羊の木の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

元殺人者が集まる異様な設定でそんなの恐怖しかない!なんて面白そうなんだ!と楽しみにして見ました。

最初はものすごくドキドキした。なにが起こるんだろうっていうドキドキ。そしてなにかが起こった後が適当すぎて、え?なに?なにしたいの?これで終わり?え?終わった…というなんとも言えない気持ちになりましたとさ。

もっともっとやって欲しかった…
個人的には刺激がたらん…
katharine

katharineの感想・評価

2.7
期待値が高かっただけに残念
もっと何かを訴えてくる作品かと思ったら、何も残らなかった
安定感のある松田龍平の狂気の演技がひかる
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.6
のろろ〜〜〜〜
イメージしていた映画とは違ったけど、結構楽しめた。
そもそも予告等の広告が、犯人探しのミステリーの様に宣伝してた。
「刑期を終えた元受刑者が集められた町で殺人事件が…?」
いや、違うじゃん!(なんで映画と違うイメージで広告打つんだろ。詐欺だし見る側も得しないじゃん!)

むしろ「刑期を終えた元受刑者を受け入れることで、少子化対策・町おこしを行う」というシチュエーションムービーとして捕らえた方が判りやすい。

元受刑者6人が身分を隠して町に転入する。担当となった市役所員が巻き込まれる。
元ヤクザ幹部・チンピラ・酒乱など。みんな殺人犯。

優香がオジサン好きド淫乱を演じてて妙にエロい。こういう役を演じる様になったんだねー。
市川実日子は安定の演技力。
北村一輝はいい感じにオッサンになったなぁ。太って老けて味が出てきた。

松田龍平がコミュ力があるが、何を考えているかわからないキャラ。キャスティングはばっちりだね。

これを、町に伝わる奇祭「のろろ祭り」と組み合わせて描く。(勿論架空の祭りだろうが)
のろろ様に選ばれる者と選ばれない者、これを罪を償い許された者と許されない者とになぞらえてる。
犯罪歴に関係なく受け入れられる者とそうじゃない者がいる、当たり前のことをシニカルに描いたヒューマンドラマ。

一応マンガが原作らしい。
Rachel

Rachelの感想・評価

2.5
複数の元殺人犯が織りなすという点はとても魅力的で面白い題材だと思いました。
期待値が高かっただけに、結果的には満足まで至らず、気付いたらふわっと終わっていました。

要所要所で各登場人物に関する要素で何かを訴えようとしているのはわかりましたが、スポット比重の違いからとにかく薄っぺらく感じました。
もっと入り混じるのかと思いましたがそうでもなく…
2時間程度の尺に収めるにはキャラが多過ぎるんですかね。

訴求力も弱く感じ、何かを得たという印象はありませんでした。
鑑賞後に少し調べましたが、原作と大きく違うようですね。
消化不良なので原作を読むことも考えましたが、絵のタッチが好みではなかったので見送りです。
原作未読。わたしには合わない。
見る側に解釈を委ねる余白ってことなんだろうけど説明不足すぎる。ラストの盛り上がりがとても興ざめした。ずっと漂う緊迫感に振り回される錦戸くんの顔が綺麗だったなとは思ったけど。
吉田大八監督作ということで、とても高い期待値で観ました。

それもあり、少し予想を裏切られたような形でしたが、そういうところもこの監督の懐の深さなのかもしれません。

今までとはまた、テイストも違ったような作品になっています。

しかし、吉田大八監督は何気にラストに持っていく盛り上げ方が非常に上手い人だと思っていて今回もそうでした。

崖の上から飛び込むシーンは、もうなんかよくわからないけど、感動してしまいました。

「桐島、部活やめるってよ」でのラスト屋上までの盛り上がりにも似たような、あーいうところは本当に上手いなーと思いました。
かいと

かいとの感想・評価

2.5
正直少し期待しすぎた。仮釈放者6人もいらない。減らして内容を濃くするべきだと思う。
点数のほとんどは役者の力。せっかく前半の不穏な空気でワクワクさせてくれたのに、後半失速する感じが個人的には残念です。コレが監督の作風と言われても脚本には不満タラタラっす。なんか消化不良…。
yghuyg

yghuygの感想・評価

3.1
全体として、説明不足ではないかと思う。原作を読めばわかると思うんだけど、羊の木について、オロロ様についてなど様々な要素がよくわからないまま終わってしまう。
あらゆる解釈を求めることができてストーリーに無限の奥行きを出すことはできるけど、そうなるにはこの作品は何かが足りないんだと思う。

それでも、最初から最後までスクリーンの向こう側から匂うように漂う不穏な空気は素晴らしい。松田龍平さんの狂気を孕む演技も秀逸だった。
それだけにオロロ様を像にしたときの不自然さというか、アンリアリティが感情移入の邪魔をする。

描ききることさえできればもっと素晴らしい作品になれた気がする。
はち

はちの感想・評価

3.8
なんだか人間の演じるアニメーションを見てるかのような気持ち。
心地よく非現実な気持ち悪さがたまらない。

吉田大八監督って凄い。

元犯罪者達の思い思いのこれから。

それをオロロ様とゆう神さまに絡めて話はすすんでいくけれど、
潜在意識というのは隠しきれないもので
なんだか少しまともじゃない行動や発言がおかしな事件を巻き起こしていく。


バンドのくだりがなんかちょっとツッコミどころ満載でしたが、
あれは月末くんとゆう人間がいかにまともかとゆうのを伝える為のシーンだったのかな。

一番山場のシーンでは吉田大八監督ならではの不思議な高揚感に包まれてゾクゾクした!

映画館で観れてよかった。
松田龍平はこれから先も一生私の王子様だと確信しました。
>|