メアリと魔女の花のネタバレレビュー・内容・結末

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿されたネタバレ・内容・結末

すごくキラキラしてて楽しかった
かわいかった
ポンポン進んでいってわかりやすいけど、ためてくれてもよいのかもしれないと思うところもあった
でも思い返してみればストーリーは好きだな!
おばさま(おばあちゃんの容姿)、お手伝いさん、主人公。
庭から始まる話。
台詞の端々に、まさに「魔女の宅急便」。
それだけ与える影響力は強くて、培養された感性なんだろう。
米林監督ならマーニーのが好きだったなぁ。

魔女の宅急便
ハウルの動く城

魔法ってなんだろうね
描き方がどっちも違うよね
どっちも入ってるハイブリット感

でもいつだって、
助けたいとき
助けてほしいとき
には手を伸ばすんだなぁ
現実世界でも手を伸ばして生きていきたいなぁ
アニメーション自体は佳作だが、キャラを生かしきれてなくて残念。そもそもジブリじゃないので比較するのは酷だとしても、これをジブリだと思って観ちゃう人には閉口せざるを得ない。特にストーリー構成と脚本に難があり、疑問とツッコミどころが多い。

例えば、校長が入学願書を探すくだりは、それこそ魔法で探せよ!校長のくせに水に化けてる暇あったら便利に使える魔法を磨けよ!何でこんな簡単な魔法使えないんだよおかしいだろ!とか。

仮に疑問に関してはどこかで語られていてこういう設定ですみたいのがあるのかもしれないが、作中でそれを消化できてないのだとすればそんな設定は豚に喰わせろってんだよ。

メアリが、数回会った程度のピーターの為に、一目惚れしたわけでもないのに、責任感のある立場でもないのに、自分しかピーターを助けられる人がいないとしても、なぜ命をかけるほどの使命感のような気持ちを抱くのか?が納得できない。

スタジオジブリに慣れてしまうと「魔女は血で飛ぶのでは??」の気持ちが前に出てきてしまいがちだが、魔法大学でみんなが魔法を学んでいる設定は面白かった。
しかし、メアリの魔力がワンデープレミアムパスポートみたいな扱いなので、帰宅即バレしてて学院生活みたいなのが紹介だけで終わってて勿体なさ過ぎる。

ポンコツ役立たず少女の成長を描いてる過程が全然共感できない。ジブリ以外で同じ魔女の成長を題材にした映画なら「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」とか観てくれ頼む。

日常を描く前半パートがあまりに薄っぺらいので、とにかく事件が唐突に起きてしまった感が強い。
話の畳み方もやや強引で、悪役が人を殺すまでの悪じゃないから魔法大学が滅びるとこまでは懲らしめないのも、大人からすれば中途半端に思える。すべての魔法を消す魔法(物理的に干渉を受けた場所限定)にも呪文があるわけじゃないのも不自然に見えた。
私にはもう要らないとか言って夜間飛行ぽい捨てしちゃうのも、そもそも7年に1度咲くって設定なんだったんだよって感じがしてしまう。庭師だから草木に詳しいんだとしても、おっちゃんは何でその花知ってるの?

写真があるわけでもないのにラピュタみたいなとこにあるエンドア大学の魔法つかいがそんな有名な存在として流布してるの?

そもそも大叔母様とメアリの関係性が分かりづらい。大叔母様は未亡人なのか生涯独身なのかもよく分からない。教育の為とはいえ間違った方向に行ってしまった校長と博士の2人を正す為に、魔女の花「夜間飛行」を盗み出したのが昔の大叔母様=ホウキくんの主人。これ以上の情報が無い( ˘ω˘)
メアリの両親の存在を都合よく省いてしまったせいか、どうも人となりがよそよそしい。
魔女なことを隠す上で魔力を使わないように努めていたのだとしても、7年に1度夜間飛行が咲くことを知っていたなら、やんわりと森に入らないように注意するだけじゃなくて、もっと前からどうにかしようと思わなかったの?

