二度めの夏、二度と会えない君の作品情報・感想・評価

二度めの夏、二度と会えない君2017年製作の映画)

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:106分

2.8

あらすじ

今度こそ、君を好きにならない─。 「バンド組もう!」高校3年の夏の始めに、彼女は言った。 智が通う北高に転校してきた燐は、文化祭でライブをするという夢を叶えるためにやってきた。 そしてメンバーとして集められたのが、智、姫子、六郎だった。 バンド活動が禁止されている中、生徒会長の菅野瑛子の手助けもあり、文化祭ライブは成功を収めた。 そして、夏のおわりに、智は燐に自分の想いを伝える。だが…

今度こそ、君を好きにならない─。 「バンド組もう!」高校3年の夏の始めに、彼女は言った。 智が通う北高に転校してきた燐は、文化祭でライブをするという夢を叶えるためにやってきた。 そしてメンバーとして集められたのが、智、姫子、六郎だった。 バンド活動が禁止されている中、生徒会長の菅野瑛子の手助けもあり、文化祭ライブは成功を収めた。 そして、夏のおわりに、智は燐に自分の想いを伝える。だがそれは取り返しのつかない言葉として刻まれ、2人を引き裂いてしまう。 なぜ、あんなことを言ってしまったのだろう。もしもやり直せるなら──そう思ったある日、半年前にタイムリープした智は、“あの夏”をやり直すチャンスを手にする。 今度は絶対に燐に“告白しない”と心に決めた智。しかし、二度めの夏は一度めと何か違っていた。 果たしてライブは成功するのか。二度めの夏はどんな結末を迎えるのか──

「二度めの夏、二度と会えない君」に投稿された感想・評価

りお

りおの感想・評価

2.0
キミスイを観た直後に鑑賞したので、また病気のヒロインの話か・・・と思いあまり泣けず。
虹郎君の演技がなー、やっぱり独特なんだよね。
彼はセリフを言わせない演技の方が映える。
表情で演技する男。
ストーリーは最近流行り(?)のタイムリープものですが、死ぬ運命を受け入れつつタイムリープをする作品はあまりないのでは。
これが今風なのか?
だからどういう感情で観ていいのかよくわからなかった。
ヒロインの子、歌うまいなあ、主題歌出せそうじゃんと思ってたらプロのバンドマンでしたか。
バンド名だけ聞き覚えがあったけどメンバーの顔までは把握していなかったよ。
そんで虹郎君には本気の歌唱力を見せて欲しかった!
せっかく歌うシーンあるのに何で歌が下手な役なんだよー
Yuiko

Yuikoの感想・評価

1.0
村上虹郎を見るためだけに鑑賞。
ごめん虹郎、、、
でもツライ。観てるのがツライ。
え、何でそうなる?とツッコミどころ満載で共感度0のストーリーに加えて極上に寒い台詞と役者の演技の下手さが更に観てるこちらを恥ずかしくさせる、、
笑えるシーンを入れつつもそれが笑えない程とにかくサムイ。
カメラワークも演出も超ビミョー。
最後まで席を立たずに観通した自分を褒めたい。
声が合わないとしんどい、かもしれない作品
前半 吉田円佳ちゃん可愛いなぁで
乗り切ったけど最後の最後
雑すぎんかってなってもうた

タイムリープもんの中でも辛い
村上虹郎さんが主役なので変化を楽しみに観に行きましたが…

ひと色ですね。見た目なのかもしれませんが、学ランを着ていようが、私服であろうが、他の映画で着物を着ていようが。

若いからこれから、色々なものを経験して良い俳優になってもらいたいです。山田孝之さんの様なタイプだと勝手に思い込んでいます。
えれな

えれなの感想・評価

2.0
顔やたら近い 肌色多め映画
同じ言葉使いすぎててわざとかもしれないけどくどく感じた
超展開に納得いかずシチュエーション萌えで作ってる話にみえた

ヒロインの時間のルーズさに半ギレしていた
ドラムの子顔綺麗だった〜〜
演者の演技に統一感がなかった

主題歌が好きで劇中ずっとそわそわしてたけど来なかった笑
みけ

みけの感想・評価

2.6
山田裕貴君目当てで観に行ったけど、山田君の演技は中でも良かった。

映画としては、期待よりは下回ったかな。
アップ多目でなんだか勿体ないし、どこかで観たような感じ。
バンドシーンは爽やかで青春感溢れてて良かったんだけどね。
c

cの感想・評価

2.5
期待してたんだけどなー。
アップが多すぎる気がする。
でも、虹郎くんのあの表情の動かし方、やっぱり独特で惹きつけるものがありますな〜。。
友梨

友梨の感想・評価

1.8
9/11鑑賞
村上虹郎目当てでいったけど、山田裕貴に惹かれた。銀髪似合う。違和感なく演技してるのが、山田裕貴くらいじゃないかしら……
んんんーみんなキャラにあってないような。

後半の冬シーンの背景も、雑すぎて、予算なかったのが見える。わざわざCGで雪を降らさなくても、服や色味だけで冬を表現できるんじゃ……?
全体的に現代映画には珍しいほどの、画の荒さで、カメラも良いものではなさそう。一時代前のドラマのような……。
チープだな……と終始感じる

バンドシーンは青春映画らしいキラキラ感があって好き。歌も素敵で、演奏する5人の演技も惹かれる。
何度も歌うシーンがあるからか、ライブシーンは感動が少し薄れる。


どこまでもアニメの世界から抜け出してないキャラクターたちが、良くも悪くも特徴的。
ヨリやクローズアップが異様に多いのが、何か意味ありげな感じです。
感情を、うまく表現できてはいたけれど、
どこか自主映画らしいチープさも生んでしまう。

(時かけ+ぼく明日+キミスイ+ベック+ソラニン)÷100=ニドナツ


謎のMX4Dのシアターで座り心地も悪く、前売りなんてなんで買ってしまったんだろうと思った。
マ

マの感想・評価

-
女の子の歌がうまかった
バンドも楽しい

序盤の顔のアップ多すぎかなあ
>|