テリー・ギリアムのドン・キホーテの作品情報・感想・評価・動画配信

「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」に投稿された感想・評価

難しいというか、変な映画見たなーて感じだった。若干長く感じてしまった
何度も苦難を乗り越え諦めずに自虐的にこの作品を作り上げたテリーギリアム流石
一番テリーギリアムらしい作品だと感じました!
ただ中弛みが激しくて睡魔と戦う事になってしまい私には合わなかった(T ^ T)悔しいです
もた

もたの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ついに!と思いつつも見に行かなかったな。おめでとうございます。
結論としては珠玉の名作クラスです!
これは絶対見ておいた方がいいです!
ただしかなり難解な作品なので覚悟して見てください。
あと一人で見た方がいいです。
彼女とか友人・家族と見るような作品では絶対ありません!

プロットが非常な複雑です。
ここまで複雑なプロットを持った作品はそうそうありません。
テリーギリアムほんと鬼才ですね。

あと私が感じたのはドンキホーテを演じたジョナサン・プライスの熱演。
本当に素晴らしい!すごい演技力!!こんな演技力凄いのは正直驚きました。
この人はパイレーツ・オブ・カリビアンのウェザビー・スワン総督役で有名ですが、この作品の彼は本当に輝いてる!熱演ぶりは脱帽ものです。
この演技を見るだけでもこの作品は価値があります。

この作品はノーベル研究所と愛書家団体が発表した、世界54か国の著名な文学者100人の投票による「史上最高の文学百選」で1位を獲得した「ドンキホーテ」の映像化作品。
基本的には原作にある程度忠実でありながら、独自の解釈と現代人に受け入れられやすいような現代性をうまくマッチングした作品になっています。
これだけでも面白いに決まってる!!

狂気と正気。
幻覚と現実の境目が分からなくなっていくかのような演出に見ているこっちもどこからが現実なのか?わからなくなってくる。

見ているうちに頭に浮かんでくるのが
北斗の拳の曲だったTOUGH BOYの歌詞
「 Welcome to this crazy time.このイカレた時代へようこそ君はTough Boy まともな奴ほどFeel so bad 正気でいられるなんて運がいいぜ」のフレーズ。

過酷な現実を前にすると人は正気を簡単に失ってしまう。
そしてこの世界はなんて美しくて残酷なんだ。

このことを再認識させてくれる作品。

主人公の映画監督の大切な思い出になっている大学時代に撮った思い出の作品。その作品に関わった人たちの人生を狂わせてしまった悲劇を描いた作品です。
主演だった靴職人のおじいさんはドンキホーテの役から抜け出せなくなり、完全に自分がドンキホーテだと信じ続けている狂人になってしまった。
ヒロインの村娘役だった清純な村の女の子は自分に才能があると思い込み、都会で女優を目指したのだがうまくいかずに娼婦になるまで落ちぶれてしまう。

私も写真を撮ってるので賞をいただいた、過去の傑作写真で関わった人たちがこうなってたらほんとショックですね~。

でもおじいさんはドンキホーテとして生きた狂気に陥った人生の方が充実してた感じありますね。
夢から覚めたくなかったのかもしれない。

夢の中で死ぬまで生き続けたかったであろうおじいさんは、心無い現実の大人たちの悪意によって正気に戻されてしまいます。正気に戻してあげたいという村人たちの善意ではなく、笑いものにされ所詮お前は偽物なんだ。という悪意によって現実世界に戻され失意のうちに死んでいくのは本当の意味で悲劇。。。泣けました。


映画界の売れっ子監督。エリートだった主人公が容疑者として警察に追われることになってしまい、自分がドンキホーテだと思ってる狂ったおじいさんと逃避行を続けるうちに徐々に狂気に陥っていく描写は秀逸。
そしてある決定的な出来事が起き彼は完全に狂ってしまう・・・
主人公も過酷な現実を前に狂気の世界に足を踏み入れていくのです・・・

おじいさんと主人公の関係性も徐々に変化していくのが楽しい。精神異常者に絡まれた一般人という関係だったのですが、次第に本当の騎士と従者の関係性に変化していく。
そして最終的には・・・ここから先はネタバレですね!ぜひともご自分で見て衝撃の結末を確認して欲しいです!

美しくも狂気とロマン、そして悲しみに満ちたこの作品ぜひともご覧あれ!
映画館でみた!(たしか日比谷)
断片的な記憶しかなくて一旦評価はやめとこう、、
北米酷評!
予告編で開き直ってるアダム・ドライバー主演作。

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=8Z8At9pZAeM
2MO

2MOの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

悲願達成の祝祭感よりも、映画製作の罪と呪いが色濃く重なるメタフィクションに、苦節30年をたどる構想の変遷が見受けられる。「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」と題されるのもやむなしの自己投影を、ギリアムも認めざるを得ないだろう。いっその事、自ら演じてしまえばよかったのにとさえ思う。稀代の怪優アダム・ドライバーとの共演ならば、晩年を飾るその集大成にも相応しい。なんてことを『未来世紀ブラジル』に対をなすエンディング、見果てぬ“夢”へのロマンティックに空想せずにはいられない。
sum

sumの感想・評価

-
自分には難しかった。
アダムドライバーが出てなかったら最後まで見ずに断念していたと思う、、
youngnick

youngnickの感想・評価

2.1
原作を数ヵ月かけて読んでから鑑賞するとやはり色々と残念。そもそも「ドン・キホーテ」自体が複雑なメタ視点を幾重も用いた作品だったので、それを今更メタ素材扱いされても…ねえ、という印象。せめて最後の「ドン・キホーテ」という存在自体が伝播していく様くらいはよかったが、それも既にありふれた展開であって原作を超えた要素が一つも見当たらなかった。
新たな偽の作者が出てきて二度とドン・キホーテの物語を描かぬように自らかの騎士を葬った原作への愚直な冒涜にも感じられます。むしろこのような古典からの影響とは明らかにしないで表現の血肉として隠喩的に扱ってこそのものではないかと考えさせられましたね。

よほど本作がいつまでも完成しなかったという「呪い」の方が物語としては魅力的に映ってしまう。時には物語が完成しない過程の方が面白い事だってありますからね…。
都部

都部の感想・評価

3.3
自分をドン・キホーテだと信じた爺と過去にそう信じさせてしまったCM監督の珍道中という筋書きは痛快極まる物だが、原作ドン・キホーテを踏襲しながら現実と空想の境を渡り歩く生き方しか出来なくなってしまった一人の男の悲哀を尺たっぷりに描いている。そうした作劇に複雑なメタ的な視点も交えられる構成はそれなりに好みのはずなのだけれど、イマイチ自分に刺さらずに終わってしまったのはペダントリー的な作風の様々な仕草を十全に拾いきれなかったからかなと。テリー・ギリアムの作品なのである程度は想定していたが、想像以上の面白味を見い出せない。また原作以上に虚構の存在感とその交差による話の上での影響は薄くて、シュールレアリスム的な世界観を楽しむことは出来るが作品としての斬れ味は正直そこまででもない印象。
アダム・ドライバーはやっぱり、この手の愚痴愚痴言いながら苦労人している役が似合うよ。
>|

あなたにおすすめの記事