オレの獲物はビンラディンの作品情報・感想・評価

「オレの獲物はビンラディン」に投稿された感想・評価

lilly

lillyの感想・評価

2.1
クソつまらない、、
この人の腎臓のためにおれは映画を観たのか、、、、
虎氏

虎氏の感想・評価

2.8
神の啓示を受けたという理由で、ビンラディンを捕まえに一人でパキスタンへ行った男の実話!を、ニコラス・ケイジ主演で描いたコメディ映画。
主人公のゲイリーは恐ろしいまでの変人だが、何故か人に好かれるため、無茶苦茶な行動がことごとく受け入れられてしまう不可思議な展開。どこまでが実話なのか判らないが、端から見る分には笑えても、まじめに付き合うのは大変そうな人物だな…と感じた。
まあまあ笑ったけど、よく解らん作品だった。
NAOKI

NAOKIの感想・評価

4.0
シリアスな映画では結構出演している、ニコラスケイジのコメディ映画。
ニコラスケイジはとてもおバカな主人公を演じるんですが、冗談と下ネタ連発でとても楽しい内容の映画になってました。
くだらないって思う方も多いかも知れませんが、実は計算された作りになっていると私は確信しております。
お薦めの1本です。
風来坊

風来坊の感想・評価

2.5
愛国者とは聞こえが良いけれど、自分には差別主義で自己中な変人にしか見えませんでした…。ですので楽しんで見る事は出来ませんでした。とはいえこんな無茶をしても命があったのは良かったですね。

不思議な魅力があるのか、結構周りの人から好かれているのが不思議なところ。ニコラス·ケイジが楽しそうに変人を演じているのが印象的な映画でした。
小森

小森の感想・評価

-
神のお告げを受けて(統合失調症ではない。)ビンラディンを捕まえに行く事にしたハイテンションおじさんニコラスケイジが色んな人に迷惑を掛けまくる実話コメディ。相当ウザいけどいい人なので許せる。バーカウンターで神と飲むシーンが良かった(統合失調症ではない。)。
にな

になの感想・評価

3.7


結構何回も帰ってくる笑笑
んだけどまた行っちゃうんだよな〜

現実のCIAのことを思えば堪ったもんじゃないけど、ゆるーくておもしろかった!!!

こういう人を笑ったり信じたり
嘲笑じゃないネタにできる
アメリカの懐の広さよ
アカデミー賞主演男優賞を獲得したニコラス・ケイジさんが、
その素晴らしすぎる演技力を余す事なく発揮した結果出来上がったのがこれ。

俺が!オサマ・ビンラディンとっ捕まえてやるぜ!つって日本刀片手にパキスタンに乗り込んだクレイジーなおっさん。
実話ってのが最高にクレイジー。

しかも、喋り方とか、仕草とか本人にめちゃくちゃ似せて演技してますね??
アカデミー賞主演男優賞の演技力…。
凄いっす…。

リービング・ラスベガス観た後にこの映画観て大混乱して欲しい。
おめぇ誰だ!?ってなるはず。
ビンラディンゆるせん!って言って 勝手に1人でビンラディンを捕まえようとするおじさんの話。バカです。頭おかしいです。でも まわりの人が意外とやさしい。変人にもやさしくできるって 心の余裕がある人だと思うなぁ。
ニコラス・ケイジがデカイ声でずっと喋ってる映画。出演作は絶えないけど結構久しぶりに彼の出演作観たかも。

神の啓示を受けた建築作業員のオヤジがビンラディン捕獲のため日本刀片手に単身パキスタンに潜入する実話w膨らみ爆発した愛国心は眼前に神を呼び寄せアメリカの威厳を託される。ヨットにハングライダーと無謀過ぎる潜入に終始ハイテンションニコケイ、面白かったけどちょっと疲れたw

神さまも結構強引なんだよね〜敬虔なのを良いことにつけ込みガチ、あんな導かれ方したら動かなしゃあないやんw主人公ゲイリーもこと愛国に関しては行き過ぎやけど愛に溢れた人懐っこさは変な人〜で片付けられない人間味。なんかやりそうなタフさも妙に魅力的でしたよ。

米国でもパキスタンでもなんら変わらないゲイリーのキャラ、なんだかんだ慕われたりとニコラス・ケイジの結局愛されるブレない魅力もうまくハマって生きてましたね〜
もみを

もみをの感想・評価

3.0
ニコラス・ケイジのあのテンションはフェイスオフに匹敵してますな
>|