blank13の作品情報・感想・評価・動画配信

blank132017年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:70分

3.5

あらすじ

「blank13」に投稿された感想・評価

L

Lの感想・評価

3.5
vol.008
観たかったやつのひとつ。
いや、シューーーーールだな!
色褪せたような色味の薄い昭和っぽい画面の中で、すごいマジな空気だから
笑っていいのかも分かんなくて戸惑ったけど、笑っていいんですよね?
お葬式のシーン、ずっとシュールだったよ。
ラバーガールのがんちゃん絶妙に気持ち悪いなあ
村上さんの歌のぶつ切り方いいなあ
よくわかんない父親の仲間たちを見て口半開きの高橋一生さんの表情がなんとも言えなくていいなあ

最後の、窓辺でハイライトを吸う妻の姿もよかった。
極貧すぎるけど、たぶん家族ってこういうことだよなって思った。
私も母親のことどうしても好きにはなれなくて、家族の形に抵抗もあって、結局親は子供の事を愛しててみたいな精神論は大嫌いだけど、でもやっぱり憎みきれない部分はあって。
家族である前に人間だしね。

プロだし作品だし当たり前といえば当たり前なんだけど、
あの空気感の中、父親を思って涙ぐむ息子を演れるのすごいなあと思った。

あと、主題歌がいい。声がいい。すごく映画の雰囲気に合ってた。
1時間ちょっとだからみやすいし良かったです。
やっぱり斎藤工さんて変わってるんだなとも改めて思いました。
YUKI

YUKIの感想・評価

3.7
13年前に失踪した父親が余命3ヶ月で見つかり、家族の心境は?

斎藤工が監督。
俳優さんがこんな作品を撮れるんだと驚くくらいセンスが良かったです。
昼メシくんをキャスティングする辺りお笑い愛を感じるし、控え目ながらちょっとした表情で感情の機微を感じとれる実力派俳優揃い。
音楽もいいなぁと思ったら金子ノブアキ。
ノブアキ結婚して。
映画通で知られる俳優・斎藤工が長編映画初監督。
数え切れないほどの量の映画を観てきたであろう斎藤工が映画を撮るとどうなるのか。
映画が始まってから終わるまで齋藤監督の作家性が滲み出ていて好きなシーンが沢山あった。
息子と父が13年ぶりに会う屋上のシーンの距離感とか映画の空気感から齋藤監督のこだわりが随所に見える。
葬式のシーンとかもそうだけど監督のお笑い愛もあって個人的にはすごい好きでした。

リリーさんは言わずもがなどんな役でも完璧ですわ。

役者としても斎藤工は好きですが監督作をこれからもっと観ていきたい。
来年は竹中直人と山田孝之と共同監督として新作『ゾッキ』が待機していますが早くも楽しみですよ。
nojirei

nojireiの感想・評価

3.8
私はこれ好きです。
手紙の文面に、心を集めよたっていよ、パウル・ツェランの詩の一面。詩であり死、そんな感じ。
2020年37本目。

斎藤工先生が監督をやるのだからちょっと難しく抽象的な表現の映画かなーって思ってたけど、意外にもシンプル。
何よりも1時間という短い尺の中で超豪華俳優の演技が見られるので画力が強い。
前情報なしで見てたら「是枝映画かな?」と思うぐらいに豪華。
なんか描いている映画のテーマも是枝監督っぽさがあったと思ったし。

喪服姿の松岡茉優、麻雀をするリリーフランキー、怒りを噛み殺しながら投げ捨てるように話す高橋一生、煙草を吸う斎藤工、お焼香の回数にこだわるくっきー、小さくても大きい存在の伊藤沙莉、いつもどおりの佐藤次郎。

短い間に映画好きには既視感ある画が沢山詰まっていて、映画好きへのファンサービスに見えたよ。
「煙草の使い方が上手い」という意見もあったけど、伊藤沙莉が煙草吸っていたら100点だった笑

最後の三人が並んで座っている画と主題歌の「家族の風景」が強烈に良き。

印象的で美しいシーン単体を切り取って作るのが上手いなぁ。
映画好きならではの感性なのだろうか。
一生さんが出演していたので鑑賞。
周りに干渉されないところで一人この映画に向き合ってみる見方がいいと思う。
いつのまにか佐藤二朗さんが回していて少し面白いと思ったところもあった、最後一生さんが泣き目になってきたところにうるっときた。
全体的に暗く、沈黙も長いので寝てしまいそう、退屈に感じる人もいると思う(私もその一人)けれどこのテンポだからこそ話に没頭できることもある
minamina

minaminaの感想・評価

3.3
邦画はほとんど見ないのです。暗かったり後味悪かったり、はたまたコメディに振り切れていたり、難解だったりするから。

そんな私でも、映画を愛する斎藤工監督の作品と聞いて、これは見てみたい!と鑑賞してみた。

日本映画独特の間の取り方や、タバコみたいな小物の効果的な使い方に、なるほどね〜とは思ったものの、葬式の場面が多かったせいか終始暗い印象。こういう雰囲気の日本映画がお好きな方にはおすすめなのかもしれません。

佐藤二朗劇場はさすが!
み

みの感想・評価

3.0
高橋一生×リリー・フランキーとか観ないわけにはいかないでしょう!
ってことで視聴開始!
火葬の説明からはじまり、どんな映画なのか、、
確かに、そうだよね、という説明から始まる。

えー実話なのー?
実話系ちょっと苦手なので大丈夫かなあ。

光が明るいなあ~。眩しい(でも、モニターが悪いのかもw
新しいモニターなので、いまいち調整出来てないからね(何の話

高橋一生やっぱりイケメンですな~。目の保養目の保養。
リリー・フランキーもやっぱりいい!
ファンだからね、リリー・フランキーの。

あー、タバコ映すシーン上手いな。

返事のない行ってきますが苦しい、苦しい。
苦しいシーンが意外とおおい。
慣れない自転車に乗っているシーンとか‥

リリー・フランキーはなにやらせてもうまいなあ。
他の作品もどんどん追いたい。

正面から見れず、横目で見るシーンがいいですね、、
いい距離感。

葬式なのに、コメディちっくになってるのがあまり好きでないかもしれない。
そりゃあ楽しくお見送り!でいいだけれど、そういう感じか~になってる。
お笑いやってるんじゃないんだから。

でも、どんな人かわかっていいですね。

コメディ作りたいの?
なんなのこれ?

最初はすげえ雰囲気よかったのにぃ~。

吸い慣れてない銘柄の同じタバコ。

演者がまあ、好きだったのでこの点数で。


63本目。
R

Rの感想・評価

3.3
最後の10分くらいがいい。
でもその10分がいいって思えたのは
その前の60分くらい?70分くらい?があったからだと思う〜

なんてゆーか
賞をとってるのはよくわからないけど笑、
役者が一人一人いいから いいね。笑
高橋一生さん好きだな〜ってじんわわわり。

自分が死んだ時、絶対的にみんな悲しいはず!って思ってたけど そんなんじゃないかも。
実は家族以外で心から悲しんでくれる人って、
まっさんの葬式に来てた人数だと思う。
リアルに。

なにを残すかってゆーか
どれだけ人につくせたかが人生で
というか他人の心に自分が残る唯一のことなんだな〜
そのために尽くすわけじゃないけどさ

主題歌いいな!
dodo

dodoの感想・評価

-
面白い筈の場面でも、何故か笑えなかった。なんでだろう?
ろくでなしの父親の死と息子の話だったが、何故か一番印象に残ったのは、お母さんだったなぁ。
>|