メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

ma

maの感想・評価

4.5
とってもとっても楽しかった〜〜 !
大好きな映画になりました!
もう一回観たいな
93RENTARO

93RENTAROの感想・評価

3.5
幼い少女が、その幼さを武器にどんどん突き進んでいくのがよかった。テーマはきっと重いものなんだろうけど、青春よりももっとシンプルな若さに勢いがあって面白かった。メアリが幼くてかわいい。
糸島でのバーベキューのち時間を潰すために見た はじめてスコーンのチョコレート味を食べる
 虚言、窃盗、知人を売る、災いの種をポイ捨てする(最後のアレ)等、メアリの一挙手一投足が子供でも許されないレベルのど畜生っぷりで最高!
 世間じゃ色々言われてるようですが、個人的にはスタジオポノックの次回作に全力で期待したい所存です
uk

ukの感想・評価

3.0
子ども心を忘れさせないでいてくれる。
赤毛でそばかすのある少女メアリは、祖母の住む赤い館村に引っ越してきた。引っ越しの荷解きもままなならない中、何とか祖母の役に立ちたいと思うメアリはいつも空回りばかり。近所に住むピーターと知り合った彼女は、ある日偶然に森の奥でひっそりと生える不思議な花を見つける。大事に持ち帰った彼女は、その花が7年に1度しか咲かない禁断の花“夜間飛行”であることを知る。それはかつて、魔女の国から持ち出された”魔女の花”でもあったのだ。花の持つ一夜限りの不思議な力を手に入れた彼女は、雲海にそびえ立つ魔法の学校・エンドア大学への入学を許可される。メアリー・スチュアートの児童文学を原作に「思い出のマーニー」の米林宏昌監督がアニメ映画化。

「風の谷のナウシカ」や「となりのトトロ」などの日本を代表するアニメを生み出したスタジオ・ジブリ。近年でも、「君の名は」の新海監督や、「バケモノの子」の細田監督など、新しい流れを生む日本アニメも増えてきましたが、やはり僕たち世代(30代〜40代)にはジブリのアニメこそ、日本を代表するアニメーションだと思って育ってきただけに、2015年のジブリの解散(製作のみで配給は継続)というのはちょっとショックでした。でも、ジブリの潮流というのを受け継ぐ監督のいうのが、ジブリで「借り暮らしのアリエッティ」や「思い出のマーニー」を担当してきた米林監督。彼の独立後、第1作目の長編アニメーションが本作となります。

観ていて、すごく面白い作品だと思うと同時に、何かどっかで観たような、聞いたようなお話の展開なんですよね。ストーリーのネタバレはしないですが、これは基本が「千と千尋の神隠し」で、それに魔法学校が出てくる”ハリー・ポッター”のような要素をトッピングしたような味わいに(話の筋は違えど)思えてくるのです。例えば、エンドア大学の校長は、僕はどうしても湯婆婆にしか見えなかった。。こうした元来面白い作品のペーソスを土台にしているように感じるので、面白くないわけがないのですが、本作オリジナルで作られるような楽しさが少し感じられないのが残念なところ。原作ものなので、極端な味付けはしていないとは思いますが、こうした既視感が拭えないのはどうなのかとも思います。

ただ、これも裏を返せば、スタジオポノック設立後の1作目だと思えば、偉大な先人の味をまずは模して堪能できるという面白みと、映画作品を観た充実感を味合わせる力量はさすがだと感じます。前作「思い出のマーニー」のような話の奥深さはないものの、SEKAINOOWARIが歌う主題歌「RAIN」も作風にすごくマッチしているなど、各所で楽しさを感じられる作品になっていると思います。
ユナイテッドシネマ浦和
sally

sallyの感想・評価

3.0
抑揚ない映画。のんびりみたいときに
>|