リチャードの秘密の作品情報・感想・評価

「リチャードの秘密」に投稿された感想・評価

chan

chanの感想・評価

3.3
ちょっと前に観た、僕らと僕らの闇がずっと脳裏にあった。

青春のときめきや煌めきは些細なことで簡単に壊れてしまう。今目の前にある当たり前なんて実はすごくふわふわしてて、簡単に消えてしまうものだらけなんだね

なんで人ってこんな呆気なく死んでしまうんだろうね、どちらにも非があっても責められるのは当たり前に生き残った方で、
一生罪悪感を心に抱えて生きてかなきゃならない。償うにも償えない、後悔してもしきれない、その葛藤は相当なもので
思い描いていた未来も当たり前に続くと思ってた人生も壊してしまう。それでも犯してしまった過ちは消せないから一生をかけて償うしかない。リチャード頑張れって、それしか言えないな
issey

isseyの感想・評価

3.5
めちゃくちゃリチャードに感情移入した結果、出てくる女全員嫌いになった。
ラスト全然好き。
雪

雪の感想・評価

3.0
うーむ…。
親目線で見てしまう(>_<)
親父、それはないよー。自分の息子守りたいのはわかるけども…。
一生苦しむことになるなら、罪償って出直した方がやっぱり気持ち的に楽だよね。
人ひとり殺しといて楽も何もないけど💦
故意じゃないなら自首するべき(~_~;)
前に見たけど感想書いてなかった。主演はシングストリートのお兄ちゃんジャックレイナーとても良いね!若々しい。6年前だもんね。そして、ちょっとむっちりしているところも良い。そして上手いしハマってた。しかし、お父さん?お父さんはダメじゃないかな、それは…。あとみんなもな…。逆に全員生きづらい感じになってしまって…。最後は自首しないのね。ルームの監督。色合いがまんまでした。
レニー・アブラハムソンの過去作だったので鑑賞。ジャック・レイナーがクソほど若かった!
実話ベースという事もあり、レニー・アブラハムソンらしい暗くて重い内容。でもそこに至るまでのリア充感とか主人公(ジャック・レナー)の人となりを丁寧に描いていて、そこらへんはさすがという感じ。
ただラース・ミケルセン扮する父親がダメ。息子から友達を殺した事を打ち明けられるとその場から逃げ出すわ、自首を進めるどころかとりあえず別宅に隠れてなさいとかどんだけだよ。まぁ結果としてそのせいもありジャックは罪の重さに負けて発狂してしまいますが。自分が父親になったらあぁなってはダメだぞっていう反面教師ですね。
あと最後も急すぎてびっくりするよね。「えっ、うそでしょ」と思わず叫びたくなる。あれは監督が考えさせる終わりにしたかったのか。。それとも実話がそうだったのか。。
2018-65
ん、ん...ロイシン・マーフィーって...あの??
昔なら、ララも別な所でそれなりに悪い!なんて発言したかもな~😅
ひんやりした空気、ひたすら苦悩する青年(「シング・ストリート」の兄貴!👍)、シンプルなストーリー、それらがとても良かった。
これもある意味、「ルーム」みたいに囚われた話。
なんか最初から最後まで想定内というか、当たり前すぎてあんまり観る意味がないな、と思ってしまった。
そりゃ当然そういう気持ちになるだろうし、それをそんなに見せつけられても…って感じ。

自首を決めてララと人生やり直しを語る時の、お互い「まあ、君は/私はそこにはいないけどね。今はあえて言わないけどね。」な雰囲気や、別れ際の「二度と会わないんだろうな」という名残惜しい空気感は良かった。まだ18ですもんね。待たないよね。

でも結局自首するかは分からなかったから、おばちゃんは結構ガッカリよ。
とま

とまの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

まだ若いとは言えども、前半でリチャードのいい人ぶりをたっぷり見せてたのに、ララの元彼コナーへの嫉妬で崩れちゃうもんですかね。
「必要以上に接近しないで」って、そうなる前に言えそうな人間なのかなと。
何もなかったかのように、年下のグループたちとつるんで酒飲んで談笑してるのがちょっとムカッときたし、他の男から守っていたソフィーとヤっちゃうとか自暴自棄だし。
人として堕ちてしまったとよく伝わった。
そのまま堕ち続けてしまう結末もありだったかも。
自首するって言った割には、すぐ行かないんだなーって思いました。
母親に全てを話して翌日自首するのかな。
隠し通そうとして苦悩し、結局押しつぶされそうになってようやく自首の決心をした。
実際の事件でもなかなかすぐに自首する判断をする強い人間は少ないかもしれない。
弱い人間は逃げてしまうし、隠し通せる人間は感情が死んでしまっていると思う。
ララと語ったように、出所後2人で新しい人生を築いていってほしいと思う。
予告がクソつまらなさそう。映画にとって害でしかないのでこういう中身を歪曲した宣伝は本当にやめてほしい。
ちひろ

ちひろの感想・評価

3.5
主人公リチャードが友人を殺してしまい苦悩する物語。

もう少しで大学生という時期に、はっちゃけているラグビー部の男子たちが多くでてくる。浮足立っているのが顕著に見えるぐらいの演出でいかにも青春真っ只中というのが見て取れる。

主人公の最後の行動に共感できるかどうかすごく難しいだろう。
>|