雪女の作品情報・感想・評価

雪女2016年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:96分

3.4

あらすじ

ある時代、ある山の奥深く、吹雪の夜。猟師の巳之吉は、山小屋で、雪女が仲間の茂作の命を奪う姿を目撃してしまう。雪女は「このことを口外したら、お前の命を奪う」と言い残して消え去る。翌年、茂作の一周忌法要の帰り道。巳之吉は、美しい女ユキと出会う。やがてふたりは結婚し、娘ウメが生まれる。 14年後。 美しく聡明な少女に成長したウメは、村の有力者の息子で、茂作の遠縁にあたる病弱な幹生の、良き話し相手だ…

ある時代、ある山の奥深く、吹雪の夜。猟師の巳之吉は、山小屋で、雪女が仲間の茂作の命を奪う姿を目撃してしまう。雪女は「このことを口外したら、お前の命を奪う」と言い残して消え去る。翌年、茂作の一周忌法要の帰り道。巳之吉は、美しい女ユキと出会う。やがてふたりは結婚し、娘ウメが生まれる。 14年後。 美しく聡明な少女に成長したウメは、村の有力者の息子で、茂作の遠縁にあたる病弱な幹生の、良き話し相手だった。しかしある日、茂作の死んだ山小屋で幹生が亡くなってしまう。幹生の遺体には、茂作と同じような凍傷の跡が。巳之吉の脳裏に、14年前の出来事が甦る。自分が見たものは何だったのか、そしてユキは誰なのか…。

「雪女」に投稿された感想・評価

Chiharu

Chiharuの感想・評価

3.4
試写会で見せてもらった
昔話を聞かされているような気持ちになる映画

「監督とラブシーンをすることはなかなかないもので笑」と言っていた青木さんが良かった
2017年3月5日、ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞。

杉野希妃監督&主演による素晴らしい映画だった。
饒舌さを排除して、日本的な風景を一連の流れとして見せる手腕は見事。
この映画、饒舌な説明が無いので、観る人によって様々な解釈がなされる作り。


杉野希妃監督と松岡広大さんの舞台挨拶あり、松岡さんのオーディションでの熱意や瞳の輝き、杉野監督の演出細やかさなどが紹介された楽しいトークでした。

更に、杉野希妃監督のサイン会もあり、『雪女』パンフレットにサインをいただき、宝物になりました。

また、映画館の帰り、近所の図書館に寄って、小泉八雲の本(「ゆきおんな」収録本)を借りて来ました。

<映倫No.映されず>
ゲル

ゲルの感想・評価

4.0
杉野希妃を見るための作品。昔話的で、幻想的で、妖しく美しく静かな雰囲気。贅沢なまでに間を活かした台詞のやり取りは落語の怪談噺のよう。
予想通りの展開と結末で、予告編やチラシにあった「新解釈」ではないと思う。それとも、自分の視点が甘かったのか。
Saki

Sakiの感想・評価

3.3
エロティックで美しく、冷たくてピリついた。

色のトーンが落ち着いていて、空気感が古典的な日本っぽい。
だけど、英語字幕がついていたりして、杉野さん、世界の映画祭やコンペにたくさんでているだけあるなー、とか、日本人の私から見ても海外で映画見てるみたいで斬新だな、なんて思ったりした。

実際にお会いしたこともあり、同じ世代くらいの若者として、杉野映画を応援したい、という気持ちになりました。
marusan

marusanの感想・評価

3.5
上映後、監督、主演の杉野希紀さんと地元のラジオパーソナリティーのトークショー付きを観賞。
色味の無いオープニングから独特の雰囲気の作品で怪談が原作なのに恐怖を煽るというようなことはなく、結局、夫と娘をおいて去って行く雪女の哀しみを感じさせる作品でした。

生で見た杉野希紀さん綺麗でした。
みか

みかの感想・評価

-
冒頭のシーンとか昔の映画を観てる感じですごく雰囲気があって息を飲んだ。雪女の美しさよ。
rt

rtの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

すべては雪女の夢であるというのがラストの子供のセリフから伺える。監督も務める雪女顔の女優が美しい。
とにかく杉野希妃さんの雪女が美しい。
これほどはまる人もいないかと。

白鷺の飛ぶシーンがあり、今回も映画の神に祝福されたのかしら。

工員が今風だったり、随所随所おしい。
この作品、なかなかユニークで気に入りました。
シネ・ヌーヴォにて鑑賞
「私を見て、理解して、そして好きになって」というオーラがウザかった、構ってちゃん系・察してちゃん系の映画でした。