あと個人的には夜間飛行って名前は、舞台が海外なのになんで日本語?って感じがするし、子どもにも分かりづらいしダサいから、ナイトフライトとかにした方が良かったんじゃないかなぁ。

ねこ達やホウキくんはかわいかったのでそこは良かった。
しかし生徒達はともかく、校長とか博士に使い魔(黒猫など)がいないのは怠慢に思えた。どうぶつたくさん出されるよりも、もっとかわいいキャラを出してもよかったはず。
冒頭がかっこよくて、久々にドキドキした気がする。

アートに関しては、ジブリなようでジブリでない…ハウルとかが比べやすいかと思うけど、もう少し濃ければなーと思った。

友人と同意見で、黒猫がなんで学校のこととかいろいろなことを知っているのか、黒猫は魔力を持った生き物である、の一言で片付けられているのが不満だった。(最初の女の子が黒猫かなって思ってた)

学生をもっと使ってきても良かった気がする。大きな学校なのに、メアリと校長と博士しかストーリーに影響を与えないから。

(9/18追記 宮崎駿作品って、周りのキャラクターが生きていると思う。たくさんのキャラが出てきて、動く。ディムバートンのミセスpや、suicide spuadみたいに、キャラクターが多すぎて、それぞれ目立たせすぎて、打ち消し合ってる訳ではなく、モブが沢山いて、彼らがちゃんと生きている感じがする。例えば、ピーターが行方不明になるところでは、もっと町の人が沢山探し回るだろうし、メアリーがピーターにジャムを渡しに行くときに、町の人とすれ違って挨拶して、ピーターにジャムを渡したら、お母さんも出てきてお礼をすると思う。その舞台にいるはずの人達がいないから、不自然に感じた。この不自然さは他の映画でも感じたことがある気がする。)

…ジブリと比べられちゃうから厳しくなってしまうのかも。
普通に観てて楽しかった!
作画が良い。音響が良い。メアリの動きがとても良い。ピーターから言われたことに怒った後のメアリの歩き方なんて、わあっと小さく感動しました。ビスタサイズのフレームの使い方が、アリエッティやマーニーよりも目に見えてうまくなっていて、これは結構良いぞと思って観ていると、中盤以降の物語が少しでも込み入るようなシーンでは、フレームに収めなければいけない被写体が増えていくのに比例して画面が眠くなっていくので、宮崎監督の偉大さを改めて実感してしまいました。エンドア大学関連のキャラデザとか最後の施設とか、ちょっとPS1のRPGのような古く懐かしい感じで、個人的に嫌いではないけど、これを今の映画でやるのかあ、って思ったりもしました。ホークスのハタリみたいなシーンは素直に楽しかったです。
魔法なんていらない。っていう言葉が印象に残った。あんな魔法があったらな、って思っても、人間は欲深いからどんどんエスカレートしていく。その結果があれだった。魔法なんてなくても、人間も含めた今の世界は幸せが溢れている、ってところかなあ。
うーむ。ちょっと観てらんなかったです。
こんなの撮ってしまうと今までの作品も大先生方のお力があったからですか?と思っちゃいます。全然ダメです。
青色のキラキラした花どストライクにかわいいし夜間飛行ってゆう名前も併せてだいすき
 「魔法は、いつか解けると僕らは知ってる」。で始まるエンディングテーマに思わず涙腺を刺激された。映画が終わってエンドロールに入るその瞬間というのは個人的に正にそういう気分で、嫌でも現実の世界にあと数分で戻らないといけないことを思い知らされる悲しさに包まれるものなので(勿論中には早く解放されたくて仕方がない映画もあるけど)、それを真っ向から指摘されたような歌詞とメロディに大いにやられた。いやー、SEKAI NO OWARI、すごくいい歌うたうなぁ。もう何か先ほどまで映画を見て抱いていた不満とか感想がこの歌ひとつで吹っ飛んでしまった。エンドロールで全てが帳消しになった映画は久しぶりかもしれない。そういや映画館が明るくなるまで残ったのも随分と久しぶりだ。





