打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の作品情報・感想・評価

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?2017年製作の映画)

上映日:2017年08月18日

製作国:

2.7

あらすじ

夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。「かけおち、しよ」なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。それを見ているだけで助けられなかった典道。「もしも、あのとき俺が…」なずなを救えなかった典道は、もどか…

夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。「かけおち、しよ」なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。それを見ているだけで助けられなかった典道。「もしも、あのとき俺が…」なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。何度も繰り返される一日の果てに、なずなと典道がたどり着く運命は?花火があがるとき、恋の奇跡が起きる―

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」に投稿された感想・評価

ちょっとイライラする笑
タイムリープ系が苦手ということに気づいた
是非奥菜恵版をみたいな
なんだか過小評価されすぎてるんじゃないかなーって思う作品です。
多分結末やらストーリーを理解しようとしない『君の名は』を見て話題性であんまり考えず考察しないライト映画層が酷評していたのではないかと思います。
今作として今流行りのタイムスリップをふんだんに盛り込んだSF気味の青春映画で、確かにわかりにくい見にくいって部分は否めませんが。全体的に綺麗にまとめたと思っております。 
 『打ち上げ花火』とは美しいけど、いっしゅんで儚く消えてします性質上、思春期特有の恋愛だったり夏休みで街を去ってしまう『いずな』を表すメタファーの役割で結びつけて展開させたりなどしっかりタイトル回収もしてます。
他にもたくさんありますが、
特に思春期特有の男子が子供っぽく一足先に女子が大人っぽくなっていく描写これはこの映画全体を通してうまく対比させていっていて終わっていたので完璧だと思います。

またここが注目すべき点ですが、
『もしも』の世界に飛び込んでいく今作ではわざと『円形のもの』
『回転するもの』が対比するモチーフとして多用されていました。
・典道たちの通う学校は円形
・学校の階段が螺旋階段
・丸いもしも球
・絶えず回っている風力発電
・光が回り続けている灯台
これ実は主人公が現実世界にいるときは時計回りなんですが、

もしもの世界に入ったときすべて『逆回転』してるんですよね。
しかもちゃんとエンディング近くで、花火師
がもしも球を破壊するとき空間に回り渦巻きが時計回りに戻ったりなどしっかりと現実に戻る描写を描いていくなど徹底的に『映像』で表現にこだわっていて素晴らしかったです。

まぁ確かに主人公典道の菅田くんの声優っぷりは酷すぎたのでここに異論はないです(笑) 
mi

miの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

なんじゃこりゃ。
なんか観てて恥ずかしかった。
めちゃくちゃ観客置いてきぼり。
途中、すごいシラケちゃって、映画館で観てる自分を見てる自分がいた。曲は良いのになあ。
広瀬すず×菅田将暉、もったいない。他の映画で共感求む。
中学生にしたのは改悪だったと思う。
あの空気は小学生にしか出せない。
声は大好きな2人だったけど、アニメ向きじゃないんじゃないかな。
声で顔が浮かんでしまう。
それなら実写でリメイクで良かったんじゃないかと思ってしまう。
それだと外見が無理があるからなんだろうけど、結局中学生にしちゃってるし…
絵柄の雰囲気が似てるから新海監督の感じを期待してしまって、細かいところで惜しいと思ってしまった。勝手な思いだけど。
久々にやってしまったと絶望した映画。とにかく脚本が残念であった。何度かこちらまで恥ずかしくなるシーンがあり、会場全体の空気が凍ってるのを感じた。

唯一感動したのは主題歌の打上花火。エンディングを見るために2時間弱頑張ったのだなと思い救われる。
竜司

竜司の感想・評価

-
青春だなー。

時をかける少女の男バージョン的な感じ


俺はどんな世界でも彼女を幸せにする
真歩

真歩の感想・評価

1.0
途中の瑠璃色の地球が必要だったのか疑問。

歌はとても良かった。
7

7の感想・評価

-
広瀬すずの声優としてのポテンシャル!よくあるループ系のストーリー展開だけど、規模感が小さく、タダの夢とか妄想レベルの話を延々とされるのはグダリを感じた。あと演出の感じがすごく若さというか、次世代を感じました。でもあの玉の演出は、、if、、ってw
なずなの方が主人公より背が高かったり、グイグイ引っ張る感じとか、少し火照りを感じる色気とか、最近の男の子の女の子の理想は変わってきてるんだな、世相が良く投影されてました。
でも映画としてはどうかな。
びっくりしました。
どうして、このタイトルで、この声優陣で、この絵で、この展開とこの内容。いまや、邦画界が周辺諸国からどう言われているのか見て欲しいです。
1番は映像の美しさ。なずなの綺麗さかわいさ、たまらない。花火のシーンもすごいキレイ。
ストーリーはついていくのが大変。妄想なんだな、って思えば気が楽。
>|