アフターマスの作品情報・感想・評価

アフターマス2016年製作の映画)

Aftermath

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:94分

3.3

あらすじ

建設現場の現場監督ローマン・メルニック(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、数か月ぶりにオハイオ州コロンバスに帰ってくる妻ナディヤと身重の娘オレーナを心待ちにしていた。待ちきれないローマンは空港に花束を持って2人を迎えにいく。しかし、妻と娘が乗っているはずのAX112便は到着する様子はなく、ローマンは別室に案内される。そこで空港の管理会社から衝撃の事実を聞かされる。それは、家族が乗った飛行機が…

建設現場の現場監督ローマン・メルニック(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、数か月ぶりにオハイオ州コロンバスに帰ってくる妻ナディヤと身重の娘オレーナを心待ちにしていた。待ちきれないローマンは空港に花束を持って2人を迎えにいく。しかし、妻と娘が乗っているはずのAX112便は到着する様子はなく、ローマンは別室に案内される。そこで空港の管理会社から衝撃の事実を聞かされる。それは、家族が乗った飛行機が空中で衝突事故を起こしたというものだった。飛行機の残骸が残る生存者なしの悲惨な事故現場を訪れ、娘の遺体を発見したローマンは彼女を抱きかかえ声にならない悲しみに暮れる。航空会社に対し、謝罪を求めるローマンだが、彼らの表面的な補償のみの心無い対応に憤りを感じる。納得のいかないローマンは事故の責任がどこにあるのかを突き止めずにはいられなかった。そんな中、事故には一人の航空管制官(スクート・マクネイリー)が関わっていることを知ったローマンは、「謝罪をしてもらいたい」という一心で彼の居所を突き止めようとする。

「アフターマス」に投稿された感想・評価

これはまた、哀しきシュワですなあ…。


仕事上の過失によって飛行機同士の衝突事故の原因を作ってしまった者と、その事故で娘と孫を失った者。
事故の加害者と被害者の交わることのない“もがき”をカットバックで淡々と見せていく、両者それぞれが罪や悲しみとなんとか向き合おうとするも歯車が噛み合わないままラストへ向けて動き出してしまう。

これがまた両方の側に同情できてしまうんですよね。

シュワちゃんが見てて辛い、昔のようにショットガンをぶっ放してくれた方が見ていてどれだけ楽なことか。
しかしそんな単純じゃないから人間は、というこの作品にアーノルド・シュワルツェネッガーが演じる意味があったと思います。


もしも映画のジャケットを見て、飛行機をハイジャックしようとするテロリストに対してたまたま乗り合わせたシュワちゃんが解決に向け挑む話だと思ったのなら真逆の話だと言っておきます。
Hook

Hookの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

いやなことが起こるなぁという予感通りではありながらあり得ないと思ってたら刺しちゃうのでびっくり、そしてそのあと妻と娘の名を呼びながらのソファへ座る構図が写真と一緒でなかなかつらいものがあった。
nobuo

nobuoの感想・評価

3.9
非アクションもの・実話ベースのシュワちゃん作品。航空機事故の被害者と加害者(側)が織りなす人間ドラマなので、話がとにかく重い...。
「UNBORN」と書かれた主人公の孫の墓碑銘や、スケープゴート的に加害者とされてしまった管制官が徐々に心を蝕まれていく過程等、痛ましくえげつない描写のオンパレード。演出過多でなく淡々と進むので尚更恐ろしい。

「サボタージュ」で覚醒した壮年シュワちゃんの演技力も決して悪くはないが、もう一人の主人公・管制官役スクートマクネイリーの演技が素晴らしすぎたために喰われてしまった感があった...。

シュワちゃん新境地開拓系作品の中では、割と良い出来の作品じゃないかな?演出もかなり上手いし。「マギー」にも本作並みの演出力があればな...。
2002年にあったユーバーリンゲン空中衝突事故がモデル。

シュワちゃんがヨボヨボのブヨブヨになってたけど、哀愁漂う芝居が様になってたり
菱沼

菱沼の感想・評価

3.3
特に大きく盛り上げるような展開はなく、淡々とした演出だった。ただその分、飛行機事故で娘と妻を亡くした男とその事故に関わった管制官それぞれの苦悩がよく伝わってきたと思う。
「謝って済む問題ではない」とはよく聞く台詞だがそれでも謝罪の気持ちを表すことは大事だな、と思った。
fuchan1014

fuchan1014の感想・評価

3.7
2重の苦しみ
感情が色んな方向に向きを変え複雑化
何とせつなくて虚しくて
ぽっかり虚構の渦を巻く
20180216itunesにてレンタル

淡々と進んで行く静かな映画。
映画として話を端折り過ぎているのか、ストーリーに不要だから描かないのか不明だがサッパリしない描写も。
最後は少しだけ救われたような気がする。
りのあ

りのあの感想・評価

3.5
あまりに見たのが溜まってしまったので、先にマーク。後々編集します。

これは辛い。
飛行機事故の遺族と加害者?(というには気の毒すぎる)どっちに思い入れるかによって感想もガラッと変わってしまうような作品。
ラストは少しだけ気持ちが救われる感じの終わり方で良かったですが、全体的に悲しく辛いです。
2機の旅客機が空中で衝突……
実際に起きた事件の映画化だから悪く書くのは躊躇しますが映画として評価します😌

この映画、静かですねぇ………
「リアルとは、そんなものだ!」
そう言われたら身も蓋もないのですが、
それなら「ハドソン川の奇跡」は?
アレもドラマティックでも大袈裟でもなく
淡々と作られていたのですが素晴らしかった。

作り手の力量の差だとは思いますが、
本作は血の気が通ってなくて
棒読みで語りかけられてるような印象を受けました
見てて退屈で私は凍死しそうになりました⛄

良いところも書きます💖
アフターマス🍭アフターマ🍭アフタマ🍭アメタマ🍭アメダマ🍭私は飴玉を食べたくなりましたよ🍬
それとシュワちゃんの裸とお尻が見れました!
シュワちゃんの裸はプヨプヨしてましたよ😌💖
Yuki

Yukiの感想・評価

3.4
どっち側も悲しくて見てて辛い。
こうゆう事故が起こってほしくない。
実話だと知って尚更こんな酷い事が過去にあったんだと思った。
>|