仁光の受難の作品情報・感想・評価

仁光の受難2016年製作の映画)

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:70分

3.6

あらすじ

勤勉な修行僧、仁光には悩みがあった。それは、女に異常にモテること―。 町の若い娘から、熟れた女房、枯れ果てた老女にいたるまで、仁光に夢中になり群がってくるのだった。ある日の逢魔ヶ刻(おうまがどき)、仁光は不思議な少女に出逢い、その魔性を開花させてしまう。周囲を惑わす自らの不徳を恥じ己を見つめ直すための旅に出た仁光は、道中知り合った浪人・勘蔵と共に山を越え、とある寒村にたどり着く。そこでは村人た…

勤勉な修行僧、仁光には悩みがあった。それは、女に異常にモテること―。 町の若い娘から、熟れた女房、枯れ果てた老女にいたるまで、仁光に夢中になり群がってくるのだった。ある日の逢魔ヶ刻(おうまがどき)、仁光は不思議な少女に出逢い、その魔性を開花させてしまう。周囲を惑わす自らの不徳を恥じ己を見つめ直すための旅に出た仁光は、道中知り合った浪人・勘蔵と共に山を越え、とある寒村にたどり着く。そこでは村人たちが、男の精気を吸い取って殺すという妖怪(あやかし)・山女(やまおんな)に頭を悩ませていた。仁光と勘蔵は山女の退治を頼まれるが、仁光は―。

「仁光の受難」に投稿された感想・評価

山女、和風ボレロと楽しめました。
おっぱい大盤振る舞いにB級感はあるが。
仁光役、良かったけど、ピアスの穴が空いているように見えるカットがあって冷めました。
友達が言った「動く春画」っていう表現がしっくりきすぎた
アニメーション、浮世絵、バレエ色々な表現方法を取り入れてるのは面白かった
若干ボレロ踊ってるところ長くてダレ感あった
仁光の運命不憫過ぎんだろ
自主制作で、監督の思い描いたものにここまで引き寄せて作れることがすごい。使えるリソースすべて投入して使いきってる。
角川シネマ新宿での千秋楽に行ったら、監督、仁光、山女までキャストやスタッフの方々のトークショー聞けました。幸せすぎて余韻がすごいです‥‥

アニメと実写を上手いこと織り交ぜて、アニメが有名な日本らしかったり、予算がないからこそアイデアで勝負できたり、邦画の、自主映画のお手本となるような素晴らしい映画でした。
G行為

G行為の感想・評価

3.5
なぜモテるのか理由はさておき、人間だものそれも致し方なし。
オカルトのようなコメディのような…観た人の感性によって如何様にも取れそうな作品である。
あるいは深くて有難~い、仏さまの教えが詰まっているのかも?w

曼陀羅イラストや浮世絵アニメーションを合間に挟んでみたり、和風クラシックをBGMにくねくね踊る小面など、仁光の煩悩に惑わされる表現がいちいち面白い。

恐らく低予算なのだろうか多少のチープさはありましたが、監督さんのアイデアがそのまま乗っかったような、一見、硬派な時代劇を装っているけど、いい意味でふざけている映画だった。

あと、山女や村娘のエキストラなど、出演女性ほぼ全員のおパイが拝めます。
そういえば、一人ハーフみたいな人もいたなぁ。
山口

山口の感想・評価

4.2
女に異常にモテる修行僧VS男の精気を吸い取って殺す山女

なんかすごいものを見てしまった、、
もっとコメディよりかと思ったら思い切りホラーだし。能面ってコワイよね。浮世絵アニメーションもいい!監督さん多才〜!
自分のやりたいことやりきって見てる人もこんだけ楽しめるってすごいよなあとおもった。
SP

SPの感想・評価

-
むっちゃ面白かった!演出・編集が巧み。バカバカしい内容をクソ真面目にやられており大変楽しませて頂きました。ちゃんとバカバカしいだけじゃないよ。妖とエロ、坊主と煩悩という、ワクワクせざるをえない映画。またとんでもない映画が生まれてしまったな…VFXも凄いです。
角川シネマ新宿で明日までだぞ!
やー。こんなおっぱいばかりだとおもわなかったわー。
新感覚だし、インディーズのイメージが変わりました。
Nozomi

Nozomiの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

こんな映画初めて観たわ。
一言で表すなら
動く春画ってかんじ。

本当にタイトル通り
仁光の運命が不憫でならない。

致し方ない、致し方ない、致し方ない
kyoko

kyokoの感想・評価

3.6
かなりくだらない感じを想像していたのだけど、なんのなんの、結構なクオリティの昔話風ホラー(そこまで怖いわけじゃない)。70分という短い尺にうまく収まっている。

演技はみなさんそれほどうまいとは感じなかったけど、全体の雰囲気がすごく好みだった。
アニメの挿入は、下手すると大事故になることがあるのだけど、これは成功していたし、浮世絵もいいアクセントになっている。
精気を吸い取られたチープなミイラも◎
和楽器ボレロもいい。
いろんなおっぱいが見られる分、美人さんがいないのは「いたしかたなし」

※久しぶりに角川シネマ新宿スクリーン2に行ったら着物姿の従業員に出迎えられて驚いた。いつから旅館の女将風になったの?


この謎はコメント欄で解明されました。
>|