クヒオ大佐の作品情報・感想・評価

「クヒオ大佐」に投稿された感想・評価

ymk

ymkの感想・評価

-
こんな意外と間抜けな結婚詐欺師が実際にいたそうなので事実は小説よりも奇なり、だなと改めて思った。

レディプレイヤーの上映時間待ち

ランチしてます

暇なので過去の記録を…


クヒオねぇ

あれでだまされるかねぇ

胡散臭いったらないわ!

騙される女も女だわ

クレージーケンバンドの曲はよい

ライヴで好きなのは

けむ~り~🎵ですわ✨
何とも言えない。おもしろいかと言われればおもしろくはない。
付け鼻が全然違和感なかったw
Sara

Saraの感想・評価

2.4
実在の結婚詐欺師

女が賢くなればいい
男のプレゼンはかわいいもの

と思ったけど、好きになったら
見えなくなるのが恋愛
でもお金が出てきたら普通気づくでしょ

お金絡まなくても、
噛み合ってない結婚も詐欺に思えてくる
気持ちを逆手にとって生きるとか

最後のシーン
どちらも幻想を愛しているだけ
確かに需要と供給があっている

現実は完璧 を、切なくここに見た。
mar88

mar88の感想・評価

-
クヒオ大佐。
まさか、網走出身だなんて。

親近感沸いちゃうじゃないの。


なんかさ、20代は騙されてたまるか。って思ってたんだけど、この松雪泰子演じるしのぶの気持ちわかっちゃう。
騙されてあげて、全部を包みたくなってしまう。
(お金は取られたくないけど笑)


たまに、解決策を求めない不毛な愚痴をただただ漏らしてみたくなる。
そんな時、クヒオ大佐は「うんうん」と聞いてくれそうで、その後はキレイに忘れてくれそうで。


コメディ要素が強いのかもしれないけど、昭和のもの哀しさを感じる。
哀愁というか。

監督は「クヒオ大佐の妻」という舞台も手がけているらしい。
妻役は宮沢りえさん。

見たかった。
実話って…。いや、実話って…!(笑)
吉田大八監督がそこそこ好きなのでかなり以前から気になっていたのですが、なかなかおもしろくなかったです。
狙ったわけじゃないけど、エイプリルフールに詐欺映画とはなかなかのナイスチョイスじゃない(自画自賛)。
新井くん好き。以上。

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしい俳優陣。

しのぶの弟(新井浩文さん)との電話やファミレスでのやり取りがテンポ良くて笑ってしまう。
そして弟もクズで安心(?)した。
最初にクヒオ大佐の過去を匂わせるファミレスのシーンや、弁当を食べながらしのぶに聞かせる自分の昔話(捏造)のシーンは心にくるものがあった。
クヒオ大佐のバックグラウンドがもっとあれば良かったな。
実在の詐欺師特集で鑑賞

今回は1990年代初頭の日本で結婚詐欺をはたらいた詐欺師の話。
詐欺師映画前2作が詐欺師として凄腕すぎたのと予告も何も見なかったのとで、クヒオ大佐の詐欺のやり方に草しか生えなかった。

大佐を演じた堺雅人の片言の日本語しかり、騙されていく女性しかりほとんどがコメディタッチで描かれているので、クヒオのひどかったのであろう生い立ちもそこまで胸に響かなかった。

正直、こんな男に騙されるのかと疑いたくなるが実話なんだから仕方ない
いろんな詐欺師がいるからとりあえず注意しておこう
な

なの感想・評価

1.8
「桐島」の吉田大八監督の二作目である。予告編からはクソ映画臭しか漂ってこないものの吉田大八監督を信じて観ましたが、残念ながらこの映画は実につまらないと言わざるを得ないでしょう。この二時間を睡眠にあてたほうが人生のためになるでしょう。何かの片手間になんとなくみるには良いかもしれないが、集中して見るようなものではないと思う。つまり「ドラマ的」なのである。二時間のスペシャルドラマを見せられた気分になりました。
そんな事で騙せたのかクヒオ大佐!
爪の甘い結婚詐欺師の話
弟とかに突っ込まれてるシーンは
面白かったけどそれ以外は…
>|