雪女(2016年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:96分
    監督
    杉野希妃
    原作
    小泉八雲
    キャスト
    杉野希妃
    青木崇高
    山口まゆ
    佐野史郎
    水野久美
    宮崎美子
    山本剛史
    松岡広大
    梅野渚
    あらすじ
    ある時代、ある山の奥深く、吹雪の夜。猟師の巳之吉は、山小屋で、雪女が仲間の茂作の命を奪う姿を目撃してしまう。雪女は「このことを口外したら、お前の命を奪う」と言い残して消え去る。翌年、茂作の一周忌法要の帰り道。巳之吉は、美しい女ユキと出会う。やがてふたりは結婚し、娘ウメが生まれる。 14年後。 美しく聡明な少女に成長したウメは、村の有力者の息子で、茂作の遠縁にあたる病弱な幹生の、良き話し相手だった。しかしある日、茂作の死んだ山小屋で幹生が亡くなってしまう。幹生の遺体には、茂作と同じような凍傷の跡が。巳之吉の脳裏に、14年前の出来事が甦る。自分が見たものは何だったのか、そしてユキは誰なのか…。

    「雪女」に投稿された感想・レビュー

    yukichi
    yukichiの感想・レビュー
    1日
    -

    また会いに来ます
    kunico
    kunicoの感想・レビュー
    3日
    -
    敬愛する杉野希妃さまの新作となればもはや義務感で劇場に足が向く。

    攻めすぎて自爆といったところでしょうか、希妃さまがまた新たなことに挑戦しようとしているな〜と感じたものの、驚くほど退屈でなんかもう、残念というか何というか。

    次は現代劇が観たい。
    八重垣遊一郎
    八重垣遊一郎の感想・レビュー
    3日
    4.0
    尾道映画祭 杉野希妃さん舞台挨拶
    tnk
    tnkの感想・レビュー
    5日
    3.1
    ヒューマントラストシネマ有楽町
    dancingufo
    dancingufoの感想・レビュー
    6日
    3.0
    淡々と進み、はぁ、そうですかという内容。字幕あり、海外ウケ狙い。
    水野久美の枯れっぷりは必見かも。
    sugichan
    sugichanの感想・レビュー
    2017/03/16
    3.5
    2017/03/16
    ヒューマントラストシネマ有楽町
    tdswordsworks
    tdswordsworksの感想・レビュー
    2017/03/15
    3.4
    居心地のいい怪談。

    近代までの「ホラー」は、ただいたずらに恐怖を煽るものではなくて、各々の心のなかにある畏怖を呼び起こすものとして語られてきたんじゃないか。そんなことを思わせる。
    しん
    しんの感想・レビュー
    2017/03/15
    1.9
    2017054
    おもしろい要素が全然見当たらないんですけど、観る側の問題なのでしょうか。
    結理
    結理の感想・レビュー
    2017/03/15
    -
    すごく面白かった。
    静かな画面を前に固まって、繊細な音に凍りついた。

    理由のつかない自然の摂理に絶対的にひれ伏す必要もないのかも。
    烏賊飯
    烏賊飯の感想・レビュー
    2017/03/13
    2.1
    愛に力を入れたかったのか、それとも恐怖を引き立てたかったのか。正直その両方とも半端なままでよくわからないままになってしまった。

    序盤で雪女が妖艶ながらも不気味な感じで出てきて掴みはとても強い。見てはいけないものを見てしまったという気味悪さにあの台詞なのでずっしりと響く。ただそれがてっぺんになってしまった。

    出会いから馴れ初めが駆け足な割には無駄なカットが多くてとてもテンポ悪く思えてしまう。雪女が看取っていく理由も特にないままで進んでいくし、最後まで変化球がなかなかないまま淡々と進んでしまった。

    あとあの人が2役とわかるまでは混乱してしまう。その辺りも含めてしっくりこないというのが正直な感想。恐怖を期待しすぎちゃったかなあ…
    >|