スレイブメンの作品情報・感想・評価

スレイブメン2016年製作の映画)

上映日:2017年03月10日

製作国:

上映時間:87分

3.1

あらすじ

報われない愛と過酷な運命に翻弄されながらも1人の少女の運命を変えようと奮闘するスレイブメン。そして待ち受ける衝撃の結末。世界で一番悲しくて虚しいヒーローの孤独な戦い、そして愛の物語がここに誕生した。

「スレイブメン」に投稿された感想・評価

YASSAI

YASSAIの感想・評価

2.5
アクションシーンがニチアサと比べても緩々で、井口監督作品特有のぶっ飛びスプラッタ色も無く、途中で飽きてしまった。

しかしラストのギミック自体は成る程なと感心した。

ギミック自体は感心したけれど、解決方法がいささか強引だったのが残念。
【勝手に井口昇監督映画祭⑥】
先日憧れの井口昇監督にお会いして、とても腰の低い素敵な方でした!
『片腕マシンガール』『デッド寿司』など名作は沢山ありますが、まだまだ未見の作品があり観ていこうと。
最終回は『スレイブメン』。

これはヒーローものではありません!
壮絶な恋愛の世界です。
しかも、ある秘密がわかってからが「なるほど!」って展開で、最後には感動すら覚えました。
エッチさは控えめですが、近年の井口昇テイストが満載です‼️

秋には中川大志を起用して新作が公開されます!
井口昇監督の今後の活躍にも期待しましょう〜
キよ4

キよ4の感想・評価

-
自主映画に執念を燃やす卑屈で気弱な青年がひとりの少女に恋をした
ひょんなことから手にしたスレイブヘッドを被って青年は恋した少女を自己的に守るためヒーローに変身 運命の奴隷スレイブメンになる
憎しみの対象 抹消すべき敵を5秒スキャンで現実から消去 青年と少女の運命を変えていく そして思い通りには運命は変わらない 悩むスレイブメン…
実は少女が自殺して奇跡的に助かるが昏睡状態で脳が作り上げた妄想の産物だったというお話しかと思いきや その妄想のスレイブメンが現実の少女の運命を変える物語でした
バタフライ・エフェクト的なそんな映画
出てくるねーちゃんは好みじゃないし困ったな笑
愛に溢れた映画俺には関係ねえ
悲しくて虚しいスレイブメンだけどビジュアルはなかなか決まっているので頑張ってください笑

シネマジックやソフトオンデマンド時代が懐かしい?
こりゃ酷いぞ( *´艸`)
知る人ぞ知る伝説のクソヒーロー映画『メタルマン』を越える事が可能なヒーロー映画がついに出てきました(^-^)/
あまりにも酷すぎて涙が止まりません(;o;)
酷いだけじゃなく演技下手くそなヤツ沢山集めたなぁ~(^^;
悲しいです…
悲しいです…
悲しいです…
この展開は読めない!賛否あるようだけど、あたしはおもしろいとおもいました
さわやかで希望のある終わり方も良し
KHinoji

KHinojiの感想・評価

3.8
井口昇なのでB級映画なのは当然として、なかなか面白かったです。

少し変わったヒーローもの。自分の人生なのに、自分自身を人生の主人公にすることが出来ない悩める弱気な若者たち、自らを救済するため妄想のヒーロー・スレイブメンに変身して人生を更新していくのだが・・・実は、、、というお話(?)
ヒーローの存在意義を考える映画は今までにも沢山あったが、マーベルやDC映画のように大風呂敷を広げたビジネス優先の感動作品ではなくて、本作はもっと現実的な落とし所に落ち着いた青春コメディ(ギャグかな?)映画だと思う。

井口映画としても賛否があるみたいですが、私は面白かったです。


ps. (I Love You) 追記
この映画においてヒーローとは、人の中にある最後の希望を意味すると思う。生きるための最後の本能と言うべきか。
ヒーローを失ってしまった人は、自殺して死んでしまったり自暴自棄になって自滅してしまったりするが、最後の最後でヒーローを持ち続けることができた人は、どのように悲惨な状況でもなんとか生き続けていくことが出来るのだろう。

これが意味することは、井口監督は今後も映画や映像を撮り続けていくという宣言に他ならないだろう。
要は映画バカだね。

私たちが(作品の完成度がどうであっても)井口監督の作品が気になってしまうのは、お互いに映画バカだからなんだろう。
この映画は、そういったことが比較的ストレートに現れている分かりやすい一作だと思う。

ところで、ヒロインが超美人ではない配役なのは、この映画の真の主人公が普通に生きる一般人でしかないからだよね。

(見逃してたのでレンタルDVDにて)
Pudding

Puddingの感想・評価

2.3
津田寛治さんがスレイブメンにボコボコに殴られるまくるスローモーションシーン、顔芸の破壊力が凄まじく、抱腹絶倒は避けられません!

ストーリーの破綻も自主映画ノリでゴリ押しするスタイル、決して嫌いじゃない。
しき映画祭スレイブメン上映会にて。
1回見たことのある映画でその時の印象があまりにも悪かったけど改めて見ると面白い映画だなと思った反面好き嫌い分かれるなと思った。

このレビューはネタバレを含みます

 うだつのあがらない青年が気になる女の子の運命を変えようとスレイブメンとして頑張る話。

 ひょんなことからマスクを拾ってそれをかぶったら5秒スキャンできたら相手を消し去って自分の運命も変えることができるという設定がなかなか面白くて、その説明の序盤から中盤が面白かったです。1つ戦いが終わるたびに立場が変化して世界が変わっていくというSF的な楽しさがありました。それにしっかりとした特撮ヒーローもののアクションシーンも行われるので飽きずに見ることができました。ところどころの井口昇作品らしいギャグも笑えました。

 ただ中盤からヒロインのことが判明してから主人公がその運命から救ってやる! という流れになってからは井口ワールドなドタバタヒーローものではなく1人の少女の純愛ものに急に方向転換するので戸惑ってしまう後半でした。

 その意外性が面白いのかもしれないですが、井口監督作品を期待して見ていると肩透かしをくらってしまって、いつもとは一味違った面白さとし見てもラストのヒロインを救うくだりが急展開すぎて今までの流れとほとんど関係なくなってしまうので面白さがあまり感じられなかった映画でした。
まぁ

まぁの感想・評価

3.0
タイトルと粗筋から…「ヒーローもの」…と…思っていたけれど…(笑)
映画を観続けていくと…「えっ、そういうことだったの‼︎」…と…(笑)
ちょっと意外な展開に…(笑)…全く予想していなかったので…「びっくりした…!(◎_◎;)」…(笑)

…ネタバレになっちゃうな…書きたい事…(笑)

自分の人生…だから…色々あっても…自分で決めて…生きましょう〜(笑)

…ラスト近くからラストシーン…私は、好き…☆
…良い方向に…行くと良いね…(*^^*)

(この監督さん作品…「片腕マシンガール」…面白いなあ〜と思って観て…(笑)
「キネマ純情」で…「えっ‼︎」っとなって…
(笑)…色々な意味で、良い感じに裏切ってくれるので……他作品も観てみたい…と…思います…☆)