映画。そこから始まり超短篇映画を解説とともに観られる。超短篇ながらも構図や工夫にこだわりが見受けられ、映画として短い期間でも発展しているのが分かる。当時のフランスの街並み風景が人美の生活シーンが見れるのも面白い。意外と細部まで目を光らせたくなるドキュメンタリー映画。
>|