ラオス 竜の奇跡の作品情報・感想・評価

ラオス 竜の奇跡2016年製作の映画)

上映日:2017年06月24日

上映時間:112分

3.1

あらすじ

1960年(昭和35)、オリンピック開催を間近に控えた日本ン。終戦から15年が経ち、誰もが上を向いていた時代。人々は開発の熱気に満ち溢れていた。そんな日本を飛び出し、ダム建設調査の為、ラオスに渡った日本人がいた。将来の成功を夢見た青年の名は「川井」。しかし川井は調査中の事故で消息を絶つ。当時、内戦中だったラオスの首都ビエンチャンでは戦闘が勃発、政府による川井の捜索も打ち切られてしまう。2015年…

1960年(昭和35)、オリンピック開催を間近に控えた日本ン。終戦から15年が経ち、誰もが上を向いていた時代。人々は開発の熱気に満ち溢れていた。そんな日本を飛び出し、ダム建設調査の為、ラオスに渡った日本人がいた。将来の成功を夢見た青年の名は「川井」。しかし川井は調査中の事故で消息を絶つ。当時、内戦中だったラオスの首都ビエンチャンでは戦闘が勃発、政府による川井の捜索も打ち切られてしまう。2015年急激な都市開発が進むラオス。家族とのすれ違いで故郷を飛び出したラオス人女性「ノイ」は、慣れない都会暮らしに埋もれていた。そんなある日、友人からのナムグム湖観光の誘いをきっかけに、1960年のラオスへと迷い込んでしまう。ゆるやかな川のほとりで二人は出会い、辺鄙な農村で、暢気な村人たちとの共同生活が始まった。

「ラオス 竜の奇跡」に投稿された感想・評価


日本のような発展の途中に
色々捨ててきたような国と違って
ラオスって国は、現代と1960年代との違いを画で表現しづらい
つまり
タイムスリップって設定がうまく機能していない
川井があまりに現代人っぽいのに対し、
近年の近代化、都市化が進むラオスの
何故に舞台が田舎なのか?
まぁね
川井はダム作りが目的で派遣された日本人だし
そうでなければコミュニケーションもとれないだろうし
根本的に物語が進まないんだな。
大都市にダム建設するわけないしね
またラオスの女性ノイが田舎くさくて
川井との対照的な位置付けがまるで逆に・・・
彼女のほうが60年代の人間に見えてしまう。
全体的に一考すべき点が多々ある。

徹底して
息を飲むラオスの美しい大自然を撮影してある作品でもない。

まぁ
公民館とかでラオスって国と仲いいよ
って
小学生とかに観せる作品。



カツミ

カツミの感想・評価

2.1
農村生活が嫌で街に飛び出した娘が、1960年の農村にタイムスリップして、村民の温かさに触れ、農村生活を見直すという話。

タイムスリップやラオス事情に疎いのに現地語が堪能な日本人とかの設定が意味不明。

年頃の男女をいきなり同じ部屋に泊まらすって、ラオスの村民はどこまで能天気なんだろうか。
jack

jackの感想・評価

-
ひどい。すべてをセリフと表情で説明している。川井がラオス語を話せるという無理矢理な設定も、話せないという設定で映画を作ることを諦めたが故に思える。いいところは主人公の女の子が可愛くて赤いTシャツがエロかったくらい
やん

やんの感想・評価

3.5
ラオスをよく書けていると感じました。淡々としていますが、飽きないいい映画だと思います。
KenzOasis

KenzOasisの感想・評価

2.5
ラオスと日本の絆を記念しての作品。
仲良くさせていただいている方が製作に携わっておられたので、本日鑑賞いたしました!

映画というかドキュメンタリーみたいな感じですね。
それゆえに脚本とか演出とかは、んーーーっという印象です。
観ている側が補完する分量がちょっと多いかもしれませんね。

ロケーションで全て撮影しているので景色は美しいですし、小さな村に住む人びとも美しかった。
個人的にはそうした美しさをしっかりと感じたので、ラオスにダムが出来たことでどんなものが生まれたのかとか、そしてラオスの文化がいかに人との繋がりを暖かくしているのかとか、そのあたりを丁寧に描いても良かったんじゃないかなあと思います。
大作ではない分、小さなきらめきを描くような感じで。

人の数だけ物語がある。こうしたジャンルの作品もどんどん増えていくといいですね。
シネ・ヌーヴォにて鑑賞
なんと立ち見が出るほどの盛況(95人)。なんでかなって思ってたら、主演俳優とプロデューサーの舞台挨拶があり、主演俳優の方が大阪出身だったという事情があったようです。
もっとファンタジーな映画を想像していたのですが、それは裏切られましたが、なんか心があったかくなるような、いい映画を観たなーって気持ちが沸き起こる映画でした。
☆☆☆★

2017年7月7日 スバル座
DaikiKato

DaikiKatoの感想・評価

3.6
辛辣なコメントが多いですが^_^;

演技の上手さやストーリー云々はさておき、所々泣いてしまいました。

ラオスの田舎の長閑さや人の純粋さ、優しさに映画を通じて改めて触れることが出来ました。

内戦の危険な中、当初は会社の命令であったとはいえ、その中でラオスの人たちのために貢献したいと強く願った日本人の大先輩の姿を見て、改めて自分は何をすべきか? 改めて考えさせられました。

個人的にいまラオスで会社を立ち上げ最中なのですが、会社が立ち上がった際には、ラオス人の従業員皆々と一緒にこの映画を改めて観たいと思いました^_^
いち麦

いち麦の感想・評価

2.0
戦後日本からアジアへの復興支援中に起きた内戦絡みのEpは自ずと日本自らの戦争記憶に繋がる。ラオスのゆったりとした生活が感じられる野生美映像。テンポや繋ぎが緩いのが惜しい。ノイ役のモデル女優さんが印象的。
wowowo

wowowoの感想・評価

1.0
せっかくの実話を台無しにする作品です。

場所はラオス、実際にあった物語をベースに、30年前のドラマのような古臭い演出、それでいてタイムリープというワケのわからない設定です。

主人公がおばあさんになって語りかけるとか、子孫が何かを発見するとかいろんな物語が考えられるのに、なぜあんな脚本にしてしまったのでしょうね。
いまラオスはちょうど価値観の転換期にあるわけで、あんな設定にしなくてもそのままの姿で十分伝わるはずです。

それなのに現実を無視してタイムリープ……
本当にガッカリしました。

「竜の奇跡」という捉え方も、先進国が途上国を捉えるときにしばしば見られる紋切り型の一面的な表現で、ラオスをあんな風にしか見ることができないスタッフに悲しみを感じました。

物語なんてなしにして、村の景色を淡々と映してくれた方が何十倍も感動したと思います。
ラオスが好きとかではなくて、「評価されたい」というような邪心で作った作品なんでしょう。

大嫌いです。
>|