怪談かさねが渕の作品情報・感想・評価

「怪談かさねが渕」に投稿された感想・評価

menoki

menokiの感想・評価

3.7
古典的怪談映画のエッセンスが集約された作品。

■ 概要

原作は、三遊亭圓朝が創作した怪談噺の傑作『真景累ヶ淵』で、中川信夫が本格的に怪談映画を演出した第一作目の作品。


■ あらすじ

『旗本・深見新左衛門は借金のいざこざから座頭の皆川宗悦を殺すが、その怨霊によって自らも狂い死にする。
そして20年後、それぞれの息子と娘・新吉と豊志賀は、互いの素性を知らぬまま恋に落ちる。
だが豊志賀が不注意から顔にキズを負って以来、新吉の心は別の女性に移ってしまう。』


■ 感想

本作は原作「真景累ヶ淵」にて'宗悦の死'から'豊志賀が新吉を呪い殺す'までを描いた作品となっている。


監督に中川信夫監督を起用しているが、怪談映画を初めて監督したとは思えない素晴らしい演出を展開している。

観客を物語に引き込む手法、身の毛もよだつ凄惨無比な恐さ、そして肌に栗を生じる恐ろしい地獄絵図をしっかりと演出している。

また、幽霊が出現するタイミングなど古典的なテクニックを多く使っているものの、中川信夫監督のセンスが光っているので、微塵も古臭さを感じさせないものとなっている。


後に「東海道四谷怪談」でお岩さん役を演じる若杉嘉津子に関しても、素晴らしい演技を見せている。

今の時代の女優が時代劇の女性を演じた場合、どうしても現代の女性が江戸時代の恰好をして演技をしているようにしか見えないが、若杉嘉津子は時代劇の女性をしっかりと演じており、まるで江戸時代の女性がそのまま映像に映っているようである。

そして日本人特有の儚くも美しさも見事に演じており、作品全体に漂う死の匂いの中に儚い美しさを生み出している。

また、美しさを表現しているだけではなく、恐ろしさもしっかりと生み出しており、生気のない弛緩しきった死んだ表情、そしてその中に潜む静かでおどろおどろしい怨念じみた漆黒のオーラを見事に演じ切っている。

正直、このキズで膿み爛れた豊志賀の、おどろおどろしい姿は何度観てもゾッとさせられる。


まさに、古典的怪談映画のエッセンスが集約された作品と言っても過言ではない、素晴らしい出来となっている。
horahuki

horahukiの感想・評価

3.8
恨みを忘れて成仏してください…

8月は心霊⑦

三大怪談にもう一本加えるとしたらやっぱり累ヶ淵。累ヶ淵は、三大怪談とは異なり二代に渡る因果応報を描いたもの。父・宗悦とその娘・豊志賀の幽霊が恨みを晴らしに現れるのだけど、ほとんどの幽霊が女でありながら、男の幽霊が出てくるというのも他とは異質。画面の半分を占めるまでに巨大化するオッサンの顔面力のインパクトよ!

累ヶ淵は四谷怪談よりも古く、鶴屋南北が自身で何作か書いたもののひとつが『東海道四谷怪談』の元ネタになったらしい。顔面の半分が爛れたお岩さんのビジュアルも累ヶ淵の豊志賀(累)からの引用で、左側が爛れているのが豊志賀、右側が爛れているのがお岩さんのようです。マジで怪談界の大御所中の大御所。中川信夫監督の『東海道四谷怪談』のお岩さんと本作の豊志賀の両方を若杉嘉津子さんが演じているのもその辺りの事情を踏まえると面白い!