 で。とりあえず『メアリと魔女の花』。「アニメ映画の声優にもちゃんと本業の声優を使え」というガチアニメファンの方々が激怒しそうなぐらい、主要キャスト陣に本業=声優がいない(といっても今に始まったことではない・・か?神木隆之介に関してはもう声優と呼んでもいいと思うけれど)。というか、僕はアニメ映画を見る時はいつも、前もってボイスキャストは極力確認せず、「この声はどの役者さんだろう・・?」と思いながら見て、エンドロールの名前で答え合わせをして楽しんでいるのだけど、今回、主要キャラに関しては分からない人が一人もいなかったwビックリするぐらい分かりやすい特徴的な「お声」の持ち主ばかりがキャスティングされている(それが楽しくもあり不満でもある。大竹しのぶのお付きの人が渡辺えりに大笑い。満島ひかりが年を取ったら大竹しのぶになるのには更に大笑い。)でも一番気になったのはヒロイン=杉咲花。この娘、この年齢にしてかなりヘビーな役柄を多く見てきたせいか(彼氏が強盗に手を染めたのに責任を感じ、さりげなくその家の老夫婦と友達になるもその家の奥さんが病気で死ぬ/妊娠して学校を辞めざるを得なくなる/学校でいじめられる/母親が難病で死ぬ/心通わせるフリーター男が病気で死ぬ/祖父が殺された上に母親が容疑者/両親が殺され、両親が経営してた剣道道場もつぶされキムタクを用心棒に復讐の旅へetc)、やっぱり「影」の空気が濃くて、どうもこの失敗してばかりのドジで無邪気で一生懸命な女の子・・という少女漫画の鏡のような主役の娘の陽気さとなかなか馴染まなくて苦しい(吹き替えがヘタとは思わない)。それから遠藤憲一は画面に出るたびに苦笑い。あのコワイ顔にこの声あってこその遠藤さんなのだと改めて思った(正直、アニメ画像の口からあの遠藤さんの声が漏れ出てくると感情が全く感じられなくてとても怖い。殺人鬼みたいな危ない人にしか思えないので何故主人公がこの人を全く怖がらないのか不思議。あんな声で淡々と「子供と犬に庭仕事は無理だ」とか言われたらわしは号泣する)





 「赤毛」であることに主人公が猛烈なコンプレックスを抱えていて、「赤毛の猿」と男の子に言われてほっぺを膨らませていた部分を中盤と終盤でちゃんとネタとして使ってたのも割と好感(何であそこまで赤毛にコンプレックス抱えていたのだろう。「胸がデカい女」と「ブロンド髪女」はバカで頭カラッポだと思われがち・・とかいうあのよく分からない西洋のジンクスみたなもん?)で、ものすごく子供向けかなぁ・・という気はするけど悲観するほどでもないかと。どうしてもあと数年はジブリとの比較は避けられないだろうけど、むしろ最近の説教臭いジブリ作品よりはこっちの方が、かつてジブリのファンだった親たちが小さいお子さんを映画館に連れていきやすい作風じゃなかろうかスタジオポノック。
キャラクターの性格や世界観の表現などで魅力的な点は幾つか有りましたが、肝心な物語の進行に ちょっと違和感を覚えました。その場凌ぎと後付け情報によって、登場人物が動いていたのが不自然さの原因かと思われます。


僕だったら こういう流れにしますね。

①魔女の花を発見、不思議なエネルギーで飛ばされ魔法界へ到着→②魔法学校の見学を終え人間界へ戻ったら、ピーター行方不明騒動→③実はピーターもエネルギーの巻き添えで魔法界に飛ばされてた(なんやかんや心配でメアリの後を追って来てた)→④檻の中にいた動物の1匹が実はピーターで、だから あのとき黒猫ティブ鳴いてた(灰猫ギブはミスリード)→⑤自分のせいでも あるので、ピーターを助けに行く事を決意→⑥今度は魔女らしくホウキに乗って、自分の力で魔法界へ……!


序盤の転校生設定も不要かなと思いました。いつも通っている学校では散々バカにされるポジションだったけど、魔法学校ではチヤホヤして貰えた!いっそ こっちに通おうかしら!?くらいの方がメアリの感情に強弱が付いて、観てる側の共感を得れるのでは、と感じました。

エンディングは 良かったです。
>|