おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

ayamilky

ayamilkyの感想・評価

4.1
ずっと見たかったやつ!思った以上に面白かった!食事会が行われる部屋のみで繰り広げられる舞台劇のような設定。携帯電話はいかにプライベートで闇が深いか。誰でも親近感湧く題材。これは盛り込めるエピソードが多そうだから、厳選するのに苦労しただろうなと思う。ラストまで皮肉に満ちててとってもブラック。面白い。オススメ。
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.8
なにかのDVDの予告に入っていた映画。やっと鑑賞。
思っている以上に壮絶…
もうどんどん出てくる出てくる。
誰にでもある、
小さかろうが大きかろうが言えない言いたくない秘密。
やっぱり人のプライベートなんて覗かない方が吉!
maccer

maccerの感想・評価

4.0
あんなゲーム地獄だよ。

ロッコ役の人、声渋すぎ。

「今夜カミングアウトしたのは俺じゃなくて、みんなだ」
「日本人ばりにねばる」
yukacafe

yukacafeの感想・評価

3.8
イタリアのアカデミー賞、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞、脚本賞を受賞したというだけあって、イタリアらしさが存分に詰まった作品だった。

スマホ公開ゲームが進行していくにつれ、登場人物たちの抱える問題が次々と明らかになっていくのだが、楽しいはずの食事会がスマホの扱い一つで逃げ場のない状況になっていく展開は、良質な密室劇を観るようなライブ感があった。男女7人の多様なキャラクターやそれぞれに巻き起こる問題も、緻密に練り上げられた構成と、巧みに張り巡らされた伏線によって上手くまとめられていて、観客の想像に委ねられる結末まで、流れるようにたどり着いた印象だった。

人との距離感が近いと感じられるイタリアで、原題が"Perfetti sconosciuti"(=完全な他人、赤の他人)というのも非常に面白い。「おとなの事情」という邦題は、ロマン・ポランスキー監督の「おとなのけんか」を示唆しているようで、こちらも是非観てみたいと思う。
ぶんご

ぶんごの感想・評価

4.1
たまたまゲオで借りたのが大当たりでした😊
なんか色々考えさせられました。もし自分だったらって考えたらこわくてたまらないです。
気に入ったのが紹介作品なくいきなり本編スタート。

こんな映画待ってました。
さや

さやの感想・評価

3.4
2017/3(日忘れ)

最後が解らなかった
添島

添島の感想・評価

4.0
NHKのイタリア語講座で紹介されてたので。なるほど原題のperfect strangersの意味が洒落ウマだなって。でも落ちは日本のおとなの事情ってタイトルも悪くないなって思わせた。
コメディにもサスペンスにもできる会話劇。あの現実的な落とし込み方がイタリア映画なのかなぁ、実に興味深い。

おとなには色々ある。
ラストカットファニーで洒落ててすき。
こういうのににやにやしちゃう辺りわたしはあんまり性格よくない。
イタリアンブラック!!
昼ドラみたいやった
まみ

まみの感想・評価

3.3
大人には大人なりの事情があるんだな!
でも、ケータイはやっぱプライベートなんだなって夫婦になっても
いろいろ秘密があって大変だな
オープンな夫婦がいいな