名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵のネタバレレビュー・内容・結末

名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵2016年製作の映画)

製作国:

上映時間:120分

3.5

「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」に投稿されたネタバレ・内容・結末

大人の哀ちゃんでうっ…てなる
OP最高!選曲と小さくなる前の新一くんまとめ
小さくなる前は回想で描かれる以外は伝聞か知らないから見られて嬉しい
京極さんが蘭ちゃんを応援する園子を見るところは自分も同じように応援されたくて惹かれたんだなって想像してたから嬉しい
この2人すごく好き
水無アナは嬉しい!キャストたくさん
トロピカルランドと新一がだーいすきは何度見ても可愛い
赤井さん偉そう笑
それは体操選手でも無理ですよってところから後ぐらいが面白かった
志保ちゃんのシーンから始まってすでにわくわくした笑
でも哀ちゃんの方がなんか好きなんだよなぁ。
いろいろ制限されてるキャラクターの方が魅力的。
コナンもそうなんだけど笑

蘭の空手の試合にクローズアップしてると「名探偵コナン」
っぽくないけどよかった。
ああいうの好き笑
てか、空手の試合ってあんな防具つけるんだ。
フェンシングみたい。

車いすの主人、水族館、園子と京極さんの出会い、空手の試合、
色んな話を繋げてくれたから、知ってる話でも全然飽きなかった。

まさにキャッチコピーの「あの日、あの時、それぞれの場所で一体何があったのか!?」

改めて考えてみると
「平成のホームズを目指す男子高校生」の話
ってまぁ普通に面白そうだけど
「小学生になっちゃった」ってひねくれてるところが青山先生のすごさ。
今「名探偵コナン」が新連載で始まっても読み始めるわ。

金田一少年の事件簿を超える気満々だったんだろうね笑

ジェットコースター殺人事件の犯人が、自分が犯人だってバレて女友達にバック投げつけるシーン、
何気に千葉刑事がバック防いでてかっこいい笑

コルン観覧車に乗りたいのかよ笑

何回見ても第一巻のアガサ博士怪しすぎる。
黒の組織ってあの時点では、「怪しい取引」「冷たい眼」「謎の薬」って情報しかなくて
まぁ謎の薬ってやばそうだけど
どのくらい危険なのかわかんないんだから
ただの「犯罪組織」って認識でいいはず。

後に、黒の組織はやべぇって知るんだけど、
この時点なら普通に警察いけよって思う。

子どもの姿でしかも一人で知らない交番で説明しても
そりゃ無理だろうけど、

アガサ博士と一緒に目暮警部のところに行けば、
状況の説明はできるはず。

「警察の協力を仰ぐ」より
蘭の家に住まわせて貰って、「組織の情報に近づく」って目的にシフトさせてるのはアガサ博士。

なんで?
アガサ博士が組織の関係者説はもはや低すぎるけど、
なんで?
ボスは歩美ちゃんだけど、アガサ博士怪しすぎる笑
(ごめんなさい笑)
最初だから、青山先生もそこまで考えてなかっただけなのかな。
細かいとこまで伏線はってこだわる作風だと、「いや所詮漫画だから」って割り切っていいのか「いやこの作者のことだから・・・・」って疑っていいのかわかんない。

まぁそこが面白いんだけど。

あと、明美さんが組織の末端だからって、持ってる情報が「カラーが黒」しかないって気になる。

後に、哀ちゃん、赤井さんの登場で明美さんがより重要人物になるわけだけど、
最初はそんな設定用意してなかったのかな。

もうちょっと組織について知ってても良くない?って思う。

「胸がドキドキ」と「運命のルーレット廻して」流してくれたのは、やっぱりうれしかった。
「ピアノソナタ『月光』殺人事件」ってやっぱり重要な話なんだろうなー。

来年の映画
今回の予告編見た感じだと
純黒超えるのは厳しそう。
こんな作品作っちゃったら次作が・・・・
とは思ってたけど。

「平次と和葉」ってまぁ好きだし楽しみだけど、
「組織との対決」には勝てない気がする。

世間的には2人はそれだけのキャラクターなんかね?
好きだけど。

日本人として、芸術好きとして
元々百人一首の和歌くらいは勉強して覚えたりしたいって思ってたけど、
「から紅の恋文」での鍵になりそうだしちょうどいいから覚えるか・・・・

でもめんどくさい。

きっと覚えなさそう俺

まぁ面白かったし金曜ロードショウだけど、あくまで劇場版じゃなくてスペシャルだし、
このサイトでつけるのも違う気がするけど。

このサイトの観た作品の本数が増えるのはうれしいからってことで欲に負けて記録。笑
ガチなコナクラに怒られそう笑
次作の映画が気になるね!
濃い2時間だった!!
OPが初代の胸のドキドキ、挿入歌にZARD、スタッフロールの中で「月光」の話や服部との出会い、宮野明美…と懐かしくなる演出ばかり!
ラストのカーチェイスカッコ良かったし、赤井さんが出た時は発狂しかけた(笑)
工藤夫妻も大好きだから出てくれて嬉しかったなぁ〜
記念すべき20周年イヤーで、原点に戻れた気がした( ´ ▽ ` )
作品としての星5ではなく、個人的満足度としての星5です。
コナンファンの私は秋学期入ってからこれだけをもうすっごく…楽しみにしていたといっても過言ではないと言いますか、いやはや、あれこれ、ともかくリアルタイムで鑑賞。やぁ、もう……コナンファンでこれに満足しなかった人はいないと思いたい。「青山先生全面監修」さすがでした。ストーリー云々以前に、ただただコナンが好きで、その気持ちに答えてくれるような夢の2時間だったんです。ストーリーの方も、色々と辻褄の合う構成になっておりまして、すっきり。本当にありがとうございました 最高でした。青山先生一生ついていきます。次はから紅の恋歌ですね、楽しみ。

以下、見どころとネタバレ。
①OP
胸がドキドキ?!まさか、リメイク版で同じ音源で流してくれるなんて?!この時点でほとんどのファンが鳥肌だったのでは。
②新一と蘭の日常
とにかくこの2人が可愛かった。ただただ可愛くて可愛くて…破顔。新一と園子が同じ画面にいるのもまたよかったです。
③キャラクターの掘り下げ
笑ってしまうくらいジンの作画が良いです。それからコルンがかわいい。今人気の安室さんや赤井さんもしっかり登場。安室さんは台詞はないものの存在感あり。真さんも登場しました!真さんフィルターの園子がまた可愛い!
④トロピカルランドデート
新一と蘭のニヤニヤなデート、BGMには私の最も敬愛するアーティストZARDの運命のルーレット…ありがとう、ありがとうございます!!この2人の赤面シーンはたまらない。甘酸っぱくて最高。
⑤シェリー
そしてこれでしょう。宮野志保で始まり、宮野志保で終わるエピソードone。お姉さんとの写真で涙腺崩壊。シェリーさんの作った殺人兵器が結果的に人を救い、その張本人と出会うきっかけを作っていく…その奇跡を感じます。
⑥ダイジェスト
とんでもなくファンの心をつかむダイジェスト映像。わずかに生き残っていたファンもここで息絶える。
⑦映画特報
そして、ほとんど出番のなかった大阪組のファンをここで仕留める恐ろしさ。大岡紅葉さん、すごく綺麗で来年期待しかないです。