おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価 - 69ページ目

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

mei

meiの感想・評価

3.5
自分のコンプレックスを受け入れるのって大変だけど、大切なのは見た目より中身ってこと。
のこ

のこの感想・評価

4.0
背は小さくても、心は広い!
一緒にいると世界が広がる~(^.^)
彼女の小さい彼への思いは、素敵だった!
彼女のお父さん(障碍者)が、娘の彼氏が136センチ、外見に拘る妻に対して心が障碍者と言い放った時には笑ってしまった!
コメディタッチで、悲壮感なし!

純粋に恋した彼女~回りから彼の背のこと言われると、疲れちゃったね!~わかる!
それでも、素直に本心に愛を貫いた!

あ~素敵なラブコメ
背の高さより、男は心の広さで勝負!(笑)
楽しい映画でした!
megumimi

megumimiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

いや、よかったー!
多分終始ニコニコしながらスクリーン観てたと思う。クスッと笑えるシーンもたくさん。ひとの偏見とか差別意識をユーモアと愛に溢れて、きちんと目を逸らさない感じは、さすが『最強のふたり』のスタジオ。
耳が不自由な継父がいった『障害は君の心の中にある。』ヒロインがいった『誰を愛するかは自分が決める。そう思ったら自由になれた。』これは恋愛だけじゃない。生き方も考えさせられる名言だ。
わたし個人の見解だが、これは婚活ムービーとしてとても参考になると思う。婚活の教科書的作品。
Ryota

Ryotaの感想・評価

3.8
この1つの映画の中にたくさんの教訓がある。他人の目なんか気にせず、自分のものさしで物事や人を見極めるのがだいじ◎
grace

graceの感想・評価

3.5
南仏の明るい陽光が幸せいっぱい届けてくれる、大人の恋愛映画だった。身長差って、万国共通の悩みなのね。スマートでウィットに富んだ会話がてきる恋愛に憧れる。

このレビューはネタバレを含みます

人を色んな物差しで測れる人間。偏見って物差しが少ないからそうなってしまうんだと思う。自分のコンプレックスに負けないようなメンタル。それには自分のこれまでやってきたことに自信が持てる人だ。だから、色んなことする。見始めた時、英語じゃなくてびっくりした。たまにはフランス語っていいですね。
Moe

Moeの感想・評価

3.7
ただのラブストーリー
じゃなくて、考えさせられる
ストーリーだった!
いい意味でフランス映画っぽい
素敵な映画だと思った(^O^)
bunny

bunnyの感想・評価

3.4
おしゃれで時々笑えていっぱい泣ける

途中
少し長いと感じる部分があったけど
涙ちょちょ切れた

英題 Up for Love さすが✨
まさと

まさとの感想・評価

4.0
なんとなくで観たけど良かった。背が小さくても器が大きい彼氏と偏見を捨てきれない彼女。
じょせ

じょせの感想・評価

3.4
背の低い男の人と美しい女性の話
アレクサンドルと出会える人が羨ましくなる映画。フランスのラブコメ感。なんか煮え切らんこともおおかった

テーマは人から見られる意識の強い自分の変え方、コンプレックスとの向き合い方、かな

アレクサンドルのコンプレックスとの向き合い方、人からの目のむけられ方に対する対応と思考に本当に共感したし胸を打たれた。見た目だけじゃなくて、性格だったり、癖だったり、だれでもあることやと思う。
人から決めつけられる自分と、自分が思う自分の乖離に人は上手く折り合いをつけようとするけど、そのストレスも計り知れないものやと思う。相手にわかってもらいたくのにわかってもらえないもどかしさや、みんなのイメージを受け流せないことに苛立ち悩みながら人は生きていくのかな、と思った、

なにが言いたいかというと、感情移入しまくった。


しかし腹がたつのが主人公が本当に意識を変えられたか?と甚だ疑問。

私はアレクサンドルに感情移入しながら見てたので、最後までもやっとしました。




以下ネタバレになるかも?みても支障ないかもですが!




アレクサンドルがただただ出来た男な映画、、ユーモアに溢れてるし、懐深いし、相手の気持ちを気にかけることができる。だから女の人は惚れちゃうけど、女の人が勝手に周りの目を気にしだすから結果として傷つけられてしまう。普段は蓋をしてたコンプレックスをこじあけられてしまう。そこの蓋を閉じてあげる作業が彼女ではなく息子、というところが、スキ。あの長さならラブストーリーじゃなくて家族に焦点を当てた映画の方がよかったんじゃないか?

障害は君の心の中にある、というセリフが主人公の父から母に言われていたけど、娘も母に似てずっとそうなんちゃうかと思ってしまった

なぜなら、結果としてディアーヌがコンプレックスを気にしないわ!言うて終わるんやけど、個人的にはそう思うきっかけの描写がいまいちやったと思う。あれやったら、恋人に振られて、ぽっかり空いて、
「お前の心狭いぞ」
『ハッ!わたしの心、なんて狭いの!受け入れなきゃ!でもどうしようグスングスン』
「何言ってるの!遅くないわ!行って来なさい!」
『行ってくる!』
って言うだけで、将来またおんなじことになるオチが見えるけどな。

「なーんだ、コンプレックスってこんなことか」、くらいに思って、わたしの彼氏よってみんなに紹介し歩く、エンドかと勝手に思ってて、それがいいなーと思ってたので.寂しなってすがっとるだけちゃうか?と思ってしまった…

あと元旦那との比較もチープかなあと、、そこまでだす必要ある?あとは、もっと回収できるユーモアもあったはず!

アレクサンドルは私と付き合った方が幸せになれます笑