ゼンタイの作品情報・感想・評価・動画配信

「ゼンタイ」に投稿された感想・評価

みあね

みあねの感想・評価

2.8
全身タイツの性的嗜好について語る映画ではない。笑
中盤まで全身タイツ自体出てこない。そのせいで間違った動画押したかな?と確認した程(;´Д`)
でも、最後まで観ると納得出来た。
フェチズムについてではなく、概念的な作品だった。
大傑作「恋人たち」の橋口監督の作品ということで鑑賞。

長回しでのリアルすぎる会話劇に、ずっとクスクス笑えて、最後はなんだかもの悲しくて…。

後になって思えば、篠原篤さん、成嶋瞳子さんって、「恋人たち」の主役の人たちじゃん!ここから繋がってたのね。
観るまではマニアックなフェティシズム作品(今回であれば全身タイツ愛好家)なのでそのフェチ特有のエロ等を表現するのものかと思っていましたがそういうものではなかった

ゼンタイを作品の全面に押し出すのではなく普段の生活において生じた様々な不満や不安を描き、それを吐き出す場としてゼンタイを用いてフェチの方々が交流している
そういった点では今回は全身タイツ愛好家として描いた作品ですが、他のフェティシズムにも共通する話であると思った

ゼンタイパートではない話では、
普通に笑える話や後の伏線などもあり、しっかりと映画として楽しめる部分もそこそこあった

たまにはこういうマニアックな作品を観てみるのもありですね。
いやあ、主婦の話腹立ち過ぎて
頭カチ割ったろか思った。

ゼンタイ羨ましい。
nu

nuの感想・評価

4.3
コントっぽい長回しが最高だった〜一話の会話劇面白すぎてたくさん笑った、”喋ってない人”にピント当ててみるのが楽しいし最近のテレビで見るコントよりずっと面白かった
アンド中島歩〜(⌒-⌒; )
設定が色々ふざけてるけれど優しくて繊細で、やっぱりどん底を知ってる人しか撮れない作品というにおいがした!橋口監督気になってしまう
おもしろい!全部気まずい。
「発泡酒」と「レジ店員」が好きだった。
私はビール飲めないけどやっぱり発泡酒じゃダメなんだろうか。黙って好きなもの飲めよ!と思うけど!
やっぱり橋口監督の映画が好き。これはジャケットで損してる気がする。
ふかい

ふかいの感想・評価

4.1
ほぼ定点1カットのしょーもな会話劇(橋口監督お得意の)。
なんといっても「レジ店員」の素晴らしさ。「オーナーに言っといてもらえます?」の連発で爆笑。オーナーとバイトの板挟みにある微妙な立場の成嶋さんの哀愁…今や売れっ子俳優の中島歩が下ネタを言いまくる若者役で出てます!
え

えの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

こういう人たちいるのかもね、と俯瞰で笑ってしまうところがあるけどそこに自分はいないか?ってちょっと立ち止まってしまう身近さと恐怖感あり
保身の為の傷跡ばかり
ゼンタイ ってもっと広げられそう、人間、、
篠原篤って本当に良いと見かけるたびに思うな..
あゆみ

あゆみの感想・評価

4.2
全身タイツのビジュアルが強く何となく後回しにしていたが、今もこの世の中のどこかで繰り広げられていそうな、絶妙な空気感のオムニバスコメディだった。
橋口監督の目線を通すと、ひとってしょうもないけど可笑しくて愛おしいなって前向きになれるなあ。cosmeticDNAのあとの回復食として最適だった。
篠原さん、成嶋さん、akeboshiで、おおおこれはと感動し納得するなど。
橋口監督の最新長編映画が観たいぞ〜🥺
コンパニオンの話、お見事。というか、やはり実力主義だよな。

スーパーの話、きつかったなあーああいうのよくあるのかな。
>|

あなたにおすすめの記事