リュミエール!の作品情報・感想・評価

リュミエール!2016年製作の映画)

LUMIERE!

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:90分

4.0

あらすじ

多くの演出、撮影技術、撮影機材を開発したリュミエール兄弟の功績を称え、『工場の出口』『ラ・シオタ駅への列車の到着』など110以上の傑作が新たに修復され蘇る。そう、映画はここから始まった―。「映画の父」へオマージュを捧げるドキュメンタリー。

「リュミエール!」に投稿された感想・評価

kyoko

kyokoの感想・評価

3.7
リュミエール兄弟によって発明されたシネマトグラフによって撮影された100以上もの作品。
ナレーション、というか解説が、これまた面白い。
汽車が入ってくる映像は構造が好き。
堂ノ本

堂ノ本の感想・評価

5.0
感謝としか言えない。リュミエールをここまでまとめて見せてくれるのは嬉しい。

映画は、生まれた時から映画だったのだと確認し、後世の映画監督が生み出したとされる多くの技術の萌芽をリュミエールに見ることができる。

特に霧や煙、風に水といった自然の効果を理解して画面に写す様は見事。
切身

切身の感想・評価

3.6
映画観賞がもっともっと面白くなる。
こういった視点から映画を観れるようになりたい。
ここまで語れるようになるには、リュミエールへの情熱がないと無理だよね。
映画にはそこまで詳しくないのでとても勉強になった。
画面もコミカルで、ときどき入る鋭いコメントもおもしろかった笑
最初の映画の作品集。実際の映像だから1890年代の絵画が動いてるように感じた。映像ってマジで凄い発明やな。
ツナ丸

ツナ丸の感想・評価

4.4
映像の始まり
リュミエール兄弟が最初の映像装置「シネマトグラフ」を発明したときのテスト撮影作品108品を羅列。
全ての映画の歴史が、この瞬間から始まった…。
映画の誕生に只々おめでとう。

ナレーションは、この映画の監督にしてリュミエール研究所所長であり、そしてカンヌ国際映画祭総代表でもある、ティエリー・フレモー氏。この人の解説のおかげでリュミエール作品の魅力がすっごく伝わってきた。大好きなんだろうなぁ。

それから、
立川志らくさんの日本語吹替版で観ると、語り口が面白いのと視覚が映像に集中できるからもっともっと楽しくなってきた。

ネタバレ厳禁の結末を用意する粋な計らい。
どうやらパート2の構想もあるようで。
何だかワクワクしてきます。
Haruki

Harukiの感想・評価

4.4
当時の人々が感じた、映画の感動や驚きを追体験できる作品。

愛おしさや可笑しさ、楽しさが詰まった作品群からは、リュミエール兄弟のアーティスト性が感じられる。

映画という文化の第一歩であるこれらの映像は、大きな遺産となっている。

これ以上ないほどの映画へのラブレター。
miyu

miyuの感想・評価

4.0
京都シネマで予告編を見て、昔の映像を見てるだけで、妙に懐かしい気持ちになった…
1980年代って 生きていた訳じゃないのに…

結局、映画館で見れなかった為
オンデマンドで拝見…

映画のはじまりの基礎となる映像…

定点カメラで、練りに練られた構図…
それは、今 見ても 実に美しい…

カメラ目線の人々や
カメラの前だと 妙に テンション上がったり…

コメディーの原点みたいな脚色や
台本に合わせて 素朴な演技をしたり…
映画の原点となる映像の数々…

各国の映像などもあり…
ベニスでは カメラを動かして撮った映像があった…

そして、日本の映像も…

かなりのショートフィルムばかりだ…

つまらないと思えば、この作品は
つまらないかもしれないが…
この時代の生の映像がある🎬
リュミエール兄弟の世界初のショートフィルム作品群の中から、厳選された108本が収録。1本あたり50秒とほんとにショート。
ちゃんと演出されてるものもありますが、単なる記録映像やホームビデオみたいなものも。

絵画の印象派が好きなのですが、この作品と時代がだいたい同じなので、通ずるものが多くて興味深かったです。
こういう時代にルノワールやモネたちは生きてたんだな~
>|