羊の木のネタバレレビュー・内容・結末

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.3

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿されたネタバレ・内容・結末

予告とかで気になっていたので鑑賞。

うーーーん。なんだかいろいろと中途半端でもったいない感じ。
そのせいで大事なセリフが薄っぺらいものに聞こえてしまう。
このシーンいる?っていう、何を伝えたいのか、どこに繋げたいのか、この人をどう見せたいのか、いまいちわかりにくいところが多い印象。
のろろ祭も。

内容的に、もっと興味深く、面白く作ってくれる人もいるんじゃないかなぁと感じてしまった。


迷い無く車を発進させるシーンは怖かった。松田龍平さんの雰囲気がすごい。
終始退屈。のろろさまの頭がゴロンゴロンバシャーンwww なんだこれ
松田龍平の独壇場って感じ笑
最後とびこむとこなんで錦戸乗り気なの笑なんで一緒に走ってるの笑

このエロそうな女ゆうかじゃねって思っていや田中みな実かって思ったけどゆうかでした

序盤の感じがいいから期待感がふくらむけどそっから微妙だった

あのずっと埋めてる女はなんなの笑
こういった映画 最近多くない?邦画!
罪を犯した人たちのその後、、
答えが出ないからかな。

厚生したい。まともに生きたい。
って思う人もいるけど
そうなれない人もいる。

それを見極めるのって難しいし
ああやって街で暮らして
恋愛したり職についたり普通に生きるって
やっぱり安易なことじゃないんやろな

登場人物が多過ぎて、、
もうちょっと松田龍平の過去とか
心情とか見たかったなあ。

優香のちゅうは嫌だったら笑
松田龍平のサイコパス感はさすが
錦戸亮 かっこいい。笑
羊の木。
題名に関して、の考察ができず。
松田龍平の演技がなるほどーって感じました。ぽいなー。
6人中の5人が羊の木だったってことかな?
うーむ。
これから探ろう。
予告でハードル上げすぎかも

刑務所帰り6人いて、説明も起きる事案も少なすぎて内容薄いな~って

バンドシーンは恋愛感情だけの為にあっただけならちょっと多かったな~。別にいらんと思った。
“あなたは元殺人犯と一緒に暮らせますか?”

物語は静かに淡々と進んでいくが、そこには不穏な空気が常につきまとう

人は何を基準に判断するのか
見た目?所作?

それは友達として聞いてる?
松田龍平の無表情と真顔
この役は彼にしか出来ないと思う
ハマり過ぎてやばい

観る人に委ねる映画であるため、賛否もはっきり分かれると思うし、解釈も無限にある
そこが欠点であり、魅力でもある
のかな

頭が整理出来ないまま、上から斜めにエンドクレジットが流れてきたのは斬新であり、ゾッとした(主題歌のDEATH IS NOT THE ENDも利いてる)

好きな感じではあるけど、嫌な緊張感に少し疲れた
採点不能
物語の設定からか全編緊張感漂ってるけど、基本的にはものの考え方・感じ方・性格が
犯罪者であろうと無かろうと1人1人違う面々の群像劇といった趣で、割りと楽しく観られた。
気まずい空気から起こる笑いも好き。
吉田監督の群像劇で自分が思い出すのは『桐島~』なんだけど、
あちらが接触がクライマックスなのに対してこちらは
ガンガン接触して他者との違いがじんわり浮き彫りになっていく。
そして迎えるそれぞれの結果。分かりやす過ぎではと思いつつ、鈍感男の変化は好き。
松田龍平が『散歩する侵略者』から更に異星人のような佇まいを一歩進めていて、
この人はどうなっていくんだろうと思った。というかなんか今回は『家族ゲーム』の時の
松田優作を思い出す(船に乗るけど、それは関係ない)。
あと車や船が怖い映画でもあったな。
多分前作の『美しい星』の交信と覚醒のシーンにあたるのがお祭りの行進なのかなと思いつつ、
よく分からないけど気圧されるパワーは『美しい星』の方にあったような気もする。
市役所の後輩も金沢のアイツ並に屑になれるポテンシャルはあったと思うのだけど。
殺人犯が、そんなような人が、いたらわたしはどうなるんだろう。
殺人事件を通して、変わる人、変わらない人、変わろうとする人。
それを人間と思える人、消えて欲しいとおもう人。
いろんな人がいる。
信じていいのか、信じてはいけないのか、本当に何もわからなくなった。
どれが本当の顔なのかなんてさっぱり分からない。
人は怖い。怖いけど。信じたいと思った。


宮腰は本当に本当に狂気的で。人を人と思っていない、ハエや蚊のように扱う、そんな人。
そんな宮腰が、月末だけは殺せなかった。きっと、初めて感情を持って関わってくれた相手だからじゃないだろうか。
受け入れられるかどうか、そこが一番大事なこと。相手にとって、その人の人生にとって大切なことなんだと。

そして、錦戸亮の演技。
目だけで演じる、そんな素晴らしい役者だとは思ってたけど、想像以上に、本当によかった。あんなに雰囲気だけで演じられる俳優だとは。
松田龍平、北村一輝、演技派の大物たちの中で主役を張れる力量は充分にあった。
出演者全てに迫力と背景が見えて、なんか、とにかく凄かった。
目を塞ぎたくなることはないけど、ただただ鳥肌が寒気が。そんな映画。

エンドロール、ボブ・ディラン。最高でした。
絶望的に更生の可能性がない道徳観というか「心」の欠如、松田龍平はやはり絶妙である。散歩する侵略者やドラマ「あまちゃん」「カルテット」でも「こいつなに考えてんだろ」感を強く思ったっけ。
一線を超えてしまった6人がどう社会復帰していくのかの実験のいわば理想論のような成功事例をシュールで時にブラックな感じでコメディにしてるのかと思って観てたら、あらビックリ。後味の悪さも残る今時の映画でした。港で配達の軽4で轢くシーンの気味の悪さは夢に出て来そうです。
>|