アフターマスの作品情報・感想・評価

アフターマス2016年製作の映画)

Aftermath

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:94分

3.2

あらすじ

建設現場の現場監督ローマン・メルニック(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、数か月ぶりにオハイオ州コロンバスに帰ってくる妻ナディヤと身重の娘オレーナを心待ちにしていた。待ちきれないローマンは空港に花束を持って2人を迎えにいく。しかし、妻と娘が乗っているはずのAX112便は到着する様子はなく、ローマンは別室に案内される。そこで空港の管理会社から衝撃の事実を聞かされる。それは、家族が乗った飛行機が…

建設現場の現場監督ローマン・メルニック(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、数か月ぶりにオハイオ州コロンバスに帰ってくる妻ナディヤと身重の娘オレーナを心待ちにしていた。待ちきれないローマンは空港に花束を持って2人を迎えにいく。しかし、妻と娘が乗っているはずのAX112便は到着する様子はなく、ローマンは別室に案内される。そこで空港の管理会社から衝撃の事実を聞かされる。それは、家族が乗った飛行機が空中で衝突事故を起こしたというものだった。飛行機の残骸が残る生存者なしの悲惨な事故現場を訪れ、娘の遺体を発見したローマンは彼女を抱きかかえ声にならない悲しみに暮れる。航空会社に対し、謝罪を求めるローマンだが、彼らの表面的な補償のみの心無い対応に憤りを感じる。納得のいかないローマンは事故の責任がどこにあるのかを突き止めずにはいられなかった。そんな中、事故には一人の航空管制官(スクート・マクネイリー)が関わっていることを知ったローマンは、「謝罪をしてもらいたい」という一心で彼の居所を突き止めようとする。

「アフターマス」に投稿された感想・評価

MASTIX

MASTIXの感想・評価

3.3
主演二人ともの天国から地獄に突き落とされる演技は見応えあったものの、実話ベースなので仕方ないとはいえ映画としては冗長に感じた 最後はそっちへころがっちゃうかー、ってそれも実話なので仕方ない
シュワちゃんのバックヌード、てかお尻丸出しのシャワーシーンがあるので尻好きにはオススメ
mkd

mkdの感想・評価

3.2
なかなか救いのないストーリー。シュワちゃんに何を求めるか。
chikurin

chikurinの感想・評価

3.0
アクションが無いシュワちゃん映画です。
自分が加害者と被害者になった時、どう行動するのか?無いと思いつつ、考えてしまいました。
最後は重いです。また考えちゃいます。
kumiko

kumikoの感想・評価

2.6
シュワちゃんのあまりのおじいちゃんぷりに、ちょっとビックリ!

予告から、どういうエンディングになるのか心配してたがやはりそれ以外ないよね…という感じで…もう少し、捻りが欲しかった…
事前情報ほぼ入れずなんとなくシュワが飛行機衝突事故を無茶苦茶な設定で食い止める系の筋肉映画と思い込んでて、今日4本目だしラストは脳にやさしくのつもりが裏切られた…(自分のせい)。私の脳内80年代で止まってる。ミヒャエルハネケ並のガチ鬱映画なんて聞いてないよ〜
nonchan

nonchanの感想・評価

3.2
過去の作品では激しいアクションと鍛え上げた肉体だけでグイグイ攻めていたシュワちゃんが、愛する家族を飛行機事故で奪われた寡黙な老人を渋く演じています。
私の中ではアクション重視で演技に関しては??だった彼が、アクションを封印しての映画は果たしてどうなのか~と不安は少なくともあったのだけど
家族を突然奪われた男の怒り、悲哀が感じられました。

映画は2002年7月にドイツ上空で実際に起きた「ユーバーリンゲン空中衝突事故」とその後に発生した事件を元に、若干の設定変更はあるものの、ほとんど実話をベースにした映画な為、かなり重い。
序盤、空港に向かう為にシャワーするシュワちゃんの真っ裸の後ろ姿だけしか笑う所が無かった気がする。
色んなタイミングの悪さで起きてしまった事故だけど避けられない事故では無かったと、被害者やその家族を考えると何ともやりきれない思いだけが残りました。
アメリカでの興行失敗の為か、日本での公開が現時点でわずかに7館というのは寂しいですね。
G行為

