結婚の作品情報・感想・評価

結婚2017年製作の映画)

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:117分

2.3

あらすじ

年齢も境遇も違う、様々な女たちの心の隙間に入り込み、その色気で翻弄していく結婚詐欺師・古海健児(ディーン・フジオカ)。ある時は小説家、またある時は空間コーディネーターと、次々と姿を変え、結婚詐欺を行っていく。騙された女たちは、ついに古海の相棒・千石るり子(柊子)にたどり着くのだが……。「結婚」という魔物に騙された女たちと、騙した男にうごめく秘密と哀しみ―。彼らが持つ孤独と欲望の行き着く先とは!?…

年齢も境遇も違う、様々な女たちの心の隙間に入り込み、その色気で翻弄していく結婚詐欺師・古海健児(ディーン・フジオカ)。ある時は小説家、またある時は空間コーディネーターと、次々と姿を変え、結婚詐欺を行っていく。騙された女たちは、ついに古海の相棒・千石るり子(柊子)にたどり着くのだが……。「結婚」という魔物に騙された女たちと、騙した男にうごめく秘密と哀しみ―。彼らが持つ孤独と欲望の行き着く先とは!?そして古海の本当の目的とは!?

「結婚」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

舞台挨拶付きで観覧。
しかし2日目だった為、監督とディーンだけ…なんか1番面白くない舞台挨拶だった∑(゚Д゚)
映画は…⁇ディーンのプロモって見方もできる。
fumifumi

fumifumiの感想・評価

1.0
ディーンフジオカの、PV?
叔母がファンで、リクエストがあったので、一緒に観賞しました。
ゆー

ゆーの感想・評価

1.8
おディーン様のファンの為の映画でした…バブル時代に撮影したのか!?って感じで2時間ドラマで充分だったのでは?と思いました…良かったのは貫地谷しほりと貫地谷しほりの出ているシーンでした…そこは騙された(笑)
ポイント鑑賞出来て良かった映画でした
ディーン・フジオカが結婚詐欺師に扮する作品だが、どうも役柄がしっくりきていない気がする。演技もそれほど飛び抜けているものとは言えず、セリフ回しにも不自然さがつきまとう。たぶん最初にキャスティングありきの作品だったのだろうが、原作小説の良さをじゅうぶんに生かしているとはいえない。

主人公が口ずさむ曲や登場する小道具がなんともクサい。いまどき平気でルービックキューブなんかをかちゃかちゃと何度も登場させるセンスにはちょっと鼻白む。監督はテレビの出身らしいが、ちょっと観賞者を甘く見ているのではないかと思うフシも。ややがっかりな作品。
cocomacos

cocomacosの感想・評価

1.7
しばらく前に観ましたが、、、よく考えたらディーンさんのファンとかじゃないので、あの程度の内容だと楽しめる箇所が1つもなかった私でした。このスコアは、最後の方にでてきた萬田久子のコートと持っている物件に捧げる。
miharu

miharuの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりにやべーもんをみちまった...
彼は香川まで漂流されたのかしら。すごいわね...
エンディングがヒップホップ寄りなのもツボる
よよよ

よよよの感想・評価

3.3
評価が悪いからどれだけ面白くないんだと思って観たらけっこう楽しめた!!
原作はもっと深いのかしら…
ディーン様wかっこいい
ふらい

ふらいの感想・評価

1.0
ビックリするくらい面白くなかった事にビックリした。ほんとに...ビックリした......!!

ディーン氏のディーン力を楽しみたいという気持ちで観たのですが、ぺらっっぺらのしょーもない男の役で全く楽しめず。例えモノローグだろうと「女性」を「女」とか言っちゃう奴はちっちゃすぎて話にならねえな。女性に夢見させてなんぼなのでは??もっと真剣に仕事に取り組んで頂きたい。相棒の女性も、雑なリサーチ、という以前のただなんとなく~で急にダブルブッキングかましといて仕事とか言わんでくれ。(そしてその伏線は特に意味はなかった気がする。余りにも気を抜きすぎて観逃したのですかね...もうよくわかりません)

お話も、詐欺師物としての騙す楽しみやスリルが無いなら無いで、もっとファンタジックな結婚詐欺師として、ありえない位夢設定を盛り込んだらいいのに。ディーン氏の、感情の起伏が余りない淡々としたあの感じでよくわからねえがかわいいなってな感じにさせてくれたらいいのに。あんなただの話おもんない奴のくせに自分はミステリアス...過去のトラウマ...とか悦ってるけどその実ただのしみったれなんか誰が惚れるんか.........っていや惚れるんかい!!しかも複数!オイ~~!!となりました。

あと一体何時代の映画なんだ...???
ある一定の年齢で結婚していない女性はもれなく結婚したくてたまらなく寂しくて狂いそうに違いないという何かこう、お・おう......みたいな。そういう価値観や出てくるバーやらの雰囲気や会話の感じとか全体的にいにしえの香りがした。

あと皆何かふわふわした事喋ってた。何で初対面の知らん奴に自分語りしだすのか。ようわからん。

もはや何にイラついているのかわかりませんがとにかくそんな感じでした。
layla

laylaの感想・評価

3.8
ポスターからしても、ディーン・フジオカさんのプロモーションビデオの様な仕上がりは予想通り。

「始まりはいつも楽しい。
この世の中が始まりだけで成り立っていればいいのに。」
この台詞が好き。

ディーン・フジオカさん舞台挨拶@角川シネマ新宿
yuko

yukoの感想・評価

2.0
2017/07/05 @横浜ブルク13

「あっ、これはディーンさまを鑑賞するための映画なんだな」
と、視点をチェンジすると楽しめました。
ストーリーはちょっと肩透かし。
>|