おとなのけんかの作品情報・感想・評価

「おとなのけんか」に投稿された感想・評価

piii

piiiの感想・評価

4.4
子供同士の喧嘩から平静を保ちながらおとなたちが穏便に済ませようと話を進めていくが、、、というおとなたちの会話を2時間淡々と見るのですが、まー面白い!!!部屋で4人で話す場面だけ、なのになんでこんな面白いのか。
子供の喧嘩を原因に、和解するため親同士が会うんだけど、
穏やかに話し合うはずがどんどん険しく、話もズレていって...
という、会話劇

めちゃくちゃ面白い!w
最初は夫婦vs夫婦だったのが夫vs妻になったり、どんどんフォーメーションが変わるし、
最初はみんなが遠慮しながらそれでも譲れない所は言って...が終いには暴言の嵐www
一人一人のキレ所が全然違うのも面白かったな!

これはよく考えられた脚本だなーって思った!
エンドロールのオチも最高だった👍

さらに役者も豪華ですね!
まさかケイトが.....wwwwww
いかにも舞台を観てるかのような、芸達者たちの会話劇。
原作はフランスだしポランスキー監督なので上品な仕上がり。
そこが良くもあるけど、物足りなくもある。もっと致命傷を負うくらいまでエスカレートしたり過剰なエッセンスがあれば良かったな、、、
ブラックジョークな何かですね。
ナカ

ナカの感想・評価

-
2013/9/8

最高に面白かった、期待以上。観終わってぐったりと疲れたけれど。これを密室劇というのでしょうか、神経がすり減って理性が壊れていく様が面白かった。時に、声をだして笑ってしまうほどに。最後のハムちゃん、最高。
修羅場で突拍子もないことやって周りをイラつかせるの楽しいやん
umeshio

umeshioの感想・評価

-
20140723

観はじめてなかなか部屋からでないので、あっ、これは 12人の怒れる男 的映画なんだなあと思った。12人の怒れる男、わりと観たばかりだったからそういう形態に新しさは感じなかったけど、ふたつの夫婦の言い争いなのでスケールが小さいからか入りこみやすく、まぁ楽しめた。尺が短いのが良かった。こんな感じがもっとだらだらと続くと失敗してたと思う。子供からしたらなにやってんだよ…という感じだよなぁ。どうすんの、みたいな。当人達は最後すんなり仲直りしてて良かった。ちょっと期待しすぎてたかな〜。 レンタル
つまらない。途中からかなり疲れた。最後まで観るとなるほどと構成の上手さを感じたがテーマがあまりにも良くない気がする。
話が盛り上がったり長引く事に緊張感が無さ過ぎるように思う。

ポランスキー作品は劇場で「戦場のピアニスト」を観て感銘を受けたが、その後に「赤い航路」と本作を観て随分と捻くれた監督なのかなと思うようになった。ハズレ2連発だが独特の上手さがあるのでまたチャレンジするかも知れない。
aoi

aoiの感想・評価

2.5
建前と本心のせめぎ合いよ笑

子供同士のけんかをお詫びし、丸くおさめようとしてたはずが、言葉の解れからどんどん大人同士・夫婦同士の壮大な喧嘩に…笑
人はみな自己中心的だけど、それを隠そうとするから大人は厄介。余計に醜くなってしまう。


# 215/2018
鵠

鵠の感想・評価

3.7
アパートの一室だけでこんな面白い映画作れるんだとびっくりした。子供の問題から夫と妻、果ては男と女の問題になって双方の言い分が面白かった。後日談みたいな結末も、本当に大人たちがただただ傷残しただけだった。

このレビューはネタバレを含みます

原題は"Carnage"(大虐殺、[集合的に]大量の死体)。ある出来事を発端に、良識的なはずの二組の夫婦が会合し、「おとなのけんか」に発展する。70分という短さだが、場面転換が全くないので一幕劇のよう。エスプレッソ、コーヒー、スコッチ、ぬるいコーラと、飲み物映画でもある。男性同士のホモソーシャルな関係の朗らかさと暴力性を同時に描いている(ジョン・C・ライリーの言う"army buddy of mine"の世界観)。軋轢を引き起こす悪徳弁護士の、「成長すれば暴力の代わりに法律を使う」という台詞が印象に残る。
>|