blank13の作品情報・感想・評価

blank132017年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:70分

あらすじ

13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかった。借金を残し消えた父に母と兄は会おうとしなかったが、キャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられないコウジは病院へ向かい再会を果たす。しかし、2人の間にある13年間の溝は埋まらないまま、父はこの世を去ってしまう。果たして父は13年間なにをしていたのか?もう取り戻せない思っていた13年間の空白が、葬儀当日の参列者が語る父親のエピソードで、家族の…

13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかった。借金を残し消えた父に母と兄は会おうとしなかったが、キャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられないコウジは病院へ向かい再会を果たす。しかし、2人の間にある13年間の溝は埋まらないまま、父はこの世を去ってしまう。果たして父は13年間なにをしていたのか?もう取り戻せない思っていた13年間の空白が、葬儀当日の参列者が語る父親のエピソードで、家族の誰も知らなかった父親の真実とともに埋まっていく…。

「blank13」に投稿された感想・評価

高橋一生の舞台挨拶付きで観賞@シネマート新宿。
なんと急遽、斎藤工と波岡一喜も来てくれました‼︎

齊藤工監督の初長編作品はめっちゃくちゃ面白かった〜!これ僕が好きな作風です😀
前半30分くらいは高橋一生、松岡茉優、リリーフランキーらの悲しい過去を描いていきます…
しかし、タイトルが出た後からはもう笑いの渦。
佐藤二朗、織本順吉、村上淳、野性爆弾くっきーらがアドリブをどんどん突っ込んできて、ほぼ女性客の劇場は笑いであふれてました😆
『パンとバスと2度目のハツコイ』で妹役だった伊藤沙莉が全く違う役で出ていて気づかなかった…。

でも最後には涙を誘うあたりはさすがとしか言いようがない!
そこに流れる笹川美和の歌がさらに感慨深いものに…♫

舞台挨拶も波岡さんの面白話で盛り上がり、斎藤工の残尿話でさらに盛り上がり(笑)
原作者のはしもとこうじさんも来られていて、実はこの日の司会をしていた水野悠希アナウンサーははしもとさんの奥様ってことも監督から暴露されてました笑
Marrison

Marrisonの感想・評価

3.0
良くも悪くもない。高橋一生くん中毒の人以外はこれ観る必要ないと思う。(私は、まだ一生に飽きてない♡ でも、打席ではもっと左脇を締めた方がいいよ♤)

見どころは前半に集中
❶松岡茉優ちゃんの真っ黒い瞳が、喪服や鯨幕風景にフィット!
❷神野三鈴さんのウエストが、母ちゃんらしくてee
❸車に撥ねられるところアッパレ(スタントなの?)

やなところ・・・台詞の何カ所かがにゅるにゅるしてた。ちゃんと簡潔にしましょうね。
❶「今日、遠足なのに遅刻しちゃうよ」→「遠足なのにぃー。遠足ー」
❷「大手の広告代理店」→「ベン通」
❸「甲子園の高校野球に出る」→「甲子園に出る」
り

りの感想・評価

3.3
イメージだけでシリアスな感じだと思って観たら違ってて、良い意味で裏切られた。
前半はシリアスだけど、後半はシュールなコメディ。佐藤二朗が出てきた時点で予感はしてたけど。

ストーリーはベタで既視感ありまくりだけど、独特の雰囲気と個性豊かなキャストがこの映画の魅力なのだろう。70分という時間もちょうど良い。

高橋一生、台詞は少ないものの時折微妙に変わる表情が素晴らしくて、コウジはいまどういう気持ちなのか、想像を掻き立てられた。

今回舞台挨拶付きで大阪ステーションシティシネマで鑑賞したけど、できればシネリーブルとかで観たかった。ミニシアターが似合う映画。
ynkrrn

ynkrrnの感想・評価

3.0
高橋一生さん 舞台挨拶付き特別上映会

観る人を選ぶ作品ではあると思います。

観ていて、なんとなくXavier Dolanの「たかが世界の終わり」と近いものを感じた気がします。

このレビューはネタバレを含みます

西条さんの脚本でテンションがあがる

が、途中のコントタイムがちょっと拒絶反応おこしかけた。二郎さんすぎるよ
母は強い、偉大。奇しくも今日は母の誕生日。
どんなにくそな人間でも親は親。
友人知人たちへ向けられたその優しさを家族に向けることはできなかったのか。
色々思うこと考えることがあるいい映画だった。
しかもそれだけじゃなくて笑えるシーンがちゃんとあってお笑いが好きな斎藤工っぽいな感じだった。
そしてリリーフランキーは映画観るたびに違う人間で本当に引き出しの多さがすごい。
あーる

あーるの感想・評価

4.5
一昨年のしたコメで『ブルーハーツが聴こえる』を観たあと、タクミくんとあっくんが登場して発表があった今作品。その時から楽しみで、その後、何度も予告を観ては期待を高めていました。

泣きましたね。でも思いっきり笑ったり、ずっと引き込まれっぱなしでした。

演者の表情とカメラアングルがちゃんと語ってくれてることや、距離感とか光の当たり具合とか、ケムリが印象的だったりと、いろんなこだわりが感じられます。タイトルバックの使い方が効果抜群でした。

余白が沢山あって、その行間を読み取りながら空白を埋めていくストーリー展開がとても好きです。

多少贔屓目かもですが、好きな役者さんが多く出ていたことと、音楽含めた音の使い方も良かったです。
龍太一

龍太一の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

そう来たか。
今のところ今年一予想を振り切られた。
「え? そんなの想像してたんですか? ごめんなさーい!」って悪びれもせず映像が走り去っていく感じ。
参列者代行の人たちの華麗な仕事っぷり。
挨拶途中で敗北感に襲われる長男。
ただ参列者のエピソードを繰り返すだけで大満足の次男。
慣れないタバコに幸せそうに噎せる母。
ブランクがブランクのままでいいと思えた。
あの歌、よく考えたらあれが父の人生のすべてを表していた
すあま

すあまの感想・評価

4.3
70分と短く、内容も詰め込み過ぎず、しっかりと間を生かした静かな映画。
素晴らしい役者の方ばかりで、それぞれの持ち味を生かした役柄だなと。キャスティングが最強でした。
死んでからじゃ遅いけど、死んだから気づくこともあるよねって感じ。
斎藤工演じる兄と父との思い出は出てこないけど、いろいろ想像させる。
面白かった
いお

いおの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

先行上映会にて。
家族ってめんどくさい。

葬式場面のシュールでとんでもない逸話たち。それを語る名優たち。
監督愛されてるな。

そして次男にこれだけの思い出があるなら、長男にもあるはずの語られない父との時間。それが確かにあったことを式場から出て座り込んで煙草燻らせるだけで見せる役者斎藤工が凄い。びっくりしました。
>|