サラエヴォの銃声の作品情報・感想・評価

サラエヴォの銃声2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:85分

3.4

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯して…

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・評価

fujiK

fujiKの感想・評価

3.5
歴史と場所、人物の構成が面白い。
ラストの母と娘、そして女性ジャーナリストなどの姿に若干の希望が。
miyu

miyuの感想・評価

3.0
難解な群像劇で、第一次世界大戦の発端になったサラエヴォの事件を起こした人物をどう評価するのか…
その民族によって、明らかに異なり、それは、おそらく、どんなに話あっても、並行線に違いない…
って、そんな風に思えた。。。

サラエヴォ事件の100年の式典が行われるホテル ヨーロッパでは、従業員の給料が2ケ月間未払いとの事で、式典に合わせ、ストが行われる…
と言う大きな問題に直面…

また、サラエヴォ事件のテレビインタビューの録画中にも、考え方の相違があらわになったり…

印象的なのは、ホテルのフロント係で働くラミヤ。。。
ハイヒールをコツコツ音をたて、足早くホテルを歩きまわり、彼女の歩く背景にホテルのヒトの日常が写し出され、ホテルの舞台裏が見てとれる様な映像だった。。。

彼女が置かれた立場…
上司や母との関係…

屋上でのインタビューも印象的だった…

インタビューの後のエレベーターでの
二人の様子〜

そして事件が起こるが…

今、尚、ボスニア ヘルツェゴビナが抱える問題が描かれているが…
この辺りの歴史が難解すぎて〜
理解は困難極まりない…
Yamachan

Yamachanの感想・評価

2.9
まあ現代のヨーロッパに問題を投げかけてるんだろうな、とは伝わってくるけどストーリー性も描写も全くなし
木上

木上の感想・評価

2.8
サラエボ事件から100年
2014年のとあるホテルでの祝賀会
暗殺者と同じ名前を持つ男と女性ジャーナリストが討論する場面は印象的だが、事件に関する知識がなければ追い付くことができない。
知ってるつもりではあったんだけど。
またホテルの支配人とストライキを企む従業員との対立と、その従業員の娘であり支配人の直接の部下でもある女性の双方からの板挟み構図もわかりやすいようで分かりにくい。
日本人だから分かりにくいのか?
勉強したらわかるようになるのか?
不親切な映画だと思った…
宣伝でも派手なシーンばかり、ほぼクライマックスから切り貼りしてそれらしく煽ってるだけかと思う
でもサラエボに興味は出た
1974

1974の感想・評価

1.5
2ヵ月も 給料が
出ていないのに
働かされていたら
誰だって 怒る
Yuya

Yuyaの感想・評価

2.6
むずかしい…
大戦の引き金って部分で 皇太子夫妻の名前は 確かテストで出た記憶が朧げにあるだけで サラエヴォという土地が抱える 民族や宗教の混在とか 主義や立場については全く疎いもんで ちょっと理解が追いつかなかったなぁ
でも逆に考えると 世界の大半の国々にとって 日中韓の歴史問題とか 靖国参拝やハルビンの安重根記念館の是非なんてのも こんな感じでわかりづらいし 興味も薄いもんなんじゃないか…となんとなく客観視してしまう感覚にはなったかな

これまでの監督作品では 中立の意識の強さと説得力が素晴らしかっただけに きちんとした知識こそあれば もっと感嘆できたのだろうと 歯痒い
Bom

Bomの感想・評価

3.2
勉強不足過ぎて難しかった。ここまで自分の国の歴史についてディベート出来るのは羨ましささえある。

2017年~331本目
10月~466本目
Ryoko

Ryokoの感想・評価

3.7
サラエボの老舗ホテルが舞台。広く明るく趣を感じるロビーとは対照的に、湿っぽく照明が最小限に抑えられた暗い従業員スペースが印象的。
ストを巡り対立する従業員と経営陣、この地で長年続いてきた民族間の紛争についてのインタビュー番組を撮影するテレビクルーたち。彼らの様子を同時進行で描いた映画。
サラエボ事件で殺害されたオーストリア皇太子は犠牲者か占領者か。殺害した青年・プリンツィプはテロリストか英雄か。ボスニアヘルツェゴビナは複数の民族が争い続けてきた歴史はあるが、そのため思考が画一化されず常に二つ以上の見方が存在するという、ある意味ポジティブな考え方を提示してきた部分が興味深かった。立場が変われば見方も変わるのはごく当たり前なんだけど、それが流血を招くような事態に発展するのが世の常で。。
サラエボを舞台にした映画はおそらく初めて見た。「スレブレニツァの虐殺」など初めて聞く事件もあって勉強になった。
長年、異なる民族同士が憎しみあい殺しあった歴史は重い。舞台となっている老舗ホテルもそこに生きる人々も、紛争後の「疲れ」と戦いながらなんとか生きようとしているように見える。後半までストーリーに起伏はなし。しかし、ボスニアに生きる人たちから見たサラエボ事件、さらにはEUまで、ヨーロッパをいつもとは違った角度から眺められる一作。
「欧州はサラエヴォで始まる。」

テレビのリポーターから、1914年のオーストリア=ハンガリー王国のフェルディナント大公の暗殺について語られます。

この事件は第一次世界大戦のきっかけとなった事柄だと言われています。

1人目の刺客は暗殺を断念し、2人目の爆弾は外れ、第3の刺客の前で大公のパレードは止まったそうです。

プリンツィプは3発発砲し、大公は首を大公妃は胸を撃ち抜かれました。
2人は数時間後に絶命します。

一方、ホテルヨーロッパという高級ホテルでは、従業員らのストライキが開かれそうでした。

ホテルの受付であるラミヤは現代の社会を中心に、テレビリポーターはフェルディナント大公の歴史を語り、司会者は欧州とサラエヴォの歴史的な見解を述べます。

サラエヴォを取り囲む歴史を全く知らないので、話に付いていくのは難しかったです。

見方によりテロリストは英雄であるし、大公は暗殺されたことでサラエヴォの汚点は終結したとの見解もあります。

さて、大公が銃で暗殺されてから100年経った現代に、再び銃声が鳴り響きます。
それをどういう見方をするかも、この映画を観る者次第なのです。

「暗殺で何か変わる時代ではない。」
勉強不足のためか、分からなかった箇所多め。
>|