リチャードの秘密の作品情報・感想・評価

リチャードの秘密2012年製作の映画)

What Richard Did

製作国:

上映時間:88分

3.0

あらすじ

18歳のリチャードは、南ダブリンの裕福な家庭に生まれ、何不自由なく恵まれた生活を送っていた。大学への進学も決まり友人たちと夏休みを過ごす中、パーティーで出会った美しい少女ララと恋に落ちる。ララは友人コナーの恋人だったが、彼女はコナーと別れリチャードを選んだ。まさに、彼の世界は輝きに溢れ、無限の可能性を秘めた未来へと向かう途中だった。しかし、ある夜リチャードはコナーと諍いを起こし、ある“事件”を起…

18歳のリチャードは、南ダブリンの裕福な家庭に生まれ、何不自由なく恵まれた生活を送っていた。大学への進学も決まり友人たちと夏休みを過ごす中、パーティーで出会った美しい少女ララと恋に落ちる。ララは友人コナーの恋人だったが、彼女はコナーと別れリチャードを選んだ。まさに、彼の世界は輝きに溢れ、無限の可能性を秘めた未来へと向かう途中だった。しかし、ある夜リチャードはコナーと諍いを起こし、ある“事件”を起こしてしまう。その事件を境に、リチャードの運命の歯車が狂い出していく…。

「リチャードの秘密」に投稿された感想・評価

レニー・アブラハムソンの過去作だったので鑑賞。ジャック・レイナーがクソほど若かった!
実話ベースという事もあり、レニー・アブラハムソンらしい暗くて重い内容。でもそこに至るまでのリア充感とか主人公(ジャック・レナー)の人となりを丁寧に描いていて、そこらへんはさすがという感じ。
ただラース・ミゲルセン扮する父親がダメ。息子から友達を殺した事を打ち明けられるとその場から逃げ出すわ、自首を進めるどころかとりあえず別宅に隠れてなさいとかどんだけだよ。まぁ結果としてそのせいもありジャックは罪の重さに負けて発狂してしまいますが。自分が父親になったらあぁなってはダメだぞっていう反面教師ですね。
あと最後も急すぎてびっくりするよね。「えっ、うそでしょ」と思わず叫びたくなる。あれは監督が考えさせる終わりにしたかったのか。。それとも実話がそうだったのか。。
2018-65
ん、ん...ロイシン・マーフィーって...あの??
昔なら、ララも別な所でそれなりに悪い!なんて発言したかもな~😅
ひんやりした空気、ひたすら苦悩する青年(「シング・ストリート」の兄貴!👍)、シンプルなストーリー、それらがとても良かった。
これもある意味、「ルーム」みたいに囚われた話。
なんか最初から最後まで想定内というか、当たり前すぎてあんまり観る意味がないな、と思ってしまった。
そりゃ当然そういう気持ちになるだろうし、それをそんなに見せつけられても…って感じ。

自首を決めてララと人生やり直しを語る時の、お互い「まあ、君は/私はそこにはいないけどね。今はあえて言わないけどね。」な雰囲気や、別れ際の「二度と会わないんだろうな」という名残惜しい空気感は良かった。まだ18ですもんね。待たないよね。

でも結局自首するかは分からなかったから、おばちゃんは結構ガッカリよ。
とま

とまの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

まだ若いとは言えども、前半でリチャードのいい人ぶりをたっぷり見せてたのに、ララの元彼コナーへの嫉妬で崩れちゃうもんですかね。
「必要以上に接近しないで」って、そうなる前に言えそうな人間なのかなと。
何もなかったかのように、年下のグループたちとつるんで酒飲んで談笑してるのがちょっとムカッときたし、他の男から守っていたソフィーとヤっちゃうとか自暴自棄だし。
人として堕ちてしまったとよく伝わった。
そのまま堕ち続けてしまう結末もありだったかも。
自首するって言った割には、すぐ行かないんだなーって思いました。
母親に全てを話して翌日自首するのかな。
隠し通そうとして苦悩し、結局押しつぶされそうになってようやく自首の決心をした。
実際の事件でもなかなかすぐに自首する判断をする強い人間は少ないかもしれない。
弱い人間は逃げてしまうし、隠し通せる人間は感情が死んでしまっていると思う。
ララと語ったように、出所後2人で新しい人生を築いていってほしいと思う。
予告がクソつまらなさそう。映画にとって害でしかないのでこういう中身を歪曲した宣伝は本当にやめてほしい。
ちひろ

ちひろの感想・評価

3.5
主人公リチャードが友人を殺してしまい苦悩する物語。

もう少しで大学生という時期に、はっちゃけているラグビー部の男子たちが多くでてくる。浮足立っているのが顕著に見えるぐらいの演出でいかにも青春真っ只中というのが見て取れる。

主人公の最後の行動に共感できるかどうかすごく難しいだろう。
南ダブリンの裕福な家庭で生まれ育った18歳のリチャードは、大学進学も決まり、友人たちと夏休みを満喫していた。
そんな中、リチャードはパーティで知り合った美少女ララと恋に落ちる。
しかしある晩、リチャードはララの元恋人である友人コナーとケンカになり、倒れたコナーを放置したまま帰宅してしまう。
翌朝コナーが遺体となって発見されたことがわかった。


んー退屈だった。
青春系かと思いきや、けっこう暗め。
主人公の明るい性格や安定した生活、環境があるのに、孤独に感じているようなダークな印象。
emi

emiの感想・評価

3.5
「いい奴」リチャードの人となりが伝わってくる自然体で丁寧な演出の前半があるからこそ、事件後の葛藤と苦しみが観ている方に共感を呼ぶ。
RydiaRich

RydiaRichの感想・評価

3.3
最後のほうは重くてどんよりしました。

青春もののもやもやしただけの少し暗めのストーリーだと思っていましたが、見終わると色々考えてしまいました。
まぁ

まぁの感想・評価

3.0
あら…この作品が…2300作品目に…(笑)
…キリ番…あらら…(笑)…鑑賞した順番にレビューを書きたい…という拘りはあるのだけれど…(笑) 私のペースで…♪

本作のレビュー…なんだけれど…

う〜ん…^^;
書き出しの言葉を…探していたんだけれど…
「う〜ん」しか…思い浮かばなくて…^^;

リチャード(18歳、男性)…成績優秀&友だちからの信頼もあって…家族関係も良好…だから…何も不満なんて…ないと思うのだけれど…。

映像の中の彼は…何処か「寂しげ」で…「孤独」に…観えた…。

そんな彼が…起こしてしまった「事件」…なんだけれど…
結局、彼は…この後…どう生きていくんだろう…と…分からないラストシーン…^^;

一生…誰にも言わず…(父親や近しい友人は知っているけれど)…重い十字架を背負って…生きていくのかな…*

とても静かな作品だけれど…リチャードの心は…ごちゃごちゃ…なのかな…*

難しい年頃の男の子…少しくらいの羽目を外すのは…あるかな…あるな…と思うし、感じている毎日だけれど…(笑)

この作品は…う〜ん…と…考え込んでしまって…私自身の頭が…ついていけない…(汗)

同年代の男性や、この時代を経験した男性だったら…分かるのかもしれないけれど…

ごめんね…う〜ん…だった…(汗)
>|