サラエボの花の作品情報・感想・評価

「サラエボの花」に投稿された感想・評価

一

一の感想・評価

3.5
『アイダよ、何処へ?』のヤスミラ・ジュバニッチ監督デビュー作

2006年ベルリン国際映画祭の金熊賞受賞作

ボスニア内戦から12年の時を経たサラエボを舞台に、戦禍の傷である秘密を心の奥に抱えて生きざるを得ない母と、家族の真実に向き合う娘の再生と希望を描く

紛争の傷跡が色濃く残るセルビアで、毎日の生活の為に貧困に苦しみながらも懸命に生きる人々
直接的な描写もなく、それほど起伏もない暗く静かな物語ですが、このシングルマザーの母娘を通し、紛争というものの悲惨さが痛いほどに伝わってくる

時折挟まれる主人公が精神的に不安定になる描写が悲惨な紛争の爪痕そのものを表しているので、彼女がどれほど辛い経験をしたのかというのはすぐに察する事ができます
しかしそれほど深く深く傷つきながらも、たったひとりの娘を愛するという純粋な気持ちは、かけがえのないほど美しく見えました

この母と娘二人の自然な演技が、苦しすぎる物語の説得力をぐんと高めてくれる
中でも、時に年ごろの娘と衝突する二人のやりとりがめちゃくちゃリアルで観ているだけで胸が苦しくなるけど、それでもあのラストカットにどれだけ救われたことか…
哀愁漂う民謡のような歌声も胸に響く
金熊賞も納得の作品だと思います

〈 Rotten Tomatoes 🍅98% 🍿86% 〉
〈 IMDb 7.2 / Metascore 71 / Letterboxd 3.5 〉

2021 自宅鑑賞 No.468 GEO
Yui

Yuiの感想・評価

3.7
ボスニア紛争から約10年経ったサラエボを舞台に、過去の深い傷を背負う母とその娘の絆を通じて戦争の悲劇を描いた作品。

貧しさにあえぎながらも懸命に生きる普通の人々。直接的な描写はないものの、生活の所々に残る戦争の傷痕がはっきりと見えました。

娘の修学旅行の旅費の支払いをする話から、母のとある秘密が暴かれるのですが…めちゃくちゃ辛くて切ないです。戦争の悲劇が、二人の姿を通して痛いほど伝わります。なんで楽しいだけの修学旅行の話から、こんな事になってしまったのか…😢やるせない気持ちでいっぱいになります。

ラストシーン。
先に希望があると信じたいなぁ。


もう少し長くても良かったな~🤔
ボスニア・ヘルツェゴビナの作品は多分初めてなのですが、どこ!笑 ってなったので検索🧐したらとっても美しい所で、行ってみたくなりました🥺💕

2021-283
マミ

マミの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

2度訪れたことがあるボスニアヘルツェゴビナという国で、たった30年ほど前に起こった紛争の影響が及んだ母と娘の話、、見てて本当に苦しかった。
すぐエスマが苦しんでいる理由がわかってしまった。。

サラエボにあった大量のお墓を目にした時に、その犠牲者の多さから紛争の惨さを感じだけど、この映画を見てああこの民族紛争は、亡くなってしまった人だけが犠牲者ではないんだと改めて思った。

どうして民族紛争って起こってしまうんだろう?事実としてユーゴスラビアからの独立を宣言した時に各民族間での争いが起こった、ってことはわかるんだけど、なぜ争う?大きなユーゴスラビアという枠組みがなくなった時、一層他民族との違いが露呈するから?それとももともといがみ合いがあったのか?でもそもそも民族意識ってどこからくるの?全員持ってたものなのかな、わからなすぎる。調べたいと思います。

民族間の争いが、個人レベルの憎しみとか苦しみになってしまうから民族対立はなくならないのかもしれない。もちろん一要因だとは思うけど。紛争の戦略としての民族浄化、調べれば調べるほど最低で、絶句してしまうな、、全然映画の感想じゃなくなってきたけど、見てよかったです評価はつけられない!
長すぎる!
サラエボに住むシングルマザーのエスマと12歳の娘のサラ。ボスニア紛争の傷跡が残る街で、自分たちの過去と真実に向き合う親子の姿を描いたヒューマンドラマ。

