パリ、恋人たちの影の作品情報・感想・評価

パリ、恋人たちの影2015年製作の映画)

L'ombre des femmes/In the Shadow of Women

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:73分

3.5

あらすじ

ピエールとマノンは公私ともに良きパートナー。マノンは、低予算のドキュメンタリー映画を制作する夫ピエールの才能を信じ、取るに足らない仕事をして支えている。映画制作に行き詰まりを感じていたある日、ピエールは若い研修員のエリザベットと出会い、愛人にする。しかし、愛しているのは、エリザベットの身体だけ。自分を信じ、裏切ることのない妻マノンと別れるつもりはない。ピエールは罪悪感もないままに、2人と関係を続…

ピエールとマノンは公私ともに良きパートナー。マノンは、低予算のドキュメンタリー映画を制作する夫ピエールの才能を信じ、取るに足らない仕事をして支えている。映画制作に行き詰まりを感じていたある日、ピエールは若い研修員のエリザベットと出会い、愛人にする。しかし、愛しているのは、エリザベットの身体だけ。自分を信じ、裏切ることのない妻マノンと別れるつもりはない。ピエールは罪悪感もないままに、2人と関係を続けることにした。あるときエリザベットはピエールの妻マノンが浮気相手と会っているところを目撃し、ピエールに告げる―。

「パリ、恋人たちの影」に投稿された感想・評価

いずみ

いずみの感想・評価

3.6
これはやはりイマイチだったな。ラストは相変わらず抱き合ってたけど笑
ouch128

ouch128の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

2018.08.26

こんな日常は自分には縁もゆかりも無いが、所謂「男女あるある」なんでしょう。

「たぶん」とか「何でもいい」を節々に発して、「去ったのは君だろう」と言うピエールの情けなさにジワジワくる。
だからこそ冒頭のマノン母の「自分の人生を捨ててまで尽くす男なんていない」的な発言がビシッと効いていて、とても可笑しい。
一

一の感想・評価

-
昨日『恋のエチュード』観てても思ったけど、愛は擦り減らないんだな。「女の浮気は悪い浮気」って呆れて言葉も出ないうちにバーンとおめでたく終幕するのどこまでも都合よくて清々しい。
小さく無駄のない映画。
大人の子供さ加減が生々しく伝わってくる。

男は、ああやって無表情で逃げ回るんだよ。
「たぶん」と未決定なまま。表情を表現すると、物事を動かしてしまうでしょ。
男が無表情でわかりづらいと言ってる人がいるけど、そこに意味があるんですよ。

役者がみんな上手い。表情に手に取るように気持ちが見える。

あと邦題が良くない。とは言えありがちな話なのでタイトルつけにくそう。
Hanami

Hanamiの感想・評価

-
ピエール無理すぎるけど、最後あんな感じで終わって良かった笑笑
内容はドロドロしてるのにサラッと終わらせる感じが良いよね。日本で作ったら絶対ドロドロさせるよね。笑
奥さんすごく可愛い!愛人はなんか気持ち悪かった!🤮
糸くず

糸くずの感想・評価

3.0
身勝手な愛に美しさがあるとすれば、求めても求めても決して成就することはないところに美しさが宿ると思っているから、「何となく浮気してみたけど、やっぱり恋人のほうが好きだから、元の鞘に戻ってめでたしめでたし」なんて話は好きになれない。

「自分の浮気を肯定するのに、恋人の浮気は許さない」という態度はありふれてはいるけども、よく考えなくとも矛盾した態度であることははっきりしているわけで、そうした矛盾を平気で受け入れてしまうことにちゃんと向き合わず、「男ってそういうものさ」で解決した気になっているのは本当に身勝手であるし、それが「男」というものの真実であるならば、わたしは今すぐ「男」をやめたい。
Moeka

Moekaの感想・評価

3.5
自分は自分なりの馬鹿げた信念とモラルがあるから浮気してもいいけど相手がすると許せない...というワガママながらも超人間らしい本音を、本人たちのやりとりと語り手の説明によってあるがまま、リアルに描き出している。白黒の映像の美しさには相変わらず目を見張るばかり。ガレル監督が生み出す男の主人公たちは皆情けなく、弱さから女たちによく当たることもある。女の方が強い。皆人間らしく、等身大の痛みを抱えながら成長してゆく。そこがいじらしい。
フィリップ・ガレル監督☆
ルイ・ガレルのお父様!
へー!
もちろん知らない!^^;


モノクロだったから古い時代の作品なのかな?と思いきや、携帯電話もPCも登場するの。
お話はね、超くだらない!
ふん、て鼻で笑いながら観ちゃうやつ。

“ 男の浮気と女の浮気 “

「浮気は男だけのもの。女の浮気は深刻で有害だ」
と、この映画の主人公のピエール氏は思っています。
「最初に言っとくけど、僕には妻がいる」
と、ピエール氏は予め相手の女性に伝えます。

浮気相手に求めるものは身体だけ。
奥さんと家庭は失いたくない。
…うん、分かるけど。
女の浮気は浮気じゃなくなっちゃうって事がよくあるもんね。
そうゆうことを言ってるのかしら。

無性に腹が立つのは、このピエール氏の覇気の無さ。
ゾンビの方がまだマシよってくらい覇気がないの。
もちょっと楽しそうに浮気しなさいよ。
更にとーっても身勝手なの。

はっきり言ってめちゃくちゃくだらない。
だけどこの夫婦の行方がどうなるのか気になる!

奥さんと愛人の2人の女性。
彼女たちの揺れる気持ちや表情がすっごく伝わってくる!上手い!
SEXのあとの突き落とすような一言で、一瞬で凍りつく顔。
奥さんの不貞を告げ口する時の、笑みを一生懸命に押し殺してる顔。

他にもいろいろとリアルだったんだよね。

フランス映画って女性の感情の変化を細やかに表現するのがとても上手いなぁーと改めて思ってしまいました。

73分と短い作品だけど、延々と痴話喧嘩を観せられているような気分。

勝手にやってくれー!と誰もが思うはず 笑
naomi

naomiの感想・評価

3.5
主人公はヒロシそっくり。とにかく女性には定期的にというかはじめから花を渡さなきゃいけないらしい。表情が全然変わらないのに感情がみえた映画だったな。
green

greenの感想・評価

3.0
ただの不倫ものなんだけど、モノクロ映像がおしゃれ感を引き出すというか美しく見せてしまうのね。ピエールが全然笑顔を見せてくれなかったけどラストにご褒美が♡
18/159
>|