リュミエール!の作品情報・感想・評価

リュミエール!2016年製作の映画)

LUMIERE!

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:90分

4.0

あらすじ

多くの演出、撮影技術、撮影機材を開発したリュミエール兄弟の功績を称え、『工場の出口』『ラ・シオタ駅への列車の到着』など110以上の傑作が新たに修復され蘇る。そう、映画はここから始まった―。「映画の父」へオマージュを捧げるドキュメンタリー。

「リュミエール!」に投稿された感想・評価

みやこ

みやこの感想・評価

4.2
愛すべき50秒のドラマたち🎥🎬

シネマトグラフを使用し、「映画の父」リュミエール兄弟が撮影した貴重映像の数々が現代のスクリーンに甦る。

音声も色彩もないのに、120年前のカメラの向こうの人々がこれほどいきいきして見えるのは何故だろう。モノクロの画面からは街の人々の話し声や、石畳を走る馬車の音まで聞こえてきそう。

現在世界中で数多く作られている映画の原点がここにあると思うと感慨深いし、そんな歴史的価値を抜きにして一本の映像作品として見ても十分面白い。
個人的なお気に入りはブドウを食べる兄妹と、アクロバティックに馬で遊ぶ兵士たち。

昔の映像を繋げただけのもっと味気ないものを想像していたけど、一つ一つの作品を時にユーモアを交えながら解説してくれるナレーションのおかげで退屈を感じることはなかった。
全編を通して「映画」への愛に溢れているこの作品を、映画館で観ることが出来て良かった。
みつ

みつの感想・評価

3.8
リュミエール兄弟ってシネマトグラフを発明した人たちで、本作は彼らが遺した記録映像をまとめて観れるのかな、それくらいに思ってた。

記録映像なんてもんじゃなかった。
1分に満たない短いフィルムに収められた完全な映画だった。

演出もストーリーも考えられ、様々な構図や技法を使って撮られた作品だった。


エジソンのキネトスコープやメリエスのキネトグラフや特撮などなど映画に関する発明はあるけれど、現在の映画に繋がる映画という意味では映画の発明家はリュミエールだ、と言いたくなる。

映画好きというからには観るべき、というか、観てよかった。

また、パンフレットを読むと映像や解説が思い出されて、二度楽しめる。買ってよかった。
さち

さちの感想・評価

5.0
完璧なまでの構図。
静から動への意義。
50秒有効活用。

こんなに煙に喜びを感じることってないね!
あと急いで🍇を食べさせるリトルボーイ。

ありがとう!リュミエール兄弟!ブラボー!リュミエール兄弟!

ちょっと面白おかしくもある解説も楽しめました🤗
リュミエールの映像は、構図もかっこいいし、画面外の物語まで語られてるし、すごく面白かった。なので、解説が説明過多。
cian

cianの感想・評価

-
リュミエール!面白かったです。絵が動くことの純粋なよろこびについての映画はいつも楽しく見ます。それで見終わったあとに、目の前の景色にいっそう愛着が湧くのです
slv

slvの感想・評価

4.0
映画はここから始まった。

1895年、フランスのリュミエール兄弟が発明した「シネマトグラフ」で撮影された映画『工場の出口』が世界で初めて有料上映され、ここから映画の歴史が始まった。

本作はリュミエール兄弟によって製作された1422本の中から選ばれた108本の作品を観ることが出来る。

解説ナレーションと共に観るそれぞれの作品はどれも、そこに映る人々の生き生きとした姿がシンプルに心を捉え、とても引き込まれる。
可笑しくて、まっすぐで、どこか懐かしいように感じるそれらの映像を見ていると、とても幸せな気持ちになれる。延々観ていたいと思う。

リュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー氏による解説がまたすごく良くて、時々皮肉を交えたような可笑しさがあり、しばしば劇場内に笑いが起こっていた。

映画を愛して止まない人に送られたこの珠玉の作品は、観る人を多幸感でいっぱいに包んでくれます。。
kagikkt

kagikktの感想・評価

3.6
記録映画なので楽しいってわけではなかったですが
当時の人々を写真や文章で想像するより
映像だとよりリアルに感じられ
貴重な映像を拝見できてよかったです。
osowa

osowaの感想・評価

3.0
構図のとり方が上手い。
演出もしていたようだが、何をどう撮ればいいのかをよく理解していたのだろう。
じゅん

じゅんの感想・評価

5.0
構図がどれも美しかった
奥から列車が駅に入って来る作品が好き

リュミエール兄弟の発明があったから、今映画を楽しめているんだな
なので、満点
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

 去年の「ラ・ラ・ランドの面白さが分からん奴は僕のレベルになるまで映画を見なさい」云々かんぬん発言から大嫌いになった某落語家がナレーターって聞いてたので、パスしようかとも思ってたんだけどまぁそこは我慢。映画に罪はないしね。てことで足を運んだら、なんとナレーターが落語家じゃなくてちゃんとフランス人で「やったーラッキー」と思って喜んで見ていた笑。




 のだけど、これは日本人ナレーター版で見た方がよかったかもしれない。字幕の解説を読みながら、同時にわずか50秒あたりの映像を追うってのは思った以上に疲れる。目の前の映像自体をもっとじっくり細部まで楽しみたいけど、字幕も読みたいし読まないとその映像の何がすごいのかよく分からないというこのジレンマ。目があと2つほしい状態。しかもそのナレーターも、「構図がすばらしい完璧だ」「煙がすばらしい」と何だか抽象的な美的センス解説が多くどうも分かりにくかったりとなかなか難しいのな。ラストシーンなんか、何だか大林宣彦監督の『転校生』ぽくてぜったい影響受けてるだろ・・と思ったり、今では空港などで当たり前な「歩く通路」(パリの万博で初めて世界デビューしたらしい)を楽しそうに楽しむ人々の画があったり、アヘンに身を蝕まれた人々を撮った画があったり、十分に楽しめた。映画って、日本が日清日露戦争で沸いてた頃あたりに生まれたのな。そう考えるとまだ全然若い文化なのなと改めて映画の存在に思いを馳せた。
>|