サラエヴォの銃声の作品情報・感想・評価・動画配信

「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・評価

サラエボ事件の記念式典が行われているホテルでの一日を描いた映画。
ホテル内部のいざこざから政治的な口論まで様々な出来事が群像劇として描かれていて面白かった。
ホテル屋上での反プリンツィプのインタビュアーとプリンツィプと同姓同名の親プリンツィプの男の口論は中身が濃く、これだけを見てても満足できた。
もちろん全編見たほうがいい。
かなりメッセージ性の強い群像劇
第一次世界大戦の引き金になったサラエヴォ事件を様々な立場から問いかける内容
難しい、、
正直、ボスニア・ヘルツェゴビナについて知識がない為うっすらとしか内容が理解できなかったが知ろうとするきっかけになる
前提としてサラエヴォ事件やボスニア・ヘルツェゴビナ紛争、セルビア人勢力の包囲などの知識が必要となるが、形式的な説明はしないからこそ3人の言葉の重みが際立つ。ホテルヨーロッパの銃声は百年前と現在の情勢、そして和解からの衝突と無意味な死は突発的に訪れることを端的に表している
だま

だまの感想・評価

-
歴史的背景に関する知識がなくて理解できない部分も多くあった。それでも陰鬱な緊迫感が漂う群像劇は十分な見応え。侵略と民族間紛争による内戦。ヨーロッパには私が理解しがたい複雑な歴史があることを改めて実感。その歪みが現代にも続いている。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.4
ホテルの煌びやかな表の部分と暗い裏の部分が垣間見れた。
テロリストなのかどうなのか。
ソファは買ったのかどうなのか。
色んな問題がいっぱい。
MACabuser

MACabuserの感想・評価

4.0
現代日本で五・一五事件が語られることが、
学校の教室以外でどれだけあるだろう。

戦後史は権威に対する牙を抜かれるところから始まっている。


1914年のサラエヴォから100年が経ち、
式典の会場となるホテルでは給与未払いによるストライキと
それを暴力で抑え込もうとする経営者のせめぎ合いが繰り広げられています。

時代は変われど結局人々は何かしら不満を抱えて暮らしているわけですね。
このホテルが100年経ったサラエヴォの今を表す縮図なんでしょう。

ホテルに鳴り響いた一発の銃声、
プリンツィプの意志を継いだ青年が、
ソファを買いかえることもままならずマリファナを吸う
労働者階級の見張りに殺されます。

唯一の反骨精神が大義も信念も無い貧困者の偶発によって
亡失してしまう、
民族主義が鳴りを潜め貧困が自らの首を苦しめせしめる負のスパイラル、
たぶんこれが今のサラエヴォの現状です。
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

2.8
この作品は第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件からから現在のボスニア・セルビア間の情勢を把握してないと全く理解出来ない…

サラエヴォの経済が不安定な事は大枠で理解出来た。
riekon

riekonの感想・評価

3.0
サラエヴォ事件から100年
記念式典を行う
サラエヴォの最高ホテルのお話🏨
屋上では特別番組?の撮影をしていたり
最高ホテルなのに従業員は
2ヶ月も無給で働いて
ストを決行しようとしていたり
色々起こります。
ホテル内が暗いのもありますが
式典を行う華やかさは感じない
作品でしたね。
サラエヴォ事件やバルカン半島のこと
知識がないので分からなくて残念でした😅
KYOKO

KYOKOの感想・評価

2.8
ノーマンズランドが好きで、この映画やっと観れた。
グランドホテル形式。ホテルの派手さや煌びやかさはなく、右に曲がっても暗い、階段上がっても暗い、廊下も暗い、というホテル。また、一つ一つの物語はサラサラ進んでいくが、どこか鬱屈としてる。登場人物のセリフの中でも「今のは本当のことかな?」「今のは皮肉?」等感じるところがあり、自分がもっとバルカン半島の概要を知っていればなー。より深く突き刺さるセリフになったのかも。ボスニア紛争を学ぶきっかけになる映画。
2017年3月25日公開。 監督・脚本はダノス・タノヴィッチ。

第1次世界大戦勃発のきっかけとなったサエラボ事件から100年が経った2014年6月28日に、記念式典などが行われるホテルを舞台にした群像劇。

ホテルで働く女性が前の日に酔った勢いで関係を持った従業員を冷たくあしらってたり、ホテルの他の従業員たちがストライキの準備をしていたり、テレビではサラエボ事件をテーマにした番組を撮影してたりする。

ボスニアとかあのあたりの情勢の事が全然わからないので、白熱する議論についていけない。 これは事前に予習が必要ですね。 ホテルの従業員たちの会話とかは普通に面白いです。

ストライキのリーダーをやる予定だった人がチンピラにブチのめされたりとか、なんだかひどい国な雰囲気でした。

最後は撃たれちゃう人がいるんですが、何が言いたいのがよくわかりませんでした。
>|

あなたにおすすめの記事