メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

先ずはジブリの意思を継いで頑張って作ってくれた作品に感謝したいです。気になった点は主人公の周辺との関わりが希薄に感じました。まるで映画のセットのような感じというのでしょうか、セットの外は何もない、ように感じさせる。深みが足りませんでした。予算や人手など様々な要因があったのかもしれませんが、もっと本当に実在しているような、周りの描写もしっかり描いていけるかが今後のポイントになりそうです。
※先日魔女の宅急便を見ましたが、本当に街や他の登場人物が細かく描かれており、本当に存在しているようでした。
saurs

saursの感想・評価

3.2
ジブリごった煮!!
この質感のアニメがどうしても好きなのは
宮崎アニメがある種の義務教育なのかも。
ジブリ大好き!何の予備知識もなしに見たけど、普通に面白かった。魔法の大学は、なんだかハリポタの二番煎じっぽかったけども。ラピュタだったり、魔女の宅急便だったり、もののけ姫だったり、本当に色んなジブリを感じられたのも嬉しかった!メルトダウンがリアルだったけど、それもメッセージだと思って受け止める。
ジブリ感。とにかく、ジブリ感。
そして、ラピュタ。まじで、ラピュタ。
杉咲花ちゃんの声が可愛くてよかったのと、ストーリー展開もわかりやすかったので、子供向けかな。
まあ、ラピュタ。

劇場で観たのを思い出してクリップ。
ゆうか

ゆうかの感想・評価

4.0
ジブリの総集編的な印象
君の名はも新海誠の総集編みたいな感じやったし総集編ブーム?
seatea

seateaの感想・評価

4.8

前売りまで買ってとっても心待ちにしてた
感じ方は人それぞれなんだろうけど、ジブリ作品が大好きな身としては最高の一言に尽きるなあと思った
スタッフロールで少し涙が出そうになった
神木くんも花ちゃんも全然違和感なかったし流石だと思った
次回作にも期待
米林監督作品は今まで全部映画館で見たけど、これが1番良かった。
ジブリを離れて、それでもジブリへの愛もあると思う。
そう感じた良作でした。
こぴ

こぴの感想・評価

1.1
記録。
話題性だけで観に行ったがひどかった。登場人物に全く感情移入できない。食べ物がおいしそうでない。もっとやりようがあったろうに、全てが半端でアンバランスだった。
予告を観て、もっと期待してしまった。
主人公が流されるままに行動してるのが感情移入出来なかった。
AzMToS

AzMToSの感想・評価

3.2
深層心理学的知識がうっすらとでもある人なら納得してくれるはずだが、「メアリと魔女の花」は、一言で言うとエロ映画過ぎる。 何の知識も無くても分かるくらい露骨にエロい。 アメリカとかなら問題視されるレベルかも知れないくらい。

製作ドキュメンタリー番組で鈴木P、宮崎御大両人が本作を観て申されていた通り、非常に若いリビドー、エナジーに溢れており、それを御すことができていない印象。

“マロ、描け”、というのも宮崎監督から米林宏昌監督へ送られた言葉だが、映画を観た一観客にすぎない自分としても、米林氏には同じ言葉を送るしかなかろうと感じた。

氏には迸るリビドーと作品性、エンターテイメント性のバランスについて一考して頂いた後、その上で更にリビドーのみでアニメを作るしかない、そう作らざるを得ないような境地へ至って欲しい。

ちら、とでも画集を見れば分かろうが、氏もなかなかの変態なのだから。

私どもスタジオポノックは、スタジオジブリの遺した遺産を無に帰すことのないよう鋭意、精進、努力してまいります!という決意表明と捉えるしかない、宮崎駿作品へのオマージュになっているシーンばかりで構成されている、故に既視感バリバリで固有の魅力を見出せない映画だった。 高畑作品へのオマージュは何処へやった?

やたらと分かりやすくリビドーに溢れているところだけがマロの個性なんかな、と思ってしまう。 いやいや宮崎駿作品のキャラとか少女の行為の描写に対して性欲溢れてんのをフィルムに込めてどうすんねん、リスペクトとかもっと純潔な愛情がありますよっていうのを出さんかい、気持ち悪いなジブン、と思わされた。
>|