羊の木のネタバレレビュー・内容・結末

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.4

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿されたネタバレ・内容・結末

終始退屈だった....
漁師のおじさんが軽トラで吹っ飛ばされるとこが衝撃すぎた
全員犯罪者なので一人一人が何をしでかすかわからず、いつ裏切りが起こるかもわからない。ずっとハラハラしていました。
錦戸亮さんが演じる田舎の好青年と、松田龍平さんのサイコパスみのある演技が最高。松田龍平さんが軽トラでいきなり人をひく所はびっくり。ぜひもう一回見たい、私は好きな作品です。
松田龍平演じる重度の発達障害、自閉症スペクトラム(旧:アスペルガー症候群)であることは確かだ。
このご時世において、死ぬしかない運命を背負わせたのは酷である。
街の活性化の前に、彼らに対して、やるべきことがあったはずだ。
錦戸亮が演じる彼が、彼を受け入れたように社会が受け入れるのかどうか。。と目線の先に天罰のようなオチがくだったので、残念でならない。
木村文乃の愛の変容が、彼を突き放したのは否めない。出戻りなだけに惹かれ合ったのは間違いない。
田中泯を認めたクリーニングの店主のように受け入れなかった。
トラックのひと悶着は、自ら白黒つけた。
死ぬしかないと決めた人間が、海から浮かぶシーンのミスリードは、茶番に思えた。
生きづらい世の中を、床屋の彼のように酒に溺れれば、憂さを晴らせば、まだよかったのだろうか。
店長のように「俺も一緒だよ」と一言、言ってくれたのが救いである。
エンディングで流れたボブ・ディランDead is not the end
https://youtu.be/VJwE86Prckw
が、空虚に感じた。

クレジットの名前の流し方を工夫したのは制作側の意図を感じられた。
陽はまた昇る。

このマンガがすごい!2017の『ゴールデンゴールド』堀尾省太(講談社)を読んでいた最中だったからか、異様なまつりの雰囲気に、閉鎖的な街、壊れ再生しはじめる人間関係、好きだった。

------------
錦戸亮のファンのTwitter垢
@193yellow
トークショー話は面白い。

キャスティングに関して。
田代のキャスティングは時間がかかり、色々な人を見てきて、邪悪で可愛さを持ち合わせた人を求め、細田善彦が決定した。
監督の中ではエキセントリックな俳優のイメージだった。
全員一致で、田代が一番悪役だよね(爆笑)
可もなく不可もなく
漫画が原作だけあるね 像のビジュアルのキモいことこの上ない
酒で豹変する役の人が強烈に頭に残った
松田翔平の役へのハマり方が流石だった こういう役させたら日本一なんじゃないか?笑
面白いは面白いのですが【最高!!】と言い切るにはもう一息…という感じです。
前情報の通り【全員が元殺人犯】という面白い設定、それゆえ常にハラハラさせられるサスペンス感はあるのですが…登場人物が多いので上手く全員を引き立てられていないのが勿体無いなと思いました。もっと全員怪しくて怪しくてたまらない感じが欲しいです。
田舎のいいとこ嫌なところを沢山感じた。
ファッションが妙にリアルだと思ったら伊賀さんのスタイリングだった。

優香がエロくていい。
更生する人や変わらない人など
同じ境遇でもそれぞれ違う道を歩んでいくんだなって思った
最後のシーンはマジ残念...
あとキャストこんないるか?
最近観る映画にはいつも松田龍平が出てる気がする。松田龍平が軽バスで突っ込むところ、ほんと怖かった。轢き直すとこも手を洗って普通にしてるとこも、狂気ってこういうことかと思った。
ラストシーンはびっくりしたし、まさかねって思ってた展開になって物足りない気がする。そんな簡単に終わりにしないでほしかった。
事件から多分1週間から1ヶ月で仕事に復帰してて、「ラーメンいく?」みたいな通常のテンションでいられるかな?メンタルつよすぎない?
ずっと怖かった。

どうせ中盤か後半辺りまではゆったりした物語なのだろう、と変に構えて観ていたけれど、大きく、良い意味で期待を裏切られました。
ぞわぞわと背中から這い上がってくるような恐怖が纏わり付いて離れない。6人いる元受刑者の誰もが怪しく、どの行動も勘繰ってしまう。一挙一動にドキドキしていました。

物語の終わりが見えてきた頃に、私は無性に恥ずかしくなりました。
人を殺したから、殺人犯だから。
そういう色眼鏡で、疑わずに「コイツらは悪だ、改心なんかしているわけがない。絶対に、またなにかやらかすだろう」と信じ込んでいた自分の過信に顔を上げられませんでした。(現実世界ではそれが普通の反応なんだろうけど…)

錦戸亮さんが演じ、高評価を得ていた「普通の人・月末一」。
普通の人だからこそ、色んなものを怖がって、嫉妬の感情で後先を考えず突っ走って、その結果友人も好きな相手も傷付けて。

良い味が出ていたと思います。
信じるか疑うか。
私は信じたいと思いながらも、疑ってしまいました。
これ、何か映画館で観てた時の予告でやっていて、面白そうだからWOWOWでやったら観よう(基本余程でないと邦画は映画館で観ない派なので)と思っていたら飛行機の中で観れた。

期待し過ぎちゃったのかなー。最後はなんだなかって感じ。

6人ともヤバい奴なのかと思わせていて実はそうでない。市川さんや優香、あともう一人床屋で働いた人とかは誰がヤバい奴なのかと観ている人達に考えさせるための一種咬ませ犬的な役回り。

終わってからそうと言えば誰でも言えちゃうけど、最初から松田龍平が一番怪しいとは思った。だって錦戸に自分から何をしたのか話したし、妙に主人公達と親しく絡んでたし、劇中途中までは一番まともそうに見えたから。

冒頭に書いたが最後の最後はのろろ様の像が落ちてきて、「え!?そういうオチ?」って愕然としてしまった。

木村文乃ちゃんのファンなので文乃ちゃんは相変わらず可愛いけどあの役はどうもなって思った。
>|