blank13の作品情報・感想・評価

blank132017年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:70分

3.6

あらすじ

「blank13」に投稿された感想・評価

Question

Questionの感想・評価

3.5
話にムダがなくシンプルな描写が良かった。よく残念な映画で、無駄にシーンを増やしてダラダラ展開する映画があるけれど、この映画はそういった部分が無かった。
あとラストシーン。日本人なら誰しもがいずれ同じ目に合うその状況の生々しさに、何とも考えさせられた。
やはり人生は一度きり。灰になる前に後悔がないように生きたい。
松岡茉優に金子ノブアキのちょい役ながら好きな俳優さんが出てて鑑賞。

短い時間に複雑な感情。
なんだかんだ、苦労人生であったことには変わらないよな。
oym

oymの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

式でもっと兄弟の感情が見たかったなぁ
佐藤さん頼りだったなぁ

でも回想シーンのリリーさんと高橋一生の子供の時の子が素敵だった
なべ

なべの感想・評価

3.6
《斎藤工》は俳優でありながら映画コメンテーターや映画監督まで務める程の映画好きである。そんな映画好きの《斎藤工》が豪華キャストを迎え挑戦した初の長編映画。しかし初作品とは思えないような完成度の高さに吃驚し、役者の好演もあり70分にして濃密な作品に仕上がっていた。また、本作は放送作家の《はしもとこうじ》をモデルとする実話を基にして作られている。

13年前に突如として失踪した父親が見つかり、コウジは父親が既に余命3カ月の命だと知る。やがて父親は亡くなり葬儀が行われるが、思いもよらぬ形でコウジは亡き父親の生き様を知ることになる…。

前半と後半で物語の雰囲気がガラッと変わる。前半は割と静かでシリアスに展開され、後半はコメディタッチで面白可笑しく楽しむ事ができ、ラストは纏まりのある納得のオチでしっかりと締め括り、総じてバランス良くメリハリのある物語展開になっている。また、時折挟まれる過去の回想が良い味付け役となり、物語に煽情的効果と深みを与えていた。

メインアクターの《高橋一生》《リリー・フランキー》《松岡茉優》は元より、様々な個性派俳優が集結し面白い掛け合いを繰り広げるシーンが見所の一つとして挙げられる。さらに、心理描写を極力切り詰めた演出やカメラワークは、説明的にならず尚且つ難しくなり過ぎないようになっており、鑑賞者との距離感を程よく保ちつつ感情を巧く誘導していた。

《佐藤二郎》を始めとする面白組(野性爆弾くっきー、永野、村上淳、大水洋介、伊藤沙莉etc…)のユニークさよ。《佐藤二郎》に関しては《福田雄一》監督の映画やドラマに出演している時のあのキャラクターと何一つ変わってない。しかし、なぜかしら…クセになる面白さで、その他諸々の俳優陣のネタも含め、まるでコントのようで思わず笑ってしまった。


【以下ネタバレ含む】


◉そして語られる、憎んでいた父親の本当の姿。自分が想像していた父親とは全く異なり人情に溢れ、人柄もよく、多くの人に慕われていた。それに呼応して呼び覚まされる幼い日の記憶。憎むべき存在である筈なのに、家族を苦しめた張本人である筈なのに、優しい笑顔でキャッチボールをしてくれた父親を思い出す。葬式という場で初めて父親の人柄を知ったヨシユキとコウジ。2人の心情や心境に関しては、感極まったコウジの台詞に全て詰まっていた気がする。
m

mの感想・評価

3.1
何とも言えない流れの映画でした。
斎藤工の監督なんですねー!
びっくり。
ついに映画とりましたか?って感じ。
俳優陣のチョイスがいい!
リリーフランキーいいよね。
途中からちょっと笑える所あり。
変な人ばかりで笑っちゃうね。
キッチンにはハイライトとウィスキーグラスな素敵な映画だった🌞
ふざけてるのか真面目なのか、
それとも真面目にふざけてるのか...
コメント難しい~😂
ただ、この監督はほんまに映画ヲタなんやなって、凄~くわかる(笑)
独特の空気感、これぞヲタ。
それが解る人には面白い作品なのかな。
私はまだまだ💦
キャストには意外にツボった👍www
彩

彩の感想・評価

3.7
ダメダメ人間で情けないクソ親父。実際にはひどい事したよなと思う事なんだけど。そもそもお母さんなんでこの人と結婚したの?て観ながら思ってたんですが
お葬式のシーンで込み上げてくるものがありました。きっとみんな、キライなんだけどそこはやっぱりお父さんだから。夫だから。芯までは嫌いきれない、心のどこかで願ってた部分があのシーンで解き放たれたのが伝わってきて。間違えたかもしれないけど、誇りを持っていい人だったんだなと。おかしな人ばかり参列してて人数も少ないけどそこじゃない。なんか人は死んだ時にその人の価値がわかる気がすると思ってたけど、それを改めて感じました。またね、盛大に行われてる一般的なお隣さんとの対比がすごい良かった。そこじゃないんだよね。形式的には沿っていても、みんな心が無いんだなと。
またこのダメダメ親父がリリーフランキーってのが、もうこうゆうの似合いすぎ。いろんな人が出てて面白かったです。
PAO

PAOの感想・評価

3.9
監督が根っからの映画ヲタクなんでね。
従って、映画ヲタクの心を掴む憎い演出というのを熟知してらっしゃる。
行間というか間合いというか余白というか。そういう一拍置く演出が目立ちます。
メロウなテンポの悪さが逆に今後の展開への興味をそそる。
そして画の作りには、いちいちメッセージ臭を感じる巧みさ。
光の使い方がキャラクターの感情を表してたり、アップや引の画の使い方もまた、心の距離感なんかを含ましてそうだなぁとかね。
そして斎藤監督の本業である俳優というアドバンテージも充分に活かしていて良かったのがカメラワークかなって。
葬式のシーンなんかでは、カメラを固定して撮影してたけどその場合、なんか映画というよりコント的な画だなって感じたんだけど、カメラワークに頼らず、俳優のポテンシャルを信じて俳優達にお任せしますみたいな潔さは自らも俳優だからこそって感じなんだろな。
そういうコントっぽい演出や、間の悪いセリフなんかは斎藤工の「お笑い好き」も活きてる。(斎藤工さんのマスクメンっていうピン芸人もやってたぐらいだからね…)
という感じで斎藤工さんの『映画ヲタク×お笑い好き×俳優』
という魅力が詰まった創作料理のような映画。
そして長編といえど70分の尺にこの世界観を集約した凄さ。
映像も音楽の使い方も、グロスで捉えてもものすごくセンス良い!
massu5821

massu5821の感想・評価

3.5
お葬式を悲しく描くのではなくとても心地よく描かれていたのが印象的。

昔の大変だった頃と重なって迷惑かけられてゴメンだという妻や長男とは少し違って次男が父の本当の姿を知っていく過程が良かった。
言葉が少なくて余白で色々考えさせられる映画。
リリーフランキーははまり役だし、佐藤二朗も良かった。
松岡茉優ちゃんがラストシーンでお腹さすってるのもジーンときた。
>|