おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

169本目

予告見てから気になってたので鑑賞。

会話劇!
会話の嵐!

携帯には色々つまってる。
友達とならやってみたい。

けど自分は本当に何もなくてつまらなそう。
むしろみんな秘密そんなにありますか?

人は大なり小なり秘密があるんですねえ

まぁ9割方男女関係ですよね笑

テンポもよくて楽しめました。
好きな人とは見ないほうがいいかも?
moco

mocoの感想・評価

3.4
男女7人恋物語。会話だけでストーリーが進む。月食の間だけみんなの本性が現れる。つい人をかばってしまうレレがなんかよかった。ペッペの最後の言葉、ロッコの娘への言葉が良い。浮気する男よりエヴァが一番ヤバい女。
naomi

naomiの感想・評価

3.5
父親のことばがすごいな。ゲームはお下劣。
センテンス スプリング!

携帯から秘密がバレて とんでもないことになるのは、芸能人だけじゃない!

月食の晩、食事会に集まった2組の夫婦+1♂...7人の大人たちが、面白半分に始めた究極の信頼度確認ゲーム。

ルールその1 携帯をテーブルの上に乗せる
ルールその2 メールは差出人、本文を読み上げる
ルールその3 電話はスピーカーフォンで話し、側に人が居ることは秘密

あなたの携帯、大切な人に見せられますか?

イタリア発ワンシチュエーションコメディとの うたい文句。
だが これは、サスペンス ノーストップ スリラー...略してSNS!

人間の本性が、SNSを通して暴かれていくスリリングな展開。

秘密のない人なんていない...携帯を公開することで、嘘のつけない世界を作り上げてしまった愚かな7人。

最初は遊び半分だったに違いない。
夫婦の愛が...親友の絆が...試され続ける96分間!

他人の不幸は蜜の味...これは、かなり面白いヽ(^o^)丿♪

あなたは身近な人の事を、どれだけ知っていますか?
「お互いに秘密はないから…」なんて言ってる人は要注意。

あなたの隣の大切な人はノーパンかも・・・

人には3つの顔がある...「公的」「私的」そして「秘密」
携帯は全てを知ってるブラックボックス!

夫婦、恋人、親友...大切な人の携帯は、絶対みてはいけない。

断言します。
見たとしても、良いことはひとつもありません!
Y

Yの感想・評価

3.5
こんなゲーム絶対やりたくない。コメディというかブラックジョーク。
サンゴ

サンゴの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

結局このゲームやったの?

やってたらこんなことになってたよって話?

もう怖くて途中から観てられなかった。
恋人の携帯なんか見てもひとっっっつもいいことないよねー。

親密な関係であればあるほど、
知らない方がいいことも増える、と個人的には思う。

しかしこの映画、全然金かかってなさそうだなー。

カップルで観ることはおススメしません。
知るも地獄知らぬも地獄。
月食の魔法が解けてある意味ハッピーエンド…
典子

典子の感想・評価

3.0
携帯のメッセージを、お互いにオープンにする悪趣味なゲーム
途中、修羅場があり、個人的にはあまり好きな内容ではなかった
65点
191

最後は少しスッキリしたけど、修羅場シーンが苦手でひいてしまったので点数低め。
noriko

norikoの感想・評価

5.0
聞けば気の毒見れば目の毒。
携帯なんて覗いてもいいことなんて一個もないのに・・・
そんな分かりきっていることを分かりきったままで終わらせなかったから本作は素晴らしいのだと思います。

シチュエーションは単純。
パーティーの最中に送られてきたメールは全員に見せる、かかってきた電話にはスピーカーモードで答える。
このワントリックだけで90分以上の間が持つのですから、人間の闇は深いとしか言えないです。

自分の浮気を隠すため、友人と携帯を取りかえっこするという姑息な裏技を披露する男。
もちろんその男には、単純な浮気が可愛く思えるほどの鉄拳制裁が与えられます。
いや、同性愛が悪いのではなく、結婚しているにも関わらず男に目覚めたという状況が非常にまずいのです。
奥さんだったら耐えるのが難しいでしょうに。
だって自分の「女」の部分を否定されたと感じてしまうから。

また集合写真を撮っている最中、卑猥なメッセージを受信した新婦を嫉妬により非難するドン・ファン。
そのドン・ファンには妊娠騒動がもちあがります。
火遊びの代償はとてつもなく大きかった!
その屑を好きな俳優エドアルド・レオが演じています。

ハビエル・バルデムのようなフェロモンだだ漏れ系でありながら、そこはかとなく醸し出す屑の雰囲気。
口八丁手八丁で乗り越えてきた役には、レオがぴったりです。

全編にわたり、大変居心地が悪かったです。
前述したように自分を棚に上げれば、それが何倍にもなって帰ってくる。
だっていい大人がなにもないわけないですもん。
それが良く分かっているからこそ、映画を超えたリアルさに大変居心地の悪い思いをしていたのです。
やましいことをしていないのに、そこにいないのに、私の身体は変に緊張状態でした。

そして本作の素晴らしい点は、この罵り合いをあくまでも月食のせいにしたこと。
月食が起きたこの1時間のパラレルワールドにしたこと。
月食が終われば、平凡な日常と同じ時間線に。

真実が日の目に曝されて生きるのと、秘密を抱えて生きるのと、さぁどちらが幸せでしょう?という最後の問題提起に痺れました。
そしてどちらを選択してもユートピア的幸せはなく、退屈な日々の中互いに歩み寄り妥協しあいながら、心地よい距離感を掴んでいくことが、人としての幸せではないか。
その着地点が非常に優しい。

なんでもかんでも剥き出しの感情のまま接するのが良い訳ではない。
身をつまされる思いです。
よし、一個勉強になったぞ! 笑

因みに自己紹介欄にも書きましたが、現在国家試験突破を目指し目下勉強中です。
来年の夏が本番ですが、合格率3%の難関。
既に挫折しそうな気がしますが、挫折するまで頑張ります!
そのため映画の鑑賞頻度が落ちます。
というか既に落ちています。。。
すみません。