ポエトリーエンジェルの作品情報・感想・評価

ポエトリーエンジェル2017年製作の映画)

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:95分

3.5

あらすじ

玉置勤(岡山天音)は高校卒業後、実家の梅農家で働くが、その仕事に満足していない。妄想癖があり、自分の妄想が発揮できる場所を探していた。そんな玉置がふとしたきっかけで声と言葉のスポーツ“詩のボクシング”の 説明会に参加したところ興味を持ち、「詩のボクシング教室」に通うようになる。そこには指導する先生(角田晃広)、自称のラッパー(芹澤興人)、暗そうな女性(山田真歩)、年金暮らしの老人(下條アトム)な…

玉置勤(岡山天音)は高校卒業後、実家の梅農家で働くが、その仕事に満足していない。妄想癖があり、自分の妄想が発揮できる場所を探していた。そんな玉置がふとしたきっかけで声と言葉のスポーツ“詩のボクシング”の 説明会に参加したところ興味を持ち、「詩のボクシング教室」に通うようになる。そこには指導する先生(角田晃広)、自称のラッパー(芹澤興人)、暗そうな女性(山田真歩)、年金暮らしの老人(下條アトム)など、ひとクセある面々が集まっていた。  そんなメンバーたちが力試しに高校生と強化試合をすることになるが、彼らの詩に足りないものは何なのか模索していくと、各メンバーに秘密があることがわかる。そして、ある出来事により女子高校生の丸山杏(武田玲奈)が新たなメンバーとして加入することに。ただ、彼女はある悩みを抱えていた…。

「ポエトリーエンジェル」に投稿された感想・評価

46

46の感想・評価

4.0
おもってた以上によかったし、わらった。隠したいことを内に秘めたものをさらげだしてシャウトしてて最高でした。高校生のポエトリーエンジェルはちょっといたいなんておもっちゃうけどわたしも高校生のときはいたかったしね。ちゃんとわかってくれるひとにおすすめしたい映画です
ryohei

ryoheiの感想・評価

3.1
もっと武田玲奈にボクシングしてほしかった…
詩のボクシングもまぁいいけど、、、
武田玲奈がボクシング咬ませ犬になってしまうなんて、、、見りゃわかるやん……笑
(可愛いんだけど…)

岡山天音くん『ういいいいいいいいん俺の右手は……』笑
まぁ設定とかむちゃくちゃな気はしたけど、楽しめましたよ
暇だったら観て観たら気が楽になりますよ、きっと笑
けろ

けろの感想・評価

3.6
武田玲奈推しの人と一緒に視聴。

どもってる武田玲奈かわいい。

はい!また泣いてしまいました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

早くも今年泣くの三作目であります

特に武田玲奈ちゃんのあのシーンなんて観たら、それはもうダメ(´༎ຶོρ༎ຶོ`) ポロポロ涙流しましたね、しかも、武田玲奈ちゃんうちの娘に激似してるんで( 親バカ)尚更感情移入しちゃって涙倍増でした(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

あと主役の岡山天音くんが、ダメ青年を演じるんですが、これがまた以前私の部下だった人と似てて( ジャミラ顔 )その部下もダメ部下だったんで、岡山くんが精神的に成長していく様を観てると、そのダメ部下とオーバーラップして更に更に泣けてきましたね( 上司ばか) 笑笑(´∀`)

詩のボクシングによって、精神的に成長していく様を面白おかしく描いた今作、
家族や友人らとの人間関係を交えながら進んでいくストーリーはありがちな日常なんだけど非日常的な 詩のボクシングバトル!
結構、体育会のノリで楽しかったですね。

さらっといい感じに浸りたいときに是非どうぞ (´∀`)




ナリア

ナリアの感想・評価

3.5
“鉄男”バンク大好き笑

吃音とボクシングは、最近のトレンドなのか?
ま、「あゝ荒野」には遠く及ばないけど、及ばないなりの良さがあった

「俺だって夢とか見てみたい」
明確な目標はなく
恋に恋するように、夢に夢見る青年の姿は、非常に愛おしく
その、もがきのなかで“宝”を見いだした玉置は非常に羨ましい

梅の実はまだ青い
nagi

nagiの感想・評価

3.0
全体的に不思議な雰囲気の作品。良くも悪くも邦画っぽさが出てる。
誰もが持っている『今』への葛藤をうまく描いているなと思う。言葉の力強さを再確認した。自分が普段使っている言葉は周りにどう影響を与えているのか。
プラスになっているといいなと思いながら、マイナスな部分もきっとあると考えさせられた。
kaname

kanameの感想・評価

3.0
自作の詩を朗読し、いかに聞き手の心を揺さぶる事ができるかを競い合う「詩のボクシング」をテーマに描かれた青春ドラマ。

詩の朗読対決?…よく分からないけど、何かジワジワとくる不思議な魅力を持った内容w

やってる事は超文化系なのに、体育会系の熱さが伝わる…そんな作品だった。
saito

saitoの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

うーん。
岡山天音くんは良いんだけど、、
なんていうか、ゆるいっていうか、ぬるいってゆうか、応援したくならないんだよなぁ
田舎の人だって、もっと生き生き、一生懸命生きてる人もいるよ
意味を考えてなおかつリアルなキャラクター作りしないと、ただうざいだけだよ。どちらもできなていない役者が多い気がした。
鶴見さんぐらいパシッとやってほしいもんですねぇ

94
踏み出すきっかけは何でもいい
それが詩でもいい

岡山天音と武田玲奈のフレッシュな感じがまたいい
emily

emilyの感想・評価

3.3
リングの上で自作の詩を朗読する詩のボクシング。実家の梅農家で働く玉置勤には妄想癖があり、それを発揮できる場所を探してた。ある時、リングの上で自作の詩を朗読する詩のボクシングの存在を知り通うようになる。そこには個性豊かな面々がいる。ある秘密を抱える女子高生が参加することになり。。

田舎の風景に溶け込む詩のボクシングの空回りしがちな熱さと、個性豊かな俳優勢たちがおりだす荒削りで、みずみずしい青春物語になっている。誰もが抱える心の闇、声に出すことのない叫びをコミカルティストで包み込み、熱さとのバランスを絶妙に保ちながら、引き締めるところはしっかり、引き締め、たたみ込んで行く。心の声を口に出すことで、自分を知り、相手を知り、それぞれに成長して行く。

青春は夕日と海の狭間で緩やかな音楽とともに綴られ、等身大の自分を受け入れ、それが魂の叫びと交差していく。ダメでも情けなくてもそれが自分で、誇りである。声に出すことは知らなかった自分と向き合う知ることである。自分は自分でそれ以上にはなれない。それが分かった時自分自身を認めることが出来るのかもしれない。
>|