blank13の作品情報・感想・評価・動画配信

blank132017年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:70分

3.4

あらすじ

「blank13」に投稿された感想・評価

こな

こなの感想・評価

3.0
タバコの煙のごと、吹けば漂う弛緩の繰り返し。画と音の演出に好みでない点はあれど、物語はすべて、エンドロール後の高橋一生の一瞬に込められていたと思った。
名もなき松岡茉優があの場にいた意味、ともに立ち頭を下げた意味。家族、血縁、脈々とつながれてゆくもの。
Tss

Tssの感想・評価

3.8
ストーリーのトーンはほぼ変わりません。ですが、クスッと笑える場面があったり、最後はどこかほっとする優しさを感じました。エンディングに流れる、「家族の風景」が素敵です。
はみ

はみの感想・評価

-
お葬式のシーン大好き。大きい葬儀なんていらないから本当に自分のことを愛してくれる人に見送られたい。前半と後半でお父さんの印象が全然違ってくる。高橋一生さんの演技すき。神野三鈴さんのお母さんも凄くいい。
440

440の感想・評価

4.7
ちょうどこの作品の鑑賞前に日本武道館の外でキムタクとドラマ撮影していた齊藤工を見ました。
ドラマや映画など俳優としての齊藤工の作品をほとんど見たこと無いのですが、やはり実物は背が高くめちゃめちゃイケメンでした。

俺が知っているのはWOWWOWで映画紹介したり劇場の無い土地でボランティア上映したりと映画が本当に好きな人なんだなという事くらい。
これが長編初監督という事で色々こだわりを盛り込んだ作品なんだろうなと楽しみにしていたのですが想像以上に面白い作品でした。

内容については全く調べずどんなストーリーなのかも知らぬまま鑑賞したのですが、まさかこんな巧妙な遊びを仕掛けてくるとは思いもしなかったです。

先生からめちゃくちゃ怒られている時になぜかおかしくなっちゃったり、みんなが真剣に何かをしている姿を見て笑いたくなってしまう。
自分で考えても何でそうなっちゃったのかわからないような不可解な感情をこの作品は描いており俺は懐かしく感じたのと同時に凄い表現力を持った人だと思った。

70分と短い作品ではありますが2本分の作品を観た充実感はあります。
ぶっちゃけ本当に2本分みたいな作りでしたけどね。

ストーリーと構成も絶妙。
喜怒哀楽が全て盛り込まれており、特に「量より質」に気づいた兄弟が取るクライマックスは全ての伏線を回収していて余韻も最高。
あとキャスティングが俺の大好きな俳優さんが大集結していて文句なし。
ガキの使いの笑ってはいけないシリーズのような展開にアドリブ合戦の演劇を見ているような緊張感があり完全に俺のツボにハマってしまいました。
こんなに映画館で笑ったの初めてかもしれないです。

多分後半の「佐藤二朗ショー」が面白いか面白くないかで評価が分かれるんだろうな。
豪華キャストでみんな良かったのですが俺は神野美鈴さんのお母さんに鳥肌立ちました。
台所でハイライト吸うシーンでジーンと来たなぁ。
も

もの感想・評価

3.6
謎キャストすぎて(笑)えぇえええ…ってなってた。葬式のシーン、シュールすぎた。
斎藤工必要か??って思いながら観てたけど監督なんか!
お焼香、合計4回なってしまいました。縁起悪いから5回しとくわって(笑)(笑)
ジャンルはコメディなんや…
maami

maamiの感想・評価

-
予告観ずに観たけど実話なんも知らんかったしちょっとコメディー感あるのも知らんかったからちょっと期待通りではなかった。リリーが出てて面白そう!と思って観たけど期待外れではあったけど内容は結構しっかりしてる
前半 最低な男、最低な父親

後半 馬鹿だけど良いとこもある男、最低な父親
きたむ

きたむの感想・評価

3.2
ドタキャンされて怒り心頭してても一定の期間を過ぎてから出会うとむしろ高揚感すら感じる事あるよね。
真面目にしてるけど傍から見るとボケてるようにしか見えない状況ってシュールでニヤける。
どことなしにそのシュールさを感じる作品。

このレビューはネタバレを含みます

生き様はその人の葬式に来た人が表すものなんだなと思った映画。

借金残して逃げた父親の葬式で父の知らなかった一面を知る話。
借金返済のために働き詰めの母親が、事故に遭って傷だらけの顔に必死に化粧をして夜の仕事へ出るシーンが凄く印象に残ってる。その時の気持ちを思うと葬式の日の喫煙シーンは胸に迫るものがある。母親の出演頻度はそんなに多くないのに、作中における存在感がでかい。
YouTubeにあがっている1:42の予告編を観てこの映画を観たくなった。予告編前半はくたびれた感じのリリー・フランキーと寂しそうな目の高橋一生、主題歌の物悲しい雰囲気がそれらを引き立て引き込まれる。タイトルが一面に表示されると後半は一転して葬式パートに。葬式という笑いの沸点下がりがちな場に癖強めの参列者達がいる中、佐藤二郎とくっきーが出てきた時点で期待感はMAX。最後にはちゃんと感動させてくれそうな匂いを残して終わり、緊張と緩和が素晴らしい構成。正直予告編で自分のハードルを上げ過ぎた感はある。
斎藤工はなんでホクロを付けようと思ったんだろう。
Bondon

Bondonの感想・評価

3.3
本当に自分の死で心から泣いてくれる人が一人でもいる方が、大勢に見送られることよりも大切なんだなと。
>|