G行為の感想・評価

3.0
シュワちゃん出演ってことで喜び勇んで観賞。
アクションはなくドラマ路線らしい…くらいの事前情報でしたが、観賞後…いや、のっけからラストまで、終始ドス暗~い気分になる内容でした。
これ、実際にあった有名な航空事故なんですね。

結局、管制室での出来事は何のミスだったのかは分からないままで、どう対応するのが正解だったのかスッキリしない。
そこは重要じゃないのだろうか?
とはいえ、航空会社からのたった一言の謝罪さえあればこんな不幸な事件には発展しなかったのかなとは思える。
記者の取った行動もアウトだったとは思うけど、この映画で描かれる取材の経緯が端折られすぎていて判断は難しいですね。

そもそも、これ映画化する意味はあったのかな。
遺族の慰めにもなっているとは思えなくて、今一つ意義を見出だすことが出来なかった。

哀愁という方向ではなく、ただただ悲しみに暮れる老人。
身内を失う演技としては「マギー」と同じだけど、あちらは架空の話なので、こちら方がシュワちゃんだという事を忘れるくらい可哀想に感じた。
そういう意味では役への没入がお見事だっとという事でしょうか。
身体はゴツイのに小さく見えるシュワちゃんを見たい方は是非。
たくみ

たくみの感想・評価

3.5
シュワちゃんである必要性は全く感じませんが、そろそろこんな内面の葛藤を描く作品にも出たかったんでしょうね。

実際にあった航空機衝突事故を題材にしたヘヴィメンタルなお話です。

家族を失った喪失感は伝わって来ましたし、心の葛藤も伝わって来ましたしが、やっぱりアクションスターとしてあまりにも有名になり過ぎたシュワちゃんのキャリアが邪魔をしてしまった感は否めず。

無名の役者で映画化したのなら、逆にもっと話題になったかもしれないですね。
ゴトー

ゴトーの感想・評価

3.5
ここ最近の年齢を刻んだシュワちゃんの顔面力、かなり好きです。
彼の哀しみの演技がどうしても気になって鑑賞しました。

映画としては、タイトル通り大きな人的災害の被害者と加害者になってしまった2人の男性のドラマ。
管制官の家族は登場しますが、基本的にはずっとこの2人の心の葛藤が描かれるので、諸々地味だったり物語の広がりや展開がない感じはするかもしれません。
主人公に寄り添おうとする人は何人かいるのですが、やっぱりこんなに傷ついた人の心に踏み込んだり出来ないし、主人公も心を開きません。想像してみるとこれは現実的な気もします。
そして孤独というのは絶対に良い結果を招かない。
どうしようもないけど、哀しい。
この映画の基になった事件について観終わった後に知り、余計凹みました……。

ラストは、哀しいけれどあれで本当に良かったという、物語としてかなり救いのある結末だったと思います。
だから後味は良かったです。

こういう映画の主人公をシュワちゃんが演じることに、合う合わないで賛否が分かれるのも分かる気がします。
単純に、復讐がカタルシスになる映画ではないからです。でも、私は良かったと思います!
シュワちゃんじゃなかったらこの映画を観ていないし、実際に観て色々考えることだ出来たからです。
嘆き泣き喚くのではなく、その内にひたすら悲哀と失望感を募らせる静かなシュワちゃんの演技、良かったです!
オカ

オカの感想・評価

3.6
完全に前情報ゼロで鑑賞。ストーリーというか、最終的な着地はやや平凡だったもののいいところもたくさんある映画だった。
クリスマスに妻と孫を妊娠している娘が家にやって来るということでウキウキで空港に迎えに行くシュワちゃんは本当に幸せそうだった。そこから事故があったことを知って絶望のドン底に突き落とされるまでの、徐々に不穏な空気が充満していくさまは本当に心苦しくなったし、とてもいい演出だったと思う。
一方でミスをした管制官のジェイコブにも妻子がいて普通に幸せな家庭があって、でもそれが崩れ去っていくのを止められないし元には戻せない苦しさが手に取るように伝わってきた。
小さなミスの連続でとてつもない悲劇が起きてしまって、登場人物の誰も責められないと思いつつも物語はどんどん悪い方に転がっていくという、本当にやるせない気持ちになる展開だっただけに、ラスト回りがもう少し違えばものすごく心に残る映画になっていたかもしれない。
印象としては「いい映画」を全体的に一回りスケールダウンさせたような感じ。でもシュワちゃんの落ち着きながらもただ者じゃなさを醸し出す演技は今までの積み重ねがあってこそのものだと思った。
>|