劇中で映し出されているのは端から見ると普通の一般人の人々。その日常を描いているように見えて、次第にボスニア紛争がもたらした悲劇の影が浮かび上がります。

紛争の場面は一切無し。大きな演出も全くありませんが、この作品が描き出すメッセージは心に深く刻まれました。

娘の修学旅行費のために必死に金策をする母親と反抗期の娘。この2人の姿が中心なので紛争の悲劇がより色濃く感じ取れます。

母親が隠し続ける紛争で戦死したという父親の真相。これに関しての真相は予想通りでしたが、終盤での親子の感情むき出しのぶつかり合いは演技とは思えないほど真に迫ったもの。主演2人の演技力には最初から最後まで注目して見ていました。

戦争であろうと紛争であろうと、その争いで起きた悲しみと苦しみは、その時のみならず後生にも絶望を与えるものだと改めて実感。

この根深い問題に焦点を当てたヤスミラ・ジュバニッチ監督。当時若干32歳で、しかも女性の新人監督でこの完成度というのだから恐れ入る。

90分という無駄のない時間にテーマをまとめ上げる手腕も素晴らしかったですし、映画としての見応えもしっかりと感じられるものだと思います。
主人公の女の子可愛かった
もっと長くても良い気がする、、、 
nottara

nottaraの感想・評価

4.6
ボスニアヘルツェゴビナで起きた「民族浄化」というものを、この映画で知った。

受けた傷は決して癒えない。
とても辛い。

でも、所々に静かな美しさも感じる映画。
まるで祈るように、手にキスをしてる丘の上のシーンは、本当に綺麗だった。

ラストのサラに、希望はあるのだと信じたい。

映画館で一度観たきりなので、もう一度観たいと思ってる…。
mh

mhの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

日常生活を描写することで、間接的にボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を描くファミリードラマ。
父親が殉教者(シャヒード)であれば、修学旅行の費用は免除されるから、早く証明を持ってきてよという娘の視点と、修学旅行の費用を捻出しようと夜勤も始めて黙々とがんばる母親の視点が交互に描かれる。
背中の傷とか、掘り起こして遺体確認とか、女たちだけでミーティングしている意味がだんだんわかってくるようになってるんだけど確信には至らない。クライマックスですべての疑問が氷解する。それがあまりにも過酷。
学のある者が戦争に巻き込まれて半グレみたいになって、戻りたくても(同級生が幼く見えて)学校に戻れないとか、めちゃリアルだった。
知的な顔つきで、半グレみたいな風体がとても良い。このキャラ造形は素晴らしい。
つまり母親にとって、用心棒の彼との恋愛は……とか考えると切なすぎて考えたくない。古今東西親の心子知らずなんだろうけど、この親子にいたっては、お母さんが圧倒的にかわいそうすぎる。
女性が丸坊主にするシーンはやっぱりはっとする。
同級生たちの歌声に声を重ねるラストカットに救われた。
面白かった。
過去は覆い隠すのではなく、表出させ、それを認めなければ誰も前に進むことはできない。

それがどれだけ酷い惨たらしいことだとしても、声を上げなければならない。

普段見る映画とは違う撮り方。ある意味、“わかりやすい”。けれどこの映画、そしてグッバイ、レーニン!の中には形容し難い優しさが漂っている。そのことに驚き、心が震える。
Lieechan

Lieechanの感想・評価

3.2
出生の秘密を暴露してしまうのは、アレはアリなのか?と思ってしまった。
あきら

あきらの感想・評価

4.3
直接描写は一切ないのに、確実に紛争の傷跡が横たわっている。
この行き場のない憤りは、どうすればいいのだろうね……

戦争と紛争の違いはあれど、明確な暴力であることに大差はなくて、最終的に傷つくのはいつだって女だ。

「民族浄化」なんて悍しい言葉。
思春期の娘の修学旅行費が、こんな惨たらしい過去をあばくことになるなんて…

戦争紛争ってついつい非日常で、過去で、対岸にあるもの。だと思ってしまいがちだけれど、なんのことはない。
自分にもある「ふつうの日常と」地続きだってこと、忘れちゃいけない。
>|

あなたにおすすめの記事