サラエボの花の作品情報・感想・評価

『サラエボの花』に投稿された感想・評価

chika

chikaの感想・評価

-
めちゃくちゃありがとう⚽️😭😭😭😭
映画の感想じゃなくてごめんなさい

つつましくも仲の良い母娘
母の秘密、父の死の真相とは

クリップの1番下に眠っていた
作品をやっと鑑賞👀

サラエボ、セビリア
ボスニアヘルツェゴビナ
聞いたことはあるけど
詳しくは知らない場所でし…

>>続きを読む
てん

てんの感想・評価

3.8

授業にて視聴
真実が辛すぎる、この先も2人はこの真実を抱えながら生きていかなきゃいけない

こういった女性たちのこと忘れちゃいけない風化させちゃいけないと思う。戦争に対して傍観者にしかなれない自分だ…

>>続きを読む
camuson

camusonの感想・評価

4.0

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(1992~1995年)から
約10年が経過したサラエボが舞台です。

凄惨を窮めた戦時の描写はあえて行わず、
今なお続く、人の心に残る傷痕に焦点を当てています。
母娘の…

>>続きを読む

昔から一度観ようと思っていた映画。戦争を扱った映画で、ボスニア紛争の10数年後の人々の苦しみを描いた作品。戦争は終わった後も爪痕は癒える事は無く墓場まで続き、当事者の子孫にまで根深く続いて行く。もの…

>>続きを読む

ボスニア紛争の10数年後、戦争で傷を負った女性たちの心は想像を絶する。
冒頭の集団セラピー?に参加している女性たちは仕事をちょうだいと強気で言いながらトラウマに悩まされているんでしょう。
「ボスニア…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

当事者は言うまでもなく、観る、知る側にとってもこの上なく胸が痛む悲惨な出来事。観るのもつらいが、描かれる必要のある題材だと思う。

(別のドキュメンタリーによると)驚くべきことに、この時の紛争におい…

>>続きを読む

これまで観た紛争・戦争に関連したものの中でも強く印象に残る作品。

紛争の傷跡は戦いが終わった後もなお続く。
歴史の教科書やニュースで知った知識だけでは捉えきれない面も映像を通して少しは自分事にでき…

>>続きを読む
一人旅

一人旅の感想・評価

5.0

第56回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作。現在の日本では想像もつかない、同じ国の人間同士が殺し合うという悲惨な内戦。多数の民族と宗教が入り乱れるバルカン半島だからこそ起こってしまった事件なのかもしれな…

>>続きを読む

母エスマは、今でもPTSDに苦しめられているが、それでも生活の為に、セルビア人のマフィアが経営するパブで働かなければならない。
エスマにも金や伝手があれば、きっとこんな嫌な思い出が残る土地は離れて、…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事