メアリと魔女の花のネタバレレビュー・内容・結末

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿されたネタバレ・内容・結末

もう魔法なんていらないもの!
こんなポジティブに魔法を捨てちゃえるメアリがすごくキュート。ストーリー駆け足でパンク気味だったけど、ああメアリ成長してるんだなーって

夜間飛行って名前がやっぱりオシャレ
もう一度見たい!


とはならない。ところどころ、「あ、ハウルのあそこ!」「あ、ナウシカっぽい」みたいないろんなジブリが思い浮かんだ笑笑

いやあ真矢みきさんうまいなあ本当に、、、
声優陣には高評価!ストーリーはそんな!でプラマイ2.5

はじめの猫ちゃん本当は2匹でした〜〜ってどうなってるの??ありえなくない??
スタジオジブリの継承者というか、
今のジブリ作品よりもジブリっぽいと思いました。
もちろん、好きですよ!
直球な魔法物が久しぶりなのでワクワクしました。
箒が健気でよかった…いいなぁ、魔法って。
空を飛ぶのは憧れるね!!

キャラの精神とかはジブリそのままだし、
描き方も同じなんだけど、
どうもサブキャラに魅力が足りなくて…
大叔母さんが実は魔女でってのは予想通りながら
良かったんだけど、ピーターや寡黙なじいさんとか
ただ通り過ぎただけみたいな。
アニメーションとしては綺麗だし、魔法だし、
子供が見たらきっと楽しいんだろうな!って思った。
ごちゃごちゃ思うのは無駄に大人になったって事かも。
スタジオジブリにどっぷり浸かって生きてきたので、
初心に返った感はありました。
でも少なくともピーターにパズー位の印象は欲しかったなぁ。
メアリ以外に光るキャラがいなかったのが
作品の印象を薄くしてると思います。

あと、主人公が赤毛の癖毛に凄いコンプレックスを感じてるのが
日本人にはわかりにくいだろうなって思った(笑)
仕方ないんだけどね。
でもそのコンプレックスはエンドア大学の魔法界では
最高のものとされてると言ってるのはよかったと思う。
自分の常識が世界の常識とは限らないってやつね。
退屈で仕方ない田舎暮らしの中で
ちょっと成長できた女の子っていう王道のアニメ。
とても良い。

戦いのシーンはハウルを思い出した。
ちょっと怖いのが良いんだよね。不気味で。
随所にジブリの過去作品を思い出せたのが楽しかった。
近年のジブリはこういうファンタジー冒険物じゃないから
またこういう作品が見れるのは素直に嬉しい!
宝石箱の中身がガラス製だったことに気づくみたいに、がっかりした。

感動したのは、一つひとつの風景がすごく綺麗だったこと。
どこをとっても鮮やかさが散りばめられたフルーティーな色使いと、ヨーロッパっぽいインテリアや内装が素敵で、まるで本当に丁寧に描き込まれた絵本を見ているよう。
お家の外のお花の灯り、本当にあったらいいのにと思ったし、魔法大学はそのままテーマパークにできそうなほどに繊細で、どれも印象的だった。

でも、キャラクターや動物に生命が感じられなかった。


ストーリーの核は、「制御できず誰かを傷つける魔法なんて捨てるべき」というメアリの思想。
メアリは制御できない魔法を使えなくし、自身もその力を放棄した。この結論とここに至るまでの説明は、私には原発反対にしか見えなかった。
魔法の国がぶっ壊れたり、魔法大学の悪役が死ななかったりしたのは、原発みたいなことをやろうと考える存在自体が、どんなに頑張っても消し去れないからじゃないだろうか(それとも死刑反対が入っていたのかな?)。

確かに、制御できない魔法を放棄したことについて、メアリはいいことをしたと思う。
でも、「なぜダメなのか」の話し合いがなかったし、魔法の恩恵を受ける必要がない世界から魔法を消してもメアリたちに痛みはない。
その結果、ただ純粋な子供が自分の周りの生活を守るために、一方的に魔法の一部を奪ったに過ぎないストーリーになっていて、なぜ原発ライクなテーマにしたのか分からない。

そんな、綺麗な景色で着飾った左寄りな思想を、「メアリの純粋さ、いいでしょう?」と押し付けられているような気がして、説得力に欠けていた。
私は原発反対に異議なしだからまだいいけど、右っぽい人には鼻で笑われそう。


ジブリ出身の監督であれだけ既視感のある画だったから、ストーリーが期待はずれだったのは正直言って残念だった。

上記の他にも、言いたいことはたくさんある。マーニーっぽさもあり途中で先が読めちゃう展開、ほとんど大学の2人と大学の建物でしか表されない魔法の世界。
かといって登場人物の感情や成長が描かれていたというわけでもなく、心があまり動かされなかった……。
そのせいか、せっかく神木くんの声だったけど特に印象にも残るシーンもなかった。

