合唱の作品情報・感想・評価

合唱2015年製作の映画)

Mindenki/sing

製作国:

上映時間:25分

3.9

あらすじ

おとなしい10歳の少女ジョフィーは転校したばかり。最初は少し慣れなかったがすぐに校内で有名な合唱団に入ることを決め、人気者のクラスメイト、リザと仲良くなる。ほどなく、彼女たちは一致団結して合唱団の指揮者である先生に立ち向かうことになる。彼女は見た目と違い、本当は意地悪な人物だった。

「合唱」に投稿された感想・評価

なすび

なすびの感想・評価

5.0
オオオオオオオ!!!5億点!!!!
女の友情もの、復讐もの、権力への抵抗もの、美少女ものとして全部最高!胸アツ!

これめちゃくちゃ良いからみんなに見てほしい…最後鳥肌ですよ…パクチャヌク「お嬢さん」ばりに女同士の厚い手繋ぎに熱くなれる!

あらすじ言っちゃうとネタバレなので黙っときます🤭

主人公の圧倒的美少女感と友だちの少し意地悪そうな女子のボス猿感(背が低いってのがまたいい)の対比がたまらんッッ、いじめられる話かと思ったら…no no!

合唱コンクールって何か揉め事起きるんだよなぁ、うちの中学もボス猿女子が1人ずつ歌わせて(なぶり殺しやん?)下手なやつ残らせて練習させてたよ…怖かた〜、、、でもこの映画ほど人権奪ってないわな……

https://sst-online.jp/theater/491/
無料で観れるからみんな見てね
なると

なるとの感想・評価

4.2
昨年のアカデミー短編映画賞を受賞した本作。

これは子供達の絆に感動させられ、子供達の勇敢さに心をうたれる。

受賞した理由がわかる。
短くまとめられた中に、複数人の感情の浮き沈みがうまく表現されてる。
Nonoka

Nonokaの感想・評価

4.2
これはいい!
スカッとした。
なんだか少し暗い内容で
悲しげな雰囲気が漂ってるのもいい。
ゆゆこ

ゆゆこの感想・評価

4.0
優勝もしちゃうような子ども合唱団、
誰でもウェルカムだけど、蓋を開けてみたら先生に「お前は下手だから口パクね」と言付けされていた子が数名いたことが明らかに。
「世の中は不公平なのよ」
と堂々言い放つ先生に、立ち向かう決心をした子どもたち。
最後のシーンはとても良かったです。
kana

kanaの感想・評価

4.3
アカデミー賞短編賞受賞!
それも納得のショートムービー。
25分の尺にこの濃い内容。
ほんと、素晴らしかったです!!!

合唱部に入ったジョフィー。
そんな彼女に
先生は心ない一言を。
大好きな合唱なのに、、

世の中は不平等。
そう言い放った教師に立ち向かえ子供達!!

最後はすっきり!
本当に爽快でした。

果たして子供たちが立てた作戦とは!?

お友達のリザ、最高!
かわいいし、性格最高にいいし。
間違っていることは間違ってるって言える
あーいう人になりたいよね。

これはオススメ!
ぜひ!!!!

☆Brilliaにて鑑賞☆
2018年46本目
Kota

Kotaの感想・評価

3.9
大人がこの世は不公平だと子供に教えるからこの世は不公平になる。25分の中にこの世界のあらゆる場所で大きさや形を変えて起きている事、そしてそれに屈さずに立ち向かう姿を見た。さすがアカデミー短編映画賞、素晴らしい。
犬

犬の感想・評価

3.8
不公平

転校してきたジョフィーは、そこで有名な合唱部へと入るが、指揮者のエリカ先生からある事を言われる
コンクールの日が迫った時、人気者リザと共にある行動に出る

ハンガリー制作の短編

スゴい話で、ラストも良かった
展開はあの音楽映画みたい

世の中の不条理を含んでいる

雰囲気、子どもたちの感じも好き
Brillia Short Shorts Theater Online

たったの25分で
感情の起伏を味わう
まぁ

まぁの感想・評価

4.2
子どもたちの澄んだ歌声は…心地よくて…
胸に響く…♪
(…本当に綺麗な「合唱」…♪)

…そして…子どもたちの「友情」…泣けてくる…(涙)

(…内心は…「してやったり」だね…笑)

いるんだよね……あのような「教師」…*
…「失格」…だね…大人としても、教師としても…*

25分の短編だけれど…
この作品…良いです…☆

子どもたちの「歌声」に…心洗われる…(o^^o)

…ハンガリーにも……日本と同じような
手遊び…(「アルプス一万尺」や「おチャラか」…etc)が…あるんだね…♪
子どもたちの「無邪気さ」…好きだな〜(o^^o)

……次のレビューが…2500作品目……
明日鑑賞予定の作品にしようと思っているけれど…「雪」…やんで〜(笑)
notitle

notitleの感想・評価

3.8
合唱団で、歌が上手くない子に口パクさせる先生に、皆で立ち向かう話。世に満ち溢れる効率主義。それ自体は悪くないが、この場合は本質がズレている。道徳の問題。ああ言えばこう言う大人に頭を使って立ち向い、黙らすのは痛快。なんか色々きれいでピュア。