サラエボの作品情報・感想・評価・動画配信

「サラエボ」に投稿された感想・評価

アンドレアス・プロハスカ

1914年6月28日にオーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者フランツ・フェルディナントと妻のゾフィー・ホテクが、サラエボ(当時オーストリア領、現ボスニア・ヘルツェゴビナ領)に訪問中、ボスニア系セルビア人の青年ガヴリロ・プリンツィプによって暗殺された。その裏には軍部の影、大国の影がチラつく。

100年目を迎えて何を語りかけるのか。
第一次世界大戦の引き金になった事件なのは、わかったけど、この問題って、宗教や人種問題で、もっと前からだと思われるが…。作品内でも陰謀があった。終わり。みたいな感じで、スッキリしない。セルビア人ユダヤ人、オーストリア人と色んな人種がいて、いがみ合う。そもそもセルビア人って、何でそんなに嫌われるのかその辺もう少し説明して欲しかったなぁ。まぁ、私の勉強不足が、一番の原因かぁ。
かおり

かおりの感想・評価

2.9
サラエボ事件って、ただの歴史科目の暗記単語じゃなくて(あたりまえ)、こんな風だったのかと。
2021/19

歴史の勉強、のつもりで鑑賞。

世界大戦の発端となったはずの事件が陰謀として描かれていた。

このエピソードだけならよくあるサスペンス。
その後のヨーロッパの悲劇を知った上だと前日談として興味深かった。
2021/2/15
当時の様子が想像できた。どこまで史実かわからないけど、残酷な上層部の思惑がうまく表現されていた。視覚的に当時の文化が楽しめたのもよかった。面白くはないかなw
aya

ayaの感想・評価

2.0
サラエボ事件を題材にした映画。
センセーショナルな題材だし、いくらでもおもしろくできそうなのに、『映画』としての出来はイマイチ。ドキュメンタリーとしても、、、
そう考えると、先日見たロマノフ朝の衰退を描いたNetflixドラマは、飽きさせない作りでおもしろかったや〜と思う。
s0o0gle

s0o0gleの感想・評価

3.1
教科書では教えてくれないモノ感あったけどそもそも教科書でもちゃんと学ばなかったし況や映画を観たところでね
第一次世界大戦の引き金となったオーストリアの皇太子が暗殺されたサラエボ事件。
教科書で読んだ位の知識しかなかったので興味から鑑賞しました。
サラエボ事件の尋問を描き、終始落ち着いた静かな作品でしたが静かすぎるため終始睡魔との戦いとなりました。
知識としては良かったけど映画としては私にはイマイチでした。
Buchaiku

Buchaikuの感想・評価

3.5
サラエボ事件、これ本当なの??
全く知らなかった。
お金儲けとかずるいこと考える人がいなければ、こんなこと起きなかったのね。みんながみんな信じられないくらいずるいやつ。ひどい。戦争でお金儲けするな。もしかしたらコロナも本当に陰謀なのかもしれない。
Jafro

Jafroの感想・評価

2.0
教科書に載ってる範囲でしか知らなかったサラエボ事件。プリンツィプの名前くらいまでしか載っていない。その背景について書かれていないのは、あまりに事実が曖昧だからだろう。と邪推した。知識不足を実感させられた映画だった。

この映画でもなにがどのような因果があり、この事件へ発展したのかちらりとしか述べていない。あまり強調されていないのはなぜか?事実を基にしたフィクションなんだと思わせられる。

要らぬ恋愛要素が無駄に話に絡んでくるが、これはフィクションなのか?鑑賞者に印象づけようとしているが、これは事実なのか?疑念が頭をよぎり、どうにも入り込めない。フィクションとしても中途半端、史実とするには弱い説得力。勉強用にと思っているならオススメしない。娯楽なら尚更。

とはいえ私自身が知識不足なのは確か。誰か専門家の意見を聞きたい。
>|

あなたにおすすめの記事