仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦の作品情報・感想・評価

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦2017年製作の映画)

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:94分

2.4

あらすじ

物語は、大空を覆いつくさんばかりの超巨大浮遊要塞が突然飛来し、総攻撃を開始、世界の大都市が壊滅状態に陥るところからスタートする。仮面ライダーエグゼイド、宇宙戦隊キュウレンジャーが迎え撃つも、圧倒的な大きさと数を有する謎の敵にまったく歯が立たない。だが、その窮地を救うヒーローたちが現れる。死んだはずの九条貴利矢と、見たこともないヒーローの勇姿…。敵はどこから、一体何のために来たのか?命を落としたは…

物語は、大空を覆いつくさんばかりの超巨大浮遊要塞が突然飛来し、総攻撃を開始、世界の大都市が壊滅状態に陥るところからスタートする。仮面ライダーエグゼイド、宇宙戦隊キュウレンジャーが迎え撃つも、圧倒的な大きさと数を有する謎の敵にまったく歯が立たない。だが、その窮地を救うヒーローたちが現れる。死んだはずの九条貴利矢と、見たこともないヒーローの勇姿…。敵はどこから、一体何のために来たのか?命を落としたはずの者たちが、なぜ現れたのか?そして、勝利の行方は…?この途方もない強敵に打ち勝つ鍵は、ヒーローたちが新たな力を手にすること。異空間でレベルアップを繰り返し、「最強」を超えた「最強」のヒーローが誕生する時、想像を絶する奇跡が起きる!!

「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」に投稿された感想・評価

サメレンジャー再出演と聞いて鑑賞しました。
ゲームの世界が現実の世界をデリートしようとしている!助けて!エグゼイド!キュウレンジャー!というお話。
サメが出るおかげでクロスオーバー作品はそれなりに観てきたのですが、その中でも割と話しに脈絡のない作品だと感じました。ダイアモンドユカイは好きなので、いかに彼の演技がヤバくても私は受け入れられますが、ショッカー首領三世はさすがに唐突すぎるような…。ラストの大爆発はやけに派手だったんですけどね。
お目当てであるジュウオウジャーのジュウオウブルーの活躍も僅かで、ちょっと悲しくなりました…。
もっとやりようはあっただろうに。。ってのが率直な感想。内容薄いのは仕方ないにしてもバトルの盛り上がりにも欠けていて。もうちょっといろんなキャラがフォーカスされてもいいんでないか。
今年、9本目

エグゼイドのTVシリーズを通しで見終わったので、映画もみることに。
トゥルーブレイブ目当て。

仮面ライダー×スーパー戦隊はゴチャゴチャするからどちらかに絞った方がいい。またこの映画のスピンオフ作品みたいな「仮面戦隊ゴライダー」の方がストーリーは良かった。
それは仮面ライダー3号に対する仮面ライダー4号のような感じ。
虎氏

虎氏の感想・評価

2.0
うーん…としか言えない内容だった。
ストーリー展開があまりにも雑すぎる。
本作に登場するレジェンドヒーローのほとんどがゲーム内キャラという設定だからか、役者本人が出てきても必然性の無い立ち位置ばかりで、嬉しさは大幅減。ショッカーはボーナス的な登場であり、予告編で煽ってた三代目首領にはボス感がまったく無い。
お祭り映画として、つまらなかった。
yu51

yu51の感想・評価

2.8
ひどい。ひどすぎる。
全てがひどい。
ストーリーもわけわかんないしキャラクターの無駄遣い。
北岡弁護士が出ると聞いて嬉しくて見たけどこんな使い方されるなんてありえない。
あととりあえずモモタロスいじっとけばなんとかなるみたいな空気やめてほしい。
大切な時間を無駄にしました(笑)
斎藤

斎藤の感想・評価

3.1
記録 映画館で見たきりですがあまり印象に残ってません ナーガがメイン
海老

海老の感想・評価

1.5
あまり、映画でやる必然性を感じないことと、勢いのドンパチで片付けている感があり、好きになれませんでした。

率直な感想としては、なんじゃこりゃ??です。
一緒に観ていた子供もあまりのめり込めなかったようです。

あのゼビウスは結局なんだったのか。
「ピクセル」のオマージュ…ちがうか。
友一

友一の感想・評価

1.6
金田&米村の監督脚本コンビは映画を面白くすると死んじゃう病気にでもかかっているんじゃないですかね。早急にオペが必要なようです。

いわゆる春映画ですよ。予告やスタッフの名前を見た時点でわかってたんです。どうせ面白くないだろうなということぐらい。

それでも好きなシリーズの映画ですから、なかば納税のような気持ちで見たわけです。(劇場には行けなかったので、そこはごめんなさい)

北岡弁護士(仮面ライダーゾルダ)やウッチー(キョウリュウゴールド)の本人出演には嬉しくなりましたが、物語的意味も必然性も全くない出演なので、ただ、居る。ただ、戦う。という陳腐な結果に。北岡さんに自身の名台詞を言わせたって、納得出来るわけねーだろ!

また『仮面ライダー電王』が無意味に消費され、こんな形で10周年を迎えることになるなんて電王可哀想...。

物語も映像も「お約束」しか存在しない脚本は例年通りの酷さでした。エイト君とかいうクソガキの顛末とかどうでもいいにも程がある。

この映画をまともな人間に見せたら死にますよ。凶器ですよ。

あと白倉さん、あんた嬉しそうにカメオ出演してたけど、そんなことしたってスタン・リーにはなれませんよ。
クアラ

クアラの感想・評価

3.0
子供向けのお祭り映画につきる。

ストーリー設定は重ためなのに展開は軽いし、ゲスト枠の豪華さがネタ化していて残念。

電王10周年がこんな駄作でお祝いされるなんて…
つくお

つくおの感想・評価

2.0
最近の戦隊モノを見てないことも含め、あんまりおもしろくはなかった。
息子はほとんど知らないけれど、楽しそうだった。
そういう映画。

いままで、全部見てたりすると同窓会的感覚で楽しいんだろうな。
>|