blank13の作品情報・感想・評価・動画配信

blank132017年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:70分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「blank13」に投稿された感想・評価

tk

tkの感想・評価

3.1
リリーフランキーの哀愁漂うパパ感に切なさを感じた

焼却炉が映し出されてゾッとした
りえ

りえの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

佐藤二朗さんもうちょっと静かにしてようか。でもあんな人実際いるよなと思ったり。最後の「最後の家族の風景」が泣けた。
あやめ

あやめの感想・評価

3.5
100%の善人もいなければ、100%の悪人もいない。99%悪人の1%の善行の方が価値は高く感じるし、それに縋る気持ちもわかる。信じたいように信じるのも悪いことじゃないし。愛は量より質。
佐藤二朗がもっと佐藤二朗を押し殺してたら面白かったかもしれない。
SENTIMENT

SENTIMENTの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

役者に釣られて。
斎藤工が監督とは知りませんでしたが。

内容だけに昭和を見せつけられた感じ。
芸人がいっぱい出てるし、佐藤二郎ちゃんウンウン言いまくってるし、笑わそうとしてるのかどうか変に勘繰ってしまい、それぞれのエピソードが入ってこなかったのは私の失敗。
どれも想像の範囲内のエピソードだったから、というのもあるけど、「映画」だから何かを期待しちゃってたのかも。
冒頭に実話に基づくーって言ってくれてるのにだ。。

昭和にありがちな話なんでしょうか。
少しばかり昭和も生きましたが、こんなに切なく辛い体験はしていないので。

ただこの体験云々ではなく、空白の13年間にどれだけの人と接し、愛されたとしても、家族を捨てる人間は絶対的に好きになれない。
その13年間、苦労してでも一緒に生き抜いた方がいい話だよ。
捨てられたと感じた人間の気持ちは想像の範囲に収まらないが、その気持ちは少しだけでもわかる気がする。
この親父のDNAを受け継いでる2人の息子は、何だかんだ葬式開いてあげてるんだから、親父のお人好しをしっかり受け継いでしまったんだね。

ラストの曲、すっごい雰囲気リンクしてて1番感動しました。

つらつら並べましたが、気づけば自分結構感情移入しちゃってるじゃん。
見る前の気持ちと見た後の気持ちでは、
悪い意味で裏切られた気持ちでいっぱいだが何だろうな、「映画」を見た気がしてます。
kym

kymの感想・評価

3.0
息子達の複雑な感情が伝わってきた
「大嫌いだけど、少し好きな気もする」
この言葉に想いが詰まってました
きっと兄もそうなんでしょう

あと中盤からの怒涛の思い出話と泣き女の対比が良かった

斎藤工なかなか凄いです
うまお

うまおの感想・評価

4.0
まさかのすげー良かった。

会えなくなってからわかることもたくさんあるし、大嫌いだけどちょっと好き、ってことも多々あるし。
そんな言葉にできないモヤモヤを映像にして表現してくれてた。
『監督』斎藤工、好きかも。
別の作品も観たい。
yamachi

yamachiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

周りからどれだけ優しい、良い人だったと言われても 1番大切な人に、人達に届いて無ければ何も意味がない。

一般的な地位名誉より
必要なのは隣人へのリスペクト

シリアスに佐藤二郎はあかん。笑
yuka

yukaの感想・評価

-
色んな作品見て感じたり、今までの人生の中で思うことだけどやっぱり家族との時間や育った環境って1番人生に影響するし、一生関わらなければならない問題。音楽すごく良かったし映像は少し個性があって面白かった。
こういう重めな作品で、ちょうど中盤からガラッと雰囲気が変わる映画っていうのが面白かったのと佐藤二郎が仕切り出してからの高橋一生の表情がツボだった。
灑絵子

灑絵子の感想・評価

3.8
斎藤工さんのファンなので鑑賞。面白くなかったらどうしようとビビりながら観ていたが面白かった。
多才だわ。
作品全体としてあまり個人的にはヒットしなかったけど、
高橋一生さんとリリー・フランキーさんの出す独特な雰囲気や表情がよかった。

どのキャラクターにも共感できなかったからはまらなかったのかもしれない。
私だったら、父親が外でどんなにいい人でも自分や母親をを捨てていったら心は動かないような気がする。自分が辛い目に遭ったからというよりも、一貫性のないその行動に苛立ってしまいそう。

笹川美和さんの「家族の風景」は好きになった。
>|

あなたにおすすめの記事