おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

YuriNoda

YuriNodaの感想・評価

3.7
この前のバーにいた時みたいな
感覚。 大人の言動は簡単に理解できないけど、癖になりそうな映画。
ゆべし

ゆべしの感想・評価

3.6
携帯なんて見せるもんじゃないし、人のを見るものでもないよね、やっぱり。
ラストが本心なのかどうかのか…それが分からないのもオトナですよね。
犬

犬の感想・評価

-
集合する前の細かい伏線とかはテンポよく描かれていて期待できたんだけど、その後の展開に面白味を感じることができなかった。このプロットってイタリアが本場みたいなとこがあるから、こんなこと頻繁に起こりそうなイタリア人がやっても「お前らそんなん日常茶飯事やろ」って感じであまり驚きや意外性がない。

ラストの何事もなかったかのような展開には置いてけぼりにされたんだけど、「あれ?なにこれどんでん返し?どんでん返しのように振舞ってるけどどこがどうどんでん返ししたのかわからん!そもそもこれどんでん返し?」って訳分からなくなったけど、これ単にイタリア人はサバサバしてて引きずらないってこと?流石にそんなジャンプないよね?誰か教えてくださいな。

脚本は未だしも、これがイタリアのアカデミー賞で作品賞ってのは信じられない。日本が言えたもんじゃないけど、イタリアも映画のレベルが低いのかな。
なんで人の秘密っておもしろく感じでしまうんだろうなーってニヤニヤしながら観ていた。

この場にいたら口の中カラッカラになるくらい緊張してしまう。
コメディとヒューマンが半々ぐらいで、私にとって丁度よかった。どこの国でも抱えている事情や問題は一緒なのかもしれません。
そら吉

そら吉の感想・評価

3.5
こんな食事会は嫌だっっっ(ll゚ω゚)

幼馴染の3組の夫婦と1人の独身男性達が
いきなりゲームしようぜって言い始めて…

携帯を食卓の上に出す。


そして、その携帯に電話やメールが来ると
みんなで共有するっていう世の中で
最もおっそろしいゲーム_:(´ཀ`」 ∠︎):_


これは、怖すぎやろ( ̄ω ̄;)

ヤルかヤラレるかのサバイバルゲームに
匹敵するぐらいのおっそろしいゲーム。


そのおっそろしいゲームを
観てる分には面白かったな٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)

うん…あくまでも観てる分にはね。


本当にクズな大人達の集まりやったね。

けど、どんどん明らかになるみんなの
秘密には、変なドキドキ感が…。


まじかー?そこが繋がってるのかー!
などなど…本当にビックリしたよ(ll゚ω゚)


私は、こんな怖いゲームに参加せろ!
って言われたら、丁重にお断りしますねw

携帯の中身なんて…
絶対に誰にも見せられませんw


なので、もし何か私にあった時は
誰か…私の携帯の中身を消去して
いただきたいですね( ・᷄ὢ・᷅ )


コメント欄…閉鎖中です¯\( ˘–˘ )/¯ヘイテンガラガラ

すみません…。。。
4

4の感想・評価

4.7
これは本当によかった。
秘密を知られるのは他人よりも友達の方が気まずい。
関係って簡単に壊れる。
すぐに二回目を観た。彼らの秘密、全て分かってから観るのも楽しい。
coxsu

coxsuの感想・評価

3.6
秘密を抱えている男女たち。
私は最後があの終わり方でなんかホッとしてしまった。
秘密は秘密のままが良いのかな。どうだろう。
全てを知らないほうがうまくいく。
イタリア発のソリッドシチュエーションスリラー!これは未体験の恐怖です!
ホームパーティに集まった4組のカップル!(但し1人欠席!)彼等は遊び半分で危険なゲームに!手を!出し!てしまう!
そのゲームとは…「今からケータイに来た連絡ぜんぶ公開ね」
キャーーー‼︎ビックリマークもう10個も使ってしまったよ。よくそんな恐ろしい事を考えるものですね。悪魔ですか?悪魔がメガホンを?私の友人は「PCのブックマーク見られるくらいなら車道に飛び出す」と言いきったものです。これがコメディですと⁇…あー、やましいところが無いとそう感じるのですかね。

…非常に良くできたコメディですとも。
室内限定の会話劇という事で、邦題のネタ元と思わしき『おとなのけんか』を連想された方も多いと思いますが、今作では気の合う紳士淑女、というかおっさまとおばさま達が明け透けにのべつ幕無し話し続けます。ゲーム開始前こそ、隠し事のないフランクな仲間達と言った風なのですが、いざケータイオープンしてからはその饒舌さが寧ろ疑わしく思えてくるという…。上手いですねぇ。
さらにケータイの所有者を巡る一捻りあったり、口論の攻守が入れ替る出来事があったり、非常に練られた脚本です。恐らく二回観たりすると、それぞれのリアクションとか微妙な表情とかも楽しめるのでしょうね。まあ、冷静に考えると「やめろ!馬鹿馬鹿しい」とか怒って逃げたり出来そうだし、そもそもゲームを発案したヤツよ⁈あなたはなんで⁇
細かい点はともかく、ゲームが巻き起こす顛末は楽しい人にはとっても楽しめると思います。個人的には始終身体が強張ってしまいましたけどね。爛れた修羅場は最終的に、ある種の人間の見下げ果てた習性すら炙り出します。このくだりのやり取りだけは明らかにコメディの範疇を超えている真摯な問い掛けだと思います。ほんと××フォビア死ねよ!と荒ぶっちゃいますね。なので、結末のふわっと感は残念では有ります。地獄の釜の蓋開けといて、「これはコメディでーす」では通らないと思いますよ。
近年の多くの映画がケータイとの向かい合い方を手探りで模索している中、今作はケータイが単なるお役立ちグッズやコミュニケーションツールではなく、使用者の欲望や秘められた性質を外部に顕在化させる、言わば心の中の悪魔が独立した様な存在にもなり得るという事実を提示してみせた点で、一方先んじていると思いました。なので、落とし所の曖昧さは返す返すも残念…。
トータルではとても優れた作品だと思いますが、『グランド・フィナーレ』を抑えてダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(よくは知りませんが…)を受賞とかは全く納得いきません。そこまでのものじゃないよ。
皆さま、くれぐれもパートナー、御親友と一緒に鑑賞なさらない様に。流血沙汰必死!要、言い訳‼︎
携帯みていいことなんてそうそう起こらないよ...
ダイエット体操の通知が唯一の癒しだったよ