パリ、恋人たちの影の作品情報・感想・評価

パリ、恋人たちの影2015年製作の映画)

L'ombre des femmes/In the Shadow of Women

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:73分

3.5

あらすじ

ピエールとマノンは公私ともに良きパートナー。マノンは、低予算のドキュメンタリー映画を制作する夫ピエールの才能を信じ、取るに足らない仕事をして支えている。映画制作に行き詰まりを感じていたある日、ピエールは若い研修員のエリザベットと出会い、愛人にする。しかし、愛しているのは、エリザベットの身体だけ。自分を信じ、裏切ることのない妻マノンと別れるつもりはない。ピエールは罪悪感もないままに、2人と関係を続…

ピエールとマノンは公私ともに良きパートナー。マノンは、低予算のドキュメンタリー映画を制作する夫ピエールの才能を信じ、取るに足らない仕事をして支えている。映画制作に行き詰まりを感じていたある日、ピエールは若い研修員のエリザベットと出会い、愛人にする。しかし、愛しているのは、エリザベットの身体だけ。自分を信じ、裏切ることのない妻マノンと別れるつもりはない。ピエールは罪悪感もないままに、2人と関係を続けることにした。あるときエリザベットはピエールの妻マノンが浮気相手と会っているところを目撃し、ピエールに告げる―。

「パリ、恋人たちの影」に投稿された感想・評価

naomi

naomiの感想・評価

3.5
主人公はヒロシそっくり。とにかく女性には定期的にというかはじめから花を渡さなきゃいけないらしい。表情が全然変わらないのに感情がみえた映画だったな。
green

greenの感想・評価

3.0
ただの不倫ものなんだけど、モノクロ映像がおしゃれ感を引き出すというか美しく見せてしまうのね。ピエールが全然笑顔を見せてくれなかったけどラストにご褒美が♡
18/159
林檎

林檎の感想・評価

3.8
美しいモノクロの映像美が、リアルな愛の普遍性をより滑稽に感じさせる。
ただの男女のラブストーリーってそこまで好き!というわけじゃないんだけど…フランス映画ってやっぱりいいなって改めて。
男も女も浮気をしパートナーを解消するがまた元の鞘に収まる話。男の浮気相手が気の毒。モノクロ映像が淡々としたストーリーと相まってオシャレ。
PalmaRosa

PalmaRosaの感想・評価

4.5
ストーリーはよくある男女の浮気話なのに何かが違う。妙に惹かれる魅力的な映画。
モノクロの陰影が美しかった。
果歩

果歩の感想・評価

4.0
なんやかんや。作り話って感じよりかは、人間やなって話。説明はできんけど、なんやかんやそうなってまうことってあるやん、それ。
Hitomii

Hitomiiの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

人間の欲深さや嫉妬など、醜い感情と対峙させられる。これから辿り着く先で、2人の間に綺麗な物語が描かれないとしても、それでも細く長く続くような関係性で一緒にいてほしいと願ってしまう。
MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

3.7
花は浮気をイメージさせるのくだりで「C’est un classique. 」を「“男の切り札”だって」と訳した寺尾次郎さん、さすが。

フィリップ・ガレルはどうしてこんなにも男女というものの性質を分かっているのか。世の男女を巧く切り取ってる。彼の撮る映画は”恋愛における男女の大百科事典”を見ているかのよう。

ラストのスタニスラス・メラールの笑顔に救われる。だって全然笑わないんだもん、この人いつも。
男と女が浮気をする理由の違いにハッとする

ベッドシーンの時カメラが窓にパーンするのが昔っぽくて良い

愛、欲望、嫉妬、後悔

共感できるところあり
ic

icの感想・評価

2.1
なんというべきか、内容が現実的すぎたと言うべきか。本当はなくてはならない存在である同士が寂しさや物足りなさ、性欲を埋めるために他の人を巻き込む。正直言って本人たちが主人公だからよいけれど、互いの愛人からしたらとんでもない話だ。
愛人である女性側からの主観は語られていたが、男性の方は特に触れずだったけれどあんな別れかたはないだろうと言う感じ。

みんな自分勝手すぎて相手のことを考えていないというのが結果なのか。
そもそも恋愛に決まりはないからよいのか、むしろ自分勝手な行動にこそ少し憧れさえもてる気もする。
>|