雪女(2016年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:96分
    監督
    杉野希妃
    原作
    小泉八雲
    キャスト
    杉野希妃
    青木崇高
    山口まゆ
    佐野史郎
    水野久美
    宮崎美子
    山本剛史
    松岡広大
    梅野渚
    あらすじ
    ある時代、ある山の奥深く、吹雪の夜。猟師の巳之吉は、山小屋で、雪女が仲間の茂作の命を奪う姿を目撃してしまう。雪女は「このことを口外したら、お前の命を奪う」と言い残して消え去る。翌年、茂作の一周忌法要の帰り道。巳之吉は、美しい女ユキと出会う。やがてふたりは結婚し、娘ウメが生まれる。 14年後。 美しく聡明な少女に成長したウメは、村の有力者の息子で、茂作の遠縁にあたる病弱な幹生の、良き話し相手だった。しかしある日、茂作の死んだ山小屋で幹生が亡くなってしまう。幹生の遺体には、茂作と同じような凍傷の跡が。巳之吉の脳裏に、14年前の出来事が甦る。自分が見たものは何だったのか、そしてユキは誰なのか…。

    「雪女」に投稿された感想・評価

    ゲル
    4.0
    杉野希妃を見るための作品。昔話的で、幻想的で、妖しく美しく静かな雰囲気。贅沢なまでに間を活かした台詞のやり取りは落語の怪談噺のよう。
    予想通りの展開と結末で、予告編やチラシにあった「新解釈」ではないと思う。それとも、自分の視点が甘かったのか。
    Saki
    3.3
    エロティックで美しく、冷たくてピリついた。

    色のトーンが落ち着いていて、空気感が古典的な日本っぽい。
    だけど、英語字幕がついていたりして、杉野さん、世界の映画祭やコンペにたくさんでているだけあるなー、とか、日本人の私から見ても海外で映画見てるみたいで斬新だな、なんて思ったりした。

    実際にお会いしたこともあり、同じ世代くらいの若者として、杉野映画を応援したい、という気持ちになりました。
    marusan
    3.5
    上映後、監督、主演の杉野希紀さんと地元のラジオパーソナリティーのトークショー付きを観賞。
    色味の無いオープニングから独特の雰囲気の作品で怪談が原作なのに恐怖を煽るというようなことはなく、結局、夫と娘をおいて去って行く雪女の哀しみを感じさせる作品でした。

    生で見た杉野希紀さん綺麗でした。
    みか
    -
    冒頭のシーンとか昔の映画を観てる感じですごく雰囲気があって息を飲んだ。雪女の美しさよ。
    丘
    -
    2017.5.14鑑賞。
    rt
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    すべては雪女の夢であるというのがラストの子供のセリフから伺える。監督も務める雪女顔の女優が美しい。
    とにかく杉野希妃さんの雪女が美しい。
    これほどはまる人もいないかと。

    白鷺の飛ぶシーンがあり、今回も映画の神に祝福されたのかしら。

    工員が今風だったり、随所随所おしい。
    この作品、なかなかユニークで気に入りました。
    シネ・ヌーヴォにて鑑賞
    「私を見て、理解して、そして好きになって」というオーラがウザかった、構ってちゃん系・察してちゃん系の映画でした。
    小泉八雲の怪談の中のあまりにも有名な一話。

    有名だけど、本当のところ、あまりよく分かっていない。
    小林正樹監督の「怪談」の中の一話としては観ました。岸恵子さんが雪女を演じていて、美しかった印象のみ残ってます。

    恐怖でも、異形でもなく、妖怪や、ましてホラーでもなく、純粋な愛のドラマになってました。
    雪女と温泉という組み合わせは、大丈夫なの、、と思いましたが、より人間的な雪女の象徴でしょうか。
    原作では、10人の子供を産んだそうです(映画では1人)。人間と非人間との子というと、近いところでは「おおかみ子供 雨と雪」を思い出します。でもそういう話にもならない。母親、父親、子供、それぞれに葛藤があるはずなんですが、そのあたりはあまり伝わってこないです。

    古典的な日本映画(たとえば溝口健二監督とか)風な映像の中で、新しい解釈の雪女をやりたかった、、?監督の思いは伝わってきますが、ちょっと全体的に弱いかな。冒頭の雪女のシーンとか結構ゾクゾクしますし、雰囲気とかいいのに、惜しい気がします。

    監督・主演は杉野希妃さん。この方は、インディーズ系のミューズと呼ばれるマルチに活躍されている方。映画の後に舞台挨拶がありました。
    ご本人を初めて近くで観ましたが
    長い髪を頭の上で団子にした髪型(そういうのをなんと呼ぶか分からないです?)だったせいか、やり手のキャリアウーマン風ではなく、とても可愛い印象です。ファンになりました。
    >|