色々書いたけど、また米林監督の作品を観たいかって聞かれたら、図々しいことにもちろん観たい。
せっかくあんなに綺麗な風景を描く力のあるスタジオなのだから、同じくらい心に残るお話がまた、これからも観たい。
監督が少し落ち着いて、次の作品も素敵な人たちとお仕事できていたらいいなぁと、勝手に考えてしまった。
前半の台詞回しが説明的で、少女漫画でいう主人公の独り言モノローグたっぷりの脚本が少し退屈。よく言えば絵本のようにわかりやすくメアリがどんな子か、どんな風になりたい子なのかが説明してもらえます。霧がいっぱいのシーンで「霧が濃い」枯れ木がたくさんあるところで「枯れてる」など、視覚情報と台詞が被ることで情報量が少なく感じたので(子供にはわかりやすいけども)、少しスムーズになれなかったかなと思う。動画では想像できない においや温度を伝えてくれたらもう少し入り込めた。

メアリが贖罪に囚われて自己満足の為に頑張ってるように見えた。キメラを見たときの反応の薄さに狂気を感じた。今まで一緒にいた猫ちゃんが姿を変えさせられてるなんて、視聴者的にはかなりショッキングなシーンだったと思うのだけど…。

ピーターを助ける目的は「大切な人なのよ」などの感情論を出してくれれば共感できたしヒーローらしかったのに、「私、彼に借りがあるの」「私のせいで死人が出るのはマジでいや」‬ってかんじに見えたのが残念。
なぜピーターを助けたいのか、助けなければならない人なのか。そりゃ人として助けるのが定石と言われればそれまでなのだけど、視聴者としてはそこまで思い入れのあるキャラクターに見えなかったので、感情移入ができなかった。

メアリが何に感動して、どういう動機でどうしたいのか、理解できなかった。魔法学校の魅力もよくわからない…。

1番好きなシーンは直方体のポシェットにタオルと本が並んで入った端に魔法の花を詰めた瓶がぴったりと収まるとこ…あれは気持ちがいい。。
現実世界で、転校先での新入生挨拶をひかえたメアリ。赤毛をバカにされたり、お手伝いがうまくできなかったりと、自分の自信を無くしていた。でも、ひょんなことから連れて行かれた魔法大学では、優秀な特待生として受け入れられ、赤毛も羨ましがられる。現実世界では恐れていた新入生の立場で、自分を誇らしいと感じられたことで、次第に自分のコンプレックスはダメなわけではないと理解し、自分の良さを見つけていく。
人にはみんなコンプレックスがあって、魔法を使って良くしたいと思うけど、結局うわべを変えたところで本質は変わらないし、本来の自分の良さは適所では認められるっていう裏メッセージがあるのかなと思った。
#感想長い
ジブリをとりあえず混ぜてみました‼︎
って感じだねぇ
なんで箒の先生だけ動物なんだろ
今までのジブリのいいとこどり。

風呂敷広げすぎて畳めなかった感じ


1番良かったのは おばあちゃんの過去。
始めの回想シーン(これネタバレです)めっちゃよかった。映像がすごく綺麗。
あと予告がすごい面白そうだった!面白い予告動画を作るためにあんまり重要じゃないセリフをさも重要そうに使ったり時系列ばらばらなのにトリミングして会話っぽくしたりするの良い加減やめた方が良くないですか?

ストーリーが結構なダメさだったと思う。とにかくピーターが可哀想すぎる。最後のメッセージも唐突だし。
稚拙さは子ども向けということで納得できたとしてもピーターへのアンサーがなさすぎる。途中からピーターに肩入れしてみてたので死にましたがそれを抜きにしても…そんな感じです。
主人公のメアリに共感できず終始イライラしっぱなしだった。
この年頃の子なら仕方ないことなのかもしれないけれど、
・褒められて調子に乗り、嘘を重ね続ける
・自分の身を守るために出会ったばかりのピーターの住所を渡す
・偽物を用意せず正直に花を用意して持っていく
……などなど目に余る言動が多く見られ、めちゃくちゃモヤモヤした。
一方メアリのお陰でピーター君が際立っていい子に見えた。
序盤ではただのやんちゃな意地悪を言う少年かと思わせておいて、
・明らかにメアリのせいで危険な目に合わされているのに攫われても許す
・二人で逃げれないと分かったらメアリだけを逃がしてあげる
…というように、器の広さが半端じゃなかった。
それから映像は美しかった。
特に初めてメアリが夜間飛行に触れるシーン。背景が全部手描きと聞き、それにもびっくりした。
それでもメアリへのイラつきと話の単純さが目立っていたのでこの点数で。
>|