サラエヴォの銃声の作品情報・感想・評価

サラエヴォの銃声2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:85分

3.3

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯して…

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・評価

緊迫した、ある日常。
変化が必要な日
それは運命の巡り合わせ。
ディープな雰囲気のホテルが
いい舞台。
たま

たまの感想・評価

4.0
サラエボの銃声が世界を大きく変えた。
歴史のターニングポイントなだけに重くのしかかります。
ジャーナリストのインタビューと有識者のやり取りは早くすぎて字幕を読むのがやっとで頭の中で消化不良を起こしました。
それでもサラエボの近代史が凝縮されているような内容でした。
橋の名前やモニュメントが造られたり撤去されたり。時代や統治する側の民族によっての評価が変化していったんだなと感じました。
暗殺者と同じ名前を持つ男性とジャーナリストの口論はリアリティに溢れてました。果たして彼はテロリストか英雄か…表裏一体といったところ。
同時進行するホテルの内情とどう結びついていくのか…この国や世界情勢と同様に多くの問題を抱えるこのホテル。そして再びサラエボでの銃声が…。
見終わってみると何だか響く映画でした。バルカンが欧州の火薬庫という事実は変わっていないようです。
今も水面下でマグマがすくぶっている感じが否めません。
1914年のサラエヴォから100周年に近くの経営危機のホテルで支配人やストやドキュメンタリー番組の撮影班とかがからむお話

「暗殺で何か変わる時代じゃない」
Abu

Abuの感想・評価

3.3
私の年代には切実な話かな。
当時は毎日のようにユーゴ紛争のニュースがテレビで報道されていた。
PKOと言う言葉を知ったのもこの時期。
一つの体制が崩壊したまでは良かったが、危ういながらも均衡を保っていた平和が、堰を切ったように崩壊していった。
人々の平和を祈るはずの宗教が、またも信者達を裏切った形になった。
形の上では戦いが終わったが、心の痛手は中々癒さないだろう。
映画ではそれぞれの主義主張や立場を擬人化させる手法を取っているのが印象的ではあるが、時間の経過の短さを再認識させられてしまう形となった。
それが狙いなんだろうが…
同監督の「鉄くず拾いの物語」でも感じた事だが、果たしてこの国は民主化して本当によかったんだろうか?
難しかった。歴史認識があればもっと響くものがあったのだろうなあ、、、
同じ職場の母娘とか政治的インタビューとか、色々ダニス・タノヴィッチ的政治色の強いブラック要素が散見された群像劇。

カメラワークとか結構良かったけど、群像劇掛け合いの多さとかは自分の好みに合わなかった。

やっぱり自分は芸術要素控えめで政治要素の濃い映画って求めてないんだなと我ながら思ったけど、逆ならきっと楽しめていたはず。
なかなかの熱量で討論するシーンがなかなか面白いのだけど、知識が無くてよくわからん。
とはいえ、舞台のホテルヨーロッパをぐるぐるカメラが走り回るのは見ていて小気味いいよ。
たく

たくの感想・評価

3.7
長回しの多さ唸る。
ある程度歴史的な知識がないとなんの話しか分からん、となる、が学ぶいいきっかけにもなる。
一次大戦が起こるきっかけともなった「サラエヴォ事件」を巡り、現代に蘇る緊張。
emi

emiの感想・評価

2.5
ボスニア紛争や第一次大戦の経緯にある程度の知識がないと理解しにくい。群像劇だが、女性ジャーナリストのインタビューのエピソードが一番印象に残った。しかし評価されているほど素晴らしい作品とは感じなかった。
ボシュニャク人アナウンサーとセルビア人ゲストの口論が激し過ぎる。同じ "ボスニア国民" でも民族が異なるとこんなにも歴史観が違うとは。
「お互いに殺し合ったんでしょ?喧嘩両成敗じゃない?」くらいの軽い認識しか持っていなかった私には、この大きすぎる価値観の隔たりに唖然とするしかなかった。

そんな二人だが「自国民も救えん奴らを頼るのは無意味では?」 (=欧米諸国の干渉は余計だ) という意見では一致していて、なんだか皮肉めいて聞こえた。
NATOの介入や「セルビア人=悪」という欧米諸国の勝手なイメージ。これはボスニア・ヘルツェゴビナにとって本当に良いものだったのだろうか。

「欧州は死んだ」
劇中で「ホテル・ヨーロッパ」の辿った救いのない結末。これが比喩ではなく単なるフィクションであれば、とても気が楽だったのに。
>|