打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の作品情報・感想・評価

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?2017年製作の映画)

上映日:2017年08月18日

製作国:

2.7

あらすじ

夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。「かけおち、しよ」なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。それを見ているだけで助けられなかった典道。「もしも、あのとき俺が…」なずなを救えなかった典道は、もどか…

夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。「かけおち、しよ」なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。それを見ているだけで助けられなかった典道。「もしも、あのとき俺が…」なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。何度も繰り返される一日の果てに、なずなと典道がたどり着く運命は?花火があがるとき、恋の奇跡が起きる―

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」に投稿された感想・評価

ein

einの感想・評価

3.1
たまに映画って梯子したくなりますよね。
映画館ならなおさら。
インターバルなしで10分ぐらい休憩で見る時もあれば1~2時間あいてから2本目見る時もありますね。
ただ後者だと大抵眠くなってしまう・・ので私は前者の方が多いです。
映画見終わってお花摘みにいってまた戻って映画館に入るという。
映画館の係りの人からしたらどう思われているんでしょう。
いい客?暇人?まあ楽しいんだから仕方ない(笑)

ま、それはさておきこの映画。
どの批評サイトみても酷評に近いぐらい点数が低い。
このサイトでも低い。
だから逆に気になっていました。
実際にどうなのか。
私は他人がつけた評価はあまり鵜呑みにしないのでまっさらな気持ちで見れました。
内容としてはまあ・・ちょっと短いせいもあってか単調な気がしました。
IFの世界をのぞき見るような。
もし、あの時あーしたら、こーしたらと実際にはありえないことですが可能性への追求といいますか。
なので普通のアニメ映画としては楽しめましたよ。
他と比べるから評価が低いのかなと思いました。
正直この世界の片隅は3回ほど映画館にいったのでだいぶん評価は高いです。
ですが比べても仕方ない、それぞれの映画にそれぞれのよさがある。
だから評価がいろんなサイトで低い分、まっさらに見れてよかったです。
まあ・・声優問題はちょっと気になりましたが・・
あと年齢設定が若いかなあ。もうちょと上の年齢でも面白いかと思います。
どこかでキャラデザが後半崩壊してると見たような記憶がありますがわかりませんでした。
個人的には好きな映画です。

見た場所・映画館で2D
うーん。映像とかアニメとかは良いと思うんだけどなぁ。話の流れと声優かなぁ。
canzw

canzwの感想・評価

4.0
なずなが戦場ヶ原さんにしか見えなかった。
きのこ

きのこの感想・評価

3.5
個人的にすごく好きだった

もしもの世界の話


もしもあの時、勝っていたら
もしもあの時、電車に乗っていたら
もしもあの時、二人きりだったら


そしたら僕は笑っていられたかな?

君は泣かなかったかな?

誰もが覚えのあるような痛い部分に綺麗な映像で優しく触れてくる
しむ

しむの感想・評価

3.1
評判はよくないが、個人的には好きな映画だった!映像がとても綺麗で、不思議な世界観に引き込まれてしまった。

ただ設定が中学生なのにキャラクターと声が高校生みたいだし、打ち上げ花火の疑問は小学生みたいで、その辺りで違和感があって入り込めない部分があったなーと思う。
田舎の中学生が作る、もしもあの時...の世界。青春だなあという感じで楽しめました。
深夜アニメを見ているようなノリや雰囲気。
終わり方は嫌いです。
律子

律子の感想・評価

3.3
岩井監督の実写が好きなんですが、アニメ版、うーん、別物かなあ。
でも期待しないで観たら割とときめきました。自転車で走る疾走感。水のキラキラ。綺麗でした。もっともっとファンタジーにしてくれたら良かったのかなあと個人的に思いました。
nekoman

nekomanの感想・評価

2.0
ドラマ未見。

画はきれいだけど、個人的に何度も繰り返す展開が苦手なので少し退屈だった。
大ヒット君の名は。と同じ恋とSF、夏がテーマなので、なにかと比較されてしまい評価を落としているが、映像は幻想的で美しく、また物語ではない面白い視点で注目してみたい。

この映画は様々なカメラの視点(トイレ上、幻想的な花火、360度で回転するvrのような映像、なづなが歌う場面)が多く、原作当時の技術では出来なかった表現がアニメによって実現できたのではないだろうか。

千と千尋を思わせる列車のシーン、化物語のキャラクターを思わせる動き(制作陣にいるので当然だが)if玉がモンスターボールを投げているように見えたのは自分だけではないと思う。

最近のアニメ映画は歴代アニメを踏襲しながら平面のスクリーンを3D世界、vr世界へと技術的に進化させてきた。
すごい事だ。誇るべき日本の技術だろう。

そういう意味で花火はひらべったい(2D)から丸い(3D)に進化したわけで、花火は丸くなったのである。

花火は横から見ても丸くて立体的で美しいのだ!
ma

maの感想・評価

3.0
友達に誘われて観に行った。
でもあまり印象に残ってない。。
DAOKOさんが歌う打ち上げ花火いいなぁ〜、サビ部分好き
>|