二代に渡る呪いなので前後編のような二部構成になっていて、一部は宗悦のお話。金貸しを生業にしている盲目の宗悦がお殿様のところに借金の取り立てに行ったところ、豪勢な生活してる癖に「ない!」と一蹴されるだけに留まらず、「按摩風情が無礼千万!」と斬り捨てられるという極悪非道な胸糞展開。金借りといて何様やねん。そんで怒った宗悦がお殿様に祟るって話。

二部の方は、20年後。父親とは全く違う超絶善人に成長した殿様の息子・新吉と三味線の先生になった宗悦の娘・豊志賀がお互いの事情を知らずに結婚するんだけど、新吉LOVEなお嬢様・お久が略奪婚を仕掛ける流れで死んでしまった豊志賀が2人に祟る話。マジで救いがないわ…。

一部の方は定番的な怪談で、極悪非道といえど挙動から罪悪感を滲ませるお殿様が、自身の罪悪感に恐怖し破滅していく。その狂い方に簡易版『四谷怪談』のような展開を見せるあたり、元ネタとしての貫禄を感じる。2人を同時に画面内に収めた後に、そのままカメラを移動し殿様の顔だけを捉えることで主観的な内面世界へとスムーズに誘うカメラワークが素晴らしい。

二部の方は「これ何のエロゲ?」って思っちゃうほどのラブコメ展開なのが笑った。良い人過ぎる新吉が奉公先のお嬢様にめちゃくちゃ好かれて結婚を迫られるだけじゃなくて、お嬢様の三味線の先生(豊志賀)、更には近所の若い娘数人にも囲まれてチヤホヤされるというモテモテ具合。しかも優しすぎて(気が弱すぎて?)どこにも転びきらない八方美人なのもまたエロゲっぽい。そこからはクソみたいにドロドロ展開からのこれまた『四谷怪談』的な感じに…。

とはいえ分かりやすい毒薬ではなく、三味線の道具(なんていうかわかんないけど、しゃもじみたいな形した弾く時に使うやつ)が額に当たったことが原因でそこからどんどんと悪化していく。その落下運動が、地元で有名な三味線の師匠という手にした社会的地位からの転落を表すだけでなく、嫉妬という醜い闇が心中に芽生え膨れ上がっていく様を身体への影響としてビジュアル的表現へと昇華した中川演出は凄いとしか言いようがない。やってることはクローネンバーグと近い。

そして新吉と豊志賀を画面の手前と奥に配置した三味線練習シーンの構図にも中川監督のうまさが出てる。画面の中心にいて三味線を弾いているのはお久なのに、手前と奥へと観客の意識を集中させる主従の逆転がヒッチコックみたい。クライマックスの幽霊とのバトルも膨れ上がる罪悪感への恐怖を表現した中川監督らしいシーンになってて大満足。やっぱり中川監督の怪談は面白い!

滅びていくキャラクターたちはみんな何かしらの悪を秘めてたんだけど、宗悦だけは特に何も悪いことしてなかったし、宗悦マジで可哀想…。
せ

せの感想・評価

3.0
授業で観た
江戸時代の超有名な怪談がもとになってる(んじゃないかな)ということでした
主人公の新さんをめぐり争う若杉嘉津子と北沢典子が眼福の極み
脚本川内康範に一番びっくり
彦次郎

彦次郎の感想・評価

3.7
武士に惨死させられし金貸しの呪いから端を発する怪談。
勿論幽霊も怖いですが女の情念が一番怖いような気もします。
冒頭の殺人シーンから(もっと言うとそれ以前のシーンから)めちゃくちゃ怖いです。

今更僕が言うまでもないでしょうが幽霊の見せ方が本当に見事です。『地獄』における沼田みたいな丹波哲郎の嫌さ加減もバッチリです。
まず導入部の武士に斬られる金貸し親父の化けて出てくるレスポンスの早さに驚く。返す刀でその亡霊を斬らざるをえない超スピード展開。"実は斬ってしまうのは自分の妻"これはお約束(笑)。この双方の子らの二十年後の因縁話が本題だけど、ほぼ想像通りのことが繰り出される失速感にはやや退屈させられた。とはいえデート客を意識したかのようなイケメンと美少女の恋ばなをブッ込んでくるあたりはさすがで、昔のロードショー3本立てのうちの1本的役割を存分に発揮していたと言える。累ヶ渕(かさねがふち)は、茨城県に実際にある地名。
新東宝製作なので監督は怪奇映画の巨匠・中川信夫だが、脚本は川内康範。

