リチャードの秘密の作品情報・感想・評価

リチャードの秘密2012年製作の映画)

What Richard Did

製作国:

上映時間:88分

3.0

あらすじ

18歳のリチャードは、南ダブリンの裕福な家庭に生まれ、何不自由なく恵まれた生活を送っていた。大学への進学も決まり友人たちと夏休みを過ごす中、パーティーで出会った美しい少女ララと恋に落ちる。ララは友人コナーの恋人だったが、彼女はコナーと別れリチャードを選んだ。まさに、彼の世界は輝きに溢れ、無限の可能性を秘めた未来へと向かう途中だった。しかし、ある夜リチャードはコナーと諍いを起こし、ある“事件”を起…

18歳のリチャードは、南ダブリンの裕福な家庭に生まれ、何不自由なく恵まれた生活を送っていた。大学への進学も決まり友人たちと夏休みを過ごす中、パーティーで出会った美しい少女ララと恋に落ちる。ララは友人コナーの恋人だったが、彼女はコナーと別れリチャードを選んだ。まさに、彼の世界は輝きに溢れ、無限の可能性を秘めた未来へと向かう途中だった。しかし、ある夜リチャードはコナーと諍いを起こし、ある“事件”を起こしてしまう。その事件を境に、リチャードの運命の歯車が狂い出していく…。

「リチャードの秘密」に投稿された感想・評価

Haruka

Harukaの感想・評価

3.4
ラストや、そこまでの心理的流れはなかなか面白かったが、起伏がほぼないから退屈だと言われても仕方ない作品。小説っぽい。
サイテー野郎にも見える主人公だけど、正直私は彼をサイテーと呼べない。こんなもんでいいんじゃない?人間だもの。

元気や感動や癒しはもらえないけど、何かを問われる映画でした。

アイルランド訛りが個人的に面白かった。
主人公がタバコすってるだけのシーンとか、うつむいてるだけのシーンとか背景だけのカットとかが多いね。
心情表現的には必要だけど、映画の面白さには必要ないようなカット。そこがリアル。だから退屈に思えるし、みんなの低評価の理由になっちゃってるのかも。

リアルすぎたのが原因?

好きだよ。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.0
なんとも後味の悪い。
みんながみんな誠実じゃない。
親とか、だれかひとりくらい、どうにかしようと思わなかったの!?
『ルーム』のときは徹底的に子供視線にこだわったカメラワークだったのに対して、今作のカメラは常に揺れている。それは、まさに思春期の高校生の不安感、緊張感の表れだ。物事の捉え方にすごくこだわっている監督だということがよくわかった。

確かに野心作だとは思うが、『ルーム』のときもそうだったが、結局この映画は何が伝えたかったんだ?という疑問に立ち返る。
SALA

SALAの感想・評価

2.9
とりあえず終始暗すぎる。
なにも盛り上がらず淡々と。
一つ突っ込みをいれるなら
他の女の子とやってたのに
まだ彼女とも続いてたんかーい!って事
開始10分ぐらいで分かったけど
特に観なくても良かった映画w
rann

rannの感想・評価

3.1
パッケージからミステリー要素を期待して観たけれど,そういう作品ではなかったです。誰が悪いというわけではなかった故,結果の後どう行動するのかという事で人間性が浮き出るなぁと思った。
mimu

mimuの感想・評価

2.8
期待し過ぎた。。前半は展開も読めちゃってただただ退屈。後半やっと物語の本質が見えてきて巻き返しつつも、そのまま何も起こらず静かに終わった。 これこそがこの物語の本質やメッセージなんだろうけど、残る物は何もなく、残念。あと、アイリッシュジョークの笑いのツボがよくわからん。
思ったよりも暗くて説得力のある映画。

感想を言う前に余談をひとつ。劇場未公開を中心とした映画フェス「未体験ゾーンの映画たち2017」があって、アルバトロスは「バンクラッシュ」「バイオレンス・マックス」「ファスト・コンボイ」「Planet of the sharks 鮫の惑星」「スモーク・アンド・ミラーズ」「真夜中のパリでヒャッハー!」を配給したもののこの「リチャードの秘密」は「ルーム」監督の原点映画なのに未公開という可笑しい話であります。

https://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2017

話は部活も友人も良好のリチャードがコナーの恋人ララを好きになり、コナーと別れたのだろうとララと付き合うのですが、パーティーでコナーとララが親しく話していることが引き金となり、喧嘩を起こしてしまい、仕舞いにはコナーに止めの蹴りを頭部に浴びせて救急車を呼ばずに放置してしまう話。

で、内容は100分以下の作品でありながらも濃く、暗く地味で淡々としています。前半の40分はパーティーでララと知り合い、ビーチハウスの外でベッドインしたりするのはいいとして段々リチャードの両親との食事会でリチャードがダメ出しするところでリチャードのダメな部分が出たりリチャードがコナーと話すものの何処か挨拶を無視してるところで妙な空気が流れ、後半の40分では事件後の心が痛くなるシーンの連続で見てると辛くなります。

名シーンとしてはリチャード父とリチャードが庭でリチャードが真実を話して抱き合い、リチャード父が信じられないと言わんばかりの表情をするシーンやビーチハウスでリチャードが泣き叫ぶシーンは見ものではありました。

なんせ、ラグビー部コーチ夫婦とリチャード家との食事の際にリチャード父が「失敗するのが人間ってものだ」がこの映画の核、または格言と言えるもののあの事件でリチャードが人間性を再認識したうえで理解し、勉強になったと思ってしまいます。

また、ちょっと説明不足ではありますが、ラストシーンのリチャードの誇らしげな顔でリチャードが再出発しようと考えているのではと思われ、モヤモヤはありますがちょっと清々しい感じではある。

重い実話映画ではありますが、ラストシーンのモヤモヤ感や本編の地味さを吹き飛ばすほど役者の演技が良く、良質なため、「ルーム」の原点としてはそこそこ良く出来ていた隠れた名作でした。
iceman

icemanの感想・評価

2.5
監督は [ルーム]

ルームは衝撃的な作品だった…

アイルランドより "実話" が重くのしかかる本作。

"結果" としてこうなった場合、人はどう行動し何を選択するのだろうか…?

そして自分がこうなればどうするのか?

人間は誤ちを起こすと、戸惑い、そして取り繕いに躍起になる生き物。
予期しない出来事に戸惑う主人公。

一時の悲劇はその後の人生を左右する。
そして衝撃は家族や友人にも波及する。

ノンフィクションなら致し方ないのだが、青年の内なる描写がされるも、フェイドアウトされるその捉え方がイマイチわかりにくい作品だった。

罪は罪。

どんな取り繕いも、その代償といえば、
一生自分の背中に背負わされるのだ。
TSUTAYAでパケ借り。

見てる途中で、この男の子どこかで見たことある…と思いググったら、私の★5.0映画『シング・ストリート』のお兄ちゃんじゃん!!!
もうそこから見る目変わりました。
何か別につまんなくても許しますみたいな。

許します。
>|