blank13の作品情報・感想・評価

blank132017年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:70分

3.7

あらすじ

13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかった。借金を残し消えた父に母と兄は会おうとしなかったが、キャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられないコウジは病院へ向かい再会を果たす。しかし、2人の間にある13年間の溝は埋まらないまま、父はこの世を去ってしまう。果たして父は13年間なにをしていたのか?もう取り戻せない思っていた13年間の空白が、葬儀当日の参列者が語る父親のエピソードで、家族の…

13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかった。借金を残し消えた父に母と兄は会おうとしなかったが、キャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられないコウジは病院へ向かい再会を果たす。しかし、2人の間にある13年間の溝は埋まらないまま、父はこの世を去ってしまう。果たして父は13年間なにをしていたのか?もう取り戻せない思っていた13年間の空白が、葬儀当日の参列者が語る父親のエピソードで、家族の誰も知らなかった父親の真実とともに埋まっていく…。

「blank13」に投稿された感想・評価

mmm

mmmの感想・評価

3.4
短かった。。
でも、すき
火葬場がリアルなんだけど、どこか虚構のうだった。
「ちょっとタバコ買ってくる。」

実話を基に長男を演じる斎藤工が齋藤工としてメガホンを取った初監督作品。

リリーフランキーが秀逸👏
(ホントにこの人は何をやらせても上手い)

原作未読

1番大事な13年間のエピソードのセリフを役者のアドリブにして おチャラけシーンにしてしまったのが残念でたまらない😫

女性目線で見ているので苦労した母親に同情しても父親の13年間にはなんの感動も得られなかったです。

シリアス路線を貫けば良かったのに💦
残念な作品になっちゃいました😭
幽霊を円で囲っていない心霊写真みたいな、合成着色料をたっぷり使った味のしないゼリービーンズみたいな、そんな作りなんですかね。

もうちょい分かり易い刺激をくれたらば能動的になれたかしらと、個人的には物足りなく感じてしまいましたけれども。

とりあえず、伊藤沙莉と松岡茉優と高橋一生の少年時代を演じた子に萌え倒しましたよ、と。
みち

みちの感想・評価

4.0
参列者の皆さん、最高!
さらば青春の光の森田さんの借金取りもハマってた。
主題歌、とっても良かった。
タカミ

タカミの感想・評価

3.0
キッチンにはハイライトとウイスキーグラス どこにでもあるような 家族の風景 🎶 家族とは、一度その役を与えられると取替がきかない。悪い父親という役を与えられたならば、死ぬまで悪い父親だ。高校デビュー、大学デビューのように自分を変えられるチャンスがあればいいのに。あったら私も良い娘になれる。かな。
観ていて切ないけど、あたたかい映画だった。嫌いだけど、憎めきれずほんとうは寂しさや期待する気持ちも捨てきれない息子たちの心情がすごーく伝わる映画だった。斎藤工すごい。
page

pageの感想・評価

3.8
音楽が最高。キャストも最高。佐藤二朗のあの演技が違和感なく収まってるのがすごい。「自分の好きなもの、好きな人たちをを詰め込んで形にしてみました」という感じ。
好みではない…痒い感じの邦画
キャストはさすが俳優監督で面白かった
Lie

Lieの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ふたつの異なるお葬式。父親のことが好きだった息子は、たぶん「父のことは大嫌いです」って言った方だったんだろう(と思う)

予告編の方が面白かった印象が否めない。
サツキ

サツキの感想・評価

2.6
ただの普通。日常、よくある話。
もう一回見たいなんて全然思わないのに、頭にずっとずっと残っています。
きらいな人のことを結局いつも考えているみたいな感覚です。
好きってことなんだろうな
>|