仁光の受難の作品情報・感想・評価

仁光の受難2016年製作の映画)

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:70分

3.5

あらすじ

勤勉な修行僧、仁光には悩みがあった。それは、女に異常にモテること―。 町の若い娘から、熟れた女房、枯れ果てた老女にいたるまで、仁光に夢中になり群がってくるのだった。ある日の逢魔ヶ刻(おうまがどき)、仁光は不思議な少女に出逢い、その魔性を開花させてしまう。周囲を惑わす自らの不徳を恥じ己を見つめ直すための旅に出た仁光は、道中知り合った浪人・勘蔵と共に山を越え、とある寒村にたどり着く。そこでは村人た…

勤勉な修行僧、仁光には悩みがあった。それは、女に異常にモテること―。 町の若い娘から、熟れた女房、枯れ果てた老女にいたるまで、仁光に夢中になり群がってくるのだった。ある日の逢魔ヶ刻(おうまがどき)、仁光は不思議な少女に出逢い、その魔性を開花させてしまう。周囲を惑わす自らの不徳を恥じ己を見つめ直すための旅に出た仁光は、道中知り合った浪人・勘蔵と共に山を越え、とある寒村にたどり着く。そこでは村人たちが、男の精気を吸い取って殺すという妖怪(あやかし)・山女(やまおんな)に頭を悩ませていた。仁光と勘蔵は山女の退治を頼まれるが、仁光は―。

「仁光の受難」に投稿された感想・評価

竹犬

竹犬の感想・評価

3.3
イケメン修行僧が異常に女性にモテてモテて災難に遭うお話。
はやり着物に女性の柔肌はよく映える。
浮世風の女性の紹介がインサートされてくるのた楽しかったし三味線風のボレロ演奏も良かった。
好きな感じの題材なんだけど、結末に不満。
えー?そういうオチにするの??もっと楽しげなB級に突き抜ける事もできただろうに。
残念だし、仁光さんが不憫でならない。彼は吹っ切れて自分らしくなれたのか?
でもおっぱい沢山出てきたので満足。
2018年劇場鑑賞一発目。
B級映画のチープさと日本の怪談や妖怪なんかの不気味さのマッチ、70分という短い尺の中でテンポよく進むストーリーにドンドン引き込まれていく良作でした。
中間部の和楽器ボレロをバックにベジャール風(というかそのもの?)バレエを能面が踊る画がシュールで最高。
みんなボレロって書いちゃっているので、ネタバレはつけませんが、やっぱりすごくいいシーンですね。

映像がまず美しいし、構成の妙とかはあまり知見がないですが、引き込まれていきました。

東京の上映期間が終わってしまったので、大阪まで旅行がてら見に来ました。
今、ホテルまでの帰路に書いています。

いい映画に出会えて、かなり良かったと思います。
ai

aiの感想・評価

3.5
町娘だけでなく人妻たちもこぞって胸おっぴろげて仁光を追いかけ回す…自分の意志を無視した「モテ」はもはや暴力である…。コメディかと思ったら、後半はゾワっとする展開に。静かな語り口と随所に挟まれるアニメが効果的。ボレロに合わせて踊るマーラも狂気的。けっこう面白かった。
抱腹絶倒だが、大真面目な悲喜劇。
主人公仁光、浪人の男もだが、山女を演じた、若林美保の存在感たるや…!
機会があれば、再見したい。
Snowkuouks

Snowkuouksの感想・評価

3.5
モテモテ坊主が本当の自分を知るまでのエロエロあやかし対決。アニメCGはすべて監督のお手製らしく、インディーズ感は高い。舞台は江戸時代を設定したようだが、どことはなく仏教説話感があり「今昔物語の欠巻にある段なんですよー」とか言われると三秒くらい本気にしそう。馬鹿話を真顔で語る面白さがある。
山女、和風ボレロと楽しめました。
おっぱい大盤振る舞いにB級感はあるが。
仁光役、良かったけど、ピアスの穴が空いているように見えるカットがあって冷めました。
友達が言った「動く春画」っていう表現がしっくりきすぎた
アニメーション、浮世絵、バレエ色々な表現方法を取り入れてるのは面白かった
若干ボレロ踊ってるところ長くてダレ感あった
仁光の運命不憫過ぎんだろ
自主制作で、監督の思い描いたものにここまで引き寄せて作れることがすごい。使えるリソースすべて投入して使いきってる。
角川シネマ新宿での千秋楽に行ったら、監督、仁光、山女までキャストやスタッフの方々のトークショー聞けました。幸せすぎて余韻がすごいです‥‥

アニメと実写を上手いこと織り交ぜて、アニメが有名な日本らしかったり、予算がないからこそアイデアで勝負できたり、邦画の、自主映画のお手本となるような素晴らしい映画でした。
>|