サラエヴォの銃声のネタバレレビュー・内容・結末

サラエヴォの銃声2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:85分

3.4

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯して…

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

「サラエヴォの銃声」に投稿されたネタバレ・内容・結末

地元の劇場で公開決定から実際の公開まで半年以上かかったと思われ、ずいぶん楽しみにしていたから、観てみると物足りなかった印象が拭えない。映画の舞台、ホテルヨーロッパで繰り広げられる3つのエピソードが切り替わるテンポが速くて、ついていくのに苦労した。一番興味深かったのはジャーナリストと、100年前にオーストリア=ハンガリー帝国の皇太子夫妻を暗殺した青年と同じ名を持つ男のやり取り。今にも銃声が鳴り響かんばかりの緊張感と、一瞬2人の間に生まれた共感や理解のバランスが素晴らしかった。(2017/10/11 KBCシネマ)
中盤までハラハラしながら観ていたが、終盤で失速の印象。

名門ホテルは倒産するのか、プリンツィプの評価はどう決着がつくのか、ストライキは実行されるのか、フランス人のスピーチは成功するのか。全てふわっとした感じで終わっちゃった。

重大な歴史事実が関わるテーマなので、一本の映画でサクッと総括はできないだろうけど、何だかなぁ。
とりあえずガードマンは、そら撃つよな。

「欧州はサラエヴォで死んだ」
っていうのはカッコいいなと。
意味わからないけど、異性を口説くとき夜景の見えるレストランで使おうと思いました。だから、欧州はサラエヴォで死んだんだよ!

支配人がラミヤを唐突に脱がせ始めたのは何だったのか(笑)
あと、ラミヤに惚れてる料理人も逃げんなよ!
仕事マシーン女、意義あることがしたい母親、手に入れたものを手放すという選択肢のない支配人、ヤク中でストレスを抱えた下っ端軍人、クレバーだと自負するジャーナリスト、田舎者の革命馬鹿
確実に何かが起こる約束の時間を目指してみんなが馬鹿をやってるようにしか見えなくなっていく。
最後の1人がホテルから出ていく様子の監視映像、それを見てるのは私たちと誰なのか。

まぁ、全ての全てを理解しようというなら相当の知識がいるんだろうけど 映画として楽しむためなら観る前にパンフ読めば十分だと思う。
 これまたスタイルを変えてきたタノヴィッチ作。あるホテルを舞台にして群像劇の形式を取りながら、かなり図式的に対立構造を作っていく。男と女、娘と母、経営者と労働者、そしてボスニアにおけるけっして埋まらない溝――。そしてここでタノヴィッチは、それらを徹底的に衝突させる。それは対立の可能性と不可能性の間で揺れる葛藤を滲ませていて――つまり、対立は諍いを産むが、だからと言って避けるだけでは何を変えることもできない――それが映画の底にあるトーンになっている。ドライに俯瞰的なのでアルトマン諸作と比べる向きがあるのも分かるが、タノヴィッチの映画の土台には真っ当な怒りがある。