旅芸人の記録の作品情報・感想・評価

『旅芸人の記録』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

「旅芸人の記録」

6/13〜6/14

2枚組4時間弱の長編を2日間かけてなんとか鑑賞。テオ・アンゲロプロスの作品を鑑賞するのはこれが6本目。アンゲロプロス作品でレンタルできる中でも最古の作品なの…

>>続きを読む

以前見たときはVHSでだっかNHKの衛星第2を録画してだったか、いずれにしても30年以上も昔のことで、そのときもギリシャの現代史がわからないためちんぷんかんぷんだったが、今回もそうだった。長回しによ…

>>続きを読む

 やっと観れるお年頃になったゾッと ・・・ 眠った💤 
         …………ダメやん
合わない監督テオ
 シテール1.7 ユリシーズ3.7
霧の中2.4…

>>続きを読む
sei

seiの感想・評価

3.9

セリフがほとんどなく内容を理解するのが難しい映画。ギリシャという国にはこんな凄惨な歴史があるのだと驚いた。登場人物が長い時間こちらに向けて語りかけるシーン、線路の上を3人の男が歩いてくるシーン、異な…

>>続きを読む

ホームを持たない旅芸人は、戦争・占領・内乱によって祖国の形が不安定なギリシャそのものを象徴する。物語としてみると退屈ではあるが、全編を歌や音楽で彩りながら、そこに日常感を出すことで、よりリアルさをも…

>>続きを読む
HarutoM

HarutoMの感想・評価

-

まあとにかく人物関係が分かりにくいわな。誰が誰の兄弟で、この二人似てるけどどっちが、、とかやってる間に爆撃が起こったり人が撃たれたり強姦されたりする。

でも整理すると意外と筋は見えてくる。エレクト…

>>続きを読む
みたがあまり覚えていない。思い出そうとするとなぜか寺山修司のがじゃまする。
後半に出てくるパーティ会場での歌合戦長回しがマジで凄すぎる。このシーン見れただけでも良かったと思える。しかし、ガキ過ぎてほとんど理解できていないので出直したい………
m

mの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

旅芸人の記録より
記憶に残る歌を歌え
「ヤクセンボーレ!」の掛け声

テテの作品では、曇天さえもがVになり得る。血の日曜日事件、大晦日のダンスホールで展開される歌合戦(※khoros)、結婚式


>>続きを読む
漱石や鴎外を課題図書として読み始めるように、課題映画として若い人に見てほしい。かけがえのない映画体験を与えてくれる映画だ。

あなたにおすすめの記事