フォース・プラネットの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「フォース・プラネット」に投稿された感想・評価

ミヤ

ミヤの感想・評価

2.8
90分マーク・ストロング観察映画。
火星までの道すがら、宇宙船の中で水をつくり草木を育て機械いじりしながら生活してるマーク・ストロングを見守り続ける、ファンには大変嬉しい映画でした。

一応トラブルは起こるものの主人公がド真面目なのか言葉も少なく淡々としてるため、映画としては少し退屈かもしれない。
哲学的な話も多々あるし。
任務は火星で基地作ることなのに行くまでにトラブっちゃうから火星のシーンは最後に数歩く程度でしたね。

火星で一人じゃがいもを作る『オデッセイ』のマット・デイモンはどんな状況でも前向きで希望があったけどこちらは少量の水を作りながら少しづつ絶望に向かってるよ…。
延々と宇宙を漂う男。場面もほとんど変わらず進展も何もないので……マーク・ストロングの渋かっこよさと、歌ったり踊ったりのおちゃめな姿を楽しむ映画として好きです
たぼ

たぼの感想・評価

3.0
キックアスやキングスマンに出演した、マーク・ストロング主演のサスペンスSF映画。

所々、キューブリックの2001年宇宙の旅を彷彿とさせるカメラアングルや、宇宙空間のシーンも多分同じ技法で撮られたものだろう。

哲学的要素も取り入れつつ何よりも宇宙空間の画が非常に幻想的で美しく、それだけでも観て良かったと思えたのだが全体的に地味なのが惜しかったかも。
火星に向かう映画。撮影の都合で宇宙船内に重力を発生させるくらいなら、最初から火星でやればいいのに。火星で歩くだけって。火星っぽさは出てて良かった。
マイクD

マイクDの感想・評価

3.0
宇宙飛行士のウィリアムは、人類史上初の有人火星飛行のパイロットに任命される。彼に与えられた任務は、資源の枯渇しつつある地球を救う為、火星を地球化する前線基地を設置するという指名が与えられる。マーク・ストロングは宇宙飛行士顔と言いますか、なんか役にぴったしでした。しっかし閉鎖空間、孤独など、宇宙を題材としている作品はなんか観ているこっちも不安になりますよね。ルーク・ウィルソンも出演しているのですが、ヒューストンの管制基地から通信、ウィリアムと会話するのですが、スペースシャトルからの通信映像越しの出番が多く、なんか常に映像が荒い状態でした。余談ですが、フォースプラネットとは「水金地火木土天冥海」の左から数えて4番目(火星)の意味みたいです。
主演がマーク・ストロングという点で☆5
ストーリーが☆2ということで(テンポなどを考慮して)☆3.5にしました
マーク・ストロングを見るために見る映画です。
minori

minoriの感想・評価

3.1
記録。
マーク・ストロング氏による教育宇宙番組・・・ってところでしょうか。

色々とトラブルは起きるけれど、割りと常に静かな作品。
眠い時に観たら一発でアウト系だと思われます。(笑)

ただ、一人ぼっちの宇宙船内でマークが歌ったり踊ったり、植物や機械に話しかけたりするのが観られるので、ファンとしては微笑ましいシーンが多数。

あと、エンドクレジットの最後にNHKの名が出てきたんですが、何か宇宙の映像的なのを提供したのかなぁ?
ちょっと親近感が湧きました。
マークストロングをひたすらウォッチする90分。ファンには楽しい
miumiu

miumiuの感想・評価

3.0
宇宙モノなのに地味!
火星を移住できる環境にするために、宇宙船内で実験しつつ火星をめざす話。
主演マーク・ストロングはひたすら水を作ろうとする船長。

地味だけど、実際の宇宙飛行士のミッションってこんなものかも…(研究、宇宙で実地検証、記録、の繰り返し)なんて思いました。

悪役でも疑われ役でもないマーク・ストロングが見られるのは珍しい。
トレーニングする姿や音楽に合わせて軽く踊る姿が見られます。
ADA

ADAの感想・評価

-
約80分は一人宇宙船で
水を作ろうとしている

初めて見たよ あんな宇宙服!
DVDで。

マット・デイモンが火星でじゃがいもを作る映画があるなら、マーク・ストロングが宇宙船で水を作る映画もあっていいじゃない。
>|