親の因果が子に報いの怪談。しかし親の因果に対して恐怖は催さず、むしろ子ども二人の恋愛が恐ろしい。優柔不断な男・新吉と歳上で独占欲の強い三味線の師匠・豊志賀の恋。顔の傷がもとでさらに豊志賀の嫉妬心は強くなる。女も怖いが男も悪い。

あと、初登場シーンでは気づかなかったけど丹波哲郎先生も悪役で登場。いつも通り、あの声あのトーンで主人公たちに演説する。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.2
中川信夫版の累が渕。累が渕は鴈治郎が宗悦を演じた安田公義版が至高だと思うが、今作も負けず劣らず面白いと思う。

基本的な設定は一緒。盲目の金貸し宗悦が旗本に借金の催促したら斬り殺されちゃう。旗本も呪い殺すが、その後宗悦の娘と旗本の息子が知らずと恋仲になるのも恨むとう展開。

安田版は鴈治郎の宗悦が全編に渡り祟り続けたのに対し、今作は後半に宗悦の影響は薄くなる。
その代わり、宗悦の娘・豊志賀の新吉ヘの嫉妬からの恨みがメインになる。

タンスから落ちた三味線のバチが顔に当たっただけで、豊志賀の顔面半分がただれ崩れてしまう。いやいや呪いの不確定要素があるにしても大けが過ぎでしょう!
この辺の顔が崩れる女性の怖さは、完全に四谷怪談のお岩さんだね。それ故にお岩さんの亜流の様な映画になってしまった感もある。
また『宗悦殺し』と『豊志賀の死』で前後別れてしまった印象もあるね。

豊志賀の良い人になる新吉が、大人しい系の超善人。朴訥過ぎる商店の番頭で、店の娘との微妙な三角関係。

脚本は月光仮面の川内康範だったんだね。所々の演出の怖さは流石中川信夫だと思う。
恨みに憑りつかれた女と男

東海道四谷怪談に非常によく似た映画。
比べて観てみるのも面白い。

深見新左衛門の屋敷へ貸金の返済を催促に向かった宗悦は、返済を断って腹を立てた新左衛門に殺されてしまう。宗悦の死体を屋敷裏手の累が渕に捨てる。宗悦の亡霊が現れるようになり、新左衛門は累が渕に引きずり込まれて死んでしまう。物語の舞台は、この20年後の話となる。主人公は新衛門の息子、新吉。お久と結婚するはずだったが、三味線の師匠豊志賀に惹かれていき・・・・。

愛する者に裏切られ、容姿も醜く変貌する。お岩さんに似た展開。四谷怪談もそうだったが、鏡で自分の醜く腫れあがった顔を覗くシーンは恐ろしい。今作は、鏡ではなく水鏡を覗き込む演出。水滴が落ちてから波紋が広がり、波紋から浮かび上がるその姿に恐怖する。白黒なので恐怖が倍増しており、幽霊となった女は夢に出てきそうな恐ろしさ。ジメジメと追い詰めていくその姿が脳裏から離れない。

恐怖演出は四谷怪談同様、カメラワークが抜群で観るものの心をつかんで離さない。この世界観に憑りつかれてしまう。人に恨まれることをすれば必ず自分の元にかえってくる。なるべく、悪いことはしないようにしよう。ジメジメしたこの時期、怪談映画を観て涼しむのもいいかも。

累が渕には恨みが沈んでいる。
あなたのすぐ近くにある川にも、もしかしたら・・・。
そっと、顔を覗き込むと向こう側に引きずり込まれるかもしれない。
くれぐれもご注意を・・・・・。

レンタル
>|