彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

「彼女がその名を知らない鳥たち」に投稿された感想・評価

sawada

sawadaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これは非常に面白かった。

中盤までは特に、
ほぼ全員に嫌悪感もあるし、
ストーリーとしても救われないし、
変な人ばかりと思っていた。

自己中心的すぎる十和子に、
不潔で異常に十和子に執着するじんじ。
忘れられない元彼に浮気相手と、
道徳を兼ね備えていない人ばかり。

最後まで人として理解することはできなかったししたくもないけど、最後のどんでん返しがなかなかよかった。無償の愛とはこういうことか。
みさこ

みさこの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

蒼井優の目つきの変わりと震えが良い
松坂と会ってからキスするまで急すぎてあ〜れ〜という間に話し進んでた
思い出は美化しがちですね
最後の自殺する瞬間からの思い出シーンはいらなかった
あれはナレーションで十和子の気持ち入れてたらよかった
今の状況に重なりすぎて泣きました
愛情は憎しみに変わりやすい
フライ

フライの感想・評価

4.0
かなり神経を逆撫でする内容な上、こんな愛の形に共感何て出来るはずも無いが、実際行ったのならそれは究極に近いと思えるだけに、見終わった時の痺れ方は半端ではなかった。
蒼井優の力の入ったクズ演技は、少し山ちゃんが気の毒に思える位だが、本当に素晴らしかった。何よりも阿部サダヲの落ちぶれ感は尋常では無く、ラストは反動もあり感動して涙が。
蒼井優が演じる最悪な妻、十和子を結婚しているのに片思いの阿部サダヲが演じる陣治の深すぎる愛は、彼の身なりや行動の不快感が、思いとは裏腹に感じ観ていてとても辛くなった。だが終始感じたストーカー的な陣治の、十和子への異常な愛と執着、心配性がラストに分かる衝撃の事実でとても悲しくて、切なくなり深い喪失感を感じると同時に感動した。
十和子の性格、行動への不快感もあるが、徐々に感じる陣治の怖さや狂気が、終盤のどんでん返しでとても悲しくなったし、余りにも切ないラストに、勘違いしていた自分にも嫌悪感すら感じた。
相変わらず白石和彌監督の表現する人間のイヤらしさやエグさを、本作でも強く感じた素晴らしい作品だった。
bluegame

bluegameの感想・評価

3.5
映画でありながら、自分のすぐ隣で起こっていそうなリアリティを覚えさせる。
しかしこのご時世で、陣治のような愛し方ができる人ってどれだけいるんやろう…。たまたま今日読み終えた「ノルウェイの森」でも感じた、人の愛し方に似てる。こんな真っ直ぐな愛、羨ましくもあり怖くもあり、自分にはもうできる気がしない。
ぱんだ

ぱんだの感想・評価

3.4
「あなたはこれを愛と呼べるのか」
まさにこの通り。特に阿部サダヲの演技に心が苦しくなる。見終わった後、もう一度見返したくなる映画。
Starrrrrrr

Starrrrrrrの感想・評価

3.4
見終わったあと若干放心状態になってしまいました。衝撃的って感じでした

終わったあとに考察など調べるのも楽しかったです。

ただスマホ使って電車とかで見たりもしてたんですけど、エロいシーンあってちょっと!って感じでしたw
p00h

p00hの感想・評価

4.1
ラブストーリーのようなミステリーのような不思議な感じ。演技派が多くて引き込まれる。
marm25

marm25の感想・評価

4.2
最後そうくるんだ…。見終わったあとめちゃくちゃ心が重たくなりました。

8年前に付き合っていた男・黒崎を忘れられない十和子は、不潔感漂う15才年上の陣治という男と暮らし、お金をもらって生活している。ある時不倫が始まり、それと同時に陣治が自分をつけまわしていることを知る。また、刑事から黒崎が5年前に失踪したことも知る。陣治の怪しい行動と失踪事件には関係があるのか…?そして最後のどんでん返し。
ラストの陣治のシーンには驚いた。出会ったが最後だったのかな。破滅的愛。
久しぶりに見た名作。
演技の質、作品の色。
脚本の内容など。
人間味がある映画が一番面白い
chiho

chihoの感想・評価

-
陣治の汚なさだけじゃなく十和子にあんな風にあしらわれても笑ってなんでもしてあげる様に嫌悪感と痛々しさと腹立たしさを抱いていたけど、その全てに愛?があったから成り立っていた訳で。(でも皆ぶっ飛んでてもはや愛なのか分からなくなってきた)
感想書こうと思ったけど綺麗にまとめられない。
キャストはぴったりハマってた。特に阿部サダヲは。
>|