アフターマスの作品情報・感想・評価

アフターマス2016年製作の映画)

Aftermath

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:94分

あらすじ

建設現場の現場監督ローマン・メルニック(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、数か月ぶりにオハイオ州コロンバスに帰ってくる妻ナディヤと身重の娘オレーナを心待ちにしていた。待ちきれないローマンは空港に花束を持って2人を迎えにいく。しかし、妻と娘が乗っているはずのAX112便は到着する様子はなく、ローマンは別室に案内される。そこで空港の管理会社から衝撃の事実を聞かされる。それは、家族が乗った飛行機が…

建設現場の現場監督ローマン・メルニック(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、数か月ぶりにオハイオ州コロンバスに帰ってくる妻ナディヤと身重の娘オレーナを心待ちにしていた。待ちきれないローマンは空港に花束を持って2人を迎えにいく。しかし、妻と娘が乗っているはずのAX112便は到着する様子はなく、ローマンは別室に案内される。そこで空港の管理会社から衝撃の事実を聞かされる。それは、家族が乗った飛行機が空中で衝突事故を起こしたというものだった。飛行機の残骸が残る生存者なしの悲惨な事故現場を訪れ、娘の遺体を発見したローマンは彼女を抱きかかえ声にならない悲しみに暮れる。航空会社に対し、謝罪を求めるローマンだが、彼らの表面的な補償のみの心無い対応に憤りを感じる。納得のいかないローマンは事故の責任がどこにあるのかを突き止めずにはいられなかった。そんな中、事故には一人の航空管制官(スクート・マクネイリー)が関わっていることを知ったローマンは、「謝罪をしてもらいたい」という一心で彼の居所を突き止めようとする。

「アフターマス」に投稿された感想・評価

ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.0
シュワちゃんも、もうお爺ちゃんになる歳かと思いきや、まだまだ現役でした。

シュワちゃんの演技は渋くて素晴らしかったです。
実話に基づく作品ということですが、難しいテーマです。
事故が起きると色々な面で多くの人々の人生が変わることがあることが、あらためて認識させられました。
確かに、ムキムキの筋肉を披露しつつ、白い歯で二カッと笑いながらショットガンをぶっ放し、捨て台詞を吐くのがシュワちゃんだが、今作ではそのアイコンを完全封印している。個人的にはラストスタンドが相当好きなため、老いが味に感じられるシュワちゃんはGOODだが、今作は全く元気の無くなった老人役だ。配役として良いのか否か、正直、微妙かもしれないが、作品自体は飛行機事故の後、家族を失った被害者としてのシュワちゃんと、対比では加害者の立ち位置となる管制官の一従業員を深く追った意欲作。物語自体はひたすら暗く、心の潰れた人々がどの様に生きていくのかを追う。マンチェスターバイザシー的なやるせなさを漂わせつつ、演技でカバリングしなければならない重々しいテーマに挑戦したシュワちゃんらこそが、やはり大きな見どころとなっている。
Seiya

Seiyaの感想・評価

3.6
シュワちゃん主演ということで早速観て参りました。もう70にもなるのにホントかっこ良かった〜、、けどもお話的にはひどい仕上がり。飛行機事故の被害者の父とその飛行機を指示した管制塔員の2つの視点から物語は進んでいくんだけど、実話だからしょうがないんだろうけどもあまりにも短絡的すぎてそれぞれの苦悩とか葛藤とかが全く伝わって来なかった。魅せ方が下手=監督がダメ。最後のある種オチの部分でも「えっ?そんなオチ?」って感じで(良い意味でなく)びっくりした。最後にシュワちゃんの刑務所でのシーン。あれ完全にあのままスタローン来て『大脱出』に繋がるパターンでしょ(笑)そこは笑えた。

まあとにかくシュワちゃんみたさで観たけど、シュワの演技もちょっと危うかったし、尺も結構長く感じで少し残念でした。

※ちなみに原題の『Aftermath』は「余波」という意味らしい。
まりん

まりんの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

実際の事故とその後の事件を元に作られた映画ですが、最後の、彼の行動、決断を描きたいが為に造られた映画だと思います
補償の問題で、会社から謝罪を禁じられる。そこに誠意を感じられないのは当然ね。
家に落書きをしたり誹謗中傷をするのも、事件に関係無い人たちでしょ。
どちらも被害者で、双方苦しんできた。
色々なミスの重なりで起きた事故・・と言われているけど、記者の行動も、思慮が足りないわよね。事件を引き起こしたミスだわ。
あの日じゃ無かったら、ジェイクは違った対応をしたのかもしれない。
どちらも相手の辛さも分かる。責められても仕方ない気持ちもある。
だけど、守る物が有るかないか‥そこで反応も大きく違う。
やられたらやり返す・・・それでは終わらない負のループ。
込められたそれがメッセージね。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.6
2002年に、実際に起こった飛行機空中衝突事故を基に描かれる作品。主演のアーノルド・シュワルツェネッガーは、飛行機事故で妻と子を失くし、真相を追う男を演じる。飛行機事故の被害者の遺族と加害者を描いた内容であり、展開としては終始シリアス。淡々と進む内容だが、重いテーマながら、場面場面がとても感慨深いものになってます。アーノルド・シュワルツェネッガーの渋さや悲しみをまとった演技がとても真に迫っており、痛みが伝わってくる様子は良い。アクションではない演技で魅せるシュワルツェネッガーの見どころはある。そして、結末の余韻は考えさせられる内容で良い。
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
抱えきれぬ思い、心の傷は簡単に言葉では表わされないのが当然。その余白部分が抑制の効いた演出で重み充分に伝わってきた。管制室での出来事は一通り描写されているので、この事故をどう捉えるかは見る者次第かも知れない。
でもシュワちゃんにノーマン役を演って貰うのは、余りにも彼のアクティング・イメージに頼り過ぎな気がした。
数々の強敵を倒してきたシュワルツェネッガーの今回の相手は最弱の難敵そもそも悪人じゃない。めちゃくちゃ地味だけど出来は悪くないと思います。こういう映画観ていつも思うことですがメインキャストでもなんでもない人たちの演技が素晴らしいと思います。
Hissan

Hissanの感想・評価

3.3
終始鬱っぽい映画だけどこれくらい暗い映画好きだし普通に退屈せずに見れた🙃
あんま面白くない
最初のご機嫌なシュワ最高にかわいかったから誰かシュワ主演のハッピーな映画作って
mpc

mpcの感想・評価

3.4
建設現場監督のシュワが飛行機事故で嫁と娘を亡くしてしまうお話し
事故原因の管制官をつきとめて復讐を誓うが、、

重い題材でやるせなくなってしまうけど、武道抜きで演技を見せるシュワ作品は珍しいので必見

最後の少年が良い


見所はシュワの冒頭シャワーヌードシーン!

ターミネーター1で披露したお尻と比較すると感慨深いはず!年齢と引力には逆らえないかね?

DVDだと一時停止するシーンだろね?🛀
>|