ポエトリーエンジェルの作品情報・感想・評価

ポエトリーエンジェル2017年製作の映画)

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:95分

3.5

あらすじ

玉置勤(岡山天音)は高校卒業後、実家の梅農家で働くが、その仕事に満足していない。妄想癖があり、自分の妄想が発揮できる場所を探していた。そんな玉置がふとしたきっかけで声と言葉のスポーツ“詩のボクシング”の 説明会に参加したところ興味を持ち、「詩のボクシング教室」に通うようになる。そこには指導する先生(角田晃広)、自称のラッパー(芹澤興人)、暗そうな女性(山田真歩)、年金暮らしの老人(下條アトム)な…

玉置勤(岡山天音)は高校卒業後、実家の梅農家で働くが、その仕事に満足していない。妄想癖があり、自分の妄想が発揮できる場所を探していた。そんな玉置がふとしたきっかけで声と言葉のスポーツ“詩のボクシング”の 説明会に参加したところ興味を持ち、「詩のボクシング教室」に通うようになる。そこには指導する先生(角田晃広)、自称のラッパー(芹澤興人)、暗そうな女性(山田真歩)、年金暮らしの老人(下條アトム)など、ひとクセある面々が集まっていた。  そんなメンバーたちが力試しに高校生と強化試合をすることになるが、彼らの詩に足りないものは何なのか模索していくと、各メンバーに秘密があることがわかる。そして、ある出来事により女子高校生の丸山杏(武田玲奈)が新たなメンバーとして加入することに。ただ、彼女はある悩みを抱えていた…。

「ポエトリーエンジェル」に投稿された感想・評価

“女優”武田玲奈覚醒!
「…お、お、おはよう!ニコッ」映画史上何度言われたかしれない台詞「おはよう」の最高傑作が本作にはある!キュン!

作家を目指すニートは、対戦形式の言葉の表現、詩のボクシングにハマり
訳あってクラスから孤立した女子高生は、言葉のいらないボクシングに救いを求める
心に傷を負ったふたりが再生を機して奏でる詩とわ?って話

いやな、マヂで期待とか0やってん、天音くんと玲奈ちゃん好きやし観よ〜、くらいの感じな

天音くんは安定の天音くんですわ!ダメ人間やらせたら天音くんの右に出る者は今若手俳優にはいないのでわ?ってか出る映画観る映画ニート役ばかりやけど大丈夫か?
本作でも梅農家なんか継ぎたくない!とフラストレーションを沸々と体内で発酵させる姿に説得力ありすぎて、やっぱり天音くんは良いな〜、なりましたわ

驚くのは武田玲奈!これまでのアイドル女優のイメージとは一線を画す素晴らしい演技!
台詞が少ないので表情での感情の表現が重要になる難しい役柄なのですが、もう玲奈ちゃんの表情が語る語る!いつの間にこんなに出来る子になったんやぁ
可愛らしく見せようとは演出はもちろんメイクも衣装もしてないのですが、いつも以上に愛くるしく、間違い無く武田玲奈ベストな作品かと
玲奈ちゃんが詩のボクシングで語るシーンの破壊力!スンスンキュンキュン

他にも猛士関東支局事務局長のおやっさんこと下條アトムや、芹澤興人、山田真歩といった個性的な面々が天音くんと同じ詩のボクシングのチームの面々でしてね
まぁクセが迸ってまして、初めての試合のシーンのポンコツっぷりにはゲラゲラが止まりませんでしたよ

もちろん言葉をテーマにした作品なんで、名言もたくさん出てきます
僕が特に好きなんは
「大人が子供に見せるべき姿は大人気なさなんですよ!」
って台詞ですね
いやな、自分的にタイムリーでしてね、昨日、仕事中に…はたちの女の子と散々シモネタで語り合ったあげく、「片腕さんほど楽しそうにウンコについて語る30代いないよ」って褒められ?ましてね
いつまでもウンコとチンコで笑える人間であろう!と誓ったとこでして
え?そんな意味で言われた台詞じゃないんじゃないか?って…ウッセ!

新作ながら最寄りのTSUTAYAには1本しか置いてない作品ですが、本作はまがいなき良作、何か語りたくて仕方ない思いがある人はぜひ観ろ!勇気貰えるから!

追伸
友情出演の賢ちゃん(山崎賢人)もアホ全開で良かった〜、真面目でシャイな賢ちゃんが好きだが、チョイ役ならチャラチャラ賢ちゃんも悪くないなぁ
dadada

dadadaの感想・評価

3.5
DVDにて鑑賞。
山崎賢人がギャグだった。
あの人やっぱり妻夫木くんタイプの俳優さんですよね。
イケメンなのにイケメンオーラを消せると言うか…。
関係ないけど、菅田将暉もそうですよね。
だけど彼らに負けじと、岡山天音、武田玲奈の芝居も素晴らしかったと思う。
観て損はないですな。
詩のボクシングに惹かれて鑑賞。魂の叫び。でかい声での朗読。わくわくしました。主役の俳優さんも、とても良い朗読の演技だった。爽やかで軽快なテーマソングも好み。明るくて嬉しくなる。
ragii

ragiiの感想・評価

3.5
やーーっと見れた!
去年、田辺・弁慶映画祭で見逃し、kisssh-kissssssh映画祭で見逃し、劇場公開でも見逃し、やっとDVDで視聴

個性豊かなとゆうよりクセが強ーい面々の仲間達がどこかおかしくてどこかダメで、でも魅力的です。

一応勝負事なので、それを軸にもっとお涙頂戴的なよくある雰囲気にできなくも無いのに、あえてその表現は抑えめで、詩のボクシングの魅力を活かしています。

正直ちょっと物足りない部分もあるけど魅力的な作品でした。
miyabi

miyabiの感想・評価

4.0
竹田玲奈‼️可愛いのに、無愛想❗
ボクシングを やってる❗
友達いない❗
だけど、苛められてはいない❗
無口⁉️しゃべれない⁉️吃り⁉️
最後の あの 笑顔 の 為に 有ったな、この映画❗

岡山天音。誰か⁉️知らないや。無職?家の 梅農家の 手伝い。小説家に なりたいだって!常に 妄想している!
彼の 小説?詩?何だ?これ、詩なの?小説なの⁉️可笑しいの。

詩の ボクシング。自分の考え、想い、それこそ妄想 を 言葉にして 大声で 話し、相手と 戦う。面白いな。こんなの あるんだ⁉️知らなかった❗
Ryou

Ryouの感想・評価

3.8
“詩のボクシング”
ラスト 玉置くんと杏ちゃんの
魂の叫びにまんまと心を打たれた
笑って泣ける温かい青春映画

岡山天音 芹澤興人 角田晃広 山田真歩など
くせの強いキャストの面々が揃うなか
武田玲奈の透明感がとても輝いていたのと
まさかの友情出演 山崎賢人が
ちょい役だけど新鮮で存在感抜群だった
岡山天音ほんと良い役者だな
芹澤興人と角田晃広 まじで面白い 笑
2017.11.6@キネカ大森
《もう一度観たい!新進監督2本立て》

俺が書けるものの一番先にある映画かもしれない。羨ましい。完全にツボでした最高です。
390239

390239の感想・評価

3.7
キネカ大森の名画座2本立ての1本目「湯を沸かすほどの熱い愛」の感動が冷めやらぬまま、何の予備知識も無いまま流れで鑑賞。「詩のボクシング」なるものがイマイチ理解不能で、この映画が、地方の閉塞感と町興こしをテーマにした真面目なものなのか?ただのナンセンスなギャグ映画なのか? 頭の中が????のまま観ていましたが、登場人物達のどこか憎めないキャラと、熱いんだか冷めてんだか良く分からない独特の空気感、会話の応酬に、いつの間にか惹きつけられて、笑い(失笑)過ぎて肩の力が抜け、鑑賞後に爽やかな余韻が残りました。名画じゃ無いけど、不思議な魅力を持った作品でした。
岡山天音くんの舞台挨拶付きだったので観に行きました。
東京03の角田さんも出ているし、クセのあるメンバーたちおもしろかった!
武田玲奈ちゃんの演技がうまい!!
舞台挨拶のときに監督が、最後の試合結果はリアルな結果ですと言っていてびっくりしました!
だからあの緊張感は本物みたいです。
yehimu

yehimuの感想・評価

3.3
kisssh-kissssssh映画祭にて。詩のボクシング、最高の題材だけど詩の垣根を超えてカミングアウト大会になっていたような気がした。そこは気にせず充分に楽しめる映画なんだけど、いかんせん頭でっかちな大人になってしまって岡山天音さんが余計に眩しく見えました。
>|