ブンミおじさんの森の作品情報・感想・評価

ブンミおじさんの森2010年製作の映画)

UNCLE BOONMEE WHO CAN RECALL HIS PAST LIVES

上映日:2016年01月09日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.6

あらすじ

腎臓の病に冒され、死を間近にしたブンミは、妻の妹ジェンをタイ東北部の自分の農園に呼び寄せる。そこに19年 前に亡くなった妻が現れ、数年前に行方不明になった息子も姿を変えて現れる。やがて、ブンミは愛するものたちと ともに森に入っていく…。美しく斬新なイマジネーションで世界に驚きを与えた、カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞作。

「ブンミおじさんの森」に投稿された感想・評価

Moeko

Moekoの感想・評価

4.0
普段の生活のなかの
仕組みや環境から隔絶される二時間。
彼の映画は何か懐かしさや
既視感(悪い既視感じゃなくて)
を感じる。
ラスト10分と
母胎を表すかのような
ぬめっとした洞窟のシーンが印象的。

仏教の輪廻転生や
アニミスティックな思想に
基づいている感じが
ポストコロニアルの余波にある
西洋の評価軸にウケてるのかな、
とも思う。
そこにはエキゾチシズムに
基づくまた違う受容の仕方がありそう。
まだまだ体感不足なので機会あれば劇場でもう一度見る!
nana

nanaの感想・評価

-
初めてのアピチャッポン映画。
ありえない非日常がポンッと提示されても不思議と受け入れちゃうような、奇妙な映像体験だった。
自分を客観的に見れないのに見ちゃった恐ろしく不気味なシーン(と勝手に解釈)が強烈。
それにしても眠すぎて、15分観て寝落ちしては翌日また観てを繰り返していたらいつのまにか1週間が経ってた。
ERECO

ERECOの感想・評価

3.8
二つ目にみたアピチャッポン
お家で鑑賞したけど
これは映画館でみないといけない
じえり

じえりの感想・評価

2.5
不思議すぎる
なんでこんなに評価されてるのか?
理解できませんでした
ナマズ…意味不明
ubik

ubikの感想・評価

-
Netflixでみた。逆光の映画だとおもった。幽霊が何食わぬ顔で戻ってきて、生きている人とごくふつうに話したりする映画がだいすき。ときおり挿入される無人の風景ショットには堀禎一の夏の娘たちをおもいだした。初アピチャッポン。気持ちいい眠気を催す。
santasan

santasanの感想・評価

3.0
おそらくこの映像のベースには、この地域に伝わる寓話みたいなものが随所に散りばめられているんじゃないかな…と思って観た。引きサイズが多く、しかもワンカットが長く、そして敢えてカット割りしないで見せる編集は意図的なのだろうか?
NARUMI

NARUMIの感想・評価

3.4
授業の課題で観たけど、世界観が難しかった。けど、なんだか闇が安心できるような、怖くなくなるような、不思議な気分になる映画でした。
観てはいけません。感じるのです。
大半が心地よい虫の音がながれていて、夜に部屋をくらくして観ると100%寝るので注意されたし。
映画評の課題があって見たんだけど、どうしよう、何がどうなってるのかまじでまっったくわからなかったぞ....
次郎

次郎の感想・評価

3.7
接続すること。の映画だった。プンミおじさんの人生に、その過去を、かもしれない前世を垣間見ること。これまでに出会って、もう出会えない人に接続すること。死んでから出会ってしまうこと、そして、自分自身に出会ってしまうこと。接続を繰り返す表現は、その接続点の境界線を次第に曖昧にしていき、梵我一如、人も自然もひとつの世界へと結び付いていくはずなのに、ラストでふっと現実に呼び戻される、然り、悟りなんてそんな簡単に到達できるものではないのだから。感情的な盛り上がりを徹底して排した構成は退屈と紙一重なんだけど、それでも見続けた時のうすぼんやりと印象が驚くほどに引き剥がせない。
>|