サラエヴォの銃声の作品情報・感想・評価

サラエヴォの銃声2016年製作の映画)

Smrt u Sarajevu/Death in Sarajevo

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:85分

3.4

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯して…

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト。 式典に招待されて演説の練習をするVIP。賃金未払いをめぐってストライキを企てる従業員たち。混沌とするホテルに一発の銃声が鳴り響き、それぞれの運命が大きく交錯していく…。

「サラエヴォの銃声」に投稿された感想・評価

Haruka

Harukaの感想・評価

3.0
第一次世界大戦の引き金とされるサラエヴォ事件を題材に、ボスニアヘルツェゴビナという国の難しさを語る社会派映画。
現在とサラエヴォ事件当時の時間を混ぜて作られているが、映像やキャラがはっきり分かれているため分かりやすい。カメラ回しや衣装など、なかなかおしゃれ。
しかし歴史的背景や、文化的背景の知識に疎い私には、淡々としすぎていて入り込めなかった。
もう少し、感情的になれるように作られていたら良かったなぁ。
love1109

love1109の感想・評価

3.3
様々な宗教をもった民族や、様々な思想をもった人々が、何千年もの昔から、争い、啀み合いながら生きてきたヨーロッパの、ほんとうの歴史を私たちは知らない。また、未だ明らかに存在する階級社会の中で、思いを飲み込みながら生きていかなければならない現実を、私たちは実感することさえできない。その意図的かつ緻密で巧妙な仕掛けに、日本人である私は、ただただ愕然とするだけだった。
サスペンスかと思いきやだいぶ淡々と話は進む。搾取される側と搾取する側の関係を戦争の記憶と共に、賃金未払いスト寸前のホテルにサイジングして物語は進む。歴史的知識あるとより楽しめるかと
masa

masaの感想・評価

2.7
ミステリー期待して見たら違かった。東欧の歴史知識があればもっと興味を惹かれたかもしれない。
nori

noriの感想・評価

-
場所は、サラエヴォ。
第一次大戦の発端となった皇太子が撃たれてから、100年。

同じ100年の伝統を持つホテルの屋上では、その時の話やそれからのことをいろいろな人に聞くということをしていた。
フランスからは、講演に来ていた人が、室内で準備中。
ホテル自体100年の催し物を計画。

しかし、ホテル自体、経営悪化で、2か月給料が出ていない。
これで不渡りを出したら、ホテルは自体立ちいかなくなる。
従業員はストに入ると息巻く。
それを支配人が悪い奴らに頼んで阻止。
したはずだったが、代わりの者が名乗りを上げる。

あれやこれやと起こりながら、支配人の思い通りになるかと思った。
なるんだ~と観ているほうはなんだかガッカリ。

だが、銃を持った2人が出会ってしまい、銃声がホテルを駆け巡る。

逃げ出す人々。
もう誰も客も従業員も残っていない。
最後、支配人1人、ホテルを去った。
100年たって、ホテルは終わった。

こんなホテル続いても意味ない。
100年前と同じ、銃声が響いても響かなくても、そうなるようになっていたのだ。
yoko45

yoko45の感想・評価

3.6
ホテル内を行き交う人を追う撮影技法が面白く見入ってしまった(とくにフロント係の責任者ラミヤ)。それぞれの物語が絡み合っていく構成力にも感心。第一次世界大戦の発端となった事件をよく勉強していればもっと楽しめたかもしれない(事件と歴史に関するインタビュー場面の内容が難しい)。
skm818

skm818の感想・評価

3.6
第一次世界大戦開戦100年を記念してEUの式典が行われるという日、使節団を迎えることになっていたサラエヴォ市内のあるホテルでの人間模様。弱い立場の者たちはただ搾取され、暴力を振るわれ、出自が違うもの同士はテレビの討論番組のカメラの前ですら対立し、民族主義者の男は銃を持っているだけで警官に射殺され、しかしホテルの支配人も安泰ではなく、資金繰りに困り、発砲騒ぎで客が全員逃げ出したとあっては、借金返済のあてもなくもう絶望しかない。そういう鬱展開と終わり方。
ストに反対していても解雇されるんじゃ、ストに参加した方がいいよなあとしみじみ思う。
あの男が支配人室に飛び込んで彼女を助けたら英雄だが、そういう展開ではなかった。何をしようが弱いものは犠牲になって泣くしかないのか。
全てが解決しているかのような華やかな式典や記念イベントの陰で泣いている人たちはまだ大勢いるという話だろうな。
途中むちゃくちゃ眠かったが、だいたいの流れは把握できてると思う。
あの監視されてた男って、要人じゃなかったのね。
とがり

とがりの感想・評価

3.0
サラエボ事件から100年、記念式典に臨む慌ただしいホテルで、再び銃声が鳴り響く…
みたいなフーダニット的ミステリーを想像してたら、そうではない群像劇っぽいドラマ映画だった。
不穏な空気をこれでもかと醸成しつつ、ラストシーンの突き放したような寂寥感。
Kaoric747

Kaoric747の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

地元の劇場で公開決定から実際の公開まで半年以上かかったと思われ、ずいぶん楽しみにしていたから、観てみると物足りなかった印象が拭えない。映画の舞台、ホテルヨーロッパで繰り広げられる3つのエピソードが切り替わるテンポが速くて、ついていくのに苦労した。一番興味深かったのはジャーナリストと、100年前にオーストリア=ハンガリー帝国の皇太子夫妻を暗殺した青年と同じ名を持つ男のやり取り。今にも銃声が鳴り響かんばかりの緊張感と、一瞬2人の間に生まれた共感や理解のバランスが素晴らしかった。(2017/10/11 KBCシネマ)
歪み合ったところで、最善の答えにはたどり着けない。
>|