メアリと魔女の花のネタバレレビュー・内容・結末

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿されたネタバレ・内容・結末

現実世界で、転校先での新入生挨拶をひかえたメアリ。赤毛をバカにされたり、お手伝いがうまくできなかったりと、自分の自信を無くしていた。でも、ひょんなことから連れて行かれた魔法大学では、優秀な特待生として受け入れられ、赤毛も羨ましがられる。現実世界では恐れていた新入生の立場で、自分を誇らしいと感じられたことで、次第に自分のコンプレックスはダメなわけではないと理解し、自分の良さを見つけていく。
人にはみんなコンプレックスがあって、魔法を使って良くしたいと思うけど、結局うわべを変えたところで本質は変わらないし、本来の自分の良さは適所では認められるっていう裏メッセージがあるのかなと思った。
#感想長い
ジブリをとりあえず混ぜてみました‼︎
って感じだねぇ
なんで箒の先生だけ動物なんだろ
今までのジブリのいいとこどり。

風呂敷広げすぎて畳めなかった感じ


1番良かったのは おばあちゃんの過去。
始めの回想シーン(これネタバレです)めっちゃよかった。映像がすごく綺麗。
あと予告がすごい面白そうだった!面白い予告動画を作るためにあんまり重要じゃないセリフをさも重要そうに使ったり時系列ばらばらなのにトリミングして会話っぽくしたりするの良い加減やめた方が良くないですか?

ストーリーが結構なダメさだったと思う。とにかくピーターが可哀想すぎる。最後のメッセージも唐突だし。
稚拙さは子ども向けということで納得できたとしてもピーターへのアンサーがなさすぎる。途中からピーターに肩入れしてみてたので死にましたがそれを抜きにしても…そんな感じです。
主人公のメアリに共感できず終始イライラしっぱなしだった。
この年頃の子なら仕方ないことなのかもしれないけれど、
・褒められて調子に乗り、嘘を重ね続ける
・自分の身を守るために出会ったばかりのピーターの住所を渡す
・偽物を用意せず正直に花を用意して持っていく
……などなど目に余る言動が多く見られ、めちゃくちゃモヤモヤした。
一方メアリのお陰でピーター君が際立っていい子に見えた。
序盤ではただのやんちゃな意地悪を言う少年かと思わせておいて、
・明らかにメアリのせいで危険な目に合わされているのに攫われても許す
・二人で逃げれないと分かったらメアリだけを逃がしてあげる
…というように、器の広さが半端じゃなかった。
それから映像は美しかった。
特に初めてメアリが夜間飛行に触れるシーン。背景が全部手描きと聞き、それにもびっくりした。
それでもメアリへのイラつきと話の単純さが目立っていたのでこの点数で。
はじめのシーンはドキドキさせられたが…
どうしてもジブリがチラつくというか…
魔法つかいには勝てなかろう…
動物たちのシーンは情けは人の為ならずだと思った。
点数高めだが
ギブガエルに0.5
箒に0.5

米林さんに期待しすぎた。。。。



なんやかんや
結局安定の大叔母様(笑)
魔法大学の案内のところがジブリっぽくなくて好きじゃなかった。でも後半につれてジブリ感が増していく。何気ないシーンに過去のジブリ作品を彷彿とさせる背景やキャラクターが使われていて、オマージュを見ているようだった。とくに魔女の宅急便、猫の恩返し、ラピュタ、となりのトトロ、崖の上のポニョはわかりやすいんじゃないかと思う。メルトダウンのシーンでこれは完全に原発に対してのメッセージだなとわかった。
ポノックの成り立ちについては良く知らなったけれど、ジブリの遺伝子が生きるスタジオなんだと思った。

夏休みにお母さんと観に行ったあの感覚が蘇った。

魔女の宅急便やもののけ姫、ラピュタなど往年の名作の雰囲気を感じさせながら、魔法がなくても生きていくってのは、凄く現代的なまとめだなと。

個人的には猫が出てきたのも嬉しい。
心からの本当の悪人はいなかった。みんな本当は良い人だったな。主人公も純粋で真っ直ぐで映画の後半はずっと応援したくなった。
音楽も映像も綺麗だった。
機会があればまた観たい映画だった。
>|