羊の木の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.3

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

sey

seyの感想・評価

3.3
もっと一人一人の過去を掘り下げて欲しかったし、それが難しいなら殺人犯のキャラクターを少なくして欲しかった。

ただ松田龍平は不気味でかなりよかった。
ユーキ

ユーキの感想・評価

2.5
「羊の木」は偏見の象徴のよう。
一度持った偏見や恐怖は簡単に拭えない。

のろろ様がキーとなっていて面白いんだけど、キャストや題材がいいのに、スリリングやヒューマンドラマなとがなくて、ダラダラしてるのがなぁ…なければなぁ…。

勿体ない!
以上。
ジジス

ジジスの感想・評価

3.1
内容的は凄く面白かったのにラストが・・
期待しすぎました。でも皆が生まれ持っての悪は性格的な物で普遍的なのかなぁと。(皆がそうでも無いと信じたい)
モヤモヤ・・
SHIGE

SHIGEの感想・評価

3.1
冒頭からの異様な雰囲気が
すごくそそられる

そそられるだけに期待感があがる

ラストまで観てその期待感がどれくらいの
満足感に変わるか…
そう思いながら観た。

及第点ではあるかな。
セイ

セイの感想・評価

3.6
元ヤクザ、床屋、清掃やってた女、優香、要らなかったんじゃないかな。龍平のエピソードだけでよかったような。というよりも、もっと掘り下げて欲しかったかなぁ、何で少年院に行ったかも分からなかった。ラストは嫌いじゃない、あれは良かった。「うなぎ」だよね、この映画。
終始漂う狂気にゾクゾクする。
久しぶりの「最後その演出はいらない〜」な映画でした。

途中まで空気感とか
めちゃめちゃ面白かったんだけどなぁ…
giraffe

giraffeの感想・評価

3.6
正直、期待したほどではなかった。
面白いんは面白いんやけど。
話の設定とゆうか発想はスゴい好き。
まぁ、自分の街でされたら怖いけど。

魚深市➡富山県魚津市 を知っている土地なのでそこはちょっとテンション上がった😆

アレ?富山の方言とゆうか、なまり全くなかった?
やぐ

やぐの感想・評価

3.3
最後の演出どうにかならんのかい。
錦戸くんが意外に良かった。展開がよめず、終始ドキドキしながら見る感じ。
優香エロっ!
moe

moeの感想・評価

3.5
さびれた小さな港町に6人の元受刑者たちが移住してくる。
6人とも過去に殺人を犯している。
しかし、仕事を持ち町の人々とも音楽や祭りなどに参加したりして交流を深めていく、、

ちょっと自分が思っていた展開と違っていて、何かの間違いかと、巻き戻しして、また再確認。。。🤭

なんだか、じんわり来る作品でした。。
ウエ

ウエの感想・評価

3.5
想像の範囲を越えないストーリー展開だったけど、じわじわ不気味な雰囲気で最後まで目が離せなかった。
キャスティングが良かった。
>|