おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

skgc

skgcの感想・評価

3.5
誰でも多かれ少なかれ秘密はあるし、全部オープンにすることが絶対的平和をもたらすなんてのは現実的に難しいことは分かったんだけど、観客側としてはifの展開を見せられて全部知っちゃったからラストの穏やかさが怖くてたまらんしみんなの抱えてる「おとなの事情」がスリリングすぎて嫌だ。事が始まるまではダラ〜っと仲良しグループの食事会だったけど、冗談飛び交う会話に皮肉とか本音とか混ざり出して雰囲気に亀裂が入り出してからは一瞬だった。おもしろかったけど、あんなの実際に体験するってなったら本当に嫌だ。

ペッペが名前の印象強すぎる上にキャラまで抜群に良かったね。
mmm

mmmの感想・評価

3.5
友情、家族、夫婦、自由って・・・と考えてたら、、、
最後にそうきたか〜と思えるエンディング。
飽きることなく楽しめた👍
area49

area49の感想・評価

4.0
携帯はすべてを知っている。
余計なことも…

カミングアウトゲームに人の多面性と偏見を描いた見事な秀作でしたー

'' さらけ'' で人同士幸せになれる基軸とした「ザ・サークル」と似ているが、日常ミニマムな世界観が舞台になると尚効果的に胸に刺さりましたー

7人はちょうどいい。
荒れない、散らからない人数の集いも良かった

「おとなのけんか」スタイルを彷彿させた。
確かに怖い。
スマホの中に秘密がある?と聞かれれば答えれないレベルで思い出せんけどないと思う。

けどなにか小さいことでも隠してることがあれば
スマホって怖いね。
浮気をみつけたときによくあるあれ。
スマホで女の子とやり取りしていたのがばれてしまって
別れる友達何人もみてきました

恋愛に限らず
小さなことであれば、上司の悪口
そんなことが上司にばれようもんなら…ね?
次の日から職探しですよ。

それくらいいろんなものがつまってる。
怖い怖い。かんがえたら(笑)
もし、そんなことがない!って思ってたとしても
人のスマホを見るのはやはりなにかあると思う。
なにもない方がおかしいそんな気がする。

今すぐにスマホを見せてと言われれば見せることができるのか。
こういう展開だけはやめてくれ……を永遠に見る映画。最初からザワ…ザワ…となり、後半は一気に下り坂。秘密は秘密のままが一番いいのかもしれないけれど、本編を見た視聴者にとってはラストはなんとも言えないブラックな気持ちになる。ペッペが一番イケメンだ
何気なく情報もなく借りて、イタリア語🇮🇹久々だなあで始まった。まるで舞台みたいな会話劇。
少しイタリア語の早口に耳が慣れませんでしたか仲良し友人たちのディナー会。軽い気持ちで始めた些細なゲーム。それから題名どおりにおとなの事情が引き起こす物語…コメディ要素が大きくて各人の事情も少しづつしかわからないし、やはり文化がちがうから少し戸惑ったがリズムはいい。

本当に舞台を見ている様で喜劇が段々と風向きが変わっていき…
でも長年連れ添った友人や夫婦、家族の物語。誰にでも思い当たる関係があり…少し会話劇に飽きてきたのだが…

「どうして一緒にいるのかしら?」のセリフ辺りから…

胸の奥の方がキューって掴まれたかんじ…で今までおちゃらけていた感じが一気にシリアスになり…
お互いの本音も垣間見れて。自分でも少し訳の分からない感情が湧き上がり、それに伴い涙が滲んだ。後半散りばめてた伏線の回収もお見事。それも含めての流れや内容、音楽の使い方、演出、カメラワークもカッコいい。この15分のために今までのこの流れがあるのもオサレで流石!もっと流石なのはラスト満月みてる辺りからの場面の展開、演出。

人生明日の事はわからない。守りたいものがあるのならやはりNOって言わないといけないのだ。おとなには秘密も事情もあるのよねー。と思わず唸りました。
中弛みさえ承知できれば…私は面白かったです。
izuken

izukenの感想・評価

-
ギリギリのラインで
笑いに変える大人力も
後半、一気に崩壊、
怖いぞ おとな
にこぺ

にこぺの感想・評価

2.8
いきなりドバドバと人が登場するので判別つくかと心配だったけど、意外とスルッと馴染めたのは驚き。
携帯オープンごっこなんてやるもんじゃないし、次から次へとメッセージやら電話やらが入ること!まあそれがドラマの機動力なんですけど。
結果、公開夫婦ゲンカとなるわけです。当事者になったり、第三者になったり、登場人物の立場が変化していきます。
覚悟はしてたけど、会話劇だから字幕に目が行きっぱなしで疲れた。
でも、ラストが納得いかないんですけど〜!なんなのこの人たち!
おがた

おがたの感想・評価

3.8
軽快にブラックジョークが弾む感じが面白かった。月食を人間の闇の部分のモチーフにしたのは観ていて分かりやすかったです。
もう少し笑えるかなあ、とも思ったけど、とても怖い映画だった。

途中でアプリに命令されて踊る所は笑えるのに、最後は全然笑えなかった…。