羊の木のネタバレレビュー・内容・結末

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿されたネタバレ・内容・結末

期待しすぎました。
序盤の設定の良さ〜中盤のキャラクターの不気味さは大いに楽しめましたが、薄っぺらい友情?や言い伝えを結末に持ってくるのは非常にもったないと感じました。

ジャンルレスと言われればそれまでかも知れませんが、一番表現したいことが何なのかが私には読み取れませんでした。

ミステリーにしては、大きな謎が提示されずイマイチ(神秘性はありますが)、サスペンスにしては物足りず。。

演技や人間ドラマを見せたいのであれば、
元受刑者や受け入れる側の苦悩を描いて欲しかったし、言い伝えの延長という方法で人を殺すべきではないと思います。

人ってこんな簡単に人を殺せるんだなって思えてしまうのは怖かった。


もやもやだけが残った。
人間は変われないのかな。
一体過去に何があったのか、どんな風に感情が動くのか、他人のことはどうしても分かれないってことをあらためて実感してしまった。

もしもあの新聞記事が世に出なくても、やっぱり過ちは起きてしまったのかな。

「分かったから付き合うんじゃなくて、分かりたいから付き合うんじゃないの」って言葉にズーーンときました。
それでも、決定的なことを知ってしまったら、分かろうとすることさえ恐怖になるのかな。

登場人物が多いゆえ、ひとりひとりのエピソードがどうしても薄くなってしまうけど、映画でぜんぶ語られてしまうのがあんまり好きじゃないので自分で想像しながら場面をつなげられてよかったです。
ドラムの友達、パパ会幹事上手くやれてるのだろうか。。

あとエンドロール。
名前がだんだん海に沈んでいくのいいね。
神話みたいなのろろさまの首が引き上げられるシーンもじっと見てしまいました。
引き込まれる感じがとってもよかった!
松田龍平が轢き殺した後にバックするところとか、ギターの不快な音とか。
不快感と違和感を演出するのが上手くて、超いい映画って感じではないけど。悪くない
木村文乃以外の演技がうますぎて、素晴らしかった。木村文乃だけ「木村文乃だよ」って感じを出しすぎて…………………
前半最高にドキドキハラハラしたのに、ラストがギャグかと思った…٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
「吉田大八監督最新作となれば、これは基本的にはみんな行きますよ」って宇多丸さんも言ってた。

市川実日子さんがいちばん印象的だった。


ひとが肌で感じることはだいたい正しい
虚と実の反転
キーパーソンとして松田龍平の独特な雰囲気がマッチしていたけど、それ以外に良い点が見当たらない。殺人犯が同じ街に集うという設定はもっと群像劇として活かせたんじゃないかな。公務員である主人公が、殺人犯同士がお互いに協力しないように干渉してゆくのだけど、最後の最後まで本当に協力しないで終わるので、物語全体を通して盛り上がりに欠ける。最後ののろろ?様が落ちる場面も、平坦過ぎるストーリーと残念過ぎるCGに辟易した。
誰を信じて誰を疑うべきなのか、主人公と視聴者を重ねて疑心暗鬼に引き摺りこんでゆく「怒り」とは対照的。
一応鑑賞記録として。

答えはすべて、冒頭の詩の中に?
狼は、誰か?ということなのかな。

もっと、ストーリーの深いところがわかればよかったのに。自分のIQが足りないだけかもしれないけど…。いまいち消化不良。

でも、俳優陣はさすがというか、
そこにゾワゾワする映画、でした。
悪い人に見えた人が…
いい人に見えた人が…

展開がよくわからなかった。
最初の反復で、キャラクターがわかるのは流石だなーという感じ。
やりそうな人がやってなかったり、やらなかったり、信じたくなったり、信じられなくなったり見ててハラハラしてた。
自分が感じたことと向き合うことはできるのか。
田舎では1年に2歳歳